Menu

戸建て住宅にソフトバンク光はおすすめ?ベストな回線の選び方を解説

ランケーブルと家の模型

戸建て住宅のインターネット回線は、一度決めたら簡単に乗り換えするものではありません。

万が一満足できず解約することになってしまうと、違約金も高いし工事に手間や時間もかかってしまいます。

でもインターネット回線を自分で検討するのって結構難しいですよね。

あなたが現在検討中の ソフトバンク光 は、 本当に長く使えるお得で安心な回線なの?と不安に思っている人も多いでしょう。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • マイホームのインターネット契約をソフトバンク光にしたいけど、大丈夫かな?
  • ソフトバンク光よりもっといいインターネット回線があるんじゃないかな?
  • ソフトバンク光に決めた場合、導入までに注意することを教えて!

ソフトバンク光は、フレッツ光回線を使ったいわゆる「光コラボ」の中でも利用者数の多い人気回線です。

ソフトバンクのスマホ・携帯1台につき 最大1,000円の割引があることも人気の理由です。

速度も最大1Gbpsと、フレッツ光などの一般的な光回線と同じなので速度面でも安心です。

納得する弟リスのイラスト
じゃあボクんちはソフトバンク光で決定だね!

兄リスのイラスト
ちょっと待って。
ソフトバンクユーザーならNURO光も比べてから契約を決めたほうが良いよ。

あわてる弟リスのイラスト
えっ!?なにそれ…?

あなたがインターネットにおいて速度を重視する人なら、 「 NURO光 」も比較検討してから導入を決めたほうがいいでしょう。

実は、 NURO光 もソフトバンクスマホとのセット割が適用される光回線です。

NURO光は最大速度が2Gbps(ソフトバンク光の2倍)であることがメリットな反面、サービス対象エリアは関東・関西・東海エリア限定なのがデメリットです。

NURO光の申込みはこちら

首を振る弟リスのイラスト
NURO光、いい感じだったんだけどボクんちは対象エリア外だったよ…残念

また、もし家族にスマホ契約がソフトバンクでない人が多い場合は、利用人数が多いキャリアとセットで割引になる回線を選ぶ、という選択肢もあります。( auひかりドコモ光 など)

auひかりの申込みはこちら

ドコモ光の申込みはこちら

というわけで、この記事では

  • ソフトバンク光を契約すべき一戸建てはこんな家庭
  • ソフトバンク光を契約すべきでない家庭におすすめの回線

の順に、わかりやすく解説していきます。

戸建て向けソフトバンク光のプランは3種類

机においてあるノートパソコン

ソフトバンク光 を戸建てで契約する場合、自動更新の有無と契約期間によって月額料金が異なる3つのプランから選ぶことになります。

結論としては自動更新なしのプランよりも、自動更新ありのプランのほうが月額料金で1,000円以上安くなるのでおすすめです。

各プランの月額料金は以下の通りです。

自動更新ありプラン(5年)※1自動更新ありプラン(2年)自動更新なしプラン
4,700円(税抜)5,200円(税抜)6,300円(税抜)

※参照:ソフトバンク|サポート
※1 自動更新ありプラン(5年)には「ソフトバンク光テレビ」(月額660円・初期費用2,800円〜28,500円)の申込みが必要です

ただし、自動更新ありの場合は解約月以外のタイミングで解約する際に解約手数料がかかりますので、短期間で引っ越しの必要がある場合はおすすめできません。

自動更新ありのプランでも2年と5年とでは解約金が変わります。

プラン名解除料解約金
自動更新ありプラン(5年)あり15,000円
自動更新ありプラン(2年)あり9,500円
自動更新なしプランなし0円

※参照:ソフトバンク|サポート
※その他利用中のプランに解約金がある場合には加算されます
※工事費用の残金がある場合には一括での支払いとなります
※解約は申し込みから6営業日後です

9ヶ月以内に解約する可能性が高ければ自動更新なしにしておくべきです。

自動更新ありのプランにすると月額料金が安いですが、期間満了前に解約をした場合には2年プランだと9,500円、5年プランだと15,000円の違約金がかかります。

9ヶ月以内に解約することがわかっているのであれば、自動更新なしのプランのほうが「月額料金は安いが違約金を払う」状態よりも安くなります。

また、2年プランが1番お得になるのは「9ヶ月目または10ヶ月目で解約する」パターンだけです。

11ヶ月以上契約する予定があるなら5年プランを選ぶと1番お得になります

9ヶ月目で解約する場合のトータル金額

・自動更新ありプラン(2年) 5,200円×9ヶ月+違約金9,500円=合計56,300円

・自動更新なしプラン 6,300円×9ヶ月=合計56,700円

2~5年以上の長期で使うことがほぼ確実であれば、1,100円/月もしくは1,600円/月料金が安くなる、自動更新ありのプランを選ぶことをおすすめします。

次の章では、ソフトバンク光の戸建て向けがどんな人におすすめなのかを解説していきます。

ソフトバンク光がおすすめな戸建ての条件2つ

point2と書かれた黒板を指す男性のイラスト

戸建て住宅で、 ソフトバンク光 を選ぶべきなのは、以下の2つの条件に合う人です。

ソフトバンク光(戸建てプラン)がおすすめな人

  1. ソフトバンクの携帯・スマホを利用している
  2. 家が関東・関西・東海エリア以外にある

では、その条件の人にとってなぜおすすめなのか、理由を説明します。

条件1:ソフトバンクの携帯・スマホを利用している

ソフトバンクのスマホユーザーはソフトバンク光とセットにすることで、「おうち割 光セット」が使えるというメリットがあります。

おうち割とは「スマホとネットのセット割引」

「おうち割 光セット」とは、 自宅のインターネット回線とスマホをセットでソフトバンクにすることで割引が適用される制度です。

ソフトバンクでiPhone、スマホ、携帯電話、iPad またはタブレット型端末を使用している場合、自宅のインターネット回線をソフトバンク光にすると毎月最大で1,080円(税込)割引(データ定額50GBの場合)されます。
※参照:ソフトバンク|おうち割 光セット

おうち割のメリットと特徴

おうち割のメリットとは、 「月額料金が抑えられること」「家族で10回線まで適用対象になること」の2つです。

おうち割はスマホ・携帯電話1台ごとに割引されるので、多くの端末を使う家族ほどお得になります。

おうち割では同居だけでなく離れて住む家族も割引対象になりますので、データ定額50GB、20GB、5GBのプランのスマホ3台を使う家庭であれば、合計で3,000円/月も安くすることができます。

家族でソフトバンクのスマホを使う人や、タブレットなどを持っている人など、複数回線を持っている場合にはさらにおすすめです。

また、 おうち割の対象となる光回線はソフトバンク光だけではありません

NURO光を契約した場合も、ソフトバンクのスマホとのセット割引が適用されます。

条件2:家が関東・関西・東海エリア以外(NURO光のサービス対象範囲外)にある

NURO光 とは、ソニーネットワークコミュニケーションズが運営する光回線のブランドで、現在は関東・関西・東海エリアで提供されています。

NURO光 は「下り最大2Gbps」と、ソフトバンク光の「下り最大1Gbps」と比べても 通信速度が圧倒的に速いのが特徴です。

結論から言うと、NURO光のエリア内(関東・関西・東海エリア)に住んでいるなら、ソフトバンク光よりもNURO光のほうがおすすめです。

NURO光は2年間の継続契約なら月額4,743円で利用できます。 

先ほど紹介したソフトバンク光の2年更新プランが5,200円/月なので、NURO光のほうが毎月約500円安く使えることになります。

基本料金がソフトバンク光よりも安いうえに、NURO光でもソフトバンクスマホとのセット割引の「おうち割 光セット」が適用されます。
※参照:NURO 光|NURO 光 でんわ

【予告】NURO光に6・10ギガプランが新登場!

4月上旬に発表された新プランでは、関東の一部エリアで戸建て向けにより速度が速い(有線接続で概ね速度6Gbps/10Gbps、無線接続時で最大速度1.7Gbps)ものが登場しました。

元々あった10Gプランは、このタイミングで上り最大速度も10Gbpsに上がります。

とにかく速度を重視したいという人は、新しいプランも合わせて検討することをおすすめします。

このように、東名阪エリアに住んでいる人にとっては、料金面でも速度面でも ソフトバンク光よりNURO光のほうが優れているため、ソフトバンク光を選択する理由がなくなるというわけです。

NURO光についてはのちほどくわしく説明しますので、興味がある人は先にを こちらご覧ください。


逆に、NURO光の対象地域外である関東・関西・東海エリア以外にお住まいでソフトバンクユーザーの人は、 ソフトバンク光 がおすすめです。

関東・関西・東海エリア以外の人にとっては、ソフトバンク光(=フレッツ光回線)が提供する「1Gbps」は最速クラスです。

ただ、同じ通信速度でも、 auひかりeo光 、コミュファ光など フレッツ回線以外のほうが混雑しにくいために体感速度が高い可能性もあります
※eo光:関西エリア限定、 コミュファ光:東海エリア限定の光回線。 いずれも地域の電力会社系列の回線業者

ソフトバンクのスマホとセットでのおうち割にこだわらないのであれば、そちらも検討してみましょう。

また、auひかりでは、2018年3月1日から、通信速度上り/下り最大10Gbpsの「auひかり ホーム10ギガ」と、通信速度上り/下り最大5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」の受付を開始しました。

現状は東京・神奈川・埼玉・千葉の一部が対象エリアになっているので、この 1都3県に住んでいる人で通信速度にこだわるのであればauひかりもおすすめです。

「auひかり」や「eo光」についてもっと知りたい人は以下の記事も参考にしてください。

[関連記事]auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!のサムネイル
auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが利用者からも好評で、大きなデメリットもなくオススメできる回線です。ただ、人によってはauひかりよりももっとオススメな回線がある場合もあります。この記事では「どんな人ならauひかりを選ぶべきか?」について解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]関西エリアでベストな光回線はeo光なのか?!eo光の特徴&コスパを徹底解説のサムネイル
関西エリアでベストな光回線はeo光なのか?!eo光の特徴&コスパを徹底解説
eo光は関西電力系のケイ・オプティコムという会社が運営している インターネット回線サービスです。 eo光は混雑しにくい独自回線で快適にもかかわらず価格とのコスパが良く、関西エリアにおいて非常にオススメできる光回線だと言えます。さらに、auユーザーならセット割(auスマートバリュー)が受けられるというメリットもあります。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

これまで説明した2つの条件である「ソフトバンクのスマホとセットでおうち割を使う」「関東・関西・東海エリア以外に住んでいる」に当てはまる人にはソフトバンク光がおすすめです。

しかし、当てはまらない人には ソフトバンク光以外の光回線のほうが速度や料金でお得になる可能性があります

ソフトバンク光以外がおすすめなパターン

タブレットを持つ男性とスマホを持つ女性

すでに説明した通り、 関東・関西・東海エリアでは通信速度が下り最大2Gbpsの NURO光 が最速です。

しかし、月額料金で比べてみると他の光回線もだいたい同じくらいの金額です。

月額料金と速度のバランスを見るために、NURO光と ソフトバンク光 、もう1つ大手事業者であるドコモを加えた3社をそれぞれ2年契約にて比較したのが以下の表です。

NURO 光G2Vプランドコモ光 タイプAソフトバンク光
月額料金4,743円5,200円5,200円
速度(下り最大)2Gbps1Gbps1Gbps

※参照:NURO光|光回線のインターネット料金プラン
※参照:NTTドコモ|料金プラン
※参照:ソフトバンク|SoftBank 光(光回線)をはじめよう

ご覧の通り、いずれも月額料金はさほど変わりませんので、お住まいの地域やおうち割を利用するかどうかで決めると良いと思います。

対象エリアの確認方法は次の章で説明します。

対象地域ならNURO光が最速の回線(下り最大2Gbps)でおすすめ

NURO光の対象地域である関東・関西・東海地域にお住まいの場合は、NURO光 がおすすめです。

これまでは関東中心に展開されていたNURO光ですが、 2018年1月下旬から関西や東海へも対象地域を順次拡大中です。具体的には、以下の地域がサービス提供対象になっています。

NURO光 対応エリア

関東の対象地域東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
関西の対象地域大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
東海の対象地域愛知/静岡/岐阜/三重

上記のエリアに該当していても、 一部の地域ではサービスが提供されていないこともあるようなので、対象地域内であっても自分の家が対象かどうかの確認をしましょう。

対象地域であれば通信速度の最速を誇るNURO光ですが、料金も気になるところですよね。

先に紹介したソフトバンク光の料金と比較して見てみましょう。

NURO光とソフトバンク光の料金も比較(戸建てプランのみ)

NURO光 とソフトバンク光の料金をくわしく比較すると以下の通りになり、安さだけを見るとソフトバンク光の自動更新あり(5年)がもっとも安く、次にNURO光の2年契約のプランとなります。

契約条件月額料金おうち割の割引額
NURO光契約期間あり(2年間)4,743円(税抜)

おうち割を使用なら500円〜1000円割引(1回線あたり・10回線まで)

契約期間なし7,124円(税抜)
ソフトバンク光自動更新あり(5年)4,700円(税抜)
自動更新あり(2年)5,200円(税抜)
自動更新なし6,300円(税抜)

関東・関西・東海以外のエリアで、ソフトバンク以外のスマホを使っている場合

NURO光のサービス提供エリアである関東・関西・東海以外のエリアにお住まいで、ソフトバンク以外のスマホを利用している場合は以下のような方法を使うことでお得になります。

  • インターネットを利用中のキャリアと揃えれば割引あり
  • 携帯・スマホが家族でバラバラor乗り換え予定ありならNURO光かビッグローブ光がおすすめ

この2つの方法について説明していきます。

インターネットを利用中の携帯キャリアと揃えれば割引あり!

1つめの方法は、 スマホや携帯で使用するキャリアと、家で使用する光回線のキャリアを揃えることです。

光コラボはすべてフレッツ光の回線を使っているため、価格的にはそこまで大きな差はありませんし、通信速度などの品質も変わりません (プロバイダによって多少変わることはあります)

ただし、 auひかり だけは独自回線を利用しているため、 ほかの回線に比べ速度が出るといわれています。

ソフトバンク以外のキャリア携帯を使用している場合

ソフトバンクのスマホではなく、他のキャリアの携帯を使用している場合には、そのキャリアが提供している光回線がおすすめです。

スマホキャリアとネット回線を揃えることでソフトバンクのおうち割のように割引を受けることができます。

キャリア名サービス名戸建てタイプの価格スマホ回線とセットでの割引額
docomo光ドコモ光パック月額5,200円月額500円〜3,500円割引(主回線のみ)
auひかり auスマートバリュー 月額4,900円月額500円〜2,000円割引(1回線ごと/10回線まで) 
ソフトバンク光おうち割光セット月額5,200円月額500円~1,000円割引

※参照:NTTドコモ|料金プラン
※参照:au|auひかり ホーム:料金・割引(光ファイバー auひかり)
※参照:ソフトバンク|おうち割 光セット

主要3キャリアの中で 1番割引が大きいのはauひかりです。

また、 ドコモ光 の割引は「主回線の1人のみ」しか対象ではないことに注意が必要です。

たとえば家族6人でドコモ、au、ソフトバンクユーザーが各2人の場合、ドコモは月額500円の割引、auは月額4,000円の割引、ソフトバンクが月額2,000円の割引とauが1番割引額が大きくなります。

携帯・スマホが家族でバラバラor乗り換え予定アリならNURO光かビッグローブ光がおすすめ

携帯やスマホなどのキャリアが家族でバラバラの場合や、格安SIMへの乗り換えを検討している(ずっと今のキャリアを使い続ける予定がない)場合には、NURO光かビッグローブ光がおすすめです。

NURO光の対象地域なら断然NURO光がおすすめ

NURO光 の通信速度は下り最大2Gbpsと高速な通信が特長です。

月額料金も「光G2V」プランでは4,743円と他の光回線サービスと同等の金額です。

スマホとのセット割による値引きよりも速度で選ぶならおすすめと言えます。

その他地域はビッグローブ光がおすすめ

残念ながらNURO光が使えない関東・関西・東海エリア以外の地域にお住まいの人には、ビッグローブ光がおすすめです。

月額4,980円で利用できて25,000円のキャッシュバックが受けられるので、 実質5ヶ月が無料になります。

また、単純に毎月の支払いの最安値であれば、So-net光も候補に入れましょう。

月額料金速度その他特典
ビッグローブ光4,980円/月最大1Gbps25,000円のキャッシュバック
So-net光4,500円/月最大1Gbps
OCN光5,100円/月最大1Gbps

※参照:BIGLOBE|ビッグローブ光:TOP
※参照:So-net|So-net 光 コラボレーション
※参照:NTTコミュニケーションズ|料金


戸建て住宅のお住まいで ソフトバンク光 を検討している人のために、ソフトバンク光の詳しい内容や他社でおすすめのプランを説明しました。

次はソフトバンク光で契約することを決めた人に向けて、戸建住宅にソフトバンク光を導入する場合の工事内容を解説します。

光回線の設置工事について

ランケーブルとペンチを持つ男性

どの光回線を使う場合でも、設置工事が必要です。

設置工事をする建物や周囲の状況によって工事の費用が大きく変わります。

設置工事には屋外工事と宅内工事がある

ひとくちに工事とは言っても、屋内工事と宅内工事の場合で必要な料金や所要時間が変わってきます。

すでに屋外工事が済んでいる場合:9,600円

中古や賃貸の戸建て住宅では、光回線の工事をすでに引き込んでいることもあります。その場合には屋外工事は必要ありません。

そのため光回線を使用するための宅内工事の 料金9,600円のみとなります。

屋外工事が済んでいない場合:24,000円

新築の戸建ては屋外工事が済んでいないことがほとんどです。

そうなると屋外工事と宅内工事の両ほうが必要となります。

屋外と宅内の工事がどちらも必要になるため 24,000円となります。 

工事費については工事日程や建物の状況によっても変わるので、事前に確認しましょう。

屋外工事と宅内工事が必要な場合

新築物件などで屋外工事から行わなければならない場合には、状況によって工事予定日のみでは工事が終わらない可能性があります。

宅内工事のみの場合

中古住宅や賃貸の戸建てにお住まいで、宅内工事のみで良い場合にはすでに光回線を使用する準備が整っているので工事時間や費用がそこまでかからないことも多いです。

賃貸戸建ての場合工事費の負担が交渉できることもある

賃貸で戸建てを借りていて光回線の工事がまだされていない場合、オーナー(大家さん)か管理会社への交渉次第では屋外工事費用の負担をしてもらえることもあるようです。

交渉のポイント

  • 光回線を設置することで、今後の入居者にとっても大きなメリットとなる
  • 光回線が使える=戸建ての賃貸としての価値が上がる

ここを強調して伝えると交渉しやすくなります。

まとめ

今回は戸建て住宅にお住まいでソフトバンク光を検討している人へ向けて、ソフトバンク光の詳しい内容や、他社でオススメのプランをご紹介いたしました。

一戸建てでソフトバンク光を契約すべきなのは、以下の2つの条件に当てはまる人です。

  • 家族や自分で複数台ソフトバンクのスマホを使っていておうち割の対象になる
  • 関東・関西・東海エリア以外に住んでいる

関東・関西・東海エリアに住んでいる人は、おうち割も使えて通信速度も速いNURO光がおすすめ。

そのほか、 ドコモのスマホユーザーならドコモ光、 auのスマホユーザーならauひかりやビッグローブ光がおすすめです。

自分の使い方に一番合ったプランを見つけて長く安心して光回線のインターネットを使用できるようにしましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!