Menu

モバイルWi-Fiを短期間レンタルするなら?おすすめのモバイルWi-Fi7社を徹底比較!

旅行や出張、帰省や引っ越しなど、「数日間だけなんだけど、いつものネット環境が使えなくなりそう」という場面で頼りになるのが、レンタルWi-Fiです。

レンタルであればわざわざWi-Fiルーターを新規で契約する必要はなく、長期契約の縛りや違約金もありません。

必要な日数だけ使用して、その分の料金を払えばいいだけです。

便利で手軽なレンタルWi-Fiだからこそ、よりおトクに使いこなしたいですよね!

ずばり結論から言うと、短期でレンタルしたいなら「Wi-Fiレンタルどっとこむ」が料金的にはもっともおすすめです。

ただし、使用するエリアや使用頻度、端末機種によっては、「料金」だけでなく「使用可能エリア」「通信容量と速度」を見て総合的に判断する必要があります。

この記事では、こんな疑問に答えます!

  • モバイルWi-Fiのレンタルにおすすめの会社はどこ?
  • モバイルWi-Fiのレンタルにはどれぐらいの費用がかかるか知りたい!
  • モバイルWi-Fiをレンタルするときの注意点は?

この記事では、主要なモバイルWi-Fiのレンタル業者を比較しながら、モバイルWi-Fiをレンタルする際に重視すべきことや注意点などをくわしく解説していきます。

おすすめのモバイルWi-Fiレンタル業者をくわしく知りたい!比較してみたい!という人もぜひ目を通してみて下さい。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 初月月額料金、端末代金、送料が今なら無料!
  • 公式サイトへ

主なレンタルWi-Fi7社の料金比較

モバイルWi-Fiをレンタルする際にまず気になるのが、レンタル可能な期間とその料金ですよね。

もちろん、レンタル業者や端末機種によってレンタル可能な期間やレンタル料金は異なります。

ここでは、まずはモバイルWi-Fiとしてもっとも人気の高いPocketWiFiシリーズにしぼって、主要7社の料金を比較してみましょう。

PocketWiFiシリーズのレンタル料金比較
料金使用回線機種
1日1週間 (6泊7日)1ヶ月 (30泊31日)
WiFiレンタルどっとこむ378円2,646円5,480円SoftBank601HW /501HW
グローバルモバイル480円3,360円6,000円SoftBank601HW
J-WiFi480円3,360円6,980円SoftBank601HW
Wi-FiレンタルJAPAN取り扱いなし3,360円7,450円SoftBank601HW
Wi-Fi東京800円 ※12,800円6,000円 ※2Y!mobile502HW
どこでもネット取り扱いなし4,000円 ※39,500円SoftBank601HW
TREモバイルレンタル1,120円3,880円7,590円SoftBank501HW

※1:最短1泊2日の料金
※2:29泊30日プラン
※3:7泊8日プラン
参照:
WiFiレンタルどっとこむ「料金表」
Global Mobile「国内Wi-Fiレンタル」
J-WiFi「SoftBank 601HW」
WiFiレンタルJAPAN「SofBank 601HW」
Wi-Fi東京「短期レンタル」
どこでもネット「ソフトバンク(SoftBank)プラン」」
TREモバイルレンタル「商品・料金」

上の表からも明らかなように、PocketWiFiなら「WiFiレンタルどっとこむ」がダントツで最安料金であることが分かります。

レンタル期間も最短1日(当日返却)から必要日数に応じて自由に決めることができるので、無駄がないのもポイントです。

次に、au/WiMAX対応の機種についても比較してみましょう。

au/WiMAXに対応したモバイルルーターを扱うレンタル業者はPocketWiFiに比べて少ないですが、7社の料金比較は以下のとおりです。

au/WiMAX Wシリーズのレンタル料金比較
料金使用回線機種
1日1週間 (6泊7日)1ヶ月 (30泊31日)
WiFiレンタルどっとこむ432円3,024円6,480円WiMAXWX03
グローバルモバイル取り扱いなし
J-WiFi480円3,360円5,990円au/WiMAXW04
Wi-Fi東京取り扱いなし
Wi-FiレンタルJAPAN480円3,360円4,500円au/WiMAXW01/W04
どこでもネット900円 ※43,150円7,850円WiMAXW04
TREモバイルレンタル取り扱いなし

※4:最短1泊2日の料金
参照:WiFiレンタルどっとこむ「料金表」
J-WiFi「au/WiMAX W04」
WiFiレンタルJAPAN「au WiMAX W04」
どこでもネット「Wimax2+ ギガ放題プラン」

数日~1週間程度の短期のレンタルなら、やはりWiFiレンタルどっとこむが最安料金であることが分かります。

ただし1ヶ月を超えるレンタルだと、各社の料金にはかなりのバラつきが出てくるので、注意が必要です。

レンタルWi-Fiを選ぶ基準・選び方

レンタルWi-Fiを選ぶにあたって重要なのはもちろんレンタル料金ですが、それだけではベストな選択肢を決めることはできません。

端末の送料や補償オプションなど、レンタル料以外にかかる費用のことも計算にいれておく必要があります。

またレンタルする端末に関しては、使用したいエリアによってつながりやすさや通信速度が大きく違ってくることもあるので、注意が必要です。

その他にも重要な点、意外と見落としがちなポイントがありますので、以下のような3つの点に大きく分けて、それぞれくわしく解説していきましょう。

  • レンタル料とその他の費用
  • 端末の使用回線と対応エリア
  • 容量制限と速度制限

レンタル料とその他の費用

とくに短期のレンタルなら、業界最安レベルの「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめできる、ということはすでにお伝えしました。

ただし実際にレンタル契約するにあたっては、レンタル料金以外にかかる費用についても必ずチェックしておきましょう。

端末の受取・返却にかかる送料

ほとんどのレンタルWi-Fi会社では、端末の受け渡しや返却には宅配便や郵便などを利用します。

その際の送料はユーザー側が負担しなくてはなりません。

料金設定は各社で違いますが、送料・返却料合わせて1,000円前後が相場となっています。

端末送料の負担は避けて通れないため、レンタル先を決める時にはしっかりと計算に入れておきましょう。

端末送料の比較
会社名料金
WiFiレンタルどっとこむ受取料・宅配受取、コンビニ受取、空港受取 540円 (2台以上1,080円)
返却料・宅配返却 実費負担 ・空港返却 540円(2台以上1,080円) ・郵送(ポスト返却)510円/台
グローバルモバイル・全国一律1,080円
J-WiFi・関東 990円 ・それ以外 1,080円
Wi-FiレンタルJAPAN・関東 990円 ・それ以外 1,080円 ・空港内郵便局留め 1,620円
Wi-Fi東京・全国一律1,000円
どこでもネット・通常配送 1,200円 ・空港配送 1,700円
TREモバイルレンタル・通常便 1,080円 ・タイムサービス便 1,680円

※料金は税込価格です。
参照:
WiFiレンタルどっとこむ「受取・返却」
グローバルモバイル「国内レンタル」
J-WiFi「レンタルWi-Fi機種一覧」
Wi-FiレンタルJAPAN「ご利用ガイド」
Wi-Fi東京
どこでもネット「オンライン見積書」
TREモバイルレンタル「ご利用の流れ」

オプションにかかる費用

レンタルWi-Fiの端末に対しては、各社とも端末補償のためのオプションを準備しています。

レンタル期間中に端末が破損したり紛失・盗難に会ったりした場合に、その損失を補償するものです。

数百円~数千円で利用できるので、数日間の短期レンタルはともかく、数週間単位でレンタルしたいなどの場合は、端末補償オプションを付けることをおすすめします。

そのほか、付属品としてモバイルバッテリーやケーブルなどをレンタルしている業者もありますので、必要に応じて利用しましょう。

延滞料金

レンタル期間の延長が必要になった場合は、延長手続きをしなくてはいけません。

各社ともネットで簡単に手続きができます。

もし所定の手続きをせずに、期限が来ても返却しないでいると、当然のことながら「延滞料金」が課されます

延滞料金は正規の延長料金よりも高額に設定されているので、日数を重ねてしまうとかなりの金額になってしまいます。

無駄な出費をしないためにも、レンタルの期限日は必ず正確に把握しておきましょう。

端末の使用回線と対応エリア

レンタルWiFiは、そのほとんどが

  • docomo
  • au
  • SoftBank
  • Y!mobile
  • WiMAX

の5種類のデータ回線のいずれかを利用しています。

docomo、au、SoftBankの大手キャリア3社の回線なら、一般的に言って日本全国どこでも接続に大きな支障はないでしょう。

またY!mobileはSoftBankの子会社なので、回線状況はSoftBankとほぼ同レベルと考えて差し支えありません。

ただし、旅行などで地方へ行く場合や、山間部などの特殊な場所で使いたい場合は、大手キャリアでも通信環境に差が出てくる可能性はあります。

このような場合は、大手キャリアの中でもどの回線がつながりやすいのか、各社公式サイトで確認しておくと良いでしょう。

例としてdocomoのエリアマップを見てみましょう。

住所や都道府県から検索して通信エリアの状況を確認することができます。

docomo|通信・エリア
画像引用:docomo「通信・エリア」

次の画面で対象の地域が表示されます。

ズームイン・ズームアウトができるので、通信エリアの状況をよりくわしく絞り込むことができます。

docomo|通信・エリア
画像引用:docomo「通信・エリア」

またWiMAXに関しては、地方ではつながりにくい・通信速度が上がらない、という状況が想定されます。

レンタルする前に、WiMAX対応エリアについてUQWiMAX公式サイトのエリアマップできちんと確認しておきましょう。

大手キャリアのエリアマップと同様に、住所や都道府県から検索ができます。

WiMAX通信可能エリアの確認

UQWiMAX「サービスエリア」

参考:海外でモバイルWi-Fiをレンタルしたい場合

この記事では、基本的に日本国内でWi-Fiをレンタルする場合についてお話ししていますが、海外旅行などでモバイルWi-Fiをレンタルしたい、という人ももちろんいらっしゃるでしょう。

海外で使えるモバイルWi-Fiをレンタルできる会社には、

  • グローバルデータ
  • グローバルWi-Fi
  • テレコムスクエア
  • ユーロDATA

などがあります。

使用する場所(国)ごとに料金が設定されていることがほとんどなので、料金については各社をよく比較することが大切です。

海外で使用できるレンタルモバイルWi-Fiについてもっとくわしく知りたい!という人は、こちらの記事もご覧下さい!

[関連記事]海外でWi-Fi接続するならルーターをレンタルしようのサムネイル
海外でWi-Fi接続するならルーターをレンタルしよう
海外の公衆無線LANはセキュリティが万全でないこともあるため、短期間であればレンタルモバイルルーターを活用しよう
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

容量制限と速度制限

各社が提供するモバイルWi-Fiは、端末によって容量制限があるものと無制限のものに分かれるため、利用用途に合わせて、自分の目的にかなったデータ通信量のプランを選択する必要があります

容量制限があるものとしては、たとえば「1日に1GBまで」や「1ヶ月に5GBまで」などと決められており、それを超えると通信はまったくできなくなる、というものです。

容量制限がある場合、レンタル料金は割安なことが多いので、最低限の通信容量でOKという人ならば利用しやすいプランだと言えるでしょう。

一方、「データ容量無制限」なら、文字どおり容量による制限はありません。

ゲームもしたいし動画も見たい、音楽もダウンロードしたい、という人ならこの「無制限」プランをおすすめします。

しかし、「通信容量制限なし」とされてはいても、1日に一定容量以上使用すると速度制限がかかり、低速でしか通信できなくなることがありますので、レンタルする前に詳細を確認しましょう

Wi-Fiレンタル時の注意点

モバイルWi-Fiをレンタルするにあたって、どんな基準でレンタル業者や端末を選ぶべきなのか、だいたいのところを分かっていただけたと思います。

いよいよ業者を決めてレンタル申し込みの手順に入りたいところですが、その前に知っておかなければいけない注意点について、お伝えしておきましょう。

料金の支払いはクレジットカードがほとんど

レンタルWi-Fiの支払いは、どの会社でもクレジットカードがほぼ必須です。

言い換えると、クレジットカードを持っていなければレンタルWi-Fiは利用できない、と考えておいて差し支えはないでしょう。

例外として、Wi-Fi東京が銀行振込に対応しているほか、TREモバイルレンタルが代金引換に対応していますが、事前の手続きが面倒だったり手数料が余計に必要だったりするため、おすすめできません。

各社の料金決済方法
会社名料金決済方法
WiFiレンタルどっとこむクレジットカード
グローバルモバイルクレジットカード
J-WiFiクレジットカード
Wi-FiレンタルJAPANクレジットカード
Wi-Fi東京クレジットカード
デビットカード
銀行振込(保証金1万円が必要)
どこでもネットクレジットカード
TREモバイルレンタルクレジットカード
代金引換(代引き手数料840円)

参照:
WiFiレンタルどっとこむ「よくある質問」
グローバルモバイル「国内レンタル」
J-WiFi「レンタルWi-Fi機種一覧」
Wi-FiレンタルJAPAN「よくある質問」
Wi-Fi東京「よくある質問」
どこでもネット
TREモバイルレンタル「ご利用の流れ」

故障時の交換に時間がかかる

レンタルWiFi各社は、大手の携帯電話会社とは違い、全国各地に店舗はありません。

万が一の故障・トラブル時に備えて端末補償オプションを付けていたとしても、故障端末を郵送・宅配で返却したうえで新しい端末を入手することになるので、それだけで数日はかかってしまいます。

プランによっては、「レンタル期間が3日以上残っていること」など交換の条件が定められていることもあり、短期のレンタルの場合は交換が実質不可能なこともあります。

オプションをたくさんつけると結局料金が高くなる

前の章「オプションにかかる費用」でも少しお伝えしましたが、端末補償オプションやその他付属品・周辺機器のオプションを付けると、当然ですがそのぶん料金がかかります。

特に短期のレンタルの場合、オプション料金がレンタル料金より高くなる可能性もあり、さらに割高感が増してしまいます。

短期でレンタルする場合は、補償オプションを一番シンプルなものにする、付属品はできるだけ付けないなどの工夫が必要です。

最安値でモバイルWi-Fiを短期間レンタルするなら「WiFiレンタルどっとこむ」

ここまで、モバイルWi-Fiをレンタルする際のポイントや注意点などを見てきました。

これらをすべて踏まえたうえで、お得にモバイルWi-Fiをレンタルしたいなら、やはり「WiFiレンタルどっとこむ」が一番のおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむをおすすめできる理由としては、とくに以下のような点が挙げられます。

  • レンタル料金が安い
  • レンタル期間が柔軟に選べる
  • 扱っている端末の種類が多い(回線が選べる)
  • 受け取り方法が選べる(宅配、コンビニ受け取り、空港受け取り)

それでは、WiFiレンタルどっとこむの申し込み方法を、流れに沿って具体的に見ていきましょう。

他のレンタル業者に申し込む場合もほぼ同じような流れになるので、他社を選ぼうと思っている人も参考にしてみて下さい。

STEP1. レンタル期間を決める

レンタル期間は、利用開始日(端末が届いた日)から利用終了日(端末を返送した日)までの日数になります。

WiFiレンタルどっとこむ|受取・返却
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「受取・返却」

またWiFiレンタルどっとこむの場合、13時までに申し込みをすると当日発送してくれるので、申し込みをする時間帯(タイミング)も考えてレンタル期間を決めましょう。

STEP2. 公式サイトでレンタルする端末を選ぶ

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトの申し込みフォームにアクセスし、レンタルしたい端末と必要台数を選択します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

STEP3. 端末の受け取り方法を指定する

端末を受け取る方法と場所を選択します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

STEP4. 端末の返却方法を指定する

同様に、端末を返却する方法を選択します。受け取りと違う方法でも大丈夫です。

返却方法によって料金が変わってきますので、しっかり確認しておきましょう。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

STEP5. レンタル期間を入力する

レンタルしたい期間を入力します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

さらに、必要な場合は端末補償サービスやオプションを選択します。

STEP6. 金額を確認し、本人情報を入力する

次の画面で確認画面が出るので、入力内容と金額を確認します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

内容がOKであれば、住所氏名などの本人情報を入力します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

STEP7. クレジットカードの情報を入力する

最後に、クレジットカードの情報を入力します。

WiFiレンタルどっとこむ|お申し込みフォーム
画像引用:WiFiレンタルどっとこむ「お申し込みフォーム」

クレジットカード情報を入力したら、申し込みを確定し、送信して完了です!

まとめ

今回は、モバイルWi-Fiをレンタルできる業者をさまざまな角度から比較しながら、レンタルに際して知っておきたい情報、注意点などをお伝えしてきました。

最後にもう一度、この記事の要点をまとめておきましょう。

  • モバイルWi-Fiのレンタルで一番のおすすめは「WiFiレンタルどっとこむ」!
  • 業者、端末選びの決め手は「料金」「対応エリア」「容量と速度」
  • レンタルの際は「クレジットカード払い」「端末交換にかかる時間」「オプションの料金」に要注意!

モバイルWi-Fiのレンタルは、旅行や帰省、引っ越しなどでちょっとネット環境に隙間ができてしまった時の強い味方です。

この記事を読んで、レンタルモバイルWi-Fiを手軽に、しかも賢く使う方法が分かっていただけたなら幸いです!

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 初月月額料金、端末代金、送料が今なら無料!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!