Menu

口コミからチェック!UQモバイルの評判とおすすめプラン

おすすめプラン

UQモバイルは数あるMVNO業者の中でも特に評判の良い格安SIMサービスです。

UQモバイルの公式サイトには「UQのクチコミ」というページがあり、製品や料金、通信品質やサービス内容などのクチコミ情報を見ることができます。

UQコミュニケーションズ「UQ mobileの口コミ・レビュー
画像引用:UQコミュニケーションズ「UQ mobileの口コミ・レビュー|【公式】UQ mobile」

しかし公式サイトで紹介されている口コミは良いものばかりなので、実際のところはどうなのか不安に感じるところです。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • そもそもUQモバイルって何?
  • UQモバイルの評判と本音の口コミが見たい!
  • UQモバイルのおすすめポイントを教えて!
  • UQモバイルで気を付けないといけないことはある?
  • UQモバイルってどうやって申し込めばいいの?

この記事を最後まで読むことで、UQモバイルに関する本音の口コミと評判を見ることができ、UQモバイルのメリットとデメリットを知った上で、申し込みまで自分でできるようになります!

やや複雑な料金プランについてもかみ砕いて解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

また、UQモバイルは、当サイトを含む一部のWebサイト経由の申し込み限定で、最高13,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。

これからUQモバイルの申し込みを検討している人には、とてもお得な内容になっているので、下記の記事をぜひ参考に申し込みを検討して下さい。

[関連記事]【3月】UQモバイルキャッシュバック最高額の条件と受け取り方法のサムネイル
【3月】UQモバイルキャッシュバック最高額の条件と受け取り方法
UQモバイルが運営するWeb専用のキャンペーンサイトから申し込むことで、最大13,000円のキャッシュバックを受けることができます。UQモバイルで最大13,000円のキャッシュバックを安全、かつ簡単に受け取る方法を優しく、分かりやすく解説しています!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

目次

UQモバイルはau系の格安SIM!

au

UQモバイルはモバイルWi-Fiルータの「WiMAX」でも有名なUQコミュニケーションズが提供している格安SIM(格安スマホ)サービスです。

au 4G LTE回線を利用しているのでサービス提供エリアが広く、auスマホ・ケータイからの乗り換え先として人気があります。

MMD研究所が実施した「2018年3月格安SIM・格安スマホ通信速度調査」は、実測値で下り30.3Mbpsを記録するなど安定した通信ができることが実証されています。

UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|au 4G LTEで快適にツナガル!」
画像引用:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|au 4G LTEで快適にツナガル!」

また株式会社イードが実施した「格安SIMアワード2018上半期」では、通信速度部門および総合満足度でUQモバイルが最優秀賞に選出されるなど、利用者からの評判も上々です。

UQモバイルの料金プランと契約料金をチェック!

まずはUQモバイルの料金プランと契約料金をチェックしてみることにしましょう。

UQモバイルには大きく分けて2種類の料金プランがあります。

音声通話がメインのプランと、データ通信が中心のプランです。

それぞれくわしく解説していきます。

通話がメインなら「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」

音声通話をメインに使うなら「おしゃべりプラン」か「ぴったりプラン」がおすすめです。

「おしゃべりプラン」は1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題、「ぴったりプラン」は無料通話付きの料金プランとなっています。それぞれの特徴を紹介していきます。

短時間の通話を頻繁に使うなら「おしゃべりプラン」

通話をメインに使うなら、1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題の「おしゃべりプラン」がおすすめです。

「おしゃべりプラン」はS・M・Lの3タイプがあり、それぞれ以下のような料金体系になっています。

料金プラン名称おしゃべりプランSおしゃべりプランMおしゃべりプランL
月額料金 ※11,980円2.980円4,980円
通話1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題
基本データ容量 ※21GB3GB7GB
増量オプション適用分 ※32GB6GB14GB

※2018年9月現在の情報です。
※表内の金額はすべて税抜きです。
参照:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|料金・サービス」
参照:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|増量オプション適用分のチャージ方法について」
※1 「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割」適用時の価格。14箇月目以降は+1,000円/月になります。
※2 2018年12月以降は基本データ容量が2倍になり、Sプランは2GB、Mプランは6GB、Lプランは14GBとなります。
※3 「増量オプション」(月額500円)を申し込むことで記載されたデータ容量をチャージすることができます。データチャージは自動ではなく自分でチャージを行なう必要があります。

基本データ容量は少なめですが、「増量オプション」(月額500)円を申し込むと基本データ容量の3倍まで無料でチャージできるようになります。

なお2018年9月1日から2018年11月30日までの間は「データ特盛キャンペーン」を実施中です。

「データ特盛キャンペーン」では通常の割引額に変えて、プランSは月額2,000円、プランMは月額6,000円、プランLは月額14,000円がデータチャージ料金から割引されます。

音声通話とデータ通信を少しずつ使うなら「ぴったりプラン」

音声通話とデータ通信を少しずつ使う人には「ぴったりプラン」がおすすめです。

「ぴったりプラン」にも「おしゃべりプラン」と同様にS・M・Lの3タイプがあり、それぞれ以下のような料金体系になっています。

料金プラン名称ぴったりプランSぴったりプランMぴったりプランL
月額料金 ※11,980円2.980円4,980円
無料通話 ※230分60分90分
基本データ容量 ※31GB3GB7GB
増量オプション適用分 ※42GB6GB14GB

※2018年9月現在の情報です。
※表内の金額はすべて税抜きです。
参照:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|料金・サービス」
参照:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|増量オプション適用分のチャージ方法について」
※1 「スマトク割/長期利用割引」「イチキュッパ割」適用時の価格。14箇月目以降は+1,000円/月になります。
※2 「増量オプション」(月額500円)を申し込むことで無料通話が2倍になります。
※3 2018年12月以降は基本データ容量が2倍になり、Sプランは2GB、Mプランは6GB、Lプランは14GBとなります。
※4 「増量オプション」(月額500円)を申し込むことで記載されたデータ容量をチャージすることができます。データチャージは自動ではなく自分でチャージを行なう必要があります。

「ぴったりプラン」では「増量オプション」(月額500円)を申し込むと無料通話時間が2倍になります。

あわせて基本データ容量の3倍まで無料でチャージできるようになるので、通話とデータ通信の両方を使う人にまさにぴったりの料金プランです。

データ通信がメインなら「データ高速プラン」か「データ無制限プラン」

データ通信をメインに使うなら「データ高速プラン」か「データ無制限プラン」がおすすめです。

「データ高速プラン」と「データ無制限プラン」の料金体系は以下の通りです。

料金プラン名称データ高速プランデータ高速
+音声通話プラン
データ無制限プランデータ無制限
+音声通話プラン
月額料金980円1,680円1,980円2,680円
通信速度(下り/上り) ※1225Mbps/25Mbps500Kbps/500Kbps
データ容量3GB月間データ容量無制限
通話-無料通話なし-無料通話なし

※2018年9月現在の情報です。
※表内の金額はすべて税抜きです。
参照:UQコミュニケーションズ「【公式】UQ mobile|料金・サービス」
※1 技術規格上の最大値で実測値とは異なります。

「データ高速プラン」は下り最大225Mbps、上り最大25Mbpsの高速データ通信が行なえるプランで、月間データ容量の上限が3GBに設定されています。

「データ無制限プラン」は上り下り共に最大500Kbpsと速度が抑えられている分、月間データ容量の上限なしに利用することができます。

「データ高速プラン」「データ無制限プラン」共に通話あり・なしのいずれかを選ぶことができるので、音声通話はまったくしないという人に向いている料金プランです。

UQモバイルのココがおすすめ!6つのポイント

お客様の声

UQモバイルの料金プランについて分かったところで、ここからはUQモバイルのおすすめポイントを実際の評判を交えながらご紹介していきます。

Twitter上にある実際の口コミもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

結論から言うと、UQモバイルのおすすめポイントは以下の6点です。

それでは、それぞれどんな風におすすめなのかを見ていくことにしましょう。

速度に対するコスパがいい! 本体込みで月額980円から使える!

UQモバイルの最大の強みは速度に対しての月額料金の安さにあります。

音声通話なしのデータ高速プランなら月額980円、音声通話ありでも月額1,680円という安さです。

実際にTwitter上では以下のような口コミがありました。

格安スマホ、今月も安定の1900円。 通信速度も大手キャリアと一緒!(同じインフラ使ってますしねw) 節約モードで使用可能データ量を貯めてますので、来年からは1000円で済むのではw#格安スマホ#UQモバイル

Twitter から引用

後ほど改めてご紹介しますが、UQモバイルは大手キャリアのauと同じ回線を使っているので、通信速度が安定しているのも強みです。

SNSが基本料無料!「節約モード」でデータ消費ゼロ

UQモバイルでは、下り最大225Mbpsの「高速モード」と上り下り共に最大300Kbpsの「節約モード」を切り替えて使うことができます。

「節約モード」にすると、FacebookやTwitterなどのSNSやメッセージサービス、またインターネット検索や音楽のストリーミング配信などがデータ消費ゼロで使えるのです。

「節約モード」への切り替えはUQモバイルの専用アプリで簡単にできますが、上り下り共に最大300Kbps実際にデータ通信が普通にできるのかが気になるところです。

Twitter上には、以下のような口コミがありました。

このように動画やInstagramなどデータ通信量が多い場合にはやや遅く感じられる一方で、Twitterやインターネット検索は特にストレスなく使うことができるようです。

しかしデータ消費量がゼロで使えると考えれば、多少遅くても十分に使えると言えるでしょう。

データ通信が使い放題!「データ無制限プラン」が人気

UQモバイルで特に人気があるのが、月間データ容量の上限がない「データ無制限プラン」です。

「データ無制限プラン」は上り下り共に最大500Kbpsです。

「データ高速プラン」の下り最大225Mbpsと比べるとかなり通信速度が落ちますが、体感速度がどれくらいなのか気になるところです。

Twitter上には「データ無制限プラン」を実際に使っている人の口コミがありました。

先にご紹介した「節約モード」では動画が遅く感じられるという口コミがありましたが、これは「データ無制限プラン」ではYouTubeが停止することなく見られるという口コミです。

「データ無制限プラン」は通信速度が遅いため画像の読み込みなどに多少時間はかかるものの、問題なく使えるレベルであると筆者は考えています。

au 4G LTE対応の全国区!速度が速くて安定して使える

UQモバイルはau 4G LTE回線を利用した格安SIMサービスです。

そのためauスマホ・ケータイを使っている人がそのまま乗り換えるパターンが多いようです。

Twitter上の口コミをご紹介します。

この口コミに出てくる「IIJmio」とは株式会社インターネットイニシアティブが提供する格安SIMサービスです。

「IIJmio」はドコモ回線を利用しているので、au回線を使いたい人にはUQモバイルの方が使い勝手のいい格安SIMサービスだと言えます。

iPhoneでも使える!今のスマホの継続利用もOK!

格安スマホと聞くと今使っているスマホが使えなくなるのでは?と思う人もいるかもしれません。

スマホ・ケータイの機種にもよりますが、今のスマホ・ケータイを継続利用することもできます。

特にauのスマホ・ケータイを使っている人なら、サービス提供エリアがauと同じなので使い勝手はそのままに料金だけを安く抑えることができるのです。

実際にauからUQモバイルに乗り換えた人の口コミをご紹介します。

auで使っていたiPhoneをそのままUQモバイルで利用することにした人の口コミです。

UQモバイルの公式サイトでは、以下のiPhoneについて動作確認済の記載があります。

SIMフリー端末

  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhobe 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone SE
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone 5s

なおUQモバイルで新しくiPhoneを購入する場合、動作が確認されている機種は以下の3種のみとなるので注意してください。

UQモバイル端末

  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 5s

参照:UQモバイル「動作確認端末一覧|UQmobile」

これまで使っていたスマホをそのまま使えて、毎月の支払額が約20,000円から3,000円になるのは嬉しいですよね。

格安SIMが初めてでも安心!実店舗で手続きができる

大手キャリアのスマホだけを使い続けてきた人は、格安SIMに興味はあってもなんとなく手を出しにくい印象があるかもしれません。

UQモバイルには実店舗があるので、大手キャリアのショップと同じ感覚で乗り換えをすることができます。

Twitter上では、実店舗がある格安SIMについて以下のような口コミがありました。

格安SIM業者は多数存在しますが、口コミにもある通り実店舗がある業者は限られています。

UQモバイルでは「UQスポット」と呼ばれるUQ専売ショップが全国に181店舗、UQモバイルを取り扱っている家電量販店やスーパー、携帯ショップなどが全国に2,700店舗以上あります。

実際に店員に説明を受けながら手続きを進めることができるので、初めて格安SIMを使う人でも安心です。

乗り換え前にチェック!口コミから分かるUQモバイルの4つの注意点

Excellent

ここまでUQモバイルのおすすめポイントについて口コミを参考にご紹介してきましたが、注意しなければならない点もあります。

この章ではUQモバイルを契約する前にチェックしておきたい、注意すべき4つのポイントについて解説していきます。

特に気になる点がある人は、該当する項目から読んでみてくださいね。

なおこれらの注意点はUQモバイルに限らず他の格安SIMに乗り換える場合にも当てはまるケースがありますので、ぜひ目を通しておいてください。

データ無制限プランでも3日間で10GBの制限がある!

UQモバイルにはデータ上限なしに使える「データ無制限プラン」がありますが、実際にはネットワークの混雑回避のための速度制限が存在します。

注意すべきは、UQモバイルでは直近3日間で6GBを超えるデータ通信を行なうと速度制限がかかる点です。

Twitter上には以下のような口コミがありました。

同じUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルータ「WiMAX」でも同様のデータ制限がありますが、WiMAXの場合は3日間で10GBとデータ上限が異なります。

特にWiMAXを使っている人は速度制限がかかるデータ通信量の上限がUQモバイルのほうが低いことを覚えておいてください。

全国区なのに繋がらない!?山間部では圏外になることも

UQモバイルはau回線を利用しているため、全国どこでも繋がりやすいという特徴があります。

しかし都市部から離れた場所や山間部などでは圏外になることもあるので注意が必要です。

この口コミでは、山間部ではエリア外になることが多いと指摘されています。

UQモバイルの公式サイトでサービスエリアマップを見ると都市部や国道沿いなどはサービス提供エリア内ですが、山間部はほとんどがサービス提供エリア外になっています。

あなたのよく使うエリアがサービス提供エリア内かどうか、事前に確認しておくと安心ですね。

SIMの種類によってはSIMロック解除が必要!

UQモバイルはau回線を利用している格安SIMサービスなので、基本的にauスマホ・ケータイならSIMカードを差し替えるだけで使用できます。

ただし端末によってはauスマホ・ケータイでもSIMロック解除が必要になるケースがあるので注意してください。

以下の口コミではUQモバイルで使える機種についてくわしく言及されています。

au以外のキャリアスマホを使っている場合だけでなくauスマホ・ケータイでも古い機種を使っている場合にはSIMロック解除が必要になるという口コミです。

くわしくはあなたが今使っているスマホキャリアの公式サイトで確認してください。

SIMロック解除の手続きはキャリアによって異なり、使っている機種によってはSIMロック解除自体ができない場合もあるので注意しましょう。

OSが変わる乗り換えには要注意!アプリの課金アイテムが消える!?

UQモバイルに乗り換えると同時にiPhoneからAndroid、あるいはAndroidからiPhoneのようにOSが変わる場合には、有料のアプリで課金した情報が引き継げないことがあります。

以下の口コミはゲームアプリの課金したアイテム情報が引き継げないことを指摘しています。

UQモバイルに限らず有料アプリではOSが変わると課金情報が引き継げない場合が多いので、有料アプリを使っていてOSが変わる乗り換えを考えているなら十分に注意してください。

筆者が厳選!UQモバイルのおすすめプラン&キャンペーン!

ひらめく女性

UQモバイルのメリットとデメリットが分かったところで、ここからは筆者が厳選したUQモバイルをお得に申し込めるキャンペーン情報をご紹介していきます。

スマホ・ケータイの使い方によっておすすめのキャンペーンも変わってくるので、あなたのスマホ・ケータイの使い方に近い項目から読んでみてください。

またUQモバイルを契約すると同時に端末を新しくしたい人に向けて、それぞれの料金プランで特におすすめの機種もご紹介しています。

なおキャンペーン情報は時期によって異なる場合があるので、申し込みをする前にUQモバイルの公式サイトにある「キャンペーン・おトク情報(UQ mobile)」のページを確認しておきましょう。

通話がメインなら「おしゃべりプラン」+「イチキュッパ割」

通話をメインに使う人には「おしゃべりプラン」と「イチキュッパ割」の組み合わせがおすすめです。

おすすめの組み合わせは「おしゃべりプラン」+「イチキュッパ割」

「イチキュッパ割」は新規で「おしゃべりプラン」を申し込んだ場合に自動的に適用される割引で、利用開始月から13箇月目までの月額基本料から1,000円が割引されます。

「おしゃべりプラン」にはS・M・Lの3種類がありますが、データ通信をどれくらい使うかで選びましょう。

「おしゃべりプラン」の選び方については、短時間の通話を頻繁に使うなら「おしゃべりプラン」を参考にしてください。

おすすめの機種は「DIGNO Phone by KYOCERA」

通話メインの人におすすめの機種は「DIGNO Phone by KYOCERA」です。

京セラ「DIGNO(R) Phone | ケータイ」
画像引用:京セラ「DIGNO(R) Phone | ケータイ」

「DIGNO Phone by KYOCERA」は本物の音声に近い音質で聞こえるau VOLTEに対応しており、相手の声を自分の好みの音質に調整もできるので、音声通話向きの端末と言えます。

ガラケーと呼ばれる二つ折りタイプのケータイですが、音声通話がメインでたまにメールチェックをする程度ならスマホよりもガラケーのほうが圧倒的に使いやすいと筆者は考えています。

なお「DIGNO Phone by KYOCERA」では、端末を新規に購入してメールサービスを申し込むとメールサービスの月額料金200円が無料になる「DIGNO Phone メール無料キャンペーン」も適用されるのでさらにお得です。

通話とデータ通信を両方使うなら「ぴったりプラン」+「イチキュッパ割」

通話とデータ通信を両方使う人には「ぴったりプラン」と「イチキュッパ割」の組み合わせがおすすめです。

おすすめの組み合わせは「ぴったりプラン」+「イチキュッパ割」

「イチキュッパ割」は「ぴったりプラン」を新規で申し込むと自動的に割引が適用され、利用開始月から13箇月目までの月額基本料が1,000円安くなります。

「ぴったりプラン」のS・M・Lのどのプランを選ぶかは、1箇月で音声通話を何分くらい使うかによって決まります。

「ぴったりプラン」の選び方については、音声通話とデータ通信を少しずつ使うなら「ぴったりプラン」を参考にしてください。

おすすめの機種は「AQUOS sense by SHARP」

通話とデータ通信を両方使う人におすすめの機種は「AQUOS sense by SHARP」です。

シャープ「スペック|AQUOS sense|製品ラインアップ|AQUOS」
画像引用:シャープ「スペック|AQUOS sense|製品ラインアップ|AQUOS」

ノイズが少なく透過率が高いIGZO液晶を採用しているので、バックライトの消費電力が抑えられると同時に、濡れても誤動作が起きにくいという特徴があります。

バスルームやキッチンでも使える防水性能を備えているため、お風呂に入りながら音声通話をする、料理をしながらレシピを見るなど、さまざまな使いほうができるのがおすすめポイントです。

データ通信メインなら「データ無制限プラン」一択!

データ通信をメインに使う人には「データ無制限プラン」がおすすめです。

ただし「データ無制限プラン」では「イチキュッパ割」などのキャンペーンが適用されないため、お得に申し込む方法がないのがネックです。

たまに通話も使うなら「音声通話プラン」をプラスしてキャッシュバック!

どうしてもキャンペーンの適用を受けたい場合は、UQモバイルと同じau系列のBIGLOBEから「データ定額+音声通話プラン」で申し込むと5,000円のキャッシュバックを受けられます。

BIGLOBE限定のUQモバイル専用ページからの申し込みが必須となっており、UQモバイルの公式サイトからの申し込みではキャッシュバックは受けられないので注意してください。

これで安心!UQモバイルの申込手順を徹底解説!

ステップ1 ステップ2 ステップ3

UQモバイルのメリットとデメリット、おすすめプランとキャンペーンが分かったところで、実際にUQモバイルに申し込む手順を確認していきましょう。

新規にUQモバイルを申し込む場合とMNPでUQモバイルに乗り換える場合で手順がやや異なります。

あなたに当てはまる方をじっくりと読んでみてくださいね。

UQモバイルの申し込みの際に必要な書類は以下の通りです。

  • 連絡の取れるメールアドレス
  • 本人確認書類の原本
  • 家族である証明書(契約者と利用者の苗字もしくは住所が異なる場合)
  • 利用料金の支払い手続きに必要なもの(クレジットカードまたは金融機関のキャッシュカード)
  • MNP予約番号(MNPでUQモバイルに乗り換える場合)
  • エントリーコード(契約用エントリーパッケージを購入した場合のみ)
  • IMEI(端末識別番号)

参照:UQモバイル「お申し込みに必要なもの一覧|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ」

なおUQモバイルで本人確認書類として有効な書類は以下のページに掲載されているので、申し込み手続きをする前に確認しておきましょう。

お申し込みに必要なもの一覧|【公式】UQ mobile|UQコミュニケーションズ

新規でUQモバイルを申し込む手順

UQモバイルで新しく端末を買って契約する場合の手順は以下の通りです。

  1. オンラインショップまたは店頭で端末を購入する
  2. SIMカードを端末に挿す

新規でUQモバイルを申し込む場合、月額料金の支払方法はクレジットカード限定となるので注意しましょう。

店頭での契約ならクレジットカードがあれば最短30分で回線が開通します。

オンラインショップ経由で申し込みをした場合、端末が手元に届いたらUQモバイルのマイページ「my UQ mobile」にログインして回線切替をすることで回線が開通します。

なお自分で回線切替を行なわない場合でも、UQモバイルのSIMカードが発行された日の7日後に自動的に回線が切り替えられます。

MNPでUQモバイルに乗り換える手順

MNPでUQモバイルに乗り換える場合、今使っているスマホ・ケータイを引き続き利用するか、新しい端末を購入するかによって手続きの流れが異なります。

今のスマホ・ケータイを引き続き利用する場合の手続き

今使っているスマホ・ケータイをそのまま使い続けたい場合には、以下のような流れで申し込みを進めることになります。

それぞれのステップについて簡単に見ていきましょう。

対応機種を確認する

まずはUQモバイルの公式サイトで、あなたが使っているスマホ・ケータイがUQモバイルに対応しているかどうかを確認しましょう。

動作確認端末一覧|UQmobile|格安スマホ・格安SIMのUQmobile

もし今使っているスマホ・ケータイがUQモバイルに対応していない場合には新しく端末を購入する必要があるので、新しく端末を購入する場合の手続きを読んでください。

SIMロック解除手続きをする

あなたのスマホ・ケータイがUQモバイルに対応していることが確認できたら、次はSIMロック解除の手続きです。

SIMの種類によってはSIMロック解除が必要!でもご紹介した通り、UQモバイルはau回線を利用しているのでau以外の機種を使っている場合にはSIMロック解除が必須になります。

またauスマホ・ケータイでもSIMロック解除が必要になるケースが多いので注意してください。

MNP予約番号の発行手続きをする

SIMロック解除が終わったら、電話番号を引き継ぐためにMNP予約番号の発行手続きを行ないます。

MNP予約番号の発行は今使っているスマホ・ケータイ会社で手続きをする必要があります。

MNP転出手数料の他、今のスマホ・ケータイの契約期間によっては解約金などが発生する可能性があることに注意してください。

オンラインショップまたは店頭でSIMを購入する

MNP予約番号が発行されたら、オンラインショップまたは店頭でSIMを購入します。

なおUQモバイルの新規申込では月額料金の支払方法はクレジットカード限定ですが、MNPの場合には口座振替で申し込むことができます。

ただし口座振替が利用できる金融機関は限られているので、口座振替を利用したい場合にはUQモバイルの公式サイトに掲載されている「口座振替対応一覧」で事前に確認しておきましょう。

SIMカードを端末に挿す

SIMカードを入手できたら、手持ちのスマホ・ケータイに新しいSIMカードを挿します。

スマホ本体の初期設定についてはUQモバイルの公式サイトに詳細が掲載されているので、手順を見ながら設定を進めてください。

初期設定が正しくできると回線が開通し、UQモバイルへの乗り換えが完了となります。

新しく端末を購入する場合の手続き

MNPでの乗り換えで新しく端末をUQモバイルで購入する場合の手続きの流れは以下の通りです。

  1. MNP予約番号の発行手続きをする
  2. オンラインショップまたは店頭で端末を購入する
  3. SIMカードを端末に挿す

基本的に新規でUQモバイルを契約する場合と流れは変わりませんが、端末を購入する前にMNP予約番号の発行手続きをしておく必要があります。

MNP予約番号の発行手続きをするを参考に、今使っているスマホ・ケータイ会社で手続きをしましょう。

MNP予約番号が発行されたら、端末を購入して付属しているSIMカードを端末に挿し、初期設定をすればUQモバイルへの乗り換え完了です。

まとめ

笑顔 スマホ 女性

この記事では、UQモバイルの評判を知りたい人に向けて、公式サイトには載っていない本音の口コミと評判をご紹介してきました。

今回の記事のポイントを以下にまとめます。

  • 「節約モード」を使えばSNSがデータ消費ゼロで使える
  • au回線を利用しているので速度が速く安定して使える
  • 実店舗での申し込みができる

au回線を利用しているUQモバイルは速度が速く安定して使えるという強みがあります。

特にauスマホ・ケータイを使っている人なら、乗り換え前とまったく同じ感覚で使うことができるでしょう。

また格安SIM業者としては珍しく実店舗があるので、初めて格安SIMを使う人は店員から直接説明を受けながら申し込みができるのもメリットです。

  • データ無制限プランでも3日間で10GBの制限がある
  • 山間部など都市部を離れると圏外になることがある
  • SIMの種類によってはSIMロック解除が必要になる

UQモバイルの最大のデメリットは、auスマホ・ケータイを使っている人でもSIMロック解除が必要になる場合があることです。

またデータ無制限プランでも、混雑回避のための速度制限である3日間で10GBの容量制限があるため、完全に無制限というわけではありません。

さらにau回線は都市部では人口カバー率99%を誇りますが、山間部や地方などでは繋がりにくいことがあります。

今回の記事を参考に、UQモバイルがあなたに合った格安SIMかどうかをじっくりと見きわめて、便利で快適なスマホライフを手に入れてくださいね!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!