Menu

電波が繋がりやすいモバイルWi-Fiルーターとは?周波数帯による特性を解説

モバイルWi-Fiの電波のイメージ

WiMAXなどのモバイルWi-Fiルーターを使っていて電波が繋がりにくいと感じたことはありませんか?

携帯電話はしっかりとアンテナが立っているのに、モバイルWi-Fiルーターは圏外になっていたという経験をしたことがある方は一定数いらっしゃるかと思います。

しかしこれは モバイルWi-Fiルーター自体がスマートフォンよりも電波を掴みにくいというわけではありません。

その原因は提供されている 電波の周波数帯にあります。

ここではモバイルWi-Fiルーターに利用されている電波について解説します。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

モバイルWi-Fiルーターが利用している電波について

モバイルWi-Fiルーターの代表的なサービスと言えばWiMAXやPocket WiFiですね。

これらのルーターを利用している方の中には、スマートフォンなどの携帯電話よりも電波が繋がりにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

しかし モバイルWi-Fiルーターはスマホとは違う特別な電波を利用している、というわけではありません。

スマートフォンと同じ電波で通信している

スマートフォンもモバイルWi-Fiルーターも、「3G」や「4G LTE」などのモバイルネットワークを利用しています。

どちらも同じ電波を利用しているのです。

それではなぜ、同じ場所にいてもスマートフォンだけ電波が繋がるという状況が生まれてしまうのでしょうか。

通信事業者によってサービスエリアが異なる

通信事業者によってモバイルネットワークが提供されているエリアは異なります。

ドコモやau、ソフトバンクといった携帯電話会社は人口カバー率99%以上を達成しており、都市部から離れた山奥でも基地局が整備されていたりします。

特にドコモのモバイルWi-Fiルーターはドコモのスマートフォンとまったく同じエリアに対応しているので、スマートフォンの電波が繋がるエリアならルーターも基本的に繋がるはずです。

一方でUQコミュニケーションズが提供しているWiMAX(WiMAX2+)は、主要携帯電話会社と比べるとサービスエリアはそこまで広くありません。

そのため、スマートフォンの電波は繋がるのにWiMAXのルーターは圏外、という状況が生まれてしまいます。

▼左:WiMAX2+ 右:docomo(LTE)の対応エリア

WiMAXとdocomoのエリアマップ比較

※引用: UQ WiMAXエリアマップ(左) docomoエリアマップ(右)

上記のエリアマップ比較によると、富士山頂上ではWiMAXはつながらないがdocomoならつながる、ということがわかると思います。

「モバイルWi-Fiルーターだからサービスエリアが狭い」のではなく、通信事業者によってサービスエリアが異なるというところがポイントです。

なお、 ドコモのルーターならスマートフォンと比べても遜色ない広範囲なエリアで繋がります。

ドコモのWi-Fiルーターは月額料金が高いですが、繋がらない場所が多いと困るというビジネスマンには向いているといえます。

電波の周波数帯によって繋がりやすさが異なる

また、スマホとルーター、どちらもサービスエリア内なのに、スマートフォンだけ電波が繋がってルーターは圏外になってしまうというケースもあります。

これは通信事業者が提供している電波の周波数帯が原因です。

WiMAXは2.5GHz帯であり、スマホの主な通信方式であるLTEは800MHz帯までなので、スマホの方が低周波帯といえます。

低周波数の電波はコンクリートを透過しやすいので、屋内にいても繋がりやすいです。

また障害物を回り込みやすい性質も持っているので、高層ビルが立ち並ぶ街中や山間部でも電波が届きやすいです。

逆に高周波数の電波は直進性が強いので通信速度が速いという傾向がありますが、高層ビルや山などの障害物を回り込みにくいというデメリットがあります。

またコンクリートも透過しにくいので、屋内では繋がりにくいです。

なお通信事業者が低周波数帯の電波を提供していたとしても、端末が対応していなければ意味がないのでご注意ください。

他にもいくつか要因はありますが、基本的には「サービスエリア」と「周波数帯」によって電波が繋がるかどうかが決まります。

WiMAXの電波は屋内や山間部では繋がりにくいって本当?

それではここでUQのWiMAXを例に、どのような電波が提供されているのか確認してみましょう。

WiMAXは屋内や山間部では電波が繋がりにくいとよく言われますが、その口コミは本当でしょうか。

WiMAX 2+(2.5GHz帯/Band41)は高周波数帯の電波

現在UQが提供しているメインのモバイルネットワークは「WiMAX 2+」という規格になります。

WiMAX 2+は4G LTEの一種です。周波数帯はBand41(バンド41)と呼ばれる2.5GHz帯を利用しています。

WiMAX 2+は高周波数だから繋がりにくい

結論から述べると、2.5GHz帯は高周波数なので繋がりにくいです。

ドコモ・au・ソフトバンクで提供されている電波は2GHz帯や800MHz帯が主流です。

WiMAX 2+はこれらよりも高周波数なので、屋内や山間部では繋がりにくいと感じる可能性があります。

ただし、あくまでも電波の特性的にそういう傾向があるというだけで、必ずしも繋がりにくいというわけではないのでその点にはご注意ください。

ところでUQが所有している電波は2.5GHz帯だけなのですが、実はもう1つ利用できるネットワークがあります。

それは親会社のKDDIがauスマートフォン向けに提供している「au 4G LTE」です。

au 4G LTEは低周波数だから繋がりやすい

「LTEオプション」に対応しているルーター端末は、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで800MHz帯の「au 4G LTE」が利用可能になります。

※ハイスピードプラスエリアモードはauスマホ契約者以外は有料サービスとなるのでご注意ください。

800MHz前後の電波は俗にプラチナバンドと呼ばれており、特に繋がりやすい電波とされています。

本来はWiMAX 2+の電波が届かない、あるいは届きにくい場所でも、800MHz帯のau 4G LTEなら快適に利用できる可能性が高いです。

したがって回線レベルの話なら、確かにWiMAX 2+はスマートフォンよりも繋がりにくいと言えます。

しかし サービス全体としての話なら、au 4G LTEにも対応しているWiMAX 2+対応ルーターはスマートフォンと同じくらい繋がりやすいです。

電波が繋がりやすいモバイルWi-Fiルーターの特徴

それでは最後に、一般的に電波が繋がりやすいと言えるモバイルWi-Fiルーターの例を紹介します。

電波の繋がりやすさを重視するなら、下記のような特徴を持っている機種を選びましょう。

プラチナバンドに対応している

繋がりやすさにおいてプラチナバンド対応は最重要事項です。これに対応しているかどうかで9割方決まってしまうと言っても過言ではありません。

各通信事業者が所有している主なプラチナバンドは下記の通りです。

  • ドコモ:800MHz帯(Band19)
  • au・UQ:800MHz帯(Band18/26)
  • ソフトバンク・Y!mobile:900MHz帯(Band8)

端末が対応していてもそのエリアで提供されていなければ意味がありませんが、特に山間部での繋がりやすさを重視するならプラチナバンド対応は必須です。

現在ドコモやソフトバンクが販売しているモバイルWi-Fiルーターはすべて自社のプラチナバンドに対応していますが、 WiMAXについてはau 4G LTEに対応していない機種もそれなりにあるので気を付けましょう。

またY!mobileから提供されている一部の機種は、アドバンスオプションを申込むとプラチナバンドで通信できなくなってしまうのでこちらも注意が必要です。

対応周波数帯(バンド)が多い

対応している周波数帯の数も重要です。

例えばドコモ回線なら、都市部ではプラチナバンドの800MHz帯が提供されていなかったとしても、他の1.5GHz帯や1.7GHz帯などで快適に通信できる可能性があります。

複数の周波数帯に対応している端末は、2GHz帯が混んでいる時は1.7GHz帯を、1.7GHz帯が混んでいるなら1.5GHz帯に接続するという風に、より空いている電波を探して自動的に接続してくれます。

帯域の混雑に強くなるので、対応周波数帯は多ければ多いほうが良いのです。

周波数の数字だけでなく、対応している数にも注目してみましょう。

クレードルにアンテナを内蔵している

Speed Wi-Fi NEXT WX03のような一部の機種では、専用クレードルにアンテナが内蔵されています。

このクレードルにセットすると、ルーター単体で通信するよりも電波の感度が良くなるのです。

特にWX03はプラチナバンドのau 4G LTEに対応していないので、屋内で利用するなら重宝するでしょう。

専用クレードルが用意されている機種は、クレードルの仕様も確かめてみることをおすすめします。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

まとめ

WiMAXなど一部のモバイルWi-Fiルーターは電波が悪い、繋がりにくいなどと言われることがありますが、 正確にはWiMAX 2+の電波が屋内や山間部では繋がりにくいのです。

すべてのモバイルWi-Fiルーターが繋がりにくいわけではありません。

またWiMAXのルーターでも、au 4G LTEに対応している機種ならスマートフォンと比べても遜色なく、屋内や山間部でも快適に利用することが可能です。

電波の繋がりやすさを重視するなら、そのモバイルWi-Fiルーターが対応している電波の周波数帯に注目してみてください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。