Menu

格安SIMを15日間無料で試せる「Try UQ mobile」は初心者にオススメ!

スマホをもって指を立てている女性のイメージ

今話題の格安SIMを利用している人が口コミを通じて増えてきています。

ドコモやauなどの大手キャリアから乗り換える人も多いですが、ちゃんと繋がるのか、これまでと同じように使えるのか気になりますよね。

そんな時には格安SIMを15日間レンタルできる「Try UQ mobile」を利用してみましょう。

Try UQ mobile

画像引用: Try UQ mobile

Try UQ mobileとは、UQ mobileで取り扱っている端末をレンタルして速度や使い勝手を試せるサービスです。

Try UQ mobileには以下のメリットがあります。

Try UQ mobileを利用するメリット

  • 格安SIMを無料で15日間お試しできる
  • 自宅や職場などで電波状況を確認できる
  • Webサイトから簡単に申し込みできる

筆者も実際にレンタルを申し込んでみて使った感想をご紹介します。

面倒くさそうだと思っていた申込手続きも、Webサイトから簡単に行えました。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • Try UQ mobileの申込方法や用意するものが知りたい
  • Try UQ mobileを利用する注意点
  • UQ mobileの使い勝手や通信速度について知りたい

格安SIMを初めて利用する人でも、すでに格安SIMを利用していて他社へ乗り換えを検討している人も、まずは1度レンタルして試してみましょう。

Try UQ mobileをオススメする2つの理由

では、筆者がTry UQ mobileをオススメする理由をお話ししていきましょう。

主に2つのポイントがあります。

Try UQ mobileをおすすめする理由

  1. 通信速度が速いUQ mobileの回線を試せる
  2. 回線とスマホを一緒にレンタルできる

格安SIMの中でも通信速度が速い「UQ mobile」の回線を試せる

レンタルできる回線は格安SIMの中でも人気のある「UQ mobile」です。

最近はテレビCMやウェブ広告により徐々に知名度が向上し、利用者からも「他社と違って通信速度が速い」「通話料コミコミで1,980円でスマホが持てるのが嬉しい」と評判も高い会社です。

通信エリアはauと同じ人口カバー率99%を誇ります。

繋がりにくい山間部や地下街でも圏外になりにくいため、都心だけではなく地方に住んでいる人でも安心して利用できますね。

レンタルできるSIMはデータ通信専用となるため、音声通話やSMS機能を試すことはできません。

Try UQ mobileでは、ネット接続のエリアや通信速度を調べられます。

Try UQ mobileでは回線とスマホを一緒にレンタルできる

Try UQ mobile 貸出製品・SIM

画像引用: Try UQ mobile/貸出製品・SIM

もうひとつのオススメポイントが「回線とスマホを一緒にレンタルできる」ことです。

Try UQ mobileを利用すると UQ mobileの回線以外にも対応端末をセットでレンタルできます。

UQ mobileに乗り換えの際にスマホをセットで購入予定の方は一緒に試してみましょう。

レンタルする機種は「HUAWEI P10 lite」がオススメ

HUAWEI P10 liteの機種画像。

画像引用元: 格安スマホ・SIM:製品/HUAWEI P10 lite

現在レンタルできる端末は以下の6種類です。

現在レンタルできる端末

  • DIGNO V
  • HUAWEI P10 lite
  • AQUOS L2
  • DIGNO® W
  • AQUOS L
  • HUAWEI P9 lite PREMIUM

HUAWEIの 「HUAWEI P10 lite」はスペックと価格のバランスが良く、デザインの質感も高級感があるのでオススメです。

DIGNOシリーズやAQUOSでは、国産ならではの使い勝手や防水・防塵機能なども魅力的です。

エントリーモデルからミドルスペックまでさまざまな種類を用意しています。

通信速度は利用する環境や端末によって異なるため、貸出端末以外にも自分の持っているスマホでも試してみるといいでしょう。

UQ mobileの 動作確認端末一覧に記載された機種であれば利用可能です。

貸出機器・SIMの在庫には限りがあるため、在庫切れになる前に早めに申し込みましょう。

Try UQ mobileの申し込み方法と注意点

メリットが分かったところで、実際にTry UQ mobileに申し込んでみましょう。

Try UQ mobile

画像引用: Try UQ mobile

Try UQ mobileの申し込みは公式サイトの「 Try UQ mobileレンタル」から受け付けています。

「Try UQ mobile」申込みの条件

申し込み条件は以下の通りで、 過去に利用したことがある人でも、180日経過していれば再度申し込み可能です。

申し込み条件

  • 日本国内に在住の20歳以上(利用者も20歳以上であること)
  • 申し込み者本人様名義のクレジットカードを登録できる
  • 過去180日間以内にTry UQ mobileの利用履歴がない
  • 過去に貸出機器の未返却履歴がない
  • その他、 サービス利用規約に同意できる

申し込みには本人名義のクレジットカードやPCメールアドレス、キャリアメールを用意しましょう。

以前はキャリアメールのみ受け付けていましたが、SMSでも申し込めるようになりました。

申し込みに必要なもの

  • 本人様名義のクレジットカード
  • PCメールアドレス
  • キャリアメール または SMS

注意!期間の無断延長や破損・紛失は違反金が発生

レンタルしたSIMカードや端末を期間内に返却しないときや、破損・紛失などをした場合は入力したクレジットカードから弁償になるためご注意下さい。

違反金について

  • SIMカードのみ:3,000円
  • スマホセット:30,000円

申し込みの流れは3ステップ

申し込みの流れは大きく分けて3つのステップ。

基本的に画面内の指示に従って作業を進めるだけで完了します。

申込後は2~3日程度で自宅まで届きます。

Try UQ mobileの申し込みの流れ

  1. 仮申し込み
    開通コードを送付するメールアドレスまたは携帯電話番号を登録します。
  2. 本申し込み
    受信したメール内のURLへアクセスし、必要情報を記入します。
  3. 自宅で受け取り
    申し込み完了後、2~3日で商品が自宅に届きます。

今回申し込んだHUAWEI P9 lite Premiumには、UQ mobileのSIMが挿さったスマホ本体と充電器、micro USBケーブルに加えて着払い伝票が入っていました。

返却時はこの伝票を使用して送ります。

利用期間中に周辺の電波状況をチェックしよう

利用期間中では自宅や職場など、普段の行動範囲を回ってみて実際に繋がるかどうか、どれくらいの速度が出ているのか試してみましょう。

レンタルできる期間は貸出機器の発送から返却日まで合わせて15日間となるため、 実際に使える期間は1週間~10日程度です。

電波状況が問題なく安定して繋がり、通信速度も画像や動画の読み込みが遅く感じなければ契約しても快適に利用できると考えて問題ありません。

逆に電波状況が悪く不安定なときは、通信速度が遅くて読み込みに時間が掛かる場合もあります。

そんな時には UQ mobileのサービスエリアを確認の上、UQお客さまセンターへ相談してみるのも手です。

UQ mobileが不満だった人に:イオンモバイルの無料貸し出しを利用してみよう

UQ mobileの電波が繋がりにくい時は、他社のレンタルサービスも検討してみましょう。

ドコモ系MVNOのイオンモバイルでも同様の端末貸し出しサービスを行っており、20歳以上の利用者であれば無料で1週間レンタルが可能です。

申し込みはサービス実施店舗店頭にて申込書を記入するだけで完了します。

申し込みの際に運転免許証、日本国パスポートなどの本人確認書類の提示が必要なので、持参するようにしましょう。

まとめ:UQ mobileは速度やエリアに納得してから契約できます

Try UQ mobileを利用すると、 通信速度やエリアの不安を事前に確認することが出来るので、他社からの乗り換えも安心して行えます。

ネットでの口コミで評価の高いUQ mobileでも、住んでいる地域や時間帯によって通信速度にはバラつきが出てきます。

実際に試して通信速度の速さやエリアの広さを体感してみて下さい。

UQ mobileについては以下の記事でもくわしく解説しています。

レンタル前にぜひこちらも参考にしてください。

[関連記事]乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめのサムネイル
乗り換えの価値は本当にある?格安SIMオタクが教えるUQモバイルの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!