Menu

日本製(国産)格安スマホのメリットとデメリット

日本製(国産)格安スマホのメリットとデメリット

国内のAndroidスマートフォンシェアNo.1がSONYであることからも分かるように、日本メーカーの製品を好む方はすごく多いですよね。

海外メーカーに比べると安心、安全といったイメージが強く、日本製のスマホは根強い人気があります。

ここでは 日本製格安スマホの特徴やオススメ機種についてまとめます。海外製の格安スマホと比べてどのような違いがあるのでしょうか?

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • “国産”というと響きは良いけれど、実際の性能はどう?
  • 日本製と海外製のにどんな違いがあるの?
  • 日本製の格安スマホでおすすめの機種が知りたい

日本製格安スマホの傾向

かつて日本製のフィーチャーフォンがガラパゴスケータイと呼ばれたように、 スマートフォンにもいわゆるガラケー機能が多数搭載されています。

全体的に多機能な機種が多いですね。

必ずと言っていいほどどの機種も防水仕様ですし、ワンセグでテレビが視聴できたりおサイフケータイに対応している機種も増えてきました。

しかし、海外製の格安スマホでガラケー機能を搭載している機種はほぼ皆無です。

こういった機能が必要な人にとっては、必然的に選択肢が国産スマホに限られますね。 

これは日本製のスマホばかり使っていると逆に気付けないかもしれない長所ですが、海外製の格安スマホに比べると文字入力がすごく快適だという点も挙げられます。

日本語キーボードの変換性能や語彙の豊富さなどはやはり国産機種に限ります。

サポート面に関しては微妙なところです。

故障などが起きた時は基本的にMVNOが窓口になってくれると思いますが、もしメーカーと直接やり取りするようなことになればやはり国内の会社のほうが安心だという人が多いでしょうか。

ヘビーユーザーにはスペックが物足りない?

デメリットを挙げるとするならば、ミドルクラスの性能の機種ばかりで高性能なモデルがありません。

3Dのゲームアプリで遊ぶようなヘビーユーザーには日本製格安スマホは物足りないです。 

また性能のわりには本体価格が高めです。安い機種でも約3万円から、高い機種だと6万円以上するものもあります。

一方で海外製だと5万円くらいで最高性能のものが手に入りますから、高性能な機種が欲しければそちらの方がコストパフォーマンスに優れています。

日本製格安スマホのメリットは豊富な機能や操作性の快適さ、といったところでしょうか。

ヘビーユーザー向きではなく、 初めてスマホを持つライトユーザーやミドルユーザー向けとも言えますね。

日本製格安スマホの一覧

現在国内で格安スマホとして販売されている機種は以下のようなものがあります。

【京セラ】

【SHARP】

【SONY】

【富士通】

端末価格は3~5万円の価格帯が中心。

全て防水に対応しており、中にはおサイフケータイにも対応していたりやはり多機能な機種が多いです。

一見高性能な機種でも発売から月日が経ってOSバージョンが古かったりするので、やはりハイスペックなスマホが欲しければ海外製の機種の方がオススメです。

しかし日本製格安スマホは性能こそミドルクラスですが、多機能で魅力的な端末はあります。

日本製でオススメの格安スマホ

日本製でオススメの格安スマホについて性能や機能を総合的に判断してお勧めしたい格安スマホは以下の2機種です。(2015年12月現在の情報です)

富士通 arrows M02

arrows M02

富士通の最新モデル arrows M02 はドコモとau、2社のVoLTEに対応した珍しい機種です。

Android 5.1 Lollipop搭載で動作は軽快ですし、 格安スマホでも高品質なVoLTEで音声通話が可能です。

角ばったデザインにマットな質感で落ち着いたデザインですが、mineo限定カラーとしてピンクも用意されているので女性でも持ちやすいのではないでしょうか。

防水かつ耐衝撃仕様という点は珍しいですが、丈夫な設計がなされているのは心強いですね。USBポートはキャップ付きですが、専用の卓上ホルダが付属するので充電する時にわざわざキャップの開閉をする必要がないのも嬉しいです。

日本語入力アプリは「Super ATOK ULTIAS」を搭載。細かいところまで設定を変更できるので文字の入力は非常に快適です。

ディスプレイ上の任意の場所をタップすることで画面をONにしたり、ステータスバーから画面をOFFにすることも可能など、快適に操作するための機能が多数搭載されています。

ライト~ミドルユーザーにとっては十分コスパが良いスマホだと思います。

SHARP AQUOS SH-M02

SHARP AQUOS SH-M02

SHARPの最新モデル AQUOS SH-M02 はVoLTEこそ対応していませんが、 おサイフケータイに対応していたり多機能で魅力的な端末です。

こちらもAndroid 5.0 Lollipop搭載で快適です。

LTEの対応バンドに関して、格安スマホの多くはせいぜい3バンドまでしか対応していません。

しかしこのAQUOS SH-M02はドコモのLTE 4バンドに対応しているため快適なデータ通信が期待できます。

5インチディスプレイですが3辺狭額縁設計によりコンパクトなデザインとなっています。

arrows M02よりも大きいバッテリーを搭載し、省電力なIGZO液晶を採用しているので電池持ちも安心です。

こちらはキャップレス防水に対応しているので、卓上ホルダがなくても直接USBケーブルを挿して充電できます。キャップを破損しないように気を遣わなくて良いのは地味に嬉しいです。

arrows M02とさほど性能に差はありませんが、デザインなどでまた違った魅力のある端末ですのでどちらもオススメの日本製格安スマホです。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。