Menu

ネットをWiMAXにひとまとめ!固定回線が不要な4つの理由

ネットをWiMAXにひとまとめ!

モバイルWi-FiルーターのWiMAXは、持ち運べて外出先でもインターネットができるため、人気があります。

もちろん室内での利用も可能なため、このWiMAXがあれば、自宅のインターネットもひとまとめにすることができます。

しかし、WiMAXを使ったことのない人からすると

  • WiMAXの使い心地は実際どうなの?
  • 本当に固定回線(光回線)をひかなくても大丈夫?

と、不安に思うところでしょう。

喜ぶ弟リスのイラスト
ねぇ、兄ちゃん!あたらしい家のインターネットはWiMAXにするよ!
WiMAXって家でも外でも使えるし、超べんりじゃん♪

兄リスのイラスト
固定回線の代わりにWiMAXだけにするってこと?
確かに家でもWiMAXを使えばインターネットを使えるけど…。ちゃんとWiMAXが自分の使い方に合っているかは考えてる?

わからない弟リスのイラスト
使い方?インターネットをするだけじゃないの?

考える兄リスのイラスト
そうなんだけど、注意することがあるんだよ。
自分が「インターネットでどんなことをしたいか」「どんな場所(家)で使うか」「誰が使うか」によって、「WiMAXだけで十分満足できるか」「固定回線(光回線)のほうが合っているのか」が変わってくるんだ!

あわてる弟リスのイラスト
えーっ!もしかしたら固定回線のほうが合ってるかもしれないってこと!?

一人暮らしなら、 WiMAXを固定回線の代わりにメインのインターネット回線として使うことが可能です。

実際、筆者自身も自宅のインターネットはWiMAXを固定回線(光回線)の代わりに使っています。

一人暮らしで工事などの手間をかけたくなかったことと、ノートパソコンだったので外出先でもインターネットが利用できるWiMAXに魅力を感じたのがきっかけです。

現在、WiMAXを使って6年になりますが、毎夜YouTubeやネットショッピングなどを使っていますが、とくに不便を感じたことがありません。

だからこそ筆者は、自宅のインターネットを「固定回線の代わりにWiMAXにまとめる」ことをおすすめします。

筆者の経験や、まわりの声を聞いていると、WiMAXと固定回線(光回線)それぞれに向いているのは以下のような人と言えます。

WiMAXに向いている人、固定回線に向いている人の比較表。

この記事では、WiMAXを固定回線の代わりに使うメリットについて次の4つのポイントを軸に解説していきます。

WiMAXを使う4つのメリット

  1. 導入の手軽さ
  2. コストの低さ
  3. 乗り換えやすさ
  4. 利用したときの快適さ

また、『 「ヘビーユーザー」や「家族で使いたい人」は固定回線がおすすめ』の章では、

  • 固定回線(光回線)のほうが向いている人とはどんな人なのか
  • どの「光回線」と契約するのが良いのか

といったことも説明していきます。

「光回線」の選び方がしっかりわかる内容になっています。

長めの記事になっていますが、なかなか 気軽に変えられないインターネット回線をどうするか決めるための重要な話だからこそです。

あなたが 「失敗した!」と後悔をしないよう、大切なことをまとめていますのでぜひ参考にしてください。

目次

【大前提】まずは「エリア内」であることを確認する!

兄リスのイラスト
WiMAXを使うには、「WiMAXのエリア内かどうか」が重要なんだ!
自宅やWiMAXを使いたい場所がエリア内じゃないと、せっかく契約しても電波が十分届かないんだよ。

「エリア内かどうか」を知るには、住所を入力するとエリア内であるかを判定してくれる「 ピンポイント判定」というサービスを利用しましょう。

まずはこちらで、現在の住所や転居予定の住所を判定してみましょう。

UQコミュニケーションズ「ピンポイントエリア判定」では住所を入力すると、その場所がエリア内かどうかをピンポイントでチェックしてくれる。
画像引用:UQコミュニケーションズ「ピンポイントエリア判定」

「×」がついてしまった場合は残念ながら利用することが出来ません。

気持ちを切り替えて少しでもお得に、快適にインターネットを利用する方法を探しましょう。
→「 固定回線の選び方3ステップ」の章へ進んでください。

UQコミュニケーションズ「ピンポイント判定」結果

「△」の判定が出た人も、この記事を読み進めてみて「自分にはWiMAXが合っている」と思ったら、WiMAXの無料レンタルサービス「 TryWiMAX」を利用して実際に使ってみましょう。

TryWiMAXで試してみれば、「電波が届かないかもしれない」という不安も解消できます。

納得する弟リスのイラスト
兄ちゃん!うちは「〇」の判定だから、大丈夫そうだよ♪


エリア判定が済んだところで、ここからWiMAXと固定回線(光回線)の比較に移っていきます。

WiMAXがあれば固定回線はいらない"4つの理由"

インターネットをあまり使わない家庭や、一人暮らしの人なら、フレッツ光などの固定回線の代わりとしてWiMAXは十分使えます。

WiMAXと固定回線を比べながら、それぞれどんなところが優れているのか見ていきましょう。

下の表は固定回線(光回線)と比べた時の「WiMAXの強み」をかんたんに表したものです。

WiMAXと固定回線を比較したときのWiMAXの強みについてを表にしたもの。

表の中で「◎」が付いているものはWiMAXがとくに優れている部分を表しています。

なので、「◎」が付いている部分に魅力を感じる人は「WiMAXに向いている」と言えます。

とくに、 工事・工事費・開通に関してはWiMAXが圧倒的に優れています。

これは、まとめると「導入の手軽さ」と言い換えることができます。

同じように、上記の表で示した項目を

  1. 工事や工事費、開通などの項目=導入の手軽さ
  2. 料金や機器代金などの項目=コストの低さ
  3. 利用期間と解約金=乗り換えやすさ
  4. 速度やデータ通信量などの項目=利用した時の快適さ

この4つに分けて説明していきます。

これが、WiMAXを固定回線の代わりに使うことをおすすめする“4つの理由”の根拠でもあります。順に説明していきます。

ボリュームがありますので、興味のある内容から読んでいただいて大丈夫です。

「WiMAXは自分には向かないな…」と感じたら、「 『ヘビーユーザー』や『家族で使いたい人』は固定回線がおすすめ」の章に飛んでください。

理由1.導入の手軽さ:WiMAXは端末があればネットができる

頷く兄リスのイラスト
手軽に使い始められるっていうのは、WiMAXの魅力のひとつだね!

WiMAXと固定回線の比較表抜粋。「工事費」や「開通までの期間」などはWiMAXのほうが手軽・安価で優れていると言える。

WiMAXは工事が必要なく、そのため工事費もかかりません。

さらに事業者との契約後、 端末さえあればすぐにインターネットが利用できるようになります。

その一方で、固定回線は新規契約時には工事が必要になりますし、 工事費も20,000円程度かかることがほとんどです。

固定回線の工事には立ち合いが必要なので、業者と日程の相談が必要になります。

そのため、工事業者の繁忙期に重なってしまうと1ヶ月以上先にしか工事日程の予約が取れない!なんてことも珍しくありません。

また、一人暮らしや単身赴任の人にはありがちな「突然の引っ越し」にもWiMAXなら余計な費用も必要なく対応できます。

WiMAXなら引っ越しの時も端末を持っていくだけ

予期しないタイミングでの引っ越しは、一人暮らしや単身赴任の人にはよくある話です。

利用する場所を選ばないWiMAXなら、引っ越しのときも端末を持っていくだけです。

しかし、固定回線の場合は

  • 解約金が必要になる
  • ひかり電話の解約が必要(固定電話の電話番号が変更になる)
  • 撤去工事が必要な場合もある

など、 手間や費用がかかってしまいます。

契約中は更新月以外の解約には違約金が発生する。 2年契約での解約のイメージ。契約更新月以外の解約には違約金が必要になる

固定回線は2年契約が多く、一度契約すると更新月までは解約するのに、だいたい5,000~10,000円の解約金が必要になります。

期間だけなら、WiMAXも2年や3年の契約もありますのでそう変わりません。

しかし、WiMAXは端末を持って行くだけなのでそもそも解約の必要はありません。

固定回線は引っ越しの場合、解約が必要になってしまいます。

喜ぶ弟リスのイラスト
いいつ引っ越すことになるかわからないから、WiMAXみたいに端末を持っていくだけで良いのはたすかるよ!

兄リスのイラスト
それだけじゃないんだ。
固定回線が厄介なのは、工事費の支払いが「30ヶ月の分割になることが多い」ことなんだよ。(※)

兄リスのイラスト
分割の支払いを終える前に解約する場合、残りの工事代を一括で請求されてしまうんだ。

あわてる弟リスのイラスト
え~っ!一括なんて困るよ~…

※工事費の分割は光回線業者により24ヶ月・60ヶ月などさまざまです。検討している事業者がどうなっているのか、しっかりと確認が必要です。

▼固定回線(例:So-net光)「工事費の目安(マンション向け)」

工事の有無 標準的な工事費用 支払い回数
あり
(マンション自体に光ファイバー回線を引き込む工事が必要な場合)
24,000円 分割請求(30回)
あり
(マンションの共有部までは光回線が引きこまれている場合)
9,583円 分割請求(30回)
なし 2,000円 一括

※表中の金額に日時の指定を行うことで追加工事費が加算されます

分割の支払を終える前に解約することになった場合、残りの工事費を一括で支払わなければなりません。

工事費は思っているよりも高額になることが多いため、 途中で解約することになった場合のリスクとして考えておく必要があります。

反面、 WiMAXなら端末を持っていくだけで良いので、解約金は発生しません。


WiMAXが優れている点は、

  • 「回線を開通させるための工事」が必要ないこと
  • 端末が届き次第すぐに利用できること

です。

また、固定回線の工事は、 何ヶ月も前から工事の日程を予約する必要があるなど、うんざりするほど面倒なものです。

そのうえ、工事費は高くなることが多いので、多くの人が不満に思うポイントです。

いま説明した「WiMAXは工事が必要ない」ことも大きなメリットですが、年間にかかる費用も固定回線に比べて安く抑えることができます。

理由2.コストの低さ:WiMAXは年間で7,023円安い

WiMAXは手軽に使い始められるだけでなく、月謝料金などの費用も安く抑えることができます。

WiMAXと固定回線の比較表抜粋。「最低利用期間」はともに2年・3年などさまざま。「解約金」に関しては、WiMAXのほうが金額が高く、解約時のコストはかかってしまう。

くわしく見ていきましょう。

月額料金の参考として、BroadWiMAX(WiMAX)とSo-net光(固定回線)を具体的に比べてみます。

BroadWiMAX(WiMAX) So-net光(固定回線)
ギガ放題プラン
・1~2ヶ月目 2,726円/月
・3~24ヶ月目 3,411円/月
・25ヶ月目以降 4,011円/月
※利用開始月は2,726円の日割計算
3,500円/月
※31ヶ月目以降は、4,100円/月

※WiMAXのライトプラン(7GB/月プラン)は記載していません

月額料金を比較してみると、2ヶ月目まで

So-net光月額:3,500円-BroadWiMAX月額:2,726円=774円

と、BroadWiMAXのほうが774円/月安いことがわかります。

段階的にBroadWiMAXの月額料金が上がったとしても 常にBroadWiMAXのほうが安いことがわかります。

また、初年度にかかる費用で比べてみると、

WiMAXと固定回線の初年度にかかる費用の比較。WiMAXのほうが7,000円ほど安くなる計算。

7,023円の差になることがわかります。
(BroadWiMAX:45,377円-So-net光:52,400円=▲7,023円)

WiMAXの内訳をよく見ると、初月だけの請求となる事務手数料やクレードル代金(任意購入)が入っているため、翌年にはさらに年間で4,000円ほど安くなります。
※クレードルとは、WiMAXを充電する際に立てておくための台です。後ほど説明しますが、これがあるとWiMAXの電波が安定するなど、固定回線の代わりに使う人にとって大切なものです。

一方で、So-net光は事務手数料(800円)分しか安くならないため、合計すると 2年目には10,000円以上の差が出ることに。
費用的なメリットとしてはWiMAXに軍配が上がります。


年間での出費を考えるなら、月額料金の割引も見逃せないポイントです。

WiMAXはauスマホとセットにすることで、最大1,000円/月の割引が受けられます。

auユーザーはさらに最大1,000円安くなる!

auスマートバリューmineを使えばスマホ料金から最大1,000円の割引を受けることが出来る
画像引用:au「auスマートバリューmine」

現在 auのスマートフォンを持っているなら、WiMAXはさらにオススメです。

「auスマートバリューmine」に申し込みをすると、現在の料金プランに応じてauスマホの月額料金から最大1,000円/月の割引が受けられます。

auのスマホを持っている人向けにWiMAXを申し込むメリット・デメリットをくわしく説明した記事もあります。

ぜひauユーザーのあなたはこちらも併せて読んでみてください。
→「 auユーザーがWiMAX 2+に申し込む前に絶対知っておくべきメリット・デメリット

理由3.乗り換えやすさ:WiMAXなら途中解約せずに使い続けられる

ここでは、

  • 解約金
  • 最低利用期間

といった2つのポイントを見ていきましょう。

結論として、引っ越しの時も解約の必要がないWiMAXなら、最低利用期間前に解約しなければならない「途中解約」の状況になることもありません。

解約金も要りません。

つまり、最低利用期間満了まで使い切り、 解約金の不安もなく新たにインターネット契約を見直しやすいのです。

その際には、乗り換えキャンペーンなどもうまく使えると、さらにお得になります。

キャンペーンについては「 WiMAXキャンペーンの種類は3つ」の章でくわしく説明しています。

WiMAXの最低利用期間と解約金

WiMAXの場合、 エリア内での移動ならそもそも解約する必要がありません。

以下は最低利用期間と、期間内に解約した場合の解約金の比較表です。

WiMAX
(例:BroadWiMAX)
固定回線
(例:So-net光)
最低利用期間 2年(3年のプランもある) 2年
解約金 19,000円~9,500円
(解約のタイミングによる)
7,500円
※工事費の分割金が残っている場合は残金を一括で支払う必要あり

理由2.コストの低さ:WiMAXは年間で7,023円安い」の章でも比較したBroad WiMAXとSo-net光を比べてみました。

解約に関して、WiMAXに比べて固定回線の条件が良さそうに見えますよね。

しかし、先ほど説明したように急な引っ越しなどで解約することになった場合、工事費を一括で支払う必要があります。

そうすると、結果的にWiMAXと変わらないか、むしろ 固定回線の場合高額な費用が請求される可能性も出てきます。


固定回線の代わりとしてWiMAXを使ううえで、肝心なのはインターネット接続の通信速度です。

次の章では実際のユーザーの声を交えて、WiMAXの通信速度について解説していきます。

理由4.利用した時の快適さ:下り最大440Mbpsで動画も快適に見られる!

UQコミュニケーションズで扱うモバイルWi-Fiルーターの一例。最近の機種はほとんどが下り最大440Mbpsに対応している。

現在、WiMAXの 最新機種の通信速度は「下り最大440Mbps」です。

YouTubeなどで動画を観る場合、スマホでは3Mbps程度あれば十分だと言われます。

また、動画配信サービスで人気のHulu公式では「パソコン:6Mbps以上、スマホ:3Mbps以上を推奨」としています。
参考:Hulu「Huluヘルプセンター」

WiMAXの最新機種がうたう440Mbpsはベストエフォート(理論値)ですので、実際にはなかなか出せるものではありません。

それでも、 動画を観るのにWiMAXの通信速度なら問題ないと言えます。

高画質な動画をたくさん観るようなベビーユーザーにはおすすめできない

しかし、WiMAXと固定回線を比べると、以下のポイントにおいてWiMAXは固定回線には勝てません。

  • 通信速度
  • 通信の安定性
  • データ通信容量

それは、 「ヘビーユーザーにはWiMAXをおすすめできないから」です。

重いデータの送受信を頻繁に行うような、

  • 高画質の映画を毎日観る
  • オンラインの協力プレイなどを行うゲームをする

といった人はヘビーユーザーと言えます。

具体的に見てみましょう。

項目 WiMAX
(BroadWiMAX)
固定回線
(So-net光)
通信速度 下り最大440Mbps 下り最大1Gbps
通信の安定性 時間や環境により異なる。
混雑しやすい時間もある。
1日を通して比較的安定。
共有する回線が混雑すると速度が低下することもある。
データ通信容量 ギガ放題:なし
ライトプラン:7GB/月
上限なし

通信速度を判断するうえで大切なのは、 自分がどれくらいインターネットを使うのか、ということです。

重いデータの送受信を頻繁に行う ヘビーユーザーの人は固定回線でなければ満足できないでしょう。

そうではなく、ネット検索で調べ物をしたり、短い動画をたまに観るくらいの人であればWiMAXで十分に対応できます。

それでは実際にWiMAXを使っている人の「WiMAXの通信について」の口コミを見てみましょう。

WiMAXユーザーの口コミ「ある程度ローテーション組むと快適」

Twitterのつぶやきから、WiMAXの通信速度について見てみましょう。

やはり外出先などで 使いたいときにインターネットが利用できると、快適ですよね。


データ容量の節約のためにも、 自分に合ったインターネット利用のペースを作ることは大切です。


画質の良い動画を延々と観るといったヘビーな使い方はWiMAXには向いていません。

3日間で10GBの通信を行うと通信制限をかけられてしまうため、使い方には注意が必要です。

おおむね動画やゲームなどの使用に問題はないと感じる人が多いです。

あとは「インターネットの使用頻度がどれくらいか」の差で、 「1日中動画を流し続ける」といったハードな使い方をしなければ大丈夫です。

ちなみに筆者は平日の夜、帰宅してからテレビの代わりにYouTubeで音楽を流していることが多いですが、とくに不満に思うことなく使えています。

WiMAXは、

  • 高画質な動画をとにかくたくさん観たい!
  • リアルタイムに通信を行うオンラインゲームで遊びたい!

といったヘビーユーザーでなければ、問題ないレベルの通信速度です。

ここで「向いてないかも…」と思ったあなたには、固定回線(光回線)をおすすめします。

安定的に、高速な通信ができる光回線には、WiMAXではどうしても及ばないからです。
⇒そんな人はこちら「 『ヘビーユーザー』と『家族で使いたい人』は固定回線がおすすめ」の章へ進んでください。

WiMAXを家の中でも快適に使うためにはクレードルを利用する

クレードルはWiMAX契約時に任意での購入となりますが、固定回線の代わりとしてWiMAXを使うことを考えている人はぜひともクレードルも併せて手に入れておきましょう。

無線接続であるために、電波の不安定さはWiMAXに付いて回るデメリットです。

また、WiMAXの特性上屋内では電波が弱くなる傾向があります。

固定回線の代わりとして使うなら、家でも快適に使いたいと思いますよね。そんな時に役立つのがクレードルです。

クレードルの役割

クレードルがあると室内で利用する時に便利。クレードルに挿すだけで充電ができ、立てて置いておくことができるため画面も見やすくなる。

  • 充電台になる
  • WiMAXの端末が受信する電波を安定させる
  • LANケーブルでの有線接続ができるようになる

のほか、WiMAXの端末が受信する電波を安定させる役割や、LANケーブルでの優先接続ができるようになる機能が備わっています。

WiMAXをパソコンとLANケーブルによって接続すると、無線で繋ぐよりも安定してインターネットへ接続できるようになります。


ここまでで、固定回線の代わりに、WiMAXをおすすめする理由を4つ紹介してきました。

これらの理由を踏まえてWiMAXを選ぶべき人は、

  • インターネットを利用したい場所がWiMAXのエリア内にある人
  • 一人暮らしや単身赴任の人
  • インターネットはPCではネット検索がメインで、たまに動画を観る程度の人

と言えます。

納得する弟リスのイラスト
兄ちゃん!ボク、WiMAXにしても大丈夫そうだよ。

頷く兄リスのイラスト
きちんと判断ができたみたいだね。
じゃあ、次はWiMAXを選ぶためのポイントを見ていこう!WiMAXはUQ WiMAXだけじゃなく、色んな会社が販売しているんだ。

「自分はWiMAXにしよう!」と思えたあなたは、このまま読み進めてください。

次の章では「実際にWiMAXを選ぶ」ためのポイントを紹介します。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

しかし、ここまで読んでみて「自分には固定回線のほうが合っていそうだ」と感じた人はさらに次の章「 固定回線の選び方3ステップ 」へ進んでください。

固定回線を選ぶべきかを判断できる内容になっています。

WiMAXは3つのポイントで選ぶ

WiMAXを契約するにあたって決めておくべきことが3つあります。

WiMAXを選ぶための3つのポイント

  1. プランを選ぶ
  2. 事業者を選ぶ
  3. 端末を選ぶ

これらを決めておけば失敗することはありません。

繰り返しになりますが、契約期間内の解約には解約金がかかってしまうため、 利用したい場所が「WiMAXのエリア内」であるかはしっかりと確認しておきましょう。

ポイント1.プランを選ぶ=「ギガ放題」がおすすめ

WiMAXを扱う事業者は「BIGLOBE WiMAX」や「Broad WiMAX」などさまざまあり、そのプランも名前がまちまちなので 「選ぶのが大変そう…」と思ってしまいがちです。

しかし、実際よく内容を見るとどの事業者も、

  • 毎月のデータ通信容量の上限が設定されていないプラン…「ギガ放題」
  • 毎月のデータ通信容量が7GBに設定されている代わりに月額料金が安いプラン…「Flat ツープラス」や「通常プラン」

の2種類しかありません。

そして、固定回線の代わりに利用したいと思っているあなたは 迷わず「ギガ放題」を選んでおけば間違いありません。

納得する弟リスのイラスト
ふむふむ。固定回線の代わりにするんだから、データ容量に上限がないほうが良いよね!
「ギガ放題」を選ぶ…っと。


プランさえ決まれば、あとはWiMAXを扱う各事業者の月額料金やキャンペーンの内容を比較して選ぶことになります。

ポイント2.事業者を選ぶ=「BIGLOBE WiMAXがおすすめ」

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックキャンペーンバナー。
画像引用:BIGLOBE WiMAX

筆者の おすすめのWiMAXは、「BIGLOBE WiMAXです。

月額料金が2年の契約期間内で検討しても安いことや、家の中でWiMAXをさらに快適に使えるようになる「クレードル」が割引されることなどが決め手です。

固定回線の代わりにWiMAXを選ぶあなたにぴったりです。

ほかにも、高額なキャッシュバックをねらうなら「 GMOとくとくBB」がおすすめできます。

主要な事業者の中から筆者がおすすめするこの2社を以下に紹介しています。

参考にしてみてください。(2017年11月現在の情報です)

喜ぶ弟リスのイラスト
契約するとお金がもらえるキャンペーンがあるの?すごいお得だね!

兄リスのイラスト
キャッシュバックキャンペーンは魅力的だけど、キャンペーンで注目するべきポイントはほかにもあるんだ。
月額料金がいくらになるか、も重要なポイントだからしっかり確認しないとね!

WiMAXキャンペーンの種類は3つ

WiMAXは販売事業者が各社さまざまなキャンペーンを行っています。

主な内容は次の3つに分類できます。

主なキャンペーンの種類

  1. 月額料金の割引
  2. 端末0円
  3. キャッシュバック

インターネット契約は内容がこまめに見直せて、かつ キャンペーンをうまく利用することで通信にかかる費用を抑えることができます。

キャンペーンが常に豊富なWiMAXなら、その時々で自分に合ったプランを選びやすいといえます。

以下は主要なWiMAXの主な販売事業者が現在実施しているキャンペーン(2017年11月現在)を比較して、筆者のおすすめを選んだものです。

WiMAX事業者 何がどんな人におすすめ?
BIGLOBE WiMAX クレードルも一緒に購入したい人におすすめ!
・2ヶ月目まで大幅な月額料金の割引
・クレードルが半額
GMOとくとくBB 高額なキャッシュバックねらいの人におすすめ!
・33,000円ものキャッシュバック金額がポイント

以下の章で2社のキャンペーン内容を比較していますので、参考にご覧ください。

「BIGLOBE WiMAX」と「GMOとくとくBB」の最新キャンペーンを比較

以下の表は、現在(2017年11月現在)最新のキャンペーン情報から要点のみを抜き出して比較したものです。

BIGLOBE WiMAX GMOとくとくBB
月額料金(ギガ放題/2年) ~2ヶ月目 2,595円
~24ヶ月目 3,880円
~2ヶ月目 3,609円
~24ヶ月目 4,263円
以降 4,263円
端末代金 0円 0円
キャッシュバック金額 13,000円(WX03/W04/L01)
※WX04のみ30,000円
最大33,000円
・W04 最大33,000円
・WX04 27,900円
・WX03 最大28,900円
ポイント/注意点 WX03のみ、クレードルとACアダプタが半額(2,630円)に割引 キャッシュバックの受取方法がやや面倒なことに注意が必要

ご覧いただくと、わかりやすく傾向が違っています。

  • BIGLOBE WiMAX…月額料金を抑え、クレードルを安く導入することが可能
  • GMOとくとくBB…高額なキャッシュバック金額がポイント

このように、事業者ごとにキャンペーンの内容は全く異なります。

月額料金も少しずつちがうので、自分が「なにを重視するか」を考えて事業者を選ぶことが大切です。

筆者としては、月額料金も抑えつつ、キャッシュバックも期待できるバランスの良さで、「BIGLOBE WiMAX」をおすすめします。

先ほども説明した 「クレードル」の導入のしやすさもポイントです。

ぜひ、WiMAXの事業者選びの参考にしてください。

また、キャッシュバックの受け取り方については「 WiMAX契約でキャッシュバックいくらもらえる?損しない方法を解説 」の記事でわかりやすく解説しています。

キャッシュバックに興味がある人はぜひ読んでみてください。


事業者を決めたら、最後は端末を選ぶのかを決めなければなりません。

ポイント3.端末を選ぶ=「W04」か「WX03」が主流

現在最新の「WX04」が各所でキャンペーンの目玉になっています。

しかし、事業者によってはWX04に適用できるプランの最低利用期間が3年とされているもののみになっていることがあります。(今回紹介した「BIGLOBE」「GMO」ともに3年のプランのみ選択可です)

2年のプランで契約したい場合は UQ WiMAXで契約するのが良いでしょう。

また、すでに発売されている「W04」、「WX03」の2機種はほとんどの事業者が販売しています。

それぞれに特徴がありますが、 筆者のおすすめは「WX03」です。

この2つの機種の特徴を簡単に説明すると、

W04

  • コンパクトで持ち運びに便利なサイズ(W53×H130×D14.2(mm))
  • au 4G LTEが使える(ハイスピードプラスエリアモード)

外出先でも使いたい人におすすめ

WX03

  • 拡張アンテナ搭載のクレードルを使うことで室内での通信も安定する
  • バッテリー容量が大きく長時間の使用に対応
  • タッチ操作のしやすい大画面

室内での通信速度を気にする人、端末の操作に不安がある人におすすめ

このほかにもコンセントに繋いで使う据え置きタイプの機種(L01)もありますが、WiMAXを契約するなら持ち運べる、という長所を捨てる理由はないので、おすすめしません。

家で利用を重視するなら WX03を選び、クレードルを使うことをおすすめします。

弟リスのイラスト
ボクは持ち運びもしたいから、本体が軽いW04が良いかな!

以上の3ステップさえ、押さえておけばWiMAXの導入は完璧です。

もう一度WiMAX契約の前に確認したいポイントを見てみましょう。

WiMAXを選ぶための3つのポイント

  1. プランを選ぶ
  2. 事業者を選ぶ
  3. 端末を選ぶ

WiMAXを使って自宅でも、外出先でも自由なインターネットライフを楽しんでください!


一方で、「固定回線に向いている人」とはどういった傾向があるのでしょうか。

以降は、「固定回線」を選ぶべき人はどんな人か、そして固定回線の選び方についてを説明していきます。

「ヘビーユーザー」や「家族で使いたい人」は固定回線がおすすめ

ここまで見て来て、 「やっぱりWiMAXはちょっと合わないかな…」と思った人はぜひ以下の内容を参考にしてください。

固定回線向きな人の3つのパターン

  1. 高速で安定した通信が必要な人
  2. 一軒家や複数の部屋でインターネットを利用したい人
  3. 同時に複数の人がインターネットを利用したい場合

上記にあてはまる人は固定回線を利用することをおすすめします。

なぜおすすめなのかは順に説明していきます。

これらを理解しておくことで、あなたが「本当に固定回線に向いているのか」がわかります。

それでは、以下に具体的な例をあげて説明していきましょう。

パターン1:高速で安定した通信が必要な人

実写と見間違えそうなほどきれいな映像のゲームや、オンライン上でリアルタイムに複数人と協力して楽しむゲームなどは、データ通信量が多く、かつ安定した通信が必要になることがほとんどです。

こうしたゲームを頻繁に遊ぶ人には、WiMAXは向いていません。

速度にも言えることですが、 WiMAXは無線で通信を行うためどうしても不安定になりやすいからです。

固定回線なら、安定した通信と高速なインターネットを確保することができます。

パターン2:一軒家や複数の部屋でインターネットを利用したい人

WiMAXが使う電波は、高い建物や障害物があると電波を受信することが難しくなります。

そのため、山間部などではWiMAXが使えないことが多いのです。

また、WiMAXは同じ部屋などの近い距離での通信は得意ですが、 別の部屋や異なる階へ電波を届けることが苦手です。

一軒家などで
「複数の部屋でパソコンなどをインターネットに繋ぎたい」
といった場合は、WiMAX端末を持って部屋を移動しなければなりません。

「ある部屋のパソコンをインターネットに繋いだまま、別の部屋でネットを利用する」
といった使い方がしたい場合は、素直に固定回線を利用することをおすすめします。

無線LAN中継器などを使用することで、一軒家でも隅々までWiMAXの電波を届けることは可能ですが、同時に複数の機器からアクセスした場合の速度低下などを考えると、おすすめはできません。

パターン3:同時に複数の人がインターネットを利用したい場合

家族全員がそれぞれにパソコンやスマホなどでインターネットを利用するという状況はよくあると思います。

しかし、 回線を共有するということは、その分個々の通信速度が遅くなるということです。

全員が簡単な検索程度しかしないライトユーザーであれば問題ないかもしれません。

しかし、一人でも「動画を見たりオンラインゲームをしたい」という人がいると、WiMAXでは対応しきれないことも。

家族全員が満足できる状況を作るには、 固定回線の通信速度があれば安心です。


以上3つの状況を読んで、自分の使用状況とイメージが近いと感じた人は固定回線を契約しましょう。

ここからは、実際に固定回線を選んでいきましょう。

固定回線の選び方3ステップ

ここまで、固定回線=光回線として説明をしてきました。

ただ、ひと口に「光回線」と言っても、現在はWiMAXよりもさらにさまざまな業者が多種多様なサービスを付加した光回線を提供しています。

しかし、ひとつ言えるのは、その ほとんどの中身は「フレッツ光」だということです。

つまり、違うのはプロバイダだけなのです。

一部の 例外として「auひかり」などの“独自回線”を持つ事業者がいる、ということを知っておいてください。

この章では、そのさまざまなサービスの中から固定回線を選ぶために検討するべきポイントをご紹介します。

固定回線の選び方3ステップ

  1. 費用を確認する
  2. 割引プランを確認する
  3. キャンペーンを確認する

ステップ1.費用を確認する=事務手数料や工事費も要チェック!

まずはやはり月額料金と工事費などの費用を比較検討してみましょう。

月額料金がそう変わらない場合でも、事務手数料、工事費なども比較することで絞り込むことができます。

確認すべき費用の項目

  • 月額料金
  • 事務手数料
  • 工事費(分割の回数も確認すること!)
  • 最低利用期間と解約金

費用の各項目がわかったからと言って、そこで判断してはいけません。

それだけの情報で決めてしまうと、ほとんどの場合損をしてしまいます。

損をしないためには、割引プランやキャンペーンをうまく利用することが大切です。

光回線にはさまざまな割引プランが用意されています。

その中には、スマホとセットにすることで割引を受けられるものがあります。

ステップ2.割引きプランを確認する=スマホとのセット割もお得!

光回線の中には、スマホキャリアが提供するものもあります。

これらは 各スマホキャリアのユーザーなら、必ず検討しておきましょう。

それぞれ自社キャリアのスマホを利用していれば、1,000円~2,000円程度が毎月のスマホ代から割り引かれることになります。

とくに家族で同じキャリアのスマホを使っている場合なら、さらに割引の効果を実感できおすすめです。(ドコモ光は除く)

ステップ3.キャンペーンを確認する

光回線の場合、公式以外にも「代理店」が行うキャンペーンが数多く存在します。

これらはそのほとんどが「キャッシュバック」をうたうものです。

キャッシュバックの金額は高額なものが多くつい魅力的に思えてしまいますが、ここまでで紹介した

この2つのポイントをしっかりと踏まえたうえで検討しましょう。

1年間にかかる費用として、 合計金額で比べるのが理想的です。

この選び方をわかりやすく説明するために、So-net光と@nifty光で比較をしてみます。

例:So-net光と@nifty光で料金比較

So-net光(戸建)
  • 月額基本料金5,700円
  • 工事費 800円×30ヶ月(合計24,000円)

▼30ヶ月目までにかかる費用

初月(開通月)の月額料金 0円
~30ヶ月目までの月額料金 5,600円
(月額料金+工事費-900円(※))
※So-net長割for 光コラボレーション-500円、So-net限定割引-400円
事務手数料 800円
合計 168,000円
@nifty光(戸建)
  • 月額基本料金5,200円
  • 工事費 600円×30ヶ月(合計18,000円)

▼30ヶ月目までにかかる費用

初月(開通月)の月額料金 0円
~25ヶ月目までの月額料金 5,100円
(月額料金+工事費-700円(※))
※キャンペーン割引適用
~30ヶ月目までの月額料金 5,800円
事務手数料 2,000円
キャッシュバック -5,000円
合計 154,200円

月額料金や工事費、割引など踏まえて比較をするとわかりやすくなります。

この場合では @nifty光が13,800円安いとわかりました。

また、この2社の場合auユーザーであればauスマートバリューや「auセット割」という割引が受けられます。

auユーザーはさらに割引され価格が逆転する

auスマートバリューのイメージ
画像引用:au「auスマートバリュー」

So-net光の場合

auスマートバリュー適用で最大2,000円/月割引


@nifty光の場合

@nifty×auセット割適用で最大1,200円/月割引

となります。2社の割引額の差は800円です。

つまり、auユーザーが契約した場合はたとえ一人でも、割引額の差は800円×30ヶ月=24,000円です。

So-net光のほうが多く割引を受けられ、さきほどの13,800円という価格差を埋める以上に、 So-net光のほうが安くなってしまうのです。

このように、固定回線(光回線)の料金はさまざまな要素が組み合わさり、複雑になっています。

しかし、だからと言って「なんとなく…」で選んでしまうと損をしてしまうことになります。

ご紹介した 3つのポイントを押さえて、しっかりと吟味するようにしてください。

まずはスマホと組み合わせることでお得な割引を受けられる

から検討してみることをおすすめします。

ソフトバンクユーザーなら、こちらの記事でお得なインターネットについて解説しています。ぜひ参考にしてください。

[関連記事]ソフトバンクユーザー必見!家のインターネット見直しで毎月1,500円得する方法のサムネイル
ソフトバンクユーザー必見!家のインターネット見直しで毎月1,500円得する方法
ソフトバンク光は2015年から始まった新しいインターネット回線ながら、業界4位のシェアを誇ります。デメリットももちろんありますが、しっかり対策すれば大きなメリットを得ることが出来ます。この記事では、年間で7万円以上も節約できる方法も説明します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

まとめ

インターネットは生活の中でなくてはならないものです。

新しい家に引っ越す場合や新しくネット環境を整える際には、料金面・通信速度などの環境面のどちら側からもしっかりと比較検討して決めるようにしましょう。

一人暮らしや単身赴任などの場合は、多くが WiMAXで十分快適なインターネット環境を得られます。

ただし、 「WiMAXのエリア内」であることを事前に確認しておくことが必要です。

また、

「動画をたくさん観たい」「オンラインゲームをがっつり楽しみたい」などのヘビーユーザー

引っ越し先が一軒家で、複数の部屋で同時にネットを使いたい

家族がみんなそれぞれにネットを使い、同じ時間帯に使うことも多い

といった条件に合致する人には、固定回線(光回線)をおすすめします。

WiMAXにはない、 高速で安定した通信が光回線の特長です。

それぞれ、WiMAXと固定回線のどちらが自分に合っているのかわかったと思います。

そして、選び方もご説明しました。

ぜひ、あなた自身のインターネット選びの参考にしてください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。