Menu

UQモバイルでテザリングを使いこなす!対応機種一覧表とカンタンな見極め方

UQモバイルでテザリングを使いこなす!対応機種一覧表とカンタンな見極め方

ノートパソコンやタブレット端末を利用する人にとって、スマートフォンに欠かせない機能の1つがテザリング。

テザリングを一言でいうと 「Wi-Fiが利用できるパソコンやタブレット端末をインターネットに接続する際に、テザリング機能を搭載したモバイル機器を媒介として利用する機能」のことです。

テザリングのイメージ。パソコンやゲーム機などをスマホを介してインターネットに繋ぐ手段。

 すでにUQモバイルを使っている人が機種変更したり、他社からUQモバイルに乗り換えたりするときに気になるのが、 「UQモバイルでもテザリングが使えるか?」という点ではないでしょうか。

外出先でパソコン作業などをする会社員・フリーランスの人にとってテザリングは欠かせない機能ですので、やはり気になるポイントですよね。

そこで、この記事では次のような疑問に答えていきます

  • UQモバイルでもテザリングはできるのか?
  • UQモバイルのテザリングの特徴や注意点は?
  • UQモバイルで使えるテザリング以外のおすすめ機能は?

具体的には、UQモバイルでテザリングを行うための方法と、テザリングが使える機種・使えない機種の見極め方を分かりやすく解説していきます。

UQモバイルのテザリングの特徴はもちろんのこと、注意すべき点にも触れますので、「UQモバイルが自分に合う・合わない」の判断材料としていただくことが可能です。

 最後まで読んでいただければ、

  • UQモバイルでテザリングを行う方法
  • 自分に合ったテザリングが使える機種の見極め方

を簡単に知ることができます。

テザリング以外にも、使うと便利なおすすめ機能もご紹介しますので、ぜひ最後まで読んで、UQモバイルの利用を検討してみてください。

まず結論:UQモバイルでもテザリングは使える

ベンチに座ってノートパソコンを見る男性

単刀直入に結論を言うと、 UQモバイルでももちろんテザリングが使えます。

しかもUQモバイルでは、 事前に申し込む必要もありませんし、月額使用料も不要です。

ですから、これまでテザリングを有料で使っていた人はもちろん、初めて使ってみる人にとっても試しやすいのではないでしょうか。

大手の通信キャリアからMVNO(格安SIMブランド)のUQモバイルに乗り替える大きな理由の1つは、やはり料金の安さだと思います。

無駄な通信費を削りたいからMVNOに切り替えるのに、テザリングが有料だったら魅力が薄れてしまうというものです。

もちろん、テザリングにはデータ通信料が発生しますし、快適に使いこなすには容量や速度も気になりますよね。

そのためテザリングを利用する人は、それに適したプラン選びを行う必要があります。

UQモバイルでテザリングに適したプラン

ちなみにテザリングを頻繁にするのであれば、 通常プランではなく、おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランMがおすすめです。その理由は通信速度です。

UQmobile_plan
画像引用: UQコミュニケーションズ「おしゃべりプラン・ぴったりプラン」

一見プラン名だけを見ると データ無制限プランに飛びつきがちですが、注意が必要です。

データ無制限プランは確かにデータ容量が多いのですが、速度が最大500kbpsなので、テザリング に適しているとはいえないのです。

UQモバイルのテザリングの特徴

ノートパソコンとスマホ

UQモバイルでもテザリングができることはお伝えしましたが、次に、気になるのが UQモバイルのテザリングの特徴です。

UQモバイルでは、

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

この3つの種類から選ぶことができます。それぞれの特徴については以下の表にまとめましたのでご確認ください。

どういったシーンで利用するのか、ルーターとして接続する機器は何か、など個人個人のニーズや使用方法によって選ぶべき種類が変わりますので、以下の分類表を参考にしてください。

パソコンを持ち歩く人にとって、一般的なのがWi-Fiテザリング。

カーナビなどを利用する方はBluetoothテザリングがいいかもしれませんね。USBテザリングには充電しながら利用できるというメリットがあります。

種類 主な接続機器 対応端末 おすすめポイント
Wi-Fiテザリング パソコン、タブレット、ゲーム機、デジカメ、テレビなど iOS◎  Android◎
  • 対応機器が豊富である
  • 複数の機器を同時に接続できる
  • 高速なデータ通信
Bluetoothテザリング パソコン、カーナビなど iOS◎  Android◎
  • Wi-Fiに比べ電池持ちが良い
  • パスワード入力不要で設定が簡単
USBテザリング パソコンなど iOS◎  Android◎
  • 機種によっては充電しながらデータ通信できる
  • 高速なデータ通信

出典: UQコミュニケーションズ|テザリングはできますか?

一部利用できない機種もある

UQモバイルでもテザリング可能だということで、ここまでは肯定的な内容を書いてきましたが、もちろん全ての人におすすめできるわけではありません。

というのも、UQモバイルのテザリング機能は、 機種によっては利用できないケースがあるからです。

機種についてのこだわりがあまりなく、テザリングに対応した機種ならどれでも大丈夫という方は、ここは読み飛ばしていただいても構いません。

でも、 機種に強いこだわりがあったり、今使っている端末を使ってUQモバイルでテザリングを行いたいという希望があったりする場合には、必ず確認しておくことをおすすめします。

今や、ほとんどのスマートフォンでテザリング機能は標準装備になっていますが、 ごく一部の機種や、UQモバイルとの組み合わせ(相性が悪い)によってはテザリング が使えないこともあります。

たとえば、下記のように、iPhone Xについてはテザリング 機能に対応していないことがわかります。

iphonex_tethering
画像引用: UQコミュニケーションズ「動作確認端末一覧」

テザリングを利用する際の注意点は「データ利用量」

ご利用になりたい機種や端末がテザリングに対応していたとして、「早速テザリング始めるぞ!」と飛びついてしまう前に、注意しておいてほしいことがあります。

それは、 データ利用量です。

スマートフォンで動画を見るのと同じ感覚でパソコンやタブレットに接続して利用すると、あっという間に契約しているプランの上限を上回ってしまいます。

なぜかと言うと、パソコンの場合、ネット接続時にはOSなどの更新も自動的に行われます。

このOSの更新時に、私たちが想像する以上に大容量のデータがダウンロードされているのです。

タブレットにしても、スマートフォンより大画面で高画質ですから、そんな端末を使えばデータ利用量が上がるのも当然だということはご理解いただけると思います。

テザリング利用時は普段のスマートフォン利用時と同じ感覚でいると危険だと、覚えておいてください。

ただ「いちいちデータ量を気にしながらネットサーフィンやゲームをするなんて、面倒」だと感じる人もいるでしょう。

データ量に気をとられるのが嫌だという人には、 多少、通信速度が落ちるとしてもデータ通信容量を気にせず使える「データ無制限プラン」の選択をおすすめします。

UQモバイルには データ通信のみのプランはもちろん、音声通話とセットになった「データ無制限+音声通話プラン」もあるので、各自の利用状況に適したプランを選んでください。

プラン 月額料金 通信制限 速度
データ無制限プラン 980円 無制限 500Kbps
データ無制限+音声通話プラン 1,680円 無制限 500Kbps

UQモバイルでテザリングが利用できる端末一覧

UQモバイルでテザリングが利用できる端末ってどれだろう?

自分の使いたい機種は対応しているのかな?

そんな方に向けて、UQモバイルでテザリングが利用できる端末機の一覧を掲載しておきました。

iOS端末のテザリング対応端末

iOS端末でテザリングに対応した主な端末は以下の3つです。

  • iPhone 6s
  • iPhone SE
  • iPhone 5S

なお、iPhone 7以降のiOS端末は2018年1月現在ではテザリング対応していないようです。

出典: UQ mobile|動作確認端末一覧

Androidのテザリング対応端末

Android端末についても、主な対応端末をiOS同様にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ASUS

  • ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)
  • ZenFone 4(ZE554KL)
  • ZenFone™ 3 Ultra(ZU680KL)
  • ZenFone™ 3 Laser(ZC551KL)
  • ZenFone 3 Deluxe(ZS550KL)
  • ZenFone™ 3(ZE520KL)
  • ZenFone™ 2 Laser(ZE500KL)
  • ZenFone™ Go(ZB551KL)

FUJITSU

  • arrows M04 PREMIUM
  • arrows M03
  • arrows M02

HUAWEI

  • HUAWEI nova 2
  • HUAWEI P10 lite
  • HUAWEI nova
  • HUAWEI P9 lite PREMIUM

KYOCERA

  • DIGNO® V
  • DIGNO® W
  • DIGNO® L
  • KC-01
  • DIGNO® Phone

LG Electronics

  • LG X screen
  • G3 Beat
  • AQUOS sense
  • AQUOS L2
  • AQUOS L

TCLコミュニケーション

  • Alcatel SHINE LITE
  • Alcatel IDOL 4

ZTE

  • BLADE V770

(2018年1月現在)

出典: UQ mobile|動作確認端末一覧

UQモバイルでテザリング可能な端末の探し方

上記に掲げたリストは、UQモバイルの中でテザリングに対応した機種の抜粋であり、あくまでも一部です。

また、新機種の登場などにより随時情報が更新されます。

お目当ての機種がリストにない場合は、UQモバイル公式サイトにアクセスして、見つけましょう。手順は以下の通りです。

まずはUQコミュニケーションズの公式ホームページを開いてください。

uqwimax_top画像引用: UQコミュニケーションズ

画面の右上にある、「サイト内検索」の空欄に「動作確認端末一覧」と打ち込みます。  

すると、以下のページが検索で出てきます。

uqmobile_devices
画像引用: UQ mobile「動作確認端末一覧」

携帯会社ごとやメーカーごと、端末種別ごとにずらりと名称が並んでいますので、プルダウンを選択して該当する機種を見つけだしてください。

たとえば、お探しの機種がKYOCERAのDIGNO(R)Vだとします。

「携帯会社を選択」「メーカーを選択」「端末種別を選択」のどれからでも探すことはできます。

たとえば、「メーカーを選択」をプルダウンしてみます。Apple、ASUS、CASIO、富士通ソフト…と並ぶ中にKYOCERAがあるので、それを見つけてクリックします。

uqmobile_KYOCERA 画像引用: UQ mobile「動作確認端末一覧」

その名称の並びにある「+」ボタンをクリックしてください。詳細な情報が現れます。

uqmobile_DIGNO
画像引用: UQ mobile「動作確認端末一覧」

テザリング欄に「○」があれば対応していることになります。

一目瞭然ですね。

テザリング以外にUQモバイルで利用できるおいしい機能

ノートパソコンを開きながらスマホを見る女性

 

喜ぶ弟リスのイラスト
UQモバイルでもテザリング ができるんだって。よかったね、兄ちゃん!

兄リスのイラスト
そうだね。これで安心して乗り換えられるね

わからない弟リスのイラスト
他にもどんなサービスがあるんだろうね?

兄リスのイラスト
気になるから調べてみようか!
 

UQモバイルには他にも役立つサービス・機能があります。

この章では補足としてテザリング以外のサービス・機能を参考までにご紹介します。

データ容量の節約に使える「ターボ」機能

テザリング利用時に注意したい点として、「データ利用量」の問題を挙げました。

データ容量の浪費を防ぐためにぜひ使ってみて欲しいのがこちらの機能です。

高速通信と低速通信を切り替え(ターボのON/OFF)できる機能ですので、高速通信が必要でないときには低速に切り換えて、データ容量の消費を抑えることができます。

データチャージサイトから簡単に行うことができます。

データ容量の繰り越しサービス(余ったデータ容量を翌月へ繰り越せる)

大手キャリアでもおなじみのサービスですが、格安SIMであるUQモバイルにもしっかりと備わっています。

毎月毎月、定額のデータ容量をきっちり使い切れるわけではありません。

そんな余ったデータ容量は翌月へ持ち越せるから、安心ですね。

データチャージ(データ容量を使い切っても大丈夫、必要分だけ追加チャージ可能)

テザリング を行った場合など、すぐにデータが足りなくなってしまうこともあると思います。

残りの数日、ひどい時には数週間も速度制限に引っかかってイライラした日々を過ごすなんて、今の世の中、考えたくもありません。

そんな時、UQモバイルでも、 必要な分だけチャージできるのでご心配なく。

しかも、

  • 100MB/200円
  • 500MB/500円

と気軽に追加しやすい料金設定になっています。

UQモバイルポータルアプリ

その時々の利用状況に合わせて「ターボオフ(節約モード)」と「ターボオン(高速モード)」の切り替えを簡単に行うことができるポータルアプリです。

他にもデータ残量の表示、データチャージ(追加購入)などのよく使う機能を、簡単に操作することができます。

非常に便利なアプリなのでスマートフォンのホーム画面にウイジェットを設置しておけばいちいちアプリを起動させなくても手軽に「ターボオン/オフ」の操作が行えるのでおすすめです。

「今月はどのぐらいデータチャージしたんだろう」と気になる時も、こちらのアプリですぐに確認できるため安心です。

ここに挙げたように、UQモバイルにも、大手キャリアに負けず劣らぬサービスがありますので、活用してみると便利です。  

まとめ

ノートパソコンの上に置いてあるチャートが表示されたスマホ

今回はUQモバイルでもテザリングが可能かどうかを調べるなかで

  • テザリングサービスの特徴
  • テザリングにおすすめのプラン
  • UQモバイルでテザリングを行う際の注意点
  • テザリングに対応した機種の調べ方
  • テザリング以外の便利機能 

についてもご説明しました。

安さに惹かれてMVNOに乗り越えたものの、今まで当たり前のように使っていた機能が格安SIMになったら使えなくなるんじゃないか?といった不安はこれで払拭されたのではないでしょうか。

もちろん一部の機種によっては対象外だったり、ついつい使いすぎてしまってデータ容量を消費しすぎたりする懸念はありますが、それらはなにも格安SIM、UQモバイルに限った話ではありません。

「ターボ」機能などと合わせて賢く使えば、UQモバイルはテザリング機能のヘビーユーザーにとってもビギナーにとっても頼もしい1台となってくれるでしょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!