Menu

家の無線Wi-FiならSoftbankAir3がベスト?ライバル機種とスペック徹底比較

パソコン、スマホ、タブレットを触る兄弟

    自宅ではデータ通信量の制限を気にせず動画やネットを楽しみたいという人には、無線Wi-Fiは必須ですよね。

    SoftBank Airは無線通信のため工事の必要がなく、家に置くだけでOKの便利なWi-Fiルーター。

    さらに、たくさんあるWi-Fiルーターの機種の中でも、SoftBank Airの最新機器である「SoftBank Air3」は有力な選択肢の1つです。

    SoftBank Airの機種画像
    画像引用:ソフトバンク「SoftBank Air料金」

    しかし、電子機器や家電などは「最新機種だと不具合が多いため古い機種のほうが良い」なんてこともあります。

    本当に最新のSoftBank Air3を選んでも大丈夫かな?と不安になりますよね。

    この記事ではこんな疑問に答えます!

    • SoftBank Air2とAir3の違いは?
    • SoftBank Air3は他社の無線Wi-Fiルーターと比べてどうなの?
    • 自宅のインターネット回線としてSoftBank Air3はベストな選択?

    この記事では、SoftBank Air3のメリット・デメリットやライバル機種との違いを解説し、あなたがどのWi-Fiルーターを買うべきかお伝えします。

    わからない弟リスのイラスト
    他社の無線Wi-Fiルーター?ソフトバンクエアー以外にもお手軽なインターネットがあるの?

    兄リスのイラスト
    そうなんだよ。WiMAXって聞いたことない?
    どっちがオススメなのか、結論から言うとね…

    ズバリ、筆者がオススメするWi-Fiルーターは・・

      • 家族にソフトバンクユーザーが多いなら
        • →SoftBank Air3
      • それ以外、特に家族にauユーザーが多いなら
        • →UQ WiMAX L01s
    Speed Wi-Fi HOME L01s
    画像引用:au |Speed Wi-Fi HOME L01s|データ通信端末

    UQ WiMAXはSoftBank Airと同じ、工事不要でコンセントを挿すだけで使えるタイプのインターネット回線です。

    SoftBank Airに比べると知名度は低いですが、通信速度も受信感度も費用も申し分ありません。

    L01sはそんなUQ WiMAXの据え置き型ルーターです。

    現在使用しているスマホのキャリアによって月額料金の割引があるため、お得度が違ってきます。

    また、金額だけでなく体感速度や通信制限などの違いもありますので、自分の希望条件に合っているものを選びましょう。

    SoftBank Air3とUQ WiMAX L01sを比較」の章でこの2回線をくわしく比較します。

    それでは改めて、まずは「SoftBank Air3とは?」の解説から始めます。

    SoftBank Airとは?

    SoftBank Airの説明。[配線方法]電源アダプターをSoftBank Airにつなぎ、コンセントに差し込む。

    画像引用:SoftBank Air|Airターミナル2/3でインターネットに接続する

    SoftBank Airは、ソフトバンク携帯で使われている電波(Softbank4G)を使用した通信サービスです。

    ひかり回線やADSLなど、光ファイバーで繋がっているインターネットの固定回線とは違い、無線で繋がるタイプなので回線の開通工事が必要ありません。

    自宅に届いたら、箱から出して電源を入れるだけでWi-Fiが利用できる手軽さが特徴です。

    ここからはSoftBank Airのメリット・デメリットを説明しますが、既に知っている人は「SoftBank Air3のスペック」の章へ進んでください。

    SoftBank Airのメリット

    まず、SoftBank Airのメリットを見ていきましょう。

    メリットは次の3つが挙げられます。

      ①工事が不要

      工事がないということは、光回線の場合にかかる初期工事費用(1~4万円)の支払いがありません。

      工事日まで待たなくてもすぐに設置・ネット利用ができます。

      仕事などで忙しいのに工事に立ち合わなければならない、といったわずらわしさもありません。

      女性の場合、工事業者とはいえ知らない人が家の中に入ってくることには抵抗がありますよね。

      でも、SoftBank Airならそもそも工事がないのでその心配もありません。

      ②コンセントに差して、電源を入れるだけの手軽さ

      ルーターが届いたら、箱から出して電源を入れるだけですのでとても簡単です。

      集合住宅の場合、光回線だと工事を行うには大家さんの許可が必要になりますが、その手間もありません。

      申し込んでルーターが届いたら、すぐに使える手軽さは魅力です。

      ③ソフトバンクユーザーの家族なら割引でおトク

      また、ソフトバンクユーザーの場合、「おうち割光セット」が適用できるため、ソフトバンクユーザーが家族にいればおトクです。

      なんと、ソフトバンクユーザーの家族のスマホ代が永年毎月1000円割引。

      また、最大10名まで家族のスマホも割引になるので、家族の人数が多ければ多いほどお得です。

      SoftBank Airのデメリット

      では次に、SoftBank Airのデメリットを見てみましょう。

      デメリットは次の3つが挙げられます。

        ①電波が届きにくい場所では極端に遅くなる

        SoftBank Airは光回線のように有線ではなく、携帯電話やスマホと同じモバイル回線を使用しています。

        提供エリア内であっても地形や周辺の建物などによっては、電波が届かないことがあります。

        その場合は光回線を契約し無線LANルーターを使ってWi-Fiの電波に変換する方が良いです。

        なお、契約済みのSoftBank Airのスピードが遅く、設置場所を窓際にしてみるなどしても電波状況が改善されない場合、契約後8日以内であればクーリングオフが可能です。

        [関連記事]インターネット回線契約はクーリングオフ対象?電気通信事業法をやさしく解説のサムネイル
        インターネット回線契約はクーリングオフ対象?電気通信事業法をやさしく解説
        インターネット契約は「クーリングオフ制度」の対象ではありません。ですが、「電気通信事業法」という法律により、クーリングオフ制度と同じように8日以内なら契約解除が可能です。この記事では電気通信事業法を使って契約解除する方法を誰にでもわかるようやさしく説明します。
        ソルディのファビコンwww.soldi.jp

        ②夜間にスピード制限がかかることがある

        また、スマホの通信でも、夜になると通信速度が遅くなるといった経験がありませんか。

        SoftBank Airはモバイル回線を使用しているため、利用者の集中する夜の時間帯にはネットが繋がりにくい、動画がなかなか読み込めないといったことが起きる可能性があります。

        ソフトバンクでは、「ご利用の集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供に伴う速度制限のため、通信速度が低下する場合があります。」とアナウンスされており、実際に夜のみ通信速度制限を行っていることがあるようです。

        そのため、速度制限がかかっているときは動画などの容量が重いデータはなかなかダウンロードできないことも。

        ③4年経たないと違約金なしで解約できない

        SoftBank Airは一度契約すると、次に違約金ゼロで解約できるのは2年後です。

        契約プランは2年ごとの自動更新ですが、SoftBank Airの本体代金の支払いは3年払いと決められています。

        SoftBank Airのデメリットを説明するイラスト。契約期間は2年なのに対して、機器の分割は3年であるため、機器の分割代金を支払い終えても更新した契約期間が残り1年あるために、結果的には解約に4年がかかってしまうことになる。

        つまり本体代金の支払いが終わった3年目で解約すると、契約期間はあと1年あるため違約金が発生してしまいます。

        本体代金の支払いが終わって、更新時期でないと無料で解約することができないのです。

        SoftBank Airの基礎知識についてもっと知りたい人は、こちらを参考にしてくださいね。

        [関連記事]「工事不要」ってどういうこと?ソフトバンクエアーの魅力と注意点を徹底解説!のサムネイル
        「工事不要」ってどういうこと?ソフトバンクエアーの魅力と注意点を徹底解説!
        工事不要の「ソフトバンクエアー」。店頭でもかなり推されていて、「固定回線よりSoftBank Airの方がいいのかな?」と思う人も多いでしょう。結論から言うと、SoftBank Airは無線通信であるため、電波が届きにくい場所や混雑する時間帯には十分なスピードが出ないことがあります。
        ソルディのファビコンwww.soldi.jp

        弟リスのイラスト
        ソフトバンクエアーのこと理解できたよ!

        わからない弟リスのイラスト
        でも、SoftBank Air3の「3」はよくわかんないなあ。3代目ってこと?

        兄リスのイラスト
        それじゃここからは、本題のSoftBank Air3のスペックについて解説するね

        SoftBank Air3のスペック

        ソフトバンクエアー
        画像引用:SoftBank「実施中キャンペーン」

        SoftBank Air3は、2017年1月に発売された最新機種です。

        機器のデザインは2015年12月に発売されたAir2から変わっておらず、性能面に関してもAir2とほとんど変わりません。

        つまり、現在SoftBank Air2を持っている人でもAir3に買い替える必要はありません。

        わからない弟リスのイラスト
        2から3になったのにあんまり変わらないの?

        兄リスのイラスト
        ほとんどの一般ユーザーにとっては気づかない程度のアップデートが入った、と思えばいいよ。
        変わったのは最大速度なんだけど、実際に速度アップの効果を享受できる人はごく一部だけなんだ。くわしく説明するね。

        Air2→3の1番の改善は対応速度のアップです。

        SoftBank Air3は2.5GHz帯のAXGP網に加え、3.5GHz帯のTDD-LTEに対応したことにより、下りの最大速度が261Mbpsから350Mbpsにスピードアップしました。

        とは言うものの、下り350Mbpsに対応した地域はまだまだ少なく、2018年6月現在では北海道・大阪のごく一部でしか対応していません。

        東京都内23区の主な場所でもSoftBank Air3の通信速度は下りで最大261Mbpsのため、Air2と変わりません。

        加えて、ソフトバンクでは夕方以降の時間帯に回線の混雑を避けるために速度制限を行っています。

        たとえSoftBank Air3を使って下りの通信速度が最大350Mbpsになったとしても、速度制限がかかると実際の速度は下り最大350Mbpsを下回ってしまうため、あまり意味がない状態となります。

        よって、現在SoftBank Air2を使用している人は、現段階で買い替えの必要はないと言えます。

        ただ、総務省に提出されている3.5GHz帯の基地局を増やす計画内容を見ると、NTTドコモやauなどが全国展開を進めているため、TD-LTE(3.5GHz帯)の対応エリアが増えていくのは2018年以降となっています。

        通信可能エリアの拡大は2019年以降になるようで、ソフトバンクも今年から来年にかけてエリア展開が進むようです。

        SoftBank Air3の下り最大350Mbps(TDD-LTE3.5GHz)の提供エリアが広がるのも、今後1~2年は掛かるかもしれません。

        SoftBank Air2→3への買い替えを検討するのは3.5GHz帯が全国へ普及してからでも遅くなさそうです。

        SoftBank Air3とUQ WiMAX L01sを比較

        わからない弟リスのイラスト
        ソフトバンクエアー3はソフトバンクの最新機種なんだよね。
        他の会社のモバイル回線の最新機種と比べると、スペックってどうなの?

        兄リスのイラスト
        最初に紹介した「WiMAX」の「L01s」がライバル機種になるよ。くわしく比べてみよう!

        Speed Wi-Fi HOME L01
        画像引用:Speed Wi-Fi HOME L01

        コンセントを挿し込み電源を入れるだけで、すぐインターネットに繋がる便利な設置型ワイヤレスホームルーター。

        2017年1月に発売されたSoftBank Air3の好調を追うように、2017年2月にはau傘下のUQ WiMAXがWiMAX回線を使った設置型ホームルーターUQ WiMAXL01を発売しました。

        その後、2017年12月には新機種としてUQ WiMAX L01sが発売。

        現在、SoftBank Air3とUQ WiMAX L01sは、手軽に使えるワイヤレスホームルーターとして人気を二分しています。

        この章では、ソフトバンクとライバルであるUQ WiMAXのWi-Fiルーター、どちらがオススメかを徹底比較します。

        Softbank Air2Softbank Air3UQ WiMAX L01s
        ソフトバンク AirUQコミュニケーションズ「Speed Wi-Fi NEXT L01」
        最高通信速度下り最大:261Mbps下り最大:350Mbps下り最大:440Mbps
        本体価格(税抜)54,000円端末代金0円
        月額費用
        (税抜)
        購入:3800~4300円(25カ月以降は4880円)
        レンタル:4290~4790円(25カ月以降は5370円)
        7GB:3609円
        ギガ放題:4263円
        契約期間購入:実質4年(本体代金3年払い、2年更新)
        レンタル:2年
        2年間
        最大接続台数64台40台
        速度制限基本的になし3日10GB制限あり

        画像引用:ソフトバンク「SoftBank Air料金」 UQコミュニケーションズ「Speed Wi-Fi HOME L01/L01s」

        それぞれ白を基調にしたシンプルなデザインです。

        SoftBank Air3はAir2とほとんど同じ見た目の角柱型で、UQ WiMAX L01sは円柱型でワイヤレススピーカーのような感じです。

        UQ WiMAX L01sのほうが一回り小さいですが、どちらもコンパクトで、女性にも好まれる雰囲気です。

        最高通信速度は、SoftBank Air3が下り350Mbps。UQ WiMAX L01sは下り440MbpsとUQ WiMAX L01sのほうが下りで最大90Mbps速くなっています。

        速度制限

        UQ WiMAX L01sは3日で10GBを越えると通信速度制限がかかり、約1Mbpsに低下します。

        わからない弟リスのイラスト
        1Mbpsってどれくらい?

        1Mbpsは動画やサイズの大きい写真など、大きなデータをよくダウンロードする人は注意が必要ですが、SNSを閲覧する程度なら問題ない速さです。

        また、「3日で10GB」の制限は、1日あたりに換算すると3GB程度となります。

        わからない弟リスのイラスト
        3GBってどれくらい?何をどれくらい使うと3GBになっちゃうの?

        3GBというと、YouTubeの動画をスマホなら約12.5時間(標準画像)、PCなら約5時間(HD画質)見ると消費するデータ量と言われています。
        参考:UQコミュニケーションズ「3GBってどのくらい?|通信量(3GB)の目安」

        また、3日で10GBの制限に引っかかった場合、速度制限されてしまう時間帯は18時~2時頃までの約8時間だけです。

        なので、あなたが普段使うデータ量や使う時間帯によってはあまり気になりません。

        また、au回線併用のハイスピードプラスエリアモード利用時はまた別の制限があります。

        月のデータ利用量が7GBをオーバーすると128kbps制限がかかります。

        「128Kbps」はWebサイトの閲覧すら非常に時間がかかるような速度ですが、そもそもハイスピードプラスエリアモードを利用しなければこの制限にかかることはないので安心してください。
        ※ハイスピードプラスエリアモード:WiMAXの電波が届かないためLTEの電波を使いたい人のための通信モード。

        据え置き型でWiMAXの電波が安定して届いている場合、ハイスピードプラスエリアモードを使う必要はありません。

        一方のSoftBank Air3は基本的に使い過ぎによる制限はありません。

        しかし、夜間などの利用が集中する時間帯には速度制限がかかることがあります。

        この制限はかけられたかどうかをユーザー自身が知ることはできません。

        制限中の速度は動画などを見るのには差し支えない程度と言われていますが、5Mbpsかそれ以下に下がってしまうという口コミもあり、人によっては使いづらさを感じるかもしれません。

        月額料金

        WiMAXの月額費用はUQ WiMAX L01sのギガ放題プラン(データ使用量上限なし)で4,380円です。

        ただし、申込み窓口となるプロバイダによってさらに割引があるため、選択肢によっては3,500円を切る場合もあります。

        月額4,380円より安くなる可能性のあるプロバイダには、たとえば次のような会社があります!

        お得なWiMAX申込み窓口

          一方、ソフトバンクユーザーがSoftBank Airを契約すると、「はじめようSoftBank Air割」が適用されます。

          これは、SoftBank Airの月額基本料金が、24ヶ月間月々3,800円に割引かれるものです。おうち割光セットとの併用もできるため、スマホ側の月額基本料金も1,000円割引となります(スマホの契約プランが50GB、20GB、5GBの場合)。
          ※「はじめようSoftBank Air割」は、2018年5月末現在の情報です。

          はじめようSoftBank Air割の詳細はこちら

          25カ月目以降は、通常の月額基本料金である4,880円となるため、SoftBank Airは、一見、UQ WiMAX L01sより割高な感じを受けます。

          しかし、おうち割光セットの割引は25ヶ月以降も原則期限なく続くので、家族がソフトバンクユーザーであれば、一人につき毎月1,000円スマホ代が割引されます。おうち割光セットでは最高10人まで割引を受けることができるため、家族もソフトバンクユーザーであれば、かなりおトクです。

          データ使用料と制限についてまとめると、1日3GB以上大量にデータ通信を使うのであればSoftBank Air3、3GB以上使う可能性がなければUQ WiMAX L01sがオススメです。

          契約期間

          契約期間ですが、UQ WiMAX L01sは2年間に対して、SoftBank Air3は実質4年間と長い縛りとなっています。

          これは更新のくくりと本体の分割支払いの期間が違うためです。

          あわてる弟リスのイラスト
          実質4年縛り?!どういうこと?

          SoftBank Airの更新期間はUQ WiMAX L01sと同様の2年です。

          しかし、本体料金の分割払いは36カ月となっており、2年間では払い終わりません。

          もしも2年経過時点で他社に乗り換えた場合、残額を一括で支払わなければなりません。

          逆に、3年経過時点(36カ月)で本体料金の支払いが終わったタイミングで解約しようとしても、今度は解約時の違約金9500円を払うことになります。

          つまり、完全に無料で解約するには4年めのタイミングになるまで待つ必要があるのです。

          同時接続台数

          最大接続台数はSoftBank Airが64台、UQ WiMAX L01sが40台で、SoftBank Air3のほうが断然多くなっています。

          そもそも40台以上つなぎたい機器がある家庭は多くないですし、たくさんの機器を同時に繋げば繋ぐほど通信速度が遅くなることも頭に入れておく必要があります。

          わからない弟リスのイラスト
          で、結局どっちがおすすめなの?

          頷く兄リスのイラスト
          次の章でまとめるよ!

          オススメの工事不要据え置き型インターネット回線は「UQ WiMAX L01s」

          Speed Wi-Fi HOME L01s

          画像引用:au |Speed Wi-Fi HOME L01s|データ通信端末

          SoftBank Air3とUQ WiMAX L01sについて比較しましたが、総合的に見ると、工事不要の据え置き型のインターネット回線なら、「UQ WiMAX L01s」のほうがオススメです。

          理由1 光回線と大差ないほど通信速度が速い

          提供エリアにもよりますが、CA(キャリアアグリゲーション)通信という、複数のアンテナ(電波塔)から同時に電波を受信でき、下り最大440Mbpsの高速通信が可能です。

          工事不要の据え置き型のインターネット回線の中では、ダントツの通信速度です。

          理由2 電波の受信感度が高い

          他の電波に干渉されにくい11acと11nという電波を同時に利用しているため、受信感度が高いと同時に、スマートフォン・PC・タブレット端末・プレイステーション4・ニンテンドー3DSなどWi-Fi規格(無線LAN)に対応している端末であれば、40台まで無線通信が可能です。

          理由3 SoftBank Air3に比べて費用が安い

          UQ WiMAX L01sは本体価格が無料な上、月額料金もSoftBank Air3より安くなっています。

          しかも、プロバイダによって多様な割引やキャッシュバックがあり、プロバイダによっては全体の費用もしくは月額料金をさらに抑えることができます。

          また、WiMAXは auスマートバリュー の対象のため、auユーザーはさらにお得になります。

          auスマートバリューに入っているauユーザーがWiMAXのWi-Fiルーターを使用した場合、Wi-FiHOMEおトク割が適用され、以下の特典が受けられます。

          ①UQ WiMAX L01s基本使用料4,292円が最大25ヶ月3,792円に割引

          ②ハイスピードプラスエリアモードオプション料1,000円/月が無料

          ③auスマホの利用料金が翌年以降最大2ヶ月2,000円/月、3年目以降924円/月割引

          auのWi-FiHOMEおトク割とソフトバンクのおうち割光セットを比較してみましょう。

          au Wi-Fi HOMEおトク割ソフトバンク おうち割光セット
          Wi-Fiルーター割引基本料金4292円

          3792円
          基本料金4880円

          4300円
          スマホ・携帯割引内容翌月より永年割引
          最大家族10名まで
          翌月より永年割引
          最大家族10名まで
          スマホ割引データ定額30 最大2年間2000円/月
          その他は934~1410円で3年以降は934円/月
          ※auピタットプランの1GB未満は対象外
          2GBまでは500円/月
          データ定額50GB・20GB・5GB 1000円/月
          携帯電話割引4GLTE 934~2,000円/月
          3G 934円/月
          3G 500円/月

          ※詳しいauの割引金額はこちら

          Wi-Fiルーター本体の価格は割引した場合、よりUQ WiMAX L01sが安くなります。

          スマホや携帯の月額料金は、auの場合はプランによって割引金額が変わるものの、ピタットプラン2~20GBで1,000円/月です。

          ピタットプラン1~2GBでない限り、ソフトバンクよりも割引額が多いでしょう。

          家族が多く、全員がソフトバンクユーザーだった場合は、おうち割光セットでスマホを含む月額料金がかなり安くなりますが、ソフトバンク以外のキャリアユーザーであれば、断然、UQ WiMAX L01sがオススメです。

          また、2年更新で機種代金は無料ですので、違約金負担なしでの乗り換えタイミングは2年毎にやってきます。

          その時に新しいインターネット回線が出てきた場合、気軽に乗り換え検討をすることができます。

          わからない弟リスのイラスト
          じゃあみんなソフトバンクエアーよりもWiMAXのほうがオススメなの?

          考える兄リスのイラスト
          SoftBank Airのほうがオススメな人もいるよ。次の章で説明するね。

          家族がソフトバンクユーザーだったら「SoftBank Air3」

          パソコン、スマホ、タブレットを触る家族

          通信速度や受信感度、費用の面などからオススメはUQ WiMAX L01sと説明してきました。

          しかし、家族の多くがソフトバンクユーザーである場合は、SoftBank Air3をオススメします。

          それは、おうち割光セットを利用することで、家族のスマホが割引になるからです。

          家族割引
          引用:SoftBank「スマホとネットをまとめるとおトク!

          SoftBank Air3自体ではなくセット割のスマホ料金側から割引され、スマホ代が1人につき最大毎月1000円安くなります。

          離れて住んでいる家族も対象となり、10人までOK。

          家族のスマホ代が毎月1000円割引になれば、かなりの額になります。ソフトバンクユーザーの家族が多ければ多いほどおトクです。

          前の章で説明したとおり、3年以内に解約すると解約違約金がかかってしまい、レンタルの場合も割高になってしまうので、解約する場合はタイミングに注意ですが、ソフトバンクユーザーであれば費用を節約することができます。

          最新機種「SoftBank Air4」は2018年12月頃発売?!

          パソコンを持ってガッツポーズする女性

          わからない弟リスのイラスト
          ソフトバンクエアー2、3があるってことは4も出るの?
          4の発売を待ってから契約したほうが良いのかな??

          新機種SoftBank Air4の発売はいつでしょうか?

          SoftBank Air3が発売されてから、1年以上経ちました。

          初代SoftBank Airの発売が2014年12月、SoftBank Air2が2015年12月に発売され、SoftBank Air3が発売されたのは2017年1月。

          だいたい、1年後に新機種が発売されてきたことを考えれば、もう発売されてもいい頃ですが、まだ新機種発売の声は聞かれません。

          SoftBank Air2が発売された時には、うさ耳ルーターと呼ばれた2本アンテナの形から、スマートなデザインになり、大きな変化を感じました。下りの速度もアップし、機能も向上しています。

          しかし、Air3の場合はルーターのデザインも変わっていませんし、最大速度はアップしているものの、現在、実際の速度はAir2とそれほど変わらないと言われています。マイナーチェンジ感は否めません。

          通信速度の速いポケット型Wi-Fiが増えている中、据え置きタイプのWi-Fiルーターには安定した速い通信速度が求められます。今まで12月と1月に発売されてきたことを考えると、今年の冬2018年12月もしくは2019年1月あたりに新機種発売の可能性があるかもしれません。

          あくまで筆者の予測ではありますが、期待に応えてくれる新機種SoftBank Air4の発売が待たれます。

          まとめ

          この記事ではこんな疑問について扱ってきました。

          • SoftBank Air2とAir3の違いは?
            • SoftBank Air2とAir3の違いはほとんどなく、Air2からAir3の乗換えは現状必要ありません。
          • SoftBank Air3は他社の無線Wi-Fiルーターと比べてどうなの?
            • 便利な工事不要の据え置き型インターネット回線の2大人気ホームルーター、SoftBank Air3とUQ WiMAX L01sを比較しました。
              シンプルなデザインで、簡単に設置できること、その通信速度の速さや性能の高さから快適なインターネット環境を得られると多くの人に支持されていますが、速度や金額面ではUQ WiMAXに軍配が上がる結果となりました。
          • 自宅のインターネット回線としてSoftBank Air3はベストな選択?
            • 結果、筆者は通信速度や受信感度、費用面からUQ WiMAXL01を最もオススメします。
              ソフトバンクユーザーの家族が多い場合には、SoftBank Air3でおうち割光セットを使えば、通信がかなり節約できます。

          ぜひ、自分の条件に合ったホームルーターを選んでください。

          ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
          機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

          【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

          【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!