Menu

Wi-Fi接続すればゲームの楽しみがますます広がる!

Wi-Fi接続すればゲームの楽しみがますます広がる

ゲーム機にはWi-Fi接続で利用できるコンテンツがたくさん!

「PS4」ネットワークを活かしたコンテンツが豊富

「PS4」にはネットワーク接続を前提としたサービスやコンテンツが数多く用意されている。

とくに、離れた場所にいる友だちとゲームを共有できる「シェアプレイ」や、体験版ゲームの入手・アイテムの購入が可能な「PlayStation®Store」にアクセスできることには要注目だ。

また、 「PS Vita」で「PS4」のゲームプレイできる「リモートプレイ」機能も利用可能になるぞ。

PS4をWi-Fi接続する方法

手順1 「インターネットを~」を選択

「インターネットを~」を選択

「設定」→「ネットワーク」→「インターネットに接続する」の順に選択し、「インターネット接続を設定する」にチェックを入れる。

手順2 「Wi-Fiを使う」を選択する

「Wi-Fiを使う」を選択する

「どのようにネットワークに接続しますか?」という画面が表示される。「Wi-Fiを使う」を選択しよう。

手順3 「かんたん」を選択

「かんたん」を選択

「どちらの方法でインターネット接続を設定しますか?」の画面では、「かんたん」を選択。

手順4 メニューを選択

メニューを選択

接続可能なSSIDが一覧で表示される。利用する無線ルーターのSSIDを選択しよう。

手順5 パスワードを入力する

パスワードを入力する

WI-Fiのパスワードを入力して「確定」を選択。

インターネット接続の診断が終わると、接続設定が完了する。

PS VitaでPS4を遠隔操作する!

PS VitaでPS4を遠隔操作する

「リモートプレイ」機能を利用すれば、PS4を設定したディスプレイから離れてもプレイを楽しめる。

設定は、PS4で発行されたペアリングコードをPS Vitaに入力するだけだ。

PS4で発番されるコードをPS Vitaの「PS4リンク」の「リモートプレイ」画面に入力。

「ニンテンドー 3DS」はWi-Fi接続設定が簡単!

「ニンテンドー3DS」はオンライン対戦やバーチャルコンソールのダウンロード、本体の更新を行う際に、Wi-Fi接続が必要だ。

無線接続することで、「ニンテンドーゾーン」の利用も可能になる。

「AOSS」や「らくらく無線スタート」、「WPS」にも対応しているため、接続の手順は非常に簡単。

一度接続先の登録をすれば、次回からは「接続先」を選択するだけでネットワークを利用できるようになる。

3DSをWi-Fi接続する手順

手順1 「接続先の登録」をタップする

「接続先の登録」をタップ

「本体設定」→「インターネット設定」→「インターネット接続設定」の順にタップ。

最後に、「接続先の登録」をタップしよう。

手順2 「自分で設定する」を選択

「自分で設定する」を選択

上のような画面が表示されたら「自分で設定する」を選択する。

「おねがいする」を選択すると、接続ガイドを閲覧できる。

手順3 アクセスポイントを検索する

アクセスポイントを検索する

「アクセスポイントを検索」をタップして、接続可能なアクセスポイントを探す。

「AOSS」や「WPS」などを選択してもよい。

手順4 利用するSSIDを選択

利用するSSIDを選択

アクセスポイントの検索結果が一覧で表示される。

利用するSSIDをタップしよう。

手順5 セキュリティキーを入力する

セキュリティキーを入力する

Wi-Fiのセキュリティキーを入力して、スクリーンキーボードが右下の「決定」をタップする。

手順6 「OK」をタップする

「OK」をタップする

接続テストが行われ、上のようなメッセージが表示されたら、「OK」をタップしよう。

商業施設でWi-Fi接続してオリジナルコンテンツを楽しもう

Wi-Fi接続してオリジナルコンテンツを楽しもう

セブンイレブンやマクドナルド、ツタヤなどの商業施設・飲食店には、「ニンテンドーゾーン」が用意されている。

3DSを持って行き、店内の指定の場所でWi-Fi接続すると、オリジナルコンテンツを入手したりミニゲームをプレイしたりできるというもので、3DSを持っている人ならば誰でも利用できるサービスなのだ。

公式サイトで設置店舗を確認して、ぜひ利用してみよう。

指定の場所で3DSをWi-Fi接続すると、オリジナルコンテンツやミニゲームの配信を受けられる。

「PS Vita」ではWebサイトの閲覧も可能に!

「PS Vita」のソフトのバージョンアップはオンラインで行う必要があり、 Wi-Fi接続を前提としたソフトも多くリリースされているため、Wi-Fi接続して利用するのがおすすめ。

Wi-Fi接続をすれば、世界中のプレイヤーとの対戦や友だちとの協力プレイも可能になり、楽しみの幅が広がる。

「PlayStation®Store」から過去のゲームをダウンロードしたり、パソコン向けのWeb サイトを閲覧することも可能だ。

PS VitaをWi-Fi接続する手順

手順1 設定画面を表示する

設定画面を表示する

「PS Vita」の「設定」を起動し、「はじめる」をタップ。

手順2 「ネットワーク」を選択する

「ネットワーク」を選択する

「ネットワーク」を選択する。

手順3 Wi-Fiの設定画面を表示する

Wi-Fiの設定画面を表示

「Wi-Fi設定」をタップする。

手順4 アクセスポイントを選択する

アクセスポイントを選択する

アクセスポイントの一覧が表示される。

利用するアクセスポイントを選択してタップしよう。

手順5 パスワードを入力

パスワードを入力

SSIDを確認して、手順4で選択したアクセスポイントのパスワードを入力する。

Enterキーをタップすると登録が完了する。

手順6 Wi-Fi接続に成功した

Wi-Fi接続に成功した

「Wi-Fi」の欄に「接続しています。」と表示されていれば接続に成功している。

一度アクセスポイントを登録してしまえば、次回からは自動で接続される。

「Wii U」はネットワーク接続で楽しむソフトが多数

「Wii U」のソフトには、遠隔地のユーザーと情報を共有する「Miiverse」や、テレビとゲームパッド双方でWebサイトの閲覧を楽しめる「インターネットブラウザー」など、 ネットワークに接続することで初めて利用できるサービスが多い。

ネットに繋ぐ場合、有線では別売の専用アダプタが必要になるが、Wi-Fi接続ならケーブルなしでこれらのソフト、サービスを利用できるのだ。

Wii UをWi-Fi接続する手順

手順1 メニューの「はじめる」をタップ

メニューの「はじめる」をタップ

「Wii Uメニュー」から作業を始めよう。「はじめる」を選択して本体設定」を開く。

手順2 「インターネット」を選択

「インターネット」を選択

画面下からインターネットのアイコンを選択し、「インターネット」をタップする。

手順3 「インターネットに接続する」を選択

「インターネットに接続する」を選択

「インターネットに接続する」をタップ。

周辺のアクセスポイントの検索が開始される。

手順4 アクセスポイントを選択する

アクセスポイントを選択する

アクセスポイントの一覧が表示される。

利用するアクセスポイントをタップして、パスワードを入力しよう。

手順5 「設定する」をタップ

「設定する」をタップ

「設定する」をタップ。

ただし、設定したネットワークを次回も利用する予定がない場合は「やめる」を選択しよう。

旧機種「Wii」もWi-Fi接続でまだまだ遊べる!

「Wii U」の旧機種「Wii」でも、Wiiのネットワークを利用できる。Wi-Fi接続の手順が「Wii U」と異なるため、ここで確認しよう。

「インターネット」を選択

「Wii」のトップ画面左下にある「Wii」ボタンを選択。さらに、「Wii本体設定2」→「インターネット」を選択する。

「アクセスポイントを検索」を選択

「未設定」のボタンを選択し、「アクセスポイントを検索」を選択する。

パスワードを入力して接続を開始

利用するアクセスポイントを選び、パスワードを入力して接続を開始する。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。