Menu

UQモバイルでiPhone6/Plusは使える? 乗り換え時の注意点を徹底解説

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、余っているiPhone 6でUQモバイルを使ってみたいんだけど、そもそもiPhone 6って使えるの?

考える兄リスのイラスト
SIMフリー版とau版なら問題なく使えるよ!他のキャリアのiPhone 6だと正式な方法で使うのは難しいかな…

わからない弟リスのイラスト
そうなんだ~!iPhone 6って結構古い機種だけど、UQモバイルで使う時の注意点ってあるの?

頷く兄リスのイラスト
2019年から色々と仕様が変更になるから覚えておくべき注意点はたくさんあるよ。ここで一緒に確認していこっか!

昔からiPhoneシリーズを使っていて、余っている「iPhone 6(iPhone 6 Plus)」を「UQモバイル」で使いたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

そんな時に気になるのが、UQモバイルでiPhone 6って使えるの?という点かと思います。

そこでこの記事では、UQモバイルが気になっている人に向けてこんな疑問にお答えしていきます。

この記事では、こんな疑問にお答えします!

  • UQモバイルでiPhone 6は使えるの?
  • UQモバイルでiPhone 6を使うための設定方法は?
  • UQモバイルでiPhone 6を使う上での注意点って何かある?
  • iPhone 6でUQモバイルを使うためのお得な乗り換え方法を知りたい!

先に結論からお伝えすると、UQモバイルでiPhone 6は「SIMフリー版」と「au版」であれば問題なく使用することが可能です。

ドコモ版、ソフトバンク版の場合はちょっとしたツールを準備する必要があり、また、公式で案内されている方法ではないため、あくまで自己責任の下で使用することとなります。

また、もしこれからiPhone 6/6 Plusを購入しようと考えているのであれば、やめておくことをおすすめします

その理由は、UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使う上での注意点をご覧いただくとお分かりいただけるかと思います。

ご覧の通り、iPhone 6用のSIMカードを申し込めなくなる点、最新OSへのアップデートが対象外の機種である点など、iPhone 6をこれから使っていくには向かい風となる仕様の変更が多くなっています。

また、2019年8月現在、UQモバイルでは「iPhone 7」と「iPhone 6s」を販売していますが、後継となる6sシリーズが実質500円以下で購入できるので、わざわざ6シリーズを購入する必要がありません。

そのため、この記事でご紹介する方法は、いま余っているiPhone 6をUQモバイルで使いたいという人に向いています。

その点をあらかじめ理解した上で、この記事を読み進めて頂けますと幸いです。

なお、UQモバイルでは新規・MNP乗り換えを申し込むことで現金10,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

以下の記事でキャンペーンの適用条件や詳しい乗り換え手順についてまとめているので、UQモバイルに乗り換えようと思っている人は是非こちらもご覧ください。

[関連記事]【10月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額比較!最大6,000円、SIMのみ・MNPも対象!限定サイト・代理店パターン別申し込み方法のサムネイル
【10月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額比較!最大6,000円、SIMのみ・MNPも対象!限定サイト・代理店パターン別申し込み方法
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

UQ mobile公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

UQモバイルで使えるiPhone6/Plusは、SIMフリー版とau版!

UQモバイルで使えるiPhone 6/6 Plusは、Apple Storeなどで購入した「SIMフリー版」と、大手携帯キャリアで購入した「au版」の2種類です。

これらのiPhoneであればSIMロックを解除する必要もなく、テザリング機能にも対応しているので、これまでと全く変わらない使用感のままUQモバイルを使うことができます。

なお、ドコモ版やソフトバンク版のiPhone 6/6 Plusは、通常の方法では使用することができません

SIMフリー版、au版以外のiPhone 6/6 Plusをどうしても使いたいという場合は、同じ回線種別の格安SIMであれば使える可能性が高いです。

以下の記事で格安SIM23社について徹底比較しているので、こちらもあわせてご覧ください。

[関連記事]【神・保存版】格安SIM23社を徹底比較!自分に合ったプランがまる分かり!のサムネイル
【神・保存版】格安SIM23社を徹底比較!自分に合ったプランがまる分かり!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

ドコモ・ソフトバンク版iPhone6/6 PlusをUQモバイルで使うには?

上記で、ドコモ版、ソフトバンク版のiPhone 6/6 PlusはUQモバイルで使えないとお伝えしました。

ですが、中にはどうしてもUQモバイルでこれらのiPhoneシリーズを使いたいという人もいることでしょう。

そんな時は、あくまで自己責任の下で使うことになりますが、「SIMロック解除アダプタ(通称「SIM下駄」)」をお試しください。

SIMロック解除アダプタ(SIM下駄)とは、SIMカードと一緒にiPhoneのSIMトレイに差し込むことで、SIMロックがかかっている端末でも他キャリアのSIMカードを読み込めるようにするツールのことです。

通常、大手携帯キャリアで販売されているスマートフォンには、もれなく「SIMロック」が設定されており、購入したキャリアと同じキャリアのSIMカードしか認識できないようになっています

今ではSIMロック解除に対応している機種がほとんどですが、iPhone 6シリーズやそれ以前のiPhoneはSIMロックの解除をすることができません

そこでSIMロック解除アダプタを使うことで、一緒に差し込んだSIMカードを、その端末を購入したキャリアと同じSIMカードと誤認識させることでSIMロックをかいくぐることができるのです。

しかしながら、SIMロック解除アダプタは正式な方法ではないため、使用する際はあくまで自己責任で使うことになります。

SIMロック解除アダプタが端末内部で破損して取り出せなくなったなどの声もあるので、使用する際は故障の危険性も考慮した上でご利用ください。

SIMロック解除アダプタで比較的、口コミが良かったのは以下の製品です。ご利用になる際は参考にしてください。

参照:スマートキングXX 4G LTE通信対応SIMロック解除アダプタ

中古スマホ販売店なら購入可能。ただし、今からiPhone 6/6 Plusを購入するのは非推奨

2019年9月現在、iPhone 6を入手する方法はヤフオク!やネットオークション、中古端末取扱店舗に限られます。

発売されたのが2014年でかなり機種代金も安くなってきてはいますが、これからiPhone 6/6 Plusを購入するのはおすすめできません

その理由は、最新OSの「iOS13」ではバージョンアップができない旨が発表されているためです。

iPhoneはいつ発売された機種だとしてもOSをアップデートすることで、常に最新の機能を使うことができます(一部非対応の場合もあり)。

ですが、2019年にリリースされる「iOS13」はiPhone 6sシリーズ以降のiPhoneでなければバージョンアップをすることができません。

そのため、iOS13で実装される「ダークモード」や写真とカメラの高度な機能、さらに進化した「Siri」などは使えません。

最新OSにアップデートできないからといって、iPhone 6/6 Plusがまったく使えなくなる訳ではありませんが、ある程度のお金を出して購入する以上、最新OSにアップデート可能な「iPhone 6sシリーズ」意向を購入するのが望ましいと言えるでしょう。

ちなみに、UQモバイルでは「iPhone 7」と「iPhone 6s」を販売しており、端末代金割引の「マンスリー割」を適用することで非常に安価な価格でiPhoneを購入することができます。

UQモバイルで購入できるiPhoneシリーズの価格

2019年8月現在、UQモバイルで販売されているiPhoneシリーズと購入価格をまとめました。

まずは以下の表をご覧ください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

UQモバイルで販売されているiPhone
機種名 一括価格 分割価格(24回払い) マンスリー割
iPhone 7(32GB) 62,748円 初回:3,132円
2回目以降:2,592円
-2,052円×24回
iPhone 7(128GB) 75,708円 初回:3,672円
2回目以降:3,132円
-2,052円×24回
iPhone 6s(32GB) 59,724円 初回:2,592円
2回目以降:2,484円
-2,052円×24回
iPhone 6s(128GB) 72,684円 初回:3,132円
2回目以降:3,024円
-2,052円×24回

参照:UQモバイル オンラインショップ

ご覧の通り、マンスリー割によってiPhoneの実質購入代金がかなり安くなっていることが分かります。

マンスリー割は、UQモバイルの新規契約・MNP乗り換えにおいて「ぴったりプラン・おしゃべりプラン」を選ぶだけで適用される割引です。

今では「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」が主流のプランとなっていて、余計なオプションに入る必要もないため、デメリットのない割引が受けられるので非常にお得です。

特に、iPhone 6s(32GB)であれば実質500円以下で購入することができて、次期OSの「iOS13」にも対応しているので、安いiPhoneを購入したい人にとってはねらい目です。

これから安いiPhoneを購入するのであれば、UQモバイルでセット購入できる「iPhone 6s」をおすすめいたします。

納得する弟リスのイラスト
なるほど~!ボクはiPhone 6が余ってるからそれを使おうと思うけど、これから購入するなら「iPhone 6s」が安くて良い感じなんだね!

頷く兄リスのイラスト
その通り!時期OSにも対応しているし、これから買うならUQモバイルのセット購入が狙い目なんだ!

あわてる弟リスのイラスト
UQモバイルでiPhone 6シリーズが使えることは分かったけど、初期設定って簡単にできるの?なんだか難しそう…

兄リスのイラスト
安心して大丈夫だよ!プロファイルをインストールするだけだからとっても簡単なんだ!

UQ mobile公式ページ

UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使うための設定手順

ここまで、UQモバイルで使えるiPhone 6/6 Plusについての解説をしてきました。

使えるiPhone 6シリーズが分かったところで、続いてUQモバイルでiPhoneを使うための初期設定について見ていきましょう。

iPhoneの初期設定は非常に簡単で、SIMカードを差し替えたらUQモバイルの初期設定ページにアクセスして「プロファイル」をインストールするだけOKです。

以下、詳しい手順となるので、自宅のWiFiなどに接続した上で「Safari」を使ってプロファイルをインストールしてみてください。

UQモバイルの設定方法

  1. iPhoneの電源をオフにしてからUQモバイルのSIMカードを差し込み、再度電源をオンにする
  2. WiFiに接続した上でSafariを起動して「UQモバイル iPhone 設定方法」と検索する
  3. 一番上にある「iOS製品の設定方法 UQモバイル」にアクセスする
  4. 初期設定したいiPhoneシリーズ用のプロファイルをダウンロードする
    iPhone 6/6 Plus用プロファイル
  5. 上記のリンクにアクセスした際にポップアップが表示されたら「許可」を選択
  6. “プロファイルがダウンロードされました”と表示されたら「閉じる」を選択
  7. iPhoneのホーム画面に戻って「設定」アプリを起動する
  8. 設定画面の中から「一般」→「プロファイル」の順に選択
  9. 表示されている「UQ mobile」を選択
  10. 画面右上の「インストール」をタップ、iPhoneに設定しているパスコードを入力
  11.  “承認”が表示されたら画面右上の「次へ」を選択
  12. 最後に表示される「インストール」を選択後、画面右上の「完了」を押してプロファイルのインストールが完了

参照:iOS製品の設定方法|UQモバイル

この手順通りに操作をすれば、UQモバイルのSIMカードでiPhoneが使えるようになります。

あわてる弟リスのイラスト
え!?たったのこれだけで初期設定って終わりなの?

頷く兄リスのイラスト
そうだよ!とっても簡単だったでしょ?

あわてる弟リスのイラスト
簡単すぎてビックリ!それじゃあ、ボクもこれからUQモバイルに申し込んでくるね!

兄リスのイラスト
ちょっと待って!これからiPhone 6をUQモバイルで使う時の注意点について解説していくから、もう少しだけ待ってね!

UQ mobile公式ページ

UQモバイルでiPhone6/6 Plusを使う際の注意点

ここまで、UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使うための設定方法について解説をしてきました。

この項目では、UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使う際の注意点について解説をしていきます。

注意点は全部で4つあり、それぞれ重要なポイントなのでしっかりと理解した上でお申し込みください。

それぞれの注意点について、分かりやすく解説していきます。

申し込む際のSIMカードは「nanoSIM(専用)」!マルチSIMではない点に注意

9月30日で受付終了あり
画像引用:iPhone用SIMのご購入|UQモバイル

スマートフォンで使う際のSIMカードにはさまざまな大きさがありますが、iPhoneシリーズで使うSIMカードのサイズは「nanoSIM」です。

ただし、UQモバイルではどのようなSIMサイズのスマートフォンにも対応できるように自分で大きさを調節できる「マルチSIM」が主に提供されています。

しかしながら、iPhone 6/6 Plusの場合は、同じSIMカードでもiPhone 6シリーズ専用の「nanoSIM(専用)」に申し込む必要があります

iPhone 6シリーズ専用のSIMカードを申し込むためには「iPhone用SIMのご購入」のページ、もしくはUQモバイルの動作確認済み端末」から購入ページにアクセスしてください。

異なるSIMカードに申し込んでしまうと、そのSIMカードは使用できないばかりか、申込みのし直しとなって無駄に事務手数料3,000円が取られてしまいます。

必ず「nanoSIM(専用)」に申し込む、と言うことを覚えておくようにしてください。

故障・修理時の対応、保証関係はすべて「Apple」への問い合わせ

UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使っていて、万が一、故障してしまった場合は「Apple公式サイト」、もしくは「Apple Store」での修理対応となります。

UQモバイルではApple製品の故障・修理対応を行っていないので、最寄りのUQスポットに持っていっても時間の無駄となってしまいます。

また、UQモバイルで提供されている「端末補償サービス」や、持ち込み端末専用の保証サービス「つながる端末保証」は、iPhoneの場合は加入することができないため、基本的に保証は受けられないものと思って差し支えありません。

どうしても故障の心配がある人は、Apple公式の「iPhoneの修理サービス」のページをパソコンやタブレットなどでブックマークしておくと安心です。

2019年9月30日からはiPhone 6用のSIMカードの申し込みができなくなる

申し込む際のSIMカードは「nanoSIM(専用)」!マルチSIMではない点に注意」の項目で、iPhone 6/6 PlusをUQモバイルで使う場合、「nanoSIM(専用)」に申し込む必要があるとお伝えしました。

しかしながら、2019年9月30日を最後に「nanoSIM(専用)」に申し込めなくなってしまいます

au回線のSIMカードには「VoLTE対応のSIMカード」と「非対応のSIMカード」の2種類があり、iPhone 6で使えるのは後者の「VoLTE非対応SIM」です。

VoLTE(Voice Over Long Term Evolution)を簡単に解説すると、LTE回線を使って音声通話を行う機能のことで、これまでの通話回線よりも綺麗で高品質な通話が可能となります。

一方、VoLTEに対応していないSIMカードでの音声通話は3G回線を使って行われるため、VoLTEと比べると音質が悪く途切れがちであるという特徴があります。

これらの違いがあることによって、VoLTE対応SIMをVoLTE非対応機種に挿してもSIMカードが認識されず、データ通信が行えないという問題が起こってしまいます。

ドコモやソフトバンクではVoLTE対応/非対応といった区分けをしていないため大きな問題はないのですが、au回線においては何故かVoLTE対応SIMと非対応SIMとで運用を切り分けています。

今回、UQモバイルを運営しているUQコミュニケーションズでは、「au VoLTE非対応SIMの新規受付を中止する」と発表しました。

そのため、iPhone 6シリーズでUQモバイルを使いたい人は、2019年9月30日までに申し込む必要があるので、検討中の人は急いで申し込む必要があります。

なお、すでに「nanoSIM(専用)」を使っている人は9月30日以降も問題なく通信を行うことができるので、他社に乗り換えたりSIMカードの交換をしたりする必要はありません。

参照:UQ mobile VoLTE非対応SIMカードによる新規申込等の受付終了について|UQコミュニケーションズ ニュースリリース

2019年アップデート予定の「iOS13」はiPhone 6だとバージョンアップできない

2019年にアップデートが予定されている最新OSの「iOS13」ですが、iPhone 6/6 Plus/5sではバージョンアップすることができません

iPhoneは最新のOSにアップデートすることで、どのモデルにおいても最新機能を使うことができました。

iOS13では、新たな機能として「ダークモード」や、編集ツールが増えた写真アプリ、これまでとは全く異なるマップアプリなどがリリースされる予定です。

しかしながら、バージョンアップができないiPhone 6シリーズではこれらの機能を使うことはできません。

後継機となる「iPhone 6sシリーズ」はiOS13へのバージョンアップをすることができて、なおかつUQモバイルでのセット購入であれば実質500円以下で購入できます。

iOSのバージョンアップ対象外となったことで、故障・修理などのサポートが受けられなくなる可能性が非常に高いので、これを機にiPhoneを買い替えるのも一つの選択肢と言えるのではないでしょうか。

参照:アップル、iOS 13でiPhone 6/5sを切り捨て サポートせず #WWDC19|engaget

納得する弟リスのイラスト
なるほど〜!どれも重要っぽい注意点ばっかりだね!

頷く兄リスのイラスト
ちょっと内容が難しかったかもしれないけど、これらの注意点はしっかりと覚えておいてね!

兄リスのイラスト
それじゃあ最後に、UQモバイルへお得に乗り換えるための方法について紹介して終わりにするよ!

あわてる弟リスのイラスト
えぇ~!?おトク!?どんな内容だろう~!?

UQ mobile公式ページ

UQモバイルに乗り換えるなら、高額キャッシュバックをもらおう!

UQモバイル公式キャンペーン特設サイト9月30日まで
画像引用:UQモバイル公式キャンペーン特設サイト

2019年8月29日(木)~9月30日(月)までUQモバイルでは新規契約・MNP乗り換えの場合において最大18,000円の現金キャッシュバックキャンペーンを行っています。

適用条件は以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

UQモバイル公式キャッシュバックキャンペーン
適用条件
  • キャンペーン特設サイトからUQモバイルに申し込むこと
  • 端末のセット購入、もしくはSIMのみ契約において指定プランで契約すること
  • キャッシュバックに関する連絡(契約後4か月目)までの継続利用
指定プラン
  • スマホプランS:3,000円
  • スマホプランM:3,000円
  • スマホプランL:3,000円
キャッシュバック方法
  • 契約月を1か月目として4か月目に申し込み時に登録したメールアドレス宛に案内メールを送付
  • 案内メールに記載されているURLから指定の口座情報を入力
  • 口座情報入力後、原則翌営業日までに指定口座へお振込み
適用対象外となるもの
  • キャンペーン特設サイト以外からの申し込み
  • 契約してから4か月目までの間に解約、プラン変更、月額料金の未払い、端末の返品などが行われた場合
  • 登録したメールアドレスが無効などの理由により、キャッシュバックに関する連絡が送れない場合

参照:UQモバイル公式キャンペーン特設サイト

基本的に、UQモバイル公式キャンペーン特設サイトからの申し込みで、なおかつ「おしゃべりプラン/ぴったりプラン」に申し込みをすれば誰でももれなく現金キャッシュバックを受け取ることができます。

SIMのみ契約の場合においてもキャッシュバックの対象となっているので、UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使う場合においても本キャンペーンを使わない手はありません。

具体的な申し込み手順や現金キャッシュバックを受け取る際の注意点について知りたい人は、以下の記事で詳しくまとめているので、あわせてご覧ください。

[関連記事]【10月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額比較!最大6,000円、SIMのみ・MNPも対象!限定サイト・代理店パターン別申し込み方法のサムネイル
【10月】UQモバイルキャッシュバック最速・最高額比較!最大6,000円、SIMのみ・MNPも対象!限定サイト・代理店パターン別申し込み方法
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

UQ mobile公式ページ

まとめ

以上、「UQモバイルでiPhone6/Plusは使える? 乗り換え時の注意点を徹底解説」についてお送りしました。

改めて結論をお伝えすると、UQモバイルでもiPhone 6/6 Plusを使うことは可能です。

ただし、正式な方法で使えるのは「SIMフリー版」と「au版」の2つのみで、ドコモ版とソフトバンク版の場合は別途SIMロック解除アダプタを用意する必要があります。

初期設定自体はプロファイルをインストールするだけと非常に簡単なので、「UQモバイルでiPhone 6/6 Plusを使うための設定手順」を参考にしながら、実際に初期設定を行ってみてください。

なお、iPhone 6/6 Plusは2014年に発売された端末と言うこともあり、次期OSの「iOS13」へのバージョンアップをすることができません。

その他、以下のような注意点があります。

iPhone 6/6 PlusをUQモバイルで使いたい場合は、これらの注意点をしっかりと理解した上でお申し込みください。

この記事をきっかけに、UQモバイルへのお乗り換えをご検討いただければ幸いです。

UQ mobile公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

かおるや

ライター

かおるや

職業
インターネット回線販売 / パソコンサポート
https://kaoruya.org/blog/
専門・得意分野
パソコン / スマホ / インターネット回線
日々の業務で培ったスキルを活かして専門性の高い正確な情報を提供できるよう細部に拘って執筆しています。
経歴:
2011年 インターネット販売代理店へ転職
2016年 独立
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!