Menu

毎月550円違う!似て非なるSo-net光とフレッツの料金を完全解説

パソコンを触る人の近くに置かれた積み上がった小銭と小銭の入った瓶

光コラボレーション事業によって提供がスタートした「So-net光」サービス。

フレッツ光の回線を使って速度や安定した品質は保ちつつ、フレッツ光より安い料金体系や魅力的なキャンペーンがあるなど、おすすめできる光回線です。

しかし、よく似た名称のサービス「So-net光」と「So-net光withフレッツ」の違いがいまひとつわかりづらいのも事実です。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 「So-net光」や「So-net光withフレッツ」は何が違うの?
  • 「So-net光」は「So-net光withフレッツ」、比べるとどちらがどれくらいお得?
  • 「So-net光」と「So-net光withフレッツ」ならどちらが自分に向いている?

結論から言うと、「So-net光」と「So-net光 withフレッツ」は同じフレッツ光の回線を使用する異なるインターネットサービスです。

運営会社が異なるため料金形態や特典、キャンペーンなどが違い、「So-net光」のほうがお得に利用可能です。

So-net光の申込みはこちら

この記事では、上記のような人に向けて、「So-net光」と「So-net光withフレッツ」の基本的な情報を確認しながら、

  • 「So-net光」と「So-net光withフレッツ」の料金
  • 「So-net光」の利用が向いているケース
  • 「So-net光」の口コミ

を解説していきます。

この記事を読むと、「So-net光」の評判やサービス、料金体系がわかり、どちらが今の自分に合っているのかを把握することができるでしょう。

「So-net光」と「So-net光 withフレッツ」は似て非なるサービス

「So-net光」と「So-net光withフレッツ」、名前が似ているだけでなく、どちらもフレッツ光の回線を利用して提供されています。

そのため、最大1Gbps(VDSLの場合100Mbps)でインターネット通信を利用することができます。

安定性にも差はありません。

大きく異なる点といえば、料金や割引などのサービスです。

まずは、それぞれの料金的な特徴について解説しましょう。

【So-net光】

「So-net光」の特徴は、以下の3つです。

「So-net光」の特徴

  1. フレッツ光からの乗り換えは工事費用がかからない(転用)
  2. 基本料金は高いが長期利用の申し込みで月額料金が大幅に割引される
  3. auスマホユーザーなら、さらに割引が適用される(auスマートバリュー)

So-net光の料金体系はシンプルで、マンションタイプと戸建てタイプの2種類のみです。

しかし、フレッツ光をもともと利用していたかどうかや、長期割引の利用などによって金額が異なります。

フレッツ光を利用しておらず「新規」で申し込む場合と、フレッツ光からの「乗り換え」の場合で料金を見てみましょう。

新規申し込みの場合

月額料金は以下の通りです。

マンション戸建て
月額基本料金※()内は開通月の月額料金4,600円(3,000円)5,700円(3,000円)
回線工事費(分割)800円800円
So-net 長割 for 光 コラボレーション▲500円▲500円
大幅割引キャンペーン(~30ヶ月まで)▲1,500円▲1,500円
割引後月額料金(1~30ヶ月)3,400円4,500円
キャンペーン期間終了後月額料金4,100円5,200円

新規の場合は光回線を通すための初期工事が必要となるため、以下の初期費用がかかります。

事務手数料800円
初期工事費24,000円(800円×30ヶ月の分割払い)
※土日祝日の工事の場合3,000円加算

参照:So-net光「So-net光コラボレーション料金」

大幅割引キャンペーンとの併用はできませんが2018年7月1日~2018年8月31日の間でAmazonギフト券20,000円分プレゼントも行われています。

ギフト券プレゼントのほかに月額料金800円割引もあり、月額料金は以下のようになります。

20,000円分のギフト券がもらえるだけでなく、工事の分割費用が実質無料ということになりますね。

マンション戸建て
月額基本料金 ※()内は開通月の月額料金4,600円(3,000円)5,700円(3,000円)
回線工事費(分割)800円800円
So-net 長割 for 光 コラボレーション▲500円▲500円
割引キャンペーン(~30ヶ月まで)▲800円▲800円
割引後月額料金(1~30ヶ月)4,100円5,200円
キャンペーン期間終了後月額料金4,100円5,200円

ただし、1~30ヶ月の割引後月額料金差額を比べてみると、大幅割引キャンペーンを利用するほうが1,000円お得になります。

so net 光 料金

また、どちらのキャンペーンも「So-net 光 コラボレーション(新設)」に新規入会・コース変更した人が対象となります。

フレッツ光からの乗り換えの場合

月額料金は以下の通りです。

マンション戸建て
月額基本料金 ※()内は開通月の月額料金4,600円(1,800円)5,700円(1,800円)
So-net 長割 for 光 コラボレーション▲500円▲500円
So-net 限定割引(1~30ヶ月)▲120円▲220円
大幅割引キャンペーン(~30ヶ月まで)--
割引後月額料金(1~30ヶ月)3,980円4,980円
キャンペーン期間終了後月額料金4,100円5,200円

参照:So-net光「So-net光コラボレーション料金」

フレッツ光からの乗り換えの場合、工事が不要で初期工事費用はかからず、初期費用は事務手数料1,800円のみとなります。

ただし、「大幅割引キャンペーン」の期間内に「So-net 光 コラボレーション(新設)」に新規入会・コース変更した人が対象となります。
参照:So-net光「So-net 光 コラボレーション新設キャンペーン」 ※キャンペーン終了未定

また、同期間中はAmazonギフト券10,000円分プレゼントも行っています。 

同時に「コラボ電話(月額500円)」を申し込むと、12ヶ月間コラボ電話の月額利用料金が無料になるキャンペーンも行われています。

auのスマホやタブレットを利用している場合は、「auスマートバリュー」も適用でき最大2年間2,000円/月がスマホ料金から割引されます。

「auスマートバリュー」については「auスマホのユーザーならさらに最大2,000円/月の割引」の章で説明しています。

あなたのご家庭の場合いくら割引になるのかよく確認してみましょう。

【So-net光 withフレッツ】

次に、So-net 光 with フレッツについてみていきましょう。

フレッツ光のコースは、以下の4種類です。

フレッツ光ネクスト、Bフレッツ対応

  • 「So-net 光 with フレッツ S(ファミリー)」
  • 「So-net 光 with フレッツ S(マンション)」

フレッツ光ライト対応

  • 「So-net 光 with フレッツ S(ライトファミリー)」
  • 「So-net 光 with フレッツ S(ライトマンション)」

お住いのエリアがNTT東日本エリアか西日本エリアかによって月額利用料金が変わります。

So-net光 with フレッツの月額料金

So-net月額基本料金とNTT月額料金を合計した月額料金は以下の通りです。

NTT東日本NTT西日本
フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
(戸建住宅向け)
6,700円(5,600円)-
フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
プラン2(集合住宅向け)
4,250円(3,850円)-
フレッツ光ネクスト
ファミリータイプ(戸建住宅向け)
-5,300円
フレッツ 光ネクスト マンションタイプ
VDSL プラン2(集合住宅向け)
3,750円(3,550円)3,750円(3,550円)
フレッツ 光ライトファミリータイプ
(戸建住宅向け・2段階定額プラン)
3,800~6,800円
(3,200~6,200円)
3,800~6,800円
(3,200~6,200円)
フレッツ 光ライトマンションタイプ
(集合住宅向け・2段階定額プラン)
2,900~5,200円3,100~5,300円

※()内は割引適用後の金額を記載しています
参照:So-netのフレッツ光(So-net 光 with フレッツ S [東日本])So-net 光 with フレッツ S [西日本] 

ライトタイプは通信量によって10MBあたり東日本で30円、西日本で28円が加算されていくため、月額利用料金に幅があります。

また、新規でフレッツ光を申し込んだ場合は

  • 「にねん割(24ヶ月間700円割引)」
  • 「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント(1年目100円割引)」
  • 「ギガ推し!割引(30ヶ月300円割引)」
  • 「もっとライトに!(500円割引)」

などの割引が適用となります。

戸建て・マンションの初期費用

初期費用は戸建てかマンションかによって異なります。

NTT東日本NTT西日本
戸建て18,800円
内訳:初期工事費18,000円(初回3,000円+500円/月×30回)+契約料800円
マンション15,800円
内訳:初期工事費15,000円(初回3,000円+400円/月×30回)+契約料800円

新設の場合は初期費用が分割で加算されるため、割引が適用されても最初の30ヶ月は月額料金が以下のようになります。

NTT東日本NTT西日本
フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
(戸建住宅向け)
6,000円-
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
プラン2(集合住宅向け)
4,250円-
フレッツ光ネクスト
ファミリータイプ(戸建住宅向け)
-5,800円
フレッツ 光ネクスト
マンションタイプ VDSL プラン2
(集合住宅向け)
3,950円3,950円
フレッツ 光ライトファミリータイプ
(戸建住宅向け・2段階定額プラン)
3,700~6,700円3,700~6,700円
フレッツ 光ライトマンションタイプ
(集合住宅向け・2段階定額プラン)
3,300~5,600円3,500~5,700円

参照:So-net「So-net 光 with フレッツ S [東日本]」「So-net 光 with フレッツ S [西日本]」

So-net光とSo-net光 with フレッツの料金比較

新設の場合に適用される割引などの要因を考慮して、月額利用料金を比較してみます。

  • NTT東日本エリアのマンションに住んでいる
  • インターネットをあまり使わない

上記のような人の場合、「So-net光 with フレッツ」のライトマンションタイプを選び毎月200MBまでの使用に抑えるのが一番お得です。

ちなみに、NTT東日本のサイトによると200MBで利用できるのは

「1ヶ月あたり100ページのホームページ閲覧、電子メール100通の送受信、セキュリティ対策ソフトなどのアップデート」である

と説明されています。
参照:フレッツ光「サポート」

この記事を見ているあなたは、毎月の通信容量が200MBでは全く足りないといえるでしょう。

そこで、定額制プランについて新設した場合の契約から2年間の月額利用料金を表にしてみましょう。

So-net光[全国]
新設(1~30ヶ月まで)マンション戸建て
3,400円3,700円

参照:So-net「So-net光|料金」

So-net光withフレッツ[東日本]
マンション戸建て
フレッツ光ネクストギガスマートタイプ4,250円6,100円
フレッツ 光ネクスト VDSL プラン23,950円-

参照:So-net「So-net 光 with フレッツ S [東日本]」

So-net光withフレッツ[西日本]
マンション戸建て
フレッツ光ネクスト-5,800円
フレッツ 光ネクスト VDSL プラン23,950円

参照:So-net「So-net 光 with フレッツ S [西日本]」

光コラボのSo-net光が550円/月安い

So-net光の基本料金は5,700円ですが、2018年8月31日までに申し込むとキャンペーン割引対象となります。

初めの30ヶ月はマンションタイプなら3,400円で使えるのがポイントです。

また、フレッツ光ネクストギガスマートタイプ(マンション)のネット料金は3,350円です。

プロバイダとしてSo-netを選ぶと900円のプロバイダ料金が別でかかるので、フレッツ光の料金は実質4,250円になります。

新設の割引が適用されても初期工事費の分割400円がプラスされて4,250円と変わりません。

VDSLプランの場合でも3,950円となりますので、So-net光withフレッツよりも光コラボのSo-net光のほうが少なくとも550円安くなることになります。

auスマホユーザーならさらに最大2,000円/月の割引

auスマートバリューのイメージ

画像引用:au「auスマートバリュー」

auスマホやケータイ、タブレットを利用している場合は、「auスマートバリュー」が適用できます。

そのため、2年間スマホ・携帯料金が最大2,000円/月割引となります。

スマホ・携帯で契約しているデータプランによって割引額は下の表のように異なります。

契約プラン割引
auピタットプランシンプル(1GBまで)割引なし
スーパーカケホ/カケホ(2GBまで) シンプル(1GB超~2GBまで)翌月から500円/月OFF
スーパーカケホ/カケホ/シンプル
(2GB超~20GBまで)
翌月から1,000円/月OFF
auフラットプラン20/30翌月から1,000円/月OFF
データ定額1翌月から最大2年間934円/月OFF
3年目以降ずっと500円/月OFF
データ定額2/3
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
翌月から934円/月OFF
データ定額5/20
LTEフラット
ISフラット
翌月から最大2年間1,410円/月OFF
3年目以降ずっと934円/月OFF
データ定額30翌月から最大2年間2,000円/月OFF
3年目以降ずっと934円/月OFF

参照:So-net「So-net光|auスマートバリュー」

データ定額5GBだと毎月1,410円が割り引かれます。

これが2年間続くと、合計で33,840円の割引になるだけでなく、家族がauのスマホを利用しているなら割引額は増えていきます。

既にauスマホユーザーや、これからauにのりかえを考えている人にとって、非常にお得なサービスです。

So-net光とSo-net光 with フレッツの工事費

初期費用に関してはすでに説明していますが、新設の場合の初期費用はそれぞれ以下の通りです。

So-net光So-net光withフレッツ
マンション戸建て
事務手数料800円800円800円
初期工事費24,000円15,000円18,000円
合計24,800円15,800円18,800円

初期費用はSo-net光が最も高いです。

さらに30回の分割払いで毎月800円の初期工事費が加算されてしまいます。

しかし、新設の場合に申し込みできる割引の大きさからSo-net光のほうが毎月550円安くなります。

so net 光 料金

フレッツ光を利用している人が「So-net光」や「So-net光 with フレッツ」にのりかえた場合、初期工事はなく契約料のみが必要になります。

So-net光の場合は1,800円、So-net光 with フレッツの場合は800円です。

のりかえの際の初期費用は、フレッツ光からSo-net光に乗り換えた場合の初期費用のほうが1,000円高くなります。

しかし、月額料金の違いを考えると、初期費用1,000円の違いはメリットであるとは言えないでしょう。

光電話や光テレビは同じサービスが受けられる

地デジ・BSデジタル・スカパー!などを光回線で見ることができるサービス、「フレッツ・テレビ」や「ひかり電話」と同様のサービスも受けられます。
参照:So-net「So-net光 テレビ」

「So-net光コラボテレビ(月額660円)」や「So-net 光 コラボ電話(月額500円)」は、フレッツ光の回線を利用します。

そのため、品質はそのまま利用できますが、サービス内容や料金が異なる場合があり注意が必要です。

また、すでに「フレッツ・テレビ」や「ひかり電話」を利用している人が「So-net光」に転用した場合、テレビも電話もサービス転用可能ですが、場合によっては工事が必要になります。

さらに、サービス内容や料金が一部変更されたりする場合がある点にも注意しましょう。

口コミから見るSo-net光の特徴

ツイッターや比較サイトなどからSo-net光についての口コミを見てみると、

「価格.com」
画像引用:「価格.com」

「価格.com」
画像引用:「価格.com」

など、回線の速さに不満があるというコメントが見られました。

回線はフレッツで変わらないはずなのに「遅くなった」

光コラボレーションである「So-net光」は、NTTが提供するフレッツ光回線をそのまま利用しているサービスです。

ですから、フレッツ光と同様に1Gbpsの速度でインターネットを使用することが可能です。

にもかかわらず「遅くなった」というのはなぜでしょうか。

住居タイプがマンションのような集合住宅では、同じタイミングで利用する居住者が多いと速度が遅くなってしまいます。

so net 光 料金

遅い理由は以下の3点です。

  • ルーターの問題
  • ウイルスソフトの影響
  • デバイスの性能の問題

So-net光だから遅いということではなく、さまざまな要因が重なって速度に不安定さが出てしまうことがあるのです。

周辺のエリアでSo-net光ユーザーが多い場合は、アクセスが集中しやすい夜などに繋がりが悪くなったり、遅くなったりすることがあるかもしれません。

環境の違いもあるがまずはIPv6を試してみる

回線が遅い場合は、従来のIPv4ではなくIPv6を試してみることをおすすめします。

インターネット接続機器を識別するために利用されているIPv4ですが、ネットの普及によってアドレスが足りなくなってきています。

そのため、新規格としてIPv6アドレスへの移行が始まりました。

利用者の少ないIPv6であれば、回線の混雑に巻き込まれずにインターネットを利用できるでしょう。

So-net光では無料でIPv6を利用できますし、これまで数日かかっていた開通手続きが早ければ数時間で利用できるようになりました。

So-net内に「次世代通信v6プラス」の案内ページがありますので、申し込んで試してみてください!

申し込み方法

So-net光への申込み方法は、Webと電話があります。

契約や利用状況によって申し込み方法が異なります。それぞれ以下を参照してください。

So-net光を新規で利用する場合の申込み方法

電話で新規利用を申し込む場合は「0120-982-469」へ電話します。

対応時間は9:00~21:00で携帯やPHSからも同じ番号でかかります。

Webから申し込む場合はこちらからアクセスしてください。
参照:So-net「新設でのお申し込み」

So-net利用中でSo-net光に変更する場合の申込み方法

電話窓口は0120-080-790です。

Webで申し込む場合は「コース変更」となり、こちらから申し込みができます。
参照:So-net「お申し込み」

開通までの流れ

フレッツ光の利用がない場合の開通までの流れは、「申込み・工事・開通連絡・利用開始」の4ステップです。

So-net「So-net光」
画像引用:So-net「So-net光」

フレッツ光を利用している場合は工事の必要がありませんが、「フレッツ光から転用番号を入手・So-netに申し込み・利用開始」の3ステップとなります。

So-net「So-net光」
画像引用:So-net「So-net光」

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した内容をまとめると

  • So-net光の料金プラン
    ⇒マンションタイプと戸建てタイプの2パターン
  • So-net光の長期利用を約束することで割引が適用
    ⇒So-net光withフレッツよりも少なくとも550円、最大で2,400円もお得に利用できる
  • auのスマホやタブレットなどを利用している場合
    「auスマートバリュー」が適用で最大2,000円お得になる
  • So-net光は回線速度が「遅い」「不安定」というユーザー口コミが見られるのは事実
    ⇒ただし、「早くなった」という声もみられるため、“So-net光だから遅い”というわけではない
  • 回線速度が遅いと感じる要因
    ⇒利用環境や設備によるものが考えられる
  • 回線速度が遅いと感じる場合
    ⇒無料で利用できるIPv6を試してみるのがおすすめ

So-net光もSo-net光 with フレッツも、フレッツ光回線を利用したサービスです。

速度に関しては賛否両論ありますが、安さ重視でネットを使いたいという人にはSo-net光がおすすめです。

So-net光の申込みはこちら

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!