Menu

【2015年版】格安スマホの端末価格(機種代)を比較して選ぶ!オススメまとめ版

格安スマホは、ドコモやau、ソフトバンクなどのようなキャリアショップが少なく、店員さんに教えてもらうことができないため自分で選ぶ必要があります。

格安スマホ選びと一口に言っても、その価格や備えている機能を比較すると様々です。

スマートフォンとしては当たり前の電話やメール、モバイルデータ通信、Wi-Fiなどの最低限の機能を備えた1万円ほどの機種から、コンパクトデジタルカメラにも劣らないような高性能なカメラを備えた5万円を超える高級機まであります。

せっかく格安SIMに乗り換えるなら、端末も比較し自分の使い方にマッチしたスマホを選びたいところ。

しかし、あまり低価格の端末では欲しい機能が備わっていなかったり容量が少なかったりと、性能に不満を感じたりするかもしれません。

一方で高性能&多機能な機種ほど価格は上がっていきます。

必要以上に高性能な機種を購入してしまうのはもったいない!!

そこで、MVNOと呼ばれる通信事業者から 格安SIMとセットで販売されている端末のうち、オススメのスマホを価格帯別に比較したものを紹介していきます。

MVNOが提供しているSIMフリー端末を選べば、SIMカードと端末のバンドなど確認する必要がなくセットで購入できるため導入も簡単です。

この記事では機種代(端末の値段)を比較ポイントとしているため、1万円前後、2〜3万円クラス、3〜4万円クラス、4〜5万円クラス、5万円以上の値段をポイントにして紹介していきます。

1万円前後:LTE非対応など、必要最低限のスペック

この最安値クラスの機種は本当に 必要最低限の性能機能しか備わっていません。

まずLTE通信に 非対応である機種が多いため、高速なデータ通信は期待できません。

とはいっても、LINEやメールなどメッセージをやりとりする使い方なら十分でしょう。

つづいてカメラはというと、ドコモやau、ソフトバンクの3キャリアから発売される機種のほとんどが800万画素を超えていますが、この価格帯の格安スマホは良くて 500万画素とちょっと物足りないレベル。

でも、ハガキサイズの写真にするレベルなら問題ありません。

大きな画面で楽しんだり拡大した写真を切り取りたいなど高画質な楽しみ方でない場合は問題のないレベルと考えることができます。

ただ、中には200万画素なんて機種も珍しくなく、カメラを重視する方には実用的とは言い難い機種もありますが写メしか使わないなら十分でしょう。

電話やメール、SNSなどの軽いスマホアプリやWEBサイトの閲覧くらいなら問題ありませんが、がっつりゲームをしたり長時間スマホを使用したりするような人には向いていないと思われます。

逆に言うと、 あまりスマホを使用しないライトユーザーにぴったりです。

1万円前後のおすすめ機種

priori2

そんな1万円前後の価格のスマホの中でもオススメなのが FREETEL製の priori2 です。

メーカーであるFREETEL自身もMVNOであり、本体価格9,980円(税抜)で販売されています。

1万円といっても侮れません。

メモリと呼ばれるRAM:1GBでデータを保存できる容量となるROM:8GBと3年くらい前の端末のようなスペックに不安を覚えるかもしれませんが、OSにAndroid 4.4.2 KitKatを採用したことで動作が非常に軽く安定しています。

当時のAndroid 2.3などとは比べ物になりません。

CPUも1.3GHzのクアッドコアを搭載しているので、WEBサイトを閲覧やSNSを利用するくらいなら余裕でこなせるでしょう。

メインカメラの画素数が 500万画素と少ないように感じるかもしれませんが、メモや記録を残すような使い方であれば十分です。

とにかく安いスマホが欲しいライトユーザーにオススメです。

またライトユーザーの方なら格安SIMのデータ通信料は 3GB以下を選ぶと良いでしょう。

2~3万円クラス:LTE対応、ミドルレンジでも十分な性能

2万円台になると多くの機種がLTE通信に対応します。

ドコモのLTE回線は2100/1800/800MHz帯(B1/3/19)の3バンドでかなりのエリアをカバーできるので、少なくともこの3バンドに対応した機種を選びたいところです。

カメラに関しては800万画素辺りが最低ライン。

これだけあれば相当大きなサイズに拡大しなければ画素数として問題になることはないでしょう。よほど画質に拘るのでなければ十分です。

2万円台のおすすめ機種

HUAWEI P8lite

このミドルレンジのスマホの中で今オススメしたいのが HUAWEI P8lite です。

28,600円(税抜)という価格でオクタコアCPU(8個のCPU)を搭載している機種はそうそう手に入りません。

メインカメラも1300万画素&F値 2.0と中々の性能。

価格のわりにハイスペックな P8liteですが、サポートに定評のある IIJmio から販売されているのも嬉しいポイントの1つです。

業界最安値を謳う NifMo も取り扱っています。

LTEについては上記3バンドに加えて、これから3キャリアが整備を進める予定の700MHz帯(B28)に対応している点も期待できます。

現時点で700MHz帯が運用されているエリアはかなり狭いですが、ドコモに関して言えば将来都市部では700MHz帯、地方では800MHz帯のプラチナバンドが利用可能になると思われるのでかなり心強いです。

格安SIMのデータ通信料をどれを選べが良いか悩んでいる方は 3GB〜5GBから選んでみると良いでしょう。

データ通信料の変更は比較的簡単にできるため、選べない場合は3GBを検討すると良いでしょう。

3~4万円クラス:au系MVNOの格安スマホも視野に

MVNOや格安SIMと言えばドコモ回線を利用したものがほとんどでau系MVNOは 数社しか存在しません。

そのためau回線に対応した格安スマホのバリエーションが少なく、 ちょっと高めの価格帯でないとそもそも端末の選択肢がないという欠点があります。

しかし 事業者が少ないということは利用者も少なく、回線が混雑しにくいので狙い目であったりもします。

実際、ドコモ系MVNOよりも通信速度が速いという声を当たり前のように聞きますし2015年の8月、9月の UQ mobile の実効速度はSoldiで掲載しているMVNOの中で1番でした。

3~4万円クラスのおすすめ機種

LG G3 Beat

そのUQ mobileから販売されているLGの LG G3 Beat はここでしか手に入りません。

優秀な家電メーカーLGのフラグシップである G3という機種をベースに作られています。

G3 BeatはRAMが1GBしか搭載されないなど少々スペックダウンしていますが、 ディスプレイも5インチと小さくなっているので片手操作にはこちらが向いています。

しかもベゼルが狭いため、同じ5インチであるASUS ZenFone5や、HUAWEI P8liteなどよりもコンパクトです。

ディスプレイが点灯していない状態でもダブルタップでロック解除が可能なノックコード機能を搭載。

オートフォーカスが速いカメラも好評価です。

UQ mobile限定で34,800円(税抜)とやや高めですが、回線の快適さも考慮するとG3 Beatも選択肢の一つです。

4~5万円クラス:性能怪獣…最高クラスのハイスペックも。ゲームやたくさんアプリを楽しみたい方へ!

ZenFone2

この価格帯になるとかなり高性能な機種が手に入ります。

特に今勢いがあるASUSの ZenFone2 は、メーカーであるASUS自身が “性能怪獣”と呼ぶほどのハイスペック機です。

ZenFone2はいくつかのモデルが用意されていますが、中でも RAM:4GBの上位モデルをオススメします。

スマートフォンとして4GBもの大容量メモリを搭載したのはこの機種が初となります。

RAMの容量が大きいほど同時に行える作業量も増加します。

空き容量が少なくなると動作が遅くなったり、酷い場合には強制的に端末が再起動したり場合もあります。

またアプリによっては単体でもかなりのRAMを消費するモノもあります。

そのため基本的にこの値は大きいに越したことはありません。

思いっきりゲームで遊んだり、いくつものアプリを同時に実行したりするようなヘビーユーザーに適しているでしょう。

ASUS公式オンラインショップでも販売されており、RAM:4GB/ROM:32GBモデルが45,800円(税抜)となっています。

5万円以上:防水対応機種やおサイフケータイも使える!!

Xperia J1 Compact

SIMフリースマートフォンでも最高クラスの価格帯になるとできないことはない、と言っても過言ではありません。

代表的なのがSONYの Xperia J1 Compact で、 SIMフリー端末では唯一おサイフケータイに対応しています。

最近はスマートフォンの大型化が進んでいますが、このスマホは4.3インチという今となっては珍しい 小型機種でもあります。

防水防塵やNFC、もちろん テザリングにも対応しています。ワンセグは非対応ですが、TVが見たいならあえて小型を選ぶこともないでしょう。

Xperiaは全体的なスペックも高めですが、特にカメラに力を入れています。

メインカメラは 約2070万画素&F値2.0と他を寄せ付けないレベルです。

スマホとしては珍しくマニュアル撮影が可能なことや、追加機能を利用すると写真の背景をぼかして一眼レフっぽく撮ることもできます。

高性能かつ多機能なSIMフリースマートフォンが欲しければXperia J1 Compactで間違いないでしょう。

まとめ

今回は、スマホの選び方として本体価格から選ぶといった切り口でご紹介しました。

いくつか例に挙げてきたように、端末の価格にほぼ比例して、性能や機能は良くなっていきます。

使わないのに多機能な端末を購入してしたり、逆に自分の使い方では満足できない性能のスマホを選んだりということがないよう、自分がスマホに求めるモノが何かを考えて格安スマホを選びましょう。

また、Soldiでは、本体価格から格安スマホを探せます。ぜひご活用ください。

参考記事:「 本体価格から格安スマホを探す

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。