Menu

いますぐ使える!モバイルWi-Fiルーターの設定方法をわかりやすく解説

モバイルWi-Fiの設定方法

モバイルWi-Fiルーターは、工事不要で手にしたその日からモバイル環境でインターネットを楽しめる通信機器です。

便利とはいえ、 自分で設定しなければならないのが不安だという人も多いでしょう。

また、新しくモバイルWi-Fiルーターを購入したり、会社からルーターを支給された方の中には、 どうやってモバイルWi-Fiルーターを設定すればよいかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • モバイルWi-Fiルーターの設定はどうやるの?
  • SIMカードって何?SSIDって何?
  • パソコンやスマホで実際にネットにつなぐためにはどうすればよい?

今回はこれらの疑問を解決し、手にしたモバイルWi-Fiをすぐに使えるよう、手順を解説します。

方法さえ分かれば、PCやスマホが得意でないという方でも設定することができます。

SIMカードやSSIDなどの専門用語についても分かりやすく解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

最初に機器のセットアップ・通信の準備をしよう

モバイルWi-Fiルーターを手にしてから最初に行うのは、機器のセットアップです。

なお、会社で出張用に支給されたルーターなどでは既にセットアップは完了していることが多いため、実際に接続する手順を紹介する「 PCやスマホで実際にネットに接続してみよう!」まで飛ばして構いません。

充電が十分にされているかどうかだけ、事前に確認しておきましょう。

機器のセットアップ

以下のような手順で行っていきます。

  1. バッテリー、SIMカードなどを本体に取り付ける
  2. 電源のON
  3. パソコンやスマートフォンでWi-Fiが拾えているか確認

STEP 1 バッテリー、SIMカードなどを本体に取り付ける

モバイルWi-Fiルーターは、購入直後はバッテリーやSIMカードなどの付属品が取り付けられていない状態になっていることが多いです。

まずは機器の 説明書どおりに付属品を装てんして、ルーターを使える状態にしましょう

STEP 2 電源のON

バッテリーとSIMカードを装てんしたら、次にモバイルWi-Fiルーターの電源を入れます。

電源がきちんと点き、機器がきちんと立ち上がれば、ここまでの操作は問題ありません。

STEP 3 パソコンやスマートフォンでWi-Fiが拾えているか確認

まず、ルーターの機器や説明書に印字された「機器の名前」や、機器を識別するための英数字の文字列である「SSID」を確認します。

パソコンやスマートフォンのWi-Fi設定画面上の 「認識できているWi-Fiの一覧」に、手持ちのルーターのSSIDが正しく表示されていれば問題ありません。


ここまでは、モバイルWi-Fiルーターを手にしてから最初に行うべきことを解説しました。

次からはいよいよPC、スマートフォンなどとの接続手順ですが、その前に知っておくべきモバイルWi-Fi用語の解説を行います。

分かりにくいモバイルWi-Fi関連用語一覧

モバイルWi-Fiルーターを使って実際にインターネットに接続するためには、モバイルWi-Fiの関連用語について知っておく必要があります。

モバイルWi-Fiルーター接続の際に使用する用語としては、以下のようなものが挙げられます。

用語 意味
SIMカード モバイル通信の加入者を特定するためのICカード
SSID 機器を識別するための英数字の文字列
暗号化キー インターネットに接続する際のパスワード

SIMカード

SIMカードのイメージ

SIMカードとは、モバイル通信サービスを利用する際にその通信機器をどの加入者が使っているか特定するためのカードです。

通信事業者との契約は、このSIMカードの通信を使うための契約といえます。

 このカードがなければ、モバイル通信サービスを利用することはできません。

ですので、実はスマートフォンや携帯電話にもSIMカードが刺さっています。

SSID

SSIDは、その通信機器が個別に持っている「名前」です。

モバイルWi-Fiルーターだけでなく、無線LANの親機になるすべての機器に、SSIDが付けられています。

また、英数字が複雑に混ざったようなものから一見して機器の名前だとわかるようなものまで、様々なタイプのものが付けられています。

機器本体にシールなどで貼られていたり、機器の画面上で確認したりします。

暗号化キー

暗号化キーは、インターネットに接続する際に必要になる「パスワード」のことです。

このパスワードがなければ、モバイルWi-Fiルーターでインターネットを利用することはできません。

こちらもSSIDと同じく 機器本体にシールなどで貼られていたり、機器の画面上で確認したりします。

SSIDと暗号化キーの二つが外部に知れてしまうと、自分の機器で勝手にインターネットを他者に利用されてしまう危険性があります。

これらは、厳重に管理しておきましょう。


次は、本題の接続方法について解説します。

PCやスマホで実際にネットに接続してみよう!

PCやスマホで接続を行う際の方法は、一度覚えてしまえばそれほど難しくありません。

以下に、PC・スマホそれぞれについて詳しく解説します。

PCの接続設定手順

PCで接続を行う際には、以下のような手順で接続設定をしていきます。

  1. PCのWi-Fiをオンにする
  2. モバイルWi-Fiルーターの電波が拾えているか確認し、接続をクリック
  3. 接続の際に必要なSSIDと暗号化キーを入力する

STEP 1 PCのWi-Fiをオンにする

まずはPCのWi-Fi機能をオンにして、自分のモバイルWi-Fiルーターの電波をPCが拾っているか確認します。

Wi-Fi機能のON/OFFですが、ノートパソコンの外側にスイッチが付いていたり、設定画面の中からONにする場合もあります。

STEP 2 モバイルWi-Fiルーターの電波が拾えているか確認し、接続をクリック

モバイルWi-Fiルーターの電波が拾えているか確認

Windows10の場合は、日付や時刻などが表示されているツールバーに、Wi-Fiのアンテナのマークが表示されています。

ここをクリックして「Wi-Fi」のマークをさらにクリックし、設定をオンにすればOKです。

Wi-Fiをオンにすると、PCで認識できているWi-Fiの一覧が表示されます。


自分のWi-Fiルーターの機器の名前やSSIDを見つけて、その名前をクリックします。

STEP 3 接続の際に必要なSSIDと暗号化キーを入力する

その後表示される「接続」ボタンをクリックし、接続の際に必要な暗号化キーを入力します。

暗号化キーは、ルーターの説明書と一緒に同梱された紙にSSIDと一緒に記載されていたり、ルーター端末の設定画面から確認できます。

これで、問題なくモバイルWi-Fiルーターからインターネットに接続することができます。


使っているPCの環境によって多少違いは生じますが、基本的に「接続先を確認」し、「SSIDと暗号化キーを入力する」という手順は同じです。

スマホの接続設定手順

スマホで接続を行う際には、以下のように前述したPCの手順を応用すれば問題なく行えます。

  1. スマホのWi-Fiをオンにする
  2. モバイルWi-Fiルーターの電波が拾えているか確認し、接続をクリック
  3. 接続の際に必要なSSIDと暗号化キーを入力する

iPhoneなどiOSの場合でも、Androidの場合でも、接続設定の手順は基本的に同じです。

まず、ホームから「設定」→「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiの選択画面に入ります。

その画面に表示されているWi-Fiのスイッチをオンにすれば、Wi-Fiの接続が可能になります。

Wi-Fiをオンにしてからの手順は、PCと全く同じものとなっています。

これだけで問題なくインターネットが使えるようになるのです。


ここまでは、PCとスマホによる実際の接続設定方法についてみてきました。

次は、これらの手順でインターネットに接続できない時の対処法について解説します。

モバイルWi-Fiルーターの設定でうまくいかない場合の対策4つ

前述した手順で設定を行っても、うまく接続することができない場合があります。

よくある繋がらないパターンは下記4つです。

  1. 電波状態が良くない
  2. SSIDや暗号化キーが間違っている
  3. PCやスマホのWi-Fi機能がオフになっている
  4. SIMカードが装てんされていない

それぞれの対処法について説明していきます。

電波状態が良くない

電波状態が良くない場所で接続を試みても、うまくインターネットには接続できません。

電波状態が悪い場合を見分けるためには、以下のような点をチェックしましょう。

  • ルーター内のアンテナの場所に「圏外」と表示されている
  • ルーター内のアンテナ本数が0本、または1本しか立っていない

これらのような表示が出ている場合は、電波状態の良い場所に移動する必要があります。

窓際など、屋外との間の障害物が少ない場所に移動して、再度ルーターの状態を確認しましょう。

SSIDや暗号化キーが間違っている

SSIDや暗号化キーが間違っている場合、何度試みても接続できないことがあります。

これらは長い文字列で構成されているため、間違えて入力してしまうような場合もあるでしょう。この場合は、PCやスマホの画面でその旨が表示されます。

もう一度1文字1文字確かめて、SSIDや暗号化キーを正しく入力しましょう。

PCやスマホのWi-Fi機能がオフになっている

そもそもPCやスマホのWi-Fi機能がオフになっていると、モバイルWi-Fiルーターの電波を拾うことができません。

オンになっているものと思い込んで何回も暗号化キーを入力してしまう人がよくいます。まずはWi-Fiがオンかどうかを確認しましょう。

前述したように、 PCならばツールバーから、スマホならばWi-Fiの選択画面から、PCやスマホのWi-Fi機能をオンにします。

Wi-Fiをオンにした状態で、モバイルWi-Fiルーターの電波が拾えているか確認しましょう。

SIMカードが装てんされていない

SIMカードが機器に装てんされていない場合、モバイルWi-Fiルーターで接続を行うことができません。

特に、SIMカードがセットになっていない「SIMフリー」のWi-Fiルーターを使っている場合、別途で用意したSIMカードを装てんしないまま接続設定を進めてしまうことがあります。

SIMフリーのWi-Fiルーターを使う場合、SIMカードはプロバイダなどから渡されたものをルーターに差し込んで使う必要があります。

この際にSIMカードを差し込まずに使おうとすると、Wi-Fiルーターが正常に機能しなくなってしまうのです。

通常のプロバイダからもらったWi-Fiルーターで接続を行う際にも、SIMカードが装てんされていなければインターネットに接続することはできません。

モバイルWi-Fiルーターを使う際には、必ずSIMカードが装てんされているか確認するようにしましょう。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターの設定方法についてまとめます。

  1. モバイルWi-Fiルーターのセットアップ方法は、バッテリーやSIMカードの装てんを行い、電源を入れてPCやスマホがルーターの電波を拾えているか確認する
  2. モバイルWi-Fiルーターで接続設定を行う前に、「SIMカード」「SSID」「暗号化キー」の意味は事前に押さえておく
  3. PCで接続する場合もスマホで接続する場合も、ルーターの電波を拾えているか確認してSSIDと暗号化キーを入力することで接続できる
  4. 正常に接続できない場合は、電波状態の確認、SSIDと暗号化キーの確認、PCやスマホのWi-Fi機能の確認、SIMカードが装てんされているかの確認を行う 

モバイルWi-Fiルーターでインターネットに接続する方法は、難しいものではありません。

操作方法自体は、一度覚えてしまえばだれでも簡単に行うことができます。

ただ、操作方法どおりに設定を行ったとしても、インターネットにすんなり繋がらない場合があります。

うまくいかない場合は、接続できない場合の対処方法を参照してみてください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。