Menu

WI-Fiを利用するために必要なワイヤレスアクセスポイントとは?

Wi-Fiを利用するために必要なワイヤレスアクセスポイントとは?

パソコンやゲーム機などをWi-Fi経由でインターネットに接続する際、ワイヤレスアクセスポイントという単語を見かけたことはありませんか?

アクセスポイントはインターネットを利用するためにほぼ必要不可欠なものです。

しかし、 アクセスポイントを設置すればインターネットを利用できるというわけではありません。別途、固定回線を契約する必要があります。


今回はWi-Fiの設定画面などに出てくる ワイヤレスアクセスポイントやその手設定方法について簡単に解説します。

Wi-Fi設定で出てくるワイヤレスアクセスポイントとは

ワイヤレスアクセスポイントは無線を利用したアクセスポイントです。アクセスポイントは親機などと呼ばれることもあります。

Wi-Fiに対応しているパソコンやゲーム機などを家庭内のLAN(ローカルエリアネットワーク)に接続するために必要です。

LANの入り口がアクセスポイントというわけですね。

例えば自宅に固定回線を引いているなら、無線LANルーターをアクセスポイントとすることでパソコンをWi-Fi経由でインターネットに接続することが可能になります。

LAN(ローカルエリアネットワーク)とは

LANとは 家庭内などの限られたエリアで構築されるネットワークのことです。

LANに接続している機器同士でデータのやり取りを行ったり、インターネットを共有することも可能です。

有線でLANに接続する方法のことを有線LAN、無線でLANに接続する方法を無線LANと呼びます。

ちなみに無線LANとWi-Fiはほぼイコールだと考えてもらって大丈夫です。


例えば筆者は自宅のLANで下記のような使い方をしています。

  • デスクトップパソコンを有線LANで接続してインターネットを利用
  • ノートパソコンやスマートフォンを無線LAN(Wi-Fi)で接続してインターネットを利用
  • プリンターを無線LANで接続して、パソコンに保存してあるデータを印刷
  • パソコンからスマートフォンへデータを無線LANで転送

アクセスポイントのSSIDとパスワードとは

アクセスポイントに接続するためには、そのアクセスポイントのSSIDとパスワードを把握しておく必要があります。

SSIDとはアクセスポイントを識別するための名称のことです。アクセスポイントを設置する際に、任意の文字列で設定することができます。


アクセスポイントに パスワードを設定しなければ、不特定多数のユーザーにアクセスされてしまう可能性があります。

そのためアクセスポイントにはパスワードをかけるのが一般的です。

パスワードがかかってないアクセスポイントに注意

自分が設置したアクセスポイントだけでなく、第三者が設置した「パスワードがかかっていないアクセスポイント」についても注意が必要です。


そもそも誤ってパスワードをかけ忘れてしまった場合を除いて、わざとパスワードをかけずにLANを公開する意図とは何でしょうか。

このような怪しいLANに接続してしまうと、悪意を持った人間によってあなたのパソコンが不正にアクセスされたり、データを盗み取られてしまう恐れがあります。

ウイルスに感染する可能性もありますし、他にも様々なリスクが潜んでいます。

信頼できる企業などが設置したアクセスポイントでない限りは、第三者のものにはアクセスしないように気を付けましょう。

どういう時に使うの?何のために必要なの?

パソコンやスマートフォン、ゲーム機などをWi-Fiに繋ぎたいなら、ワイヤレスアクセスポイントを設置する必要があります。

アクセスポイントがなければLANに入ることができません。

また、 アクセスポイントからインターネットに接続するためには、固定回線などのインターネット契約が必要です。


具体的には以下のような方法があります。

アクセスポイントからインターネットへ接続する方法

  • 固定回線を引いて、無線LANルーターを設定する
  • モバイルWi-Fiルーターを契約する
  • スマートフォンやタブレット等のテザリング機能を利用する

普通に固定回線を引いただけだと、有線LANでしかインターネットを利用できません。

Wi-Fiを利用するには無線LANルーターの設定が必要です。

モバイルWi-Fiルーターはインターネットに接続する機能が搭載されているだけでなく、アクセスポイントとしても動作します。

モバイルWi-Fiルーターを契約すれば、あまり難しいことを考えなくても無線でインターネットを楽しめます。

最近のスマートフォンは全機種がテザリング機能を搭載しています。

「テザリング機能」とは?

スマートフォンやタブレットをルーター化、アクセスポイント化する機能のこと。

ただし契約している通信会社やプランによっては利用できない可能性がある点には注意してください。


アクセスポイントが必要な利用シーンとは、Wi-Fi対応機器同士を接続したい場合です。

もしくはWi-Fi経由でインターネットを利用するために必要です。

アクセスポイントの設置が必要な人とは

アクセスポイントが必要な人

  • Wi-Fiでインターネットを利用したい人
  • Wi-Fi対応機器同士で通信したい人

アクセスポイントを立てる人の9割以上が、パソコンやスマートフォンなどをWi-Fiに繋いでインターネットを利用することが目的なのではないでしょうか。

これから新規でインターネットを契約される方はもちろん、既に固定回線を引いているけれども有線から無線に変更したいという方もこれに当てはまります。

無線でインターネットを利用するためにはアクセスポイントが必要だと考えておけば間違いありません。

アクセスポイントがなくてもWi-Fiは利用可能?

ちなみに、アクセスポイントはWi-Fiを利用する上で必須のものではありません。

実は、 アドホックモードと呼ばれる動作モードを利用すれば、アクセスポイントがなくても機器同士で直接通信することが可能です。


しかし、 アドホックモードで動作中はアクセスポイントに繋がっていないので、インターネットを利用することはできません。

そのため「アクセスポイントがなくてもインターネットは利用可能?」という質問に対する回答は「不可能」になります。

Wi-Fi自体はインターネットに繋がっていなくても利用できるので、念のためご注意ください。

どの機器に対して、どうやって設定するの?

それでは最後にアクセスポイントの設定方法について解説します。

設定が必要なのはルータとなる端末

アクセスポイントの 設定が必要になるのは、パソコンやスマートフォンからアクセスされる側の機器です。

つまり無線LANルーターということになりますね。

ちなみにテザリング機能を利用する場合は、テザリングの親機(=アクセスポイント)となるスマートフォンやタブレットの設定が必要です。

基本的に初期設定のままで使用可能

実はほとんどの機器が、初期状態のまま電源を入れるだけでアクセスポイントを立てられるようになっています。

つまり、わざわざ設定を行わなくてもルーターの電源を入れたり、Wi-FiをONにするだけでアクセスポイントが使えるようになるのです。

セキュリティ的には変更を推奨

ただし、 アクセスポイントのSSIDやパスワードを初期状態のまま使うことは、セキュリティ的に好ましくありません。

メーカーによっては、初期状態のSSIDとパスワードに何らかの規則性が存在することがあります。

そのようなSSIDとパスワードは悪意ある人間の手にかかると、簡単に不正アクセスを許してしまう可能性が高いです。

仮に規則性などがなくても、悪意ある人間によって狙われないとは限りません。特に文字数が少ないパスワードは短時間で簡単に解析されてしまう恐れがあります。

セキュリティの観点からは、 SSIDやパスワードは初期状態のまま使用せず、任意の複雑で長い文字列に変更することをおすすめします。


それでは、アクセスポイントのSSIDやパスワードはどうすれば変更できるのでしょうか。

パソコンやスマホからルーターにアクセスして設定

一般的な無線LANルーターの場合、液晶画面や操作ボタンなどはほとんど搭載されていませんよね。

そのようなルーターはパソコンやスマートフォンから有線LAN、もしくはWi-Fi経由でアクセスして設定を行います。

したがって、 有線LANで接続できないなら、一旦初期状態のままアクセスポイントを有効にする必要があります。


具体的な操作方法についてはメーカーや機種によって異なるので、ルーターに付属している取扱説明書やメーカーの公式サイトを参照してください。

基本的には、インターネットエクスプローラーやChoromeといった ブラウザを起動して、アドレスバーにルーターのIPアドレスを入力することで設定画面にアクセスできるはずです。

一部の機種は直接操作して設定することも可能

モバイルWi-Fiルーターのような液晶画面やタッチパネルを搭載している機種の場合、 ルーター自体を操作することで簡単にSSIDやパスワードを設定できる機種もあります。

またスマートフォンやタブレットのテザリング機能を利用する場合も同様で、端末本体を操作することで任意の文字列に変更することが可能です。

特に、 iPhoneでWi-Fiテザリングを行うと、SSIDに所有者の名前が使用されることがあるので、必ず設定を変更してからテザリングを利用しましょう。

まとめ

以上、ワイヤレスアクセスポイントの必要性と設定方法について解説しました。


アクセスポイントは、基本的に Wi-Fi経由でインターネットを利用する場合に必要となるものです。

無線LANルーターやモバイルWi-Fiルーター、さらにスマートフォンにもテザリングという形でアクセスポイント機能が搭載されています。

注意するポイント

  • アクセスポイントを設置する際は、必ずパスワードを設定してください。
  • 逆に、パスワードがかかっていない第三者のアクセスポイントには接続しないように気を付けましょう。

ルーターやスマートフォンを購入すると、最初からアクセスポイントのSSIDやパスワードが設定済みになっています。

しかし初期状態のまま使用するのはセキュリティ的によろしくないので、任意の文字列に変更しましょう。

特にパスワードは第三者に特定されにくい複雑で長い文字列が推奨されます。

アクセスポイントに関する設定は、パソコンやスマートフォンなどの機器を利用するのが一般的です。

取扱説明書に従ってSSIDとパスワードを安全な文字列に変更しましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。