Menu

今すぐできる!So-net光が遅いときの速度改善チェックポイントと対処法まとめ

パソコンの近くに置かれたカタツムリの模型

「So-net光を利用しているけど遅くて困っている」
「ネットで「So-net光は遅い」という口コミを見て契約をためらっている」
といった人は少なくありません。

なぜなら、光コラボであるSo-net光は、時間帯や接続状況によって著しく速度が落ちることがあるからです。

しかし、改善策はあります。

  • So-net光の速度をもう少し改善できないかな?
  • 本当にSo-net光を申し込んでもいいのかな?

こうした疑問を持っているならこの記事は参考になりますよ!

この記事では以下の内容についてくわしく解説していきます。

この記事で解説していること

  • So-net光の速度について
  • So-net光の速度改善策について
  • So-net光に代わるおすすめのインターネット回線

最後まで読めば、So-net光を快適に使えるようになったり、もっと自分に合ったネット環境を探す手掛かりが見つかります。

なお、この記事は、So-net光の速度について確認した後、速度改善について見ていく流れになっています。

もし、So-net光の速度に不満を感じていて、今すぐ速度改善策を試したい場合は、「So-net光の遅さを少しでも改善する5つの方法」から読み始めてください。

全体でも2、3分で読める内容なので、So-net光を利用している人も、So-net光の契約を検討している人も、ぜひチェックしてくださいね。

そもそも「So-net光は遅い」のか?

パソコンを見て考える女性

「なんとなく遅いな」と感じたり、「遅いよ」という声を聞いたり…。

でも、本当にSo-net光は遅いのでしょうか?

まずは、So-net光の速度について、あらためて確認してみましょう。

あわせて、口コミなども見ていきます。

So-net光の実測値は0.4~85Mbps程度

So-net光を実際に使っている人の口コミを見てみると、「期待をはるかに下回る速度でどうにかしてほしい」という内容が多いです。

利用時間帯にもよりますが、ひどいときには下り0.4Mbps程度しか出ないことも。

一方で、以下のように、同じ環境でも日によって速度が良くなることもあるようです。

これらの評判から言えることは、So-net光は必ずしも「遅い回線」とは言えないということです。

裏を返せば、速度が安定しにくい回線であるとも言えます。

これは、So-net光が「光コラボ」であることも原因のひとつです。

So-net光は下り最大1Gbpsの「光コラボ」

So-net光は、ドコモ光やソフトバンク光と同じ「光コラボ」のひとつです。

光コラボとは、NTT以外の事業者がNTTのフレッツ光回線を利用し、独自のサービスを付け加えて提供しているインターネット回線のことです。

したがって、フレッツ光の最大速度である1GpbsがSo-net光における最大速度となります。

次の章で、So-net光の速度を少しでも速くするための改善策をご紹介しますが、これらの改善策をすべて実行した場合でも、1Gbpsを超えることはできません。

そのため、もし「1Gbps以上の速度が欲しい」なら、より速い他のインターネット回線に乗り換えをおすすめします。

So-net光より早いインターネット回線については、後ほど「速さ最優先のインターネットならNURO光/auひかり/eo光」でご紹介します。

通信状況の改善には「v6プラス」を試してみる

なお、So-net光は「v6プラス」というサービスを無料提供しています。

これは、時間帯や同時接続数によって混雑しやすい従来のPPPoE接続ではなく、混雑の影響を受けにくいIPoEで接続できるというもの。

加えて、128ビットIPアドレスを使うIPv6だけでなく、従来の32ビットIPアドレスを使うIPv4もIPoE方式で接続できるのが特徴です。

これにより、サイト側がIPv4・IPv6どちらに対応していても快適に利用できます。

ただし、これは従来に比べて混雑しにくいということであり、先ほども触れたように、「下り最大1Gbps」を超えることはできないということに注意しましょう。

ここまで読んでSo-net光以外で速い光回線を知りたいと思った人は「速さ最優先のインターネットならNURO光/auひかり/eo光」の章に進んでください。

通信速度重視でおすすめの回線を紹介しています。

実測値を測ってみよう

So-net光を利用している人も、他のインターネット回線を利用している人も、今現在どの程度の速度が出ているかということを、数値で把握しておくことをおすすめします。

具体的な数値がわかれば、

  • 「遅い」と感じていたが、実はSo-net光としては十分な速度が出ていた
    「So-net光より速いインターネット回線に乗り換えよう」
  • So-net光のスペック「最大1Gbps」に遠く及ばない数値だった
    「改善策を試してみよう」

というふうに判断できますよね。

たとえば動画配信サービス「NETFLIX」では、快適に視聴できる通信速度の目安を以下のように設定しています。

  • SD画質:3Mbps推奨
  • HD画質:5Mbps推奨
  • UHD画質:25Mbps推奨

数値の判断基準として参考になりますね。

つまり、動画やオンラインゲームなどを利用する場合でも、30Mbps程度出ていれば十分と考えていいでしょう。

逆に、それよりも低い数値しか出ない場合は、

  • 改善策を試してみる
  • 他の回線への乗り換えを検討する

という選択肢に進むことをおすすめします。

この回線速度を測るツールとして、以下の2つをご紹介します。

  1. FAST
  2. USEN

FAST

FASTは、サイトにアクセスするだけで速度を測定し、表示してくれるおすすめのツールです。

さらに、表示結果の下にある「詳細を表示」ボタンをクリックすれば、上りの速度などの詳細情報も知ることができます。

FAST インターネット回線の速度テスト
画像引用:FAST「インターネット回線の速度テスト | Fast.com」

USEN

USENは、フレッツ光とフレッツ光以外の回線に分けて測定してくれるサイトです。

FASTより測定に少し時間がかかる印象を受けますが、測定結果に対するコメントも表示されるので、測定結果の数値をどう判断して良いのかわからない人にもおすすめです。

USEN「ADSL・モバイルデータ通信などの回線・通信速度 測定結果
画像引用:USEN「ADSL・モバイルデータ通信などの回線・通信速度 測定結果 | スピードテスト」

So-net光の遅さを少しでも改善する5つの方法

パソコンを使いながらOKサインをする女性

So-net光を利用していて、先ほどご紹介したツールで速度を測定してみた結果、「下り最大1Gbps」よりかなり低速(※1)となってしまった場合、試してみて欲しい改善策があります。
※1…目安としては20Mbpsより遅い程度

まずは、下の表で当てはまる状況を探してみてください。

状況改善策
いつも決まった時間帯に利用している利用時間帯を変える/「v6プラス」を申し込む
いつも家族が同じ時間帯にインターネットを利用している家族の利用時間をずらす
特定のPCやスマホでインターネットに接続するときだけ遅く感じるPCやスマホをチェックする
使用機器の電源を入れっぱなしで使っている使用機器の電源を入れ直す
ルーターやケーブルの利用期間が長い/ルーターやケーブルが古いルーターやケーブルを新しくする

当てはまる状況はありましたか?

あれば、対応する改善策をクリックして、説明に沿って対策してみましょう。

そして、対策前に比べてどの程度速度が改善したかを、先ほど「実測値を測ってみよう」でご紹介したツールで再測定してみてください。

何度か測定して速くなっていれば(※2)OK、あまり変化がなければ他の改善策も試してみましょう。
※2…目安として、UHD画質の視聴に推奨されている25Mbps以上

改善策1:利用時間帯を変える/「v6プラス」を申し込む

先ほども説明したとおり、So-net光はフレッツ光回線を利用した光コラボです。

フレッツ光回線はNTTのフレッツ光ユーザーはもちろん、他の光コラボユーザーも利用しています。

そのため、利用者が集中しがちな夜間などに速度が低下する傾向があります。

特に、「So-net光は下り最大1Gbpsの「光コラボ」」で触れた「v6プラス」に申し込んでいない場合は、IPv4通信(PPPoE接続)となっているため、時間帯による混雑の影響を大いに受けてしまいます。

So-net v6プラス
画像引用:So-net「v6プラス | So-net」

まずはSo-netの「v6プラス」申し込みページの一番下にある以下の「お手続きへ進む」ボタンから「v6プラス」に申し込みましょう。

So-net v6プラス
画像引用:So-net「v6プラス | So-net (ソネット)」

ただし「v6プラス」に申し込んだ場合でも、「v6プラス」対応機器がない場合は、IPv6通信のみがIPoE方式によるインターネット接続となります。

つまり対応機器がなければ、IPv4対応のサイトにアクセスする場合には速度が低下する可能性もあるということです。

その場合には、利用時間をずらしてみると速度が改善する可能性が大きいです。

「v6プラス」対応機器

「v6プラス」対応機器については、以下をご覧ください。

So-net 「サービス詳細 | v6プラス」
画像引用:So-net 「サービス詳細 | v6プラス」

上記以外にも、以下のページに「v6プラス対応機器」が掲載されています。

なお、So-net光 電話を申し込めば、「v6プラス」対応のホームゲートウェイが無料で利用できます。

また、v6プラス対応機器はレンタルすることもできます。

くわしくは、「サービス詳細|v6プラス」ページを参照してください。

改善策2:家族の利用時間をずらす

家の中で家族が同時にスマホやPCを利用すると一度に受信するデータが増加するため、混雑を引き起こしてしまい速度低下の原因となります。

これは、スマホやタブレットをWi-Fiでつないでいる場合、PCをLANケーブルで接続している場合に関係なく、同時接続している台数で考える必要があります。

sonet光 遅い
夕食後など家族が揃う時間帯に、家族それぞれがスマホを手にしているのであれば、その時間帯を避けて利用するようにしましょう。

特に、動画閲覧やオンラインゲームなど大容量データを扱うことが多いと、より遅くなります。

改善策3:PCやスマホをチェックする

PCやスマホが原因で遅く感じる場合もあります。

PC・スマホそれぞれについて次の点を確認し、当てはまるようであれば対策を取ってください。

PCの場合

PCの場合、チェックすべき項目は以下の3点です。

  1. セキュリティソフトが2つ以上稼働している
  2. ブラウザやOSのバージョンが古い
  3. PCそのものの性能が低い
(1)セキュリティソフトが2つ以上稼働している

セキュリティソフト 競合

PCに最初からセキュリティソフトがインストールされていることに気づかずに、有料のセキュリティソフトをインストールしている場合も少なくありません。

セキュリティソフトは必須ですが、2つ以上のソフトが稼動しているとウィルス検知処理によってPCの負荷が大きくなりすぎてしまいます。

これが原因でPCの処理速度が低下すれば、インターネットの速度が遅くなることも避けられません。

そのため、PCにインストールされているセキュリティソフトをチェックし、2つ以上あれば不要なソフトをアンインストールしましょう。

(2)ブラウザやOSのバージョンが古い

ブラウザは、一度インストールするとそのまま使い続けてしまうことが多いです。

しかし、ブラウザのバージョンが古いと効率良くアクセスできないこともあるため、ときどきブラウザのバージョンが最新かどうかをチェックしましょう。

ブラウザに自動アップデート機能が付いていれば、自動アップデートができるように設定しておきましょう。

加えて、インターネット一時ファイルなども、こまめに削除しておくと良いです。

また、古いOSを利用している場合も、十分な速度が得られません。

少なくとも、メーカーのサポートが継続されている(※)Windows7以降やMac OS X10.5以降を利用することをおすすめします。

※2018年7月現在

(3)PCそのものの性能が低い

ほんの数年前に購入したPCでも、性能が不足している場合があります。

すぐに買い替えるのが困難な場合、以下の方法を試してみましょう。

  • 使っていないソフトウェアがあればアンインストールする
  • ハードディスクを最適化(デフラグ)する

スマホの場合

スマホの場合、内部メモリの空き容量が少なくなるために動作が遅くなることが、インターネットの速度が遅く感じる大きな原因と言えます。

そこで、以下の3点をチェックしてみましょう。

  1. 同時に立ち上げているアプリが多い
  2. キャッシュデータが溜まっている
  3. 写真・動画などのデータが溜まっている
(1)同時に立ち上げているアプリが多い

いろいろなアプリを立ち上げていると、それだけ内部メモリを消費してしまい、動作が重くなる原因になります。

まずは、使わないアプリを終了・停止しましょう。

また、もう使わないアプリがあれば、アンインストールしましょう。

(2)キャッシュデータが溜まっている

キャッシュデータは気づかないうちに溜まってしまいます。

放置しておくと内部メモリをどんどん消費してしまうため、動作が遅くなる原因となります。

そのため、ときどき削除しておきましょう。

  • iPhoneの場合
     設定→「履歴とWebサイトデータを消去」
  • Androidの場合
     設定→「ストレージとUSB」→「内部ストレージ」→「キャッシュデータ」→OKをタップ
(3)写真・動画などのデータが溜まっている

スマホは手軽に写真や動画を撮影できることもあり、気が付いたらすぐにたくさんの画像データが溜まってしまいます。

これらのデータも内部メモリを圧迫する原因となるため、定期的にPCやクラウドにバックアップを取り、スマホからは削除しておくことをおすすめします。

改善策4:使用機器の電源を入れ直す

ルーターやONU(光回線終端装置)などの機器は、電源を入れっぱなしにしていることが多いですよね。

速度が遅いと感じたときは、これらの機器の電源を入れ直すことで改善することがあります。

以下の手順に従って電源を入れ直してみましょう。

sonet光 遅い

STEP 1:電源を切る

以下の順番で電源を切ります。

なお、ONUの電源を最初に切ってしまうと、ルーターが故障したり意図しない初期化を招いたりする可能性もあるため、順番通りに実施しましょう。

  1. PCやスマホ、タブレットなどインターネットにつないでいる機器の電源を切る
  2. ルーターの電源を切る(電源スイッチがない場合はコンセントから抜く)
  3. ONUの電源を切る(電源スイッチがない場合はコンセントから抜く)

STEP 2:5分程度待つ

ONUの電源を切ってから5分程度待って、次の「電源を入れる」ステップに移ってください。

STEP 3:電源を入れる

以下の順番で、電源を入れていきます。

  1. ONUの電源を入れて5分程度待つ
  2. ルーターの電源を入れて5分程度待つ
  3. PCやスマホ、タブレットなどの電源を入れる

改善策5:ルーターやケーブルを新しくする

ルーターやケーブルは、壊れない限りずっと使い続ける人も少なくありません。

しかし、技術は日々進歩しており、各周辺機器の性能も常に更新されています。

古いルーターやケーブルを使っていると、いくら速いインターネット回線を利用しても、その性能を最大限に利用することはできません。

そこで、速度が遅いと感じたときには、次の3点を確認してみましょう。

ひとつずつ説明していきますね。

LANケーブルの規格が古くないか

昔購入したLANケーブルをずっと使っている場合、規格が古いために速度低下を引き起こすことがあります。

なぜなら、LANケーブルには「カテゴリ」という規格があり、それぞれ対応する通信速度が以下のように決まっているからです。

規格通信速度こんな使い方におすすめ
CAT5100Mbps-(おすすめでない)
CAT5e1Gbps日常使いやビジネスユース
CAT61Gbpsサイト閲覧などが多い
CAT6A/CAT6E10Gbps動画閲覧が多い、液晶テレビに接続して楽しむ
CAT710Gbpsオンラインゲームのヘビーユーザー、業務用サーバー

たとえばCAT5のLANケーブルを使っていた場合、最大1GbpsのSo-net光を利用していても、どうがんばっても100Mbpsまでしか速度が出ないことになります。

そこで、利用しているLANケーブルに「CAT.5E」などの表記がないか確認してみましょう。

もし、「CAT.5」となっていた場合は、CAT5e以上の規格のLANケーブルに買い替えることをおすすめします。

メーカーにもよりますが、2m程度のケーブルで500円程度、5mまでのケーブルでも1,000円前後で買えるものが多いです。

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル カテゴリー6 ストレート スリム 2m ホワイト BSLS6SU20WH2

iBUFFALO ツメの折れないLANケーブル カテゴリー6 ストレート スリム 2m ホワイト BSLS6SU20WH2

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル2m ブラック KB-FLU7-02BK

サンワサプライ CAT7ウルトラフラットLANケーブル2m ブラック KB-FLU7-02BK

なお、カテゴリ以外にも、LANケーブルにはいくつか種類があります。

以下に主な種類と目安となる環境を示すので、使用環境に合わせて選んでください。

種類特徴目安となる環境
芯線の形状単線ケーブルが硬めのため取り回しが困難
通信品質は安定している
長さ10m以上の場合は単線がおすすめ
より線ケーブルが柔らかく取り回ししやすい
通信品質は単線よりやや劣る
長さ5m以下であれば、より線でもOK
ケーブルの形状スタンダード一般的な丸形
通信品質が安定している
据え付けに向く
フラット薄く平たい形状のケーブル
壁際や隙間、床を這わせる場合などに重宝するが、ノイズに弱い
持ち運びに向く

参照:Prebell「LANケーブルの正しい選び方とは?メーカーが教える鉄則がこれ!!」

ルーターのスペックが十分か

スマホやタブレット、ノートPCなどを自宅でインターネットにつなぐために必要な無線LANルーターも、最初に買ったものをそのまま使い続けていることが多いです。

そこで、ルーターのスペックが十分なものかどうかも確認しておきましょう。

ルーターのスペックは、無線の規格である「IEEE802.11x」や、「11x」などの表記で判断します。

「11x」は、具体的には11b、11g、11n、11acなどの英数字で表されており、速度が速い順に示すと、

11ac>11n>11g=11a>11b

となります。

各規格のくわしいスペックは以下をご覧ください。

規格最大通信速度周波数帯電波干渉障害物
11a54Mbps5GHz強い弱い
11b11Mbps2.4GHz弱い強い
11g54Mbps2.4GHz弱い強い
11n600Mbps2.4GHz弱い強い
600Mbps5GHz強い弱い
11ac6.9Gbps5GHz強い弱い

参照:NTT西日本「IEEE802.「11a」・「11b」・「11g」・「11n」・「11ac」って何?|ネットの知恵袋|フレッツ光公式」

最新規格である11acは、最大転送速度6.9Gbpsに対応しています。

さらに電子レンジやBluetooth製品などの電波の影響を受けにくい5GHz帯域なので、安定した高速通信が期待できます。

そのため、今使っている無線LANルーターが11g/11a/11bなどであれば、11ac対応のルーターに買い替えると速くなる可能性があります。

11ac対応のルーターは、安いもので5,000円程度から、高いものでも15,000円程度で買うことができます。

また、アンテナの本数(ストリーム数とも言います)が多いとより高速に通信することができるため、購入の際にはアンテナの本数の多いものを選ぶと良いです。

TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Archer C50 11ac 867 + 300Mbps 【 利用推奨環境 4人 4LDK 3階建 】 【 iPhone X/iPhone 8/8 Plus 対応 】 Eコマース限定モデル

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WXR-2533DHP2 11ac 1733+800Mbps 4LDK 3階建向け 【iPhone8/iPhoneX/Echo メーカー動作確認済み】

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター

ルーターは電子レンジや壁際を避けて設置すると良い

先ほど説明したように、ルーターは各無線規格によって特徴が異なりますが、できれば以下の点を考慮してルーターの設置場所を決めると良いです。

  • 電子レンジなどの電化製品の近くを避けて設置する
  • Bluetooth製品の近くを避けて設置する
  • 壁際を避け、できるだけ360度に電波が広がることのできる場所に設置する

ルーターのファームウェアが最新か

また、ルーターのファームウェアも、随時更新されています。

ルーターの型名で検索すれば、最新のファームウェアがいつ公開されたかがわかるので、一度確認してみましょう。

以上、説明してきた対策を一つひとつ施していけば、今より少しでも速度が改善されるはずです。

速さ最優先のインターネットならNURO光/auひかり/eo光

前章で速度を改善する方法をいくつかご紹介しました。

しかしそもそも、「下り最大1Gbps」というSo-net光の通信速度があなたの求める速度よりも遅いなら、So-net光を含む「光コラボ」よりも速いインターネット回線を選ぶべきです。

そこで、ここでは、速さにこだわる人に向けて、以下のおすすめのインターネット回線をご紹介します。

下り最大速度月額料金サービス提供エリア
NURO光2Gbps戸建て:4,743円
集合住宅:1,900円~2,500円(※1)
東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
auひかり1Gbps戸建て:4,900円~5,100円(※2)
集合住宅:4,050円
ほぼ全国
eo光1Gbps戸建て:4,953円(※3)
集合住宅:3,524円(※4)
大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井

※1.同一マンション内での契約戸数によって異なる
※2.契約年数によって異なる ※3.1ギガコースの場合
※4.VDSL方式/モデルレンタルプラン
参照:NURO 光「東海・関西エリアのサービス提供開始」「料金・スペック」
au「auひかり ホーム|料金・割引」「auひかり マンション|料金・割引」「サービス・タイプ別料金表(auひかり マンション ギガ)」
eo光「コース案内|eo光ネット(戸建て向け)」「コース案内・初期費用|eo光ネット(マンション向け)」

関東・東海・近畿に住んでいるならNURO光

NURO光は関東・関西・東海エリアで利用できる下り最大2Gbpsを誇る高速光回線。
画像引用:NURO光

関東・東海・関西に住んでいて、とにかく速さにこだわるのであれば、「下り最大2Gbps」のNURO光がおすすめです。

戸建ての場合4,743円、集合住宅の場合1,900円~2,500円と他社に比べて月額料金もリーズナブルなのもうれしいポイント。

また、戸建て及び5階建て以下の集合住宅向けに「下り最大10Gbps」というサービスも提供しています(月額6,480円)。

さらに、光電話をセットで契約すると、

  • ソフトバンク携帯との通話が24時間無料になる「ホワイトコール24」
  • ソフトバンク携帯の料金が最大1,000円割引になる「おうち割 光セット」

も適用されます。

気になった人は、下のリンクから NURO光が利用できるかどうかを確認しましょう。

NURO光のエリア検索はこちらNURO光についてさらにくわしく知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

[関連記事]日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖のサムネイル
日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖
NURO光は「下り最大2Gbps」に加えて無線LANやセキュリティオプションも無料のかなり魅力的な光回線です。 あなたの居住地が対象エリア内(東名阪)ならNURO光にしておけば間違いない!と自信を持っておすすめできます。 デメリットは「多少手間だが、2Gbpsの速度の恩恵を受けられるメリットのほうが大きい」ものが多いです。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

速度が安定しやすいauひかり

auひかり
画像引用: au「光ファイバー auひかり|インターネット回線」

auひかりは、So-net光と同じ「最大1Gbps」です。

しかし、光コラボではなく独自の光回線を利用しているため、So-net光に比べると安定した速度が期待できます。

また、ほぼ全国で利用できるため、NURO光が利用できない地域に住んでいる場合(※)にもおすすめです。

※au公式サイトの「提供エリアの検索」ページで郵便番号と住居タイプを入力すれば、利用できるかどうかが確認できます。

もちろんネットと光電話をセットで契約すると、auスマホ料金が最大2,000円割引となる「auスマートバリュー」が適用されます。

さらに、提携プロバイダ(@nifty/@T COM/ASAHIネット/au one net/BIGLOBE/DTI/So-net)の中から自由に選べるのもポイントです。

今使っているプロバイダがこの中にあれば、プロバイダを変更することなくauひかりに乗り換えることもできます。

関東の一部エリアでは10ギガ・5ギガも利用できる

また、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアの戸建て住宅向けには、フレッツ光回線の5倍・10倍もの超高速通信が提供されています。

一部地域では高速通信サービスが利用できる!

  • auひかりホームX10ギガ:
    • 上り下り最大10Gbps(月額6,380円~6,180円)
  • auひかりホームV5ギガ:
    • 上り下り最大5Gbps(月額5,600円~5,400円)

10ギガ・5ギガのサービス提供エリアは、公式ホームページの「お申し込み方法」から確認できます。

auひかり公式サイトでエリア検索をした画面イメージ。関東の一部エリア内であれば「10ギガ」「5ギガ」対応している旨表示される。
画像引用:au「提供エリアの検索」

提供エリアを確認し、10ギガ・5ギガに対応している地域なら画像のように表示されます。

auひかりについてくわしく知りたい人はこちらの記事もぜひご覧ください。

[関連記事]auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!のサムネイル
auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
auひかりは「スマホとのセット割」「速度」などが利用者からも好評で、大きなデメリットもなくオススメできる回線です。ただ、人によってはauひかりよりももっとオススメな回線がある場合もあります。この記事では「どんな人ならauひかりを選ぶべきか?」について解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

サポート体制に定評のあるeo光

eo「eoサービスのご案内」
画像引用:eo「eoサービスのご案内」

関西(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)で利用できるeo光も、auひかりと同様、独自の光回線を使用しているため、安定性に定評があります。

ネットとセットで契約すれば、光電話が基本料無料で利用できるのもうれしいポイントです(※)。

※eo光多機能ルーター利用料(月額286円)が別途必要。

そのうえネットと光電話をセットで契約すると、auスマホ料金が最大2,000円割引となる「auスマートバリュー」が適用されます。

その他、光テレビや電気、ガスなどもセットでお得に利用でき、料金の支払いもまとめられるため手間が省けるというメリットも。

eo光が利用できるかどうかは「eo光 サービス提供エリアの確認」で確認できます。

[関連記事]関西エリアでベストな光回線はeo光なのか?!eo光の特徴&コスパを徹底解説のサムネイル
関西エリアでベストな光回線はeo光なのか?!eo光の特徴&コスパを徹底解説
eo光は関西電力系のケイ・オプティコムという会社が運営している インターネット回線サービスです。 eo光は混雑しにくい独自回線で快適にもかかわらず価格とのコスパが良く、関西エリアにおいて非常にオススメできる光回線だと言えます。さらに、auユーザーならセット割(auスマートバリュー)が受けられるというメリットもあります。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

まとめ

では、ここまでの内容をおさらいしましょう。

  • 実際に、今のネット回線がどのくらいの速度であるのかは、さまざまなツールで測定できる
  • So-net光が遅いと感じたときに試したい改善策
状況改善策
いつも決まった時間帯に利用している 利用時間帯を変える/「v6プラス」を申し込む
いつも家族が同じ時間帯にインターネットを利用している 家族の利用時間をずらす
特定のPCやスマホでインターネットに接続するときだけ遅く感じる PCやスマホをチェックする
使用機器の電源を入れっぱなしで使っている 使用機器の電源を入れ直す
ルーターやケーブルの利用期間が長い/ルーターやケーブルが古い ルーターやケーブルを新しくする
  • So-net光より速いおすすめのインターネット回線

So-net光を利用している人も、So-net光を検討している人も、この記事をしっかりと読んで快適なインターネットライフを楽しんでくださいね。

So-net光の申込みはこちら

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!