Menu

モバイルルーターとは? 特徴から選び方、おすすめのルーターまで優しく紹介!

自宅でも屋外でもネットを楽しみたいならモバイルルーター(Wi-Fi)一択ですが、

そもそもモバイルルーターに対して、以下ような疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。 

  • モバイルルーターとは、何のこと?
  • モバイルルーターの契約をおすすめする人は?
  • おすすめのモバイルルーターの種類と契約するべきプロバイダは? 

結論からいうと、モバイルルーターとは持ち運びできる通信端末のことで、外出時にネットをよく使用する人におすすめです。

モバイルルーターを提供する会社は複数ありますが、月額料金は「WiMAX」が安く、かつ制限なく利用できます。

今回は、そんなモバイルルーターについてくわしく解説していきます。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 初月月額料金、端末代金、送料が今なら無料!
  • 公式サイトへ

モバイルルーターとは?

モバイルルーター

モバイルWi-Fiルーターとも呼ばれる「モバイルルーター」。

その名のとおり「持ち運びができるルーター」のことで、主に外出先でパソコンやタブレットをインターネットに接続する際に使用する通信端末のことです。

ルーターはWiMAXやLTEなど異なる通信規格のうち、どのルートを使ってデータを転送するのがベストかを判断しながら機器をインターネットに接続します。

そのため、ルーターを使用することで、インターネット接続が円滑になり、快適に利用できるようになるのです。

また、ルーターには有線接続と無線接続があり、モバイルルーターは無線接続になります。

そのため、電波が届く範囲であればどこでもインターネットが利用でき、自室からリビングへノートパソコンを移動させて使用することも簡単です。

ルーターの基本的な役割は

  • パソコンやタブレットをインターネットに接続する
  • 複数の端末を同時にインターネット接続できるようにする
  • ルートを選択しながら、円滑なインターネット接続ができるようにする

上記のような機能を持ち、どこにでも持ち運んで利用できるものがモバイルルーターです。

モデムや光回線終端装置(ONU)とルーターは役割が異なる

インターネット接続には、アナログ信号をデジタル信号に変換するための「モデム」や、光回線用の光回線終端装置(ONU)も必要です。

モデムの有線LANポートにLANケーブルを接続すれば、ルーターなしでもインターネットに接続できますが、ケーブルが届く範囲でしかインターネットが利用できません。

そのため、多くの場合は無線で利用できるよう、モデムとルーターの両方を利用してインターネット接続が行われます。

外出先でのインターネット利用には、モデムとモバイルルーターが必要と思う人もいるかもしれませんが、モバイルルーターはモデムとルーター両方の役割を兼ね備えているため、持ち歩きはモバイルルーターのみで大丈夫です。

モバイルルーターは、ドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリア(MNO)だけでなく、MVNOも取り扱っています。

MVNOとは

MNOの通信回線を借りてデータ通信サービスを提供する仮想移動体通信事業者(Mobile Virtual Network Operator)のこと。

モバイルルーターの主な特徴3つ

モバイルルーターの主な特徴は次の3つです。

  1. 外出先でもネットにつながる
  2. 工事なしで使用することができる
  3. セット割でスマホの利用料金を下げることができる

それぞれの特徴をくわしく解説する前に、モバイルルーターと光回線の特徴を比べてみましょう。

モバイルルーター光回線
使用場所どこでも利用できる屋内など限られる
通信制限利用状況によって制限されることが多いなし
通信速度固定回線に比べて不安定早くて安定している
通信料容量制限なしなら4,000円台から
ライトユーザー向けの安いものもある
一戸建てかマンションかによって料金は異なるがモバイルに比べて高め
初期費用事務手数料がかかる(キャンペーンで無料もあり)初期工事費用と事務手数料がかかる(キャンペーンなどで割引される場合もあり)
利用開始の手軽さ開通工事不要ですぐに利用できる工事が必要で、開通までに数カ月かかることもある

毎月の利用料も初期費用も安くて、すぐに利用開始できるモバイルルーターのほうが利用メリットは多そうですね。

では、モバイルルーターの特徴をくわしく見ていきましょう。

①外出先でもネットにつながる

モバイルルーターの最大の特徴は、持ち運びできることです。

機械のサイズも小さくて軽いため、モバイルルーターをポケットに入れて、電車の待ち時間やカフェタイムなど、どこでも気軽に利用可能。

フリーのWi-Fiスポットを探し歩く手間もかかりません。

②工事なしで使用することができる

モバイルルーターは、MNOやMVNOと契約をしてモバイルルーターを手に入れれば、工事不要で利用開始できます。

固定回線の場合は回線工事が必要なため、契約から利用開始まで時間がかかったり、初期工事費用が1万円単位でかかったりします。

しかし、工事不要のモバイルルーターは、初期工事はかかりません。

手軽に利用可能です。

③セット割でスマホの利用料金を下げることができる

スマートフォンも取り扱っているMNOやMVNOならば、スマホとモバイルルーターを一緒に契約することで、毎月の利用料金を割引することも可能です。

スマホとモバイルルーターのセット割をしている格安スマホもあります。

スマホの月額利用料が安い格安スマホを選べば、スマホ代を節約できるだけでなく、セット割でモバイルルーターもお得に利用できます。

どちらがお得? モバイルルーターと固定回線(光回線)

先の表で、「光回線に比べてモバイルルーターは初期工事費がかからず月額料金も安め」と解説しましたが、実際のところモバイルルーターと光回線ではどちらがお得なのでしょうか。

結論を言えば、インターネットの利用料は「固定回線(戸建て)>固定回線(マンション)>モバイルルーター」となり、モバイルルーターが最も安くなります。

しかし、場合によっては光回線のほうがお得なケースもあり、一概に「モバイルルーターのほうが安い」と言い切ることもできません。

くわしく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

[関連記事]モバイルWi-Fiルーター?固定回線?どっちがお得か、世帯形式別に徹底比較!のサムネイル
モバイルWi-Fiルーター?固定回線?どっちがお得か、世帯形式別に徹底比較!
家で使うインターネット契約の候補として挙げられる、固定回線とモバイルWi-Fiルーター。世帯形式ごとにどちらがオススメなのかは異なります。どんな人にはどちらがお得なのかを徹底解説!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

モバイルルーターの種類と選び方

モバイルルーターのメリットは分かったものの、何を基準に選んだらよいのか迷う人もいるはず。

モバイルルーターは速度・容量・速度制限・月額料金・エリア・契約期間を基準に比較して選ぶのがおすすめです。

主要なMNO、MVNOをピックアップして表にまとめると次のようになります。

UQ WiMAXauY! mobileドコモソフトバンク
通信規格WiMAXLTE
主要機種Speed Wi-Fi NEXT W06Speed Wi-Fi NEXT WX05Pocket WiFi 801HWWi-Fi STATION HW-01LPocket WiFi 802ZT
速度(下り最大)1237Mbps1237Mbps612Mbps131.3Mbps612Mbps
容量無制限無制限無制限1GB~無制限
速度制限××
月額料金4,380円4,880円~4,380円4,300円~4,196円
高速通信エリア×
契約期間2年2年3年2年2年

ちなみに、通信規格のWiMAXとLTEの違いは以下のとおりです。

WiMAX…Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略で、世界で共通して使用されている通信規格。LTEやADSLの利用が不便な地域でも高速通信が可能になるよう開発・提供されている。

LTE…Long Term Evolutionの略で、主に携帯電話の通話やデータ通信(インターネット)を対象とする通信方式。3.9Gや4Gといわれることもあります。

UQ WiMAXはauグループですので、通信速度や、エリアは同等、なおかつどちらも容量無制限で利用可能です。

異なる点といえば、UQ WiMAXのほうが、月額料金が安いという点でしょう。

UQ WiMAXとY! mobileはどちらも同じ料金で使い放題ですが、エリアは断然UQ WiMAXのほうが広いです。

そのため、最も安く容量無制限で利用でき、対応エリアが広いのはUQ WiMAXということになります。

すなわち、モバイルルーターを選ぶならばWiMAXがおすすめということです。

なぜWiMAXがおすすめなのかもう少しわかりやすく、各事業者の特徴や比較を用意しましたのでご覧下さい。

①WiMAX|通信費を抑えられてガンガン使えるおすすめのモバイルルーター

WiMAXは、インターネットが快適に使え(理由①|ネットが快適に使える)て、利用可能なエリアが広く(理由②|利用可能なエリアが広い)、実質利用料が安い(理由③|実質費用が安い)モバイルルーターです。

②ワイモバイル|費用が高めで無制限プランのエリアが狭いモバイルルーター

Y! mobileもドコモなどに比べると月額利用料は安めですが、UQ WiMAXに比べると若干高いです。

なおかつ、容量無制限で利用できるエリアは狭く、限られています。

どこでも利用できるのかモバイルルーターの最大のメリットですから、利用可能エリアが狭いというのは致命的でしょう。

③SIMフリーWi-Fiルーター|費用は抑えられるが、SIMカードの同時購入が条件のモバイルルーター

モバイルルーターには、格安スマホのようにSIMフリーで利用できるものもあります。

UQ WiMAXやY! mobileなどSIMフリーWi-Fiルーターを利用する際は、モバイルルーター契約時にSIMカードの契約が条件となりますので注意しましょう。

④その他|エリアの広さ以外にはメリットがないモバイルルーター

ドコモのモバイルルーターは、さすが大手、対応エリアの広さは一番です。

しかし、データ容量に対して月額料金が高く、契約容量を超えるとすぐに速度制限がかかります。

そのため、エリアの広さ以外はメリットがないモバイルルーターであるといってよいでしょう。

モバイルルーターは「WiMAX」を選ぶべき3つの理由

すでに軽く触れていますが、モバイルルーターにWiMAXをおすすめする理由は次の3点です。

  • ネットが快適に使える
  • 利用可能なエリアが広い
  • 実質費用が安い

くわしく見ていきましょう。

理由①|ネットが快適に使える

速度が比較的早く容量無制限、動画もサクサク見ることができます。

3日で10GB使用すると通信制限がかかりますが、よほど使用しない限り3日で10GB使用することはありません。

モバイルルーターに限らず、いつでも早く快適にインターネットを利用できるかどうかは、ルーター選びにおいて重要なポイントです。

理由②|利用可能なエリアが広い

もともと、LTEやADSLなどの利用が難しい地域での高速通信を目指して開発・提供されたものであるため、WiMAXは対応エリアが広く、市街地であればほぼ高速利用可能です。

すべての地域をカバーできているわけではありませんが、山間部も含め対応エリアは順次拡大しています。

せっかくモバイルルーターを持っているにもかかわらず、「持ち歩いていった先が圏外でインターネットが使えない」「かろうじてネットは使えるが速度が遅くてストレスになる」ということはありません。

仕事で容量の大きなファイルのやり取りをする場合も、旅行先で撮った動画を友人に送る際も、もちろん家で見逃したドラマを見る際も、どこでも快適に利用可能です。

理由③|実質費用が安い

UQ WiMAXの月額利用料は4,380円と表で解説しました。

しかし、「UQ Flatツープラス ギガ放題(2年)」ならば、契約から3ヶ月間は月額3,696円で利用できます。

また、どこから申し込むか、プロバイダをどこにするかによっても実質費用を安くすることができます。

最大37,100円キャッシュバック(GMOとくとくBB)」や、「WiMAXスタートキャンペーン(Broad WiMAX)」などを選べば、キャッシュバックや割引が適用になり実質2,000円台で利用できることも!

UQ WiMAXの実質利用料は、他に比べて断然安いという魅力があります。

「WiMAX」を選ぶ際の注意点

利用メリットの大きいWiMAXですが、次のようなデメリットもありますので注してください。

  • 最高速度が出ることはほとんどない
  • 壁などの障害物には弱い
  • 使いすぎると速度制限がかかる

最高速度が出ることはほとんどない

利用環境や状況によって、高速通信エリア内であっても最高速度が出ることはほとんどありません。

特に、人の集まるエリアや多くの人がインターネットを利用する異時間帯などは速度が遅くなりがちです。

ただし、これはWiMAXに限ったことではなく、固定回線でも起こりうることです。

壁などの障害物には弱い

WiMAXは対応エリアが広いというメリットはありますが、障害物に弱いというデメリットもあります。

そのため、厚い壁があったり、電波を遮るような高いビルがあったりすると、通信が不安定になることがあります。

使いすぎると速度制限がかかる

WiMAXは容量無制限で使い放題ですが、3日で10GBを使用すると混雑回避のために速度制限がかかります。

10GB使用しようと思うとYouTubeの標準画質動画(1分あたり約5MB消費)であれば約33時間視聴することができます。

単純計算で、1日11時間見ると通信制限がかかるということになります。

つまり、毎日多くの動画を見る、長時間ネットゲームをするということでなければ、通信制限の心配はほぼないと考えてよいでしょう。

おすすめのWiMAXは「GMOとくとくBB」

画像引用:「GMOとくとくBB」

画像引用:「GMOとくとくBB」

先の表ではWiMAX代表として本家UQ WiMAXを例に比べましたが、WiMAXを契約するなら「GMOとくとくBB(GMOインターネット株式会社)」からの申し込みがおすすめです。

GMOとくとくBBは、WiMAXを販売するプロバイダで、キャンペーン特設サイトから申し込めば現金キャッシュバックが受けられます。

その金額なんと最大37,100円!(2019年7月現在)

月額料金も3,609円~と割安に利用できますので、ぜひGMOとくとくBBの利用を検討してみましょう。

くわしくはこちらの記事をご覧ください。

[関連記事]【8月】GMOとくとくBBを本気でオススメする理由をわかりやすく徹底解説!WiMAXの契約はこれで決まり!?のサムネイル
【8月】GMOとくとくBBを本気でオススメする理由をわかりやすく徹底解説!WiMAXの契約はこれで決まり!?
結論から言うとGMOとくとくbbはおすすめできます。ただし、キャッシュバックの受け取り忘れなど注意点があります。少し長い内容にはなっていますが、内容はカンタンですので、ぜひ最後までお読みください。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

まとめ : モバイルルーターを選ぶならWiMAXがおすすめ

モバイルルーターについて解説しました。

要点をまとめてみましょう。

  • モバイルルーターとは持ち運んで使用できるルーターのこと
  • 工事なしで利用開始でき、スマホとセット割などが受けられることもある
  • モバイルルーター選びは、速度・容量・速度制限・月額料金・エリア・契約期間を基準に比較する
  • インターネットが快適に使えて、利用可能なエリアが広く、実質利用料が安いモバイルルーターはWiMAX
  • 容量無制限で定額利用できるが、3日で10GB使用すると通信制限がかかるなどのデメリットもある
  • WiMAXを申し込むならGMOとくとくBBからの申し込みがもっともおトク

モバイルルーターとは何か、どれがおすすめなのか、どこから申し込むのがお得なのか、これらの情報をもとに、快適でお得なモバイルライフを手に入れてください。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 初月月額料金、端末代金、送料が今なら無料!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!