Menu

WiMAXは新幹線でも利用できる?注意点とおすすめの方法を解説!

新幹線車内イメージ

WiMAXは快適な高速インターネット通信が手ごろな料金で利用できるため、人気のモバイルWi-Fiです。

対応エリア内であれば利用場所を問わないのが魅力のWiMAXですが、 新幹線の中でも問題なく利用できるのかどうか気になる人もいるのではないでしょうか?

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 新幹線でWiMAXを使いたいけれど利用できる?できない?
  • 走行中にも問題なく接続できる?
  • 利用する際に注意すべき点は?

この記事では上記のような疑問を解決するために、 新幹線でのWiMAX利用可否と注意点について見ていきたいと思います。

WiMAX回線以外で快適にインターネット接続する方法も解説していますので、ぜひ最後まで目を通してみてくださいね。

WiMAXのエリア圏内であれば利用自体は可能

新幹線の中でWiMAXが利用できるかどうかは、特にビジネスシーンでWiMAXを活用している人にとって重要なポイントではないでしょうか?

結論から言うと、新幹線に限らず WiMAXエリア圏内であれば基本的に利用可能です。

エリアはUQコミュニケーションズの公式サイトから確認できるので、「今度行くあの場所ってWiMAXが使えるかな?」と疑問に思った時は実際に確認してみましょう。

WiMAX・WiMAX2+エリア確認

http://www.uqwimax.jp/area/

ただし新幹線の場合は時速200㎞を超える速度で走行していてずっと同じ場所にいるわけではないので、圏内かどうかの確認もちょっとしづらいですよね。

そこで、新幹線ごとのエリア状況を以下にまとめてみました!

なお今回は現在の最新の通信規格であるWiMAX2+について見ていきます。

旧規格であるWiMAXやLTEについては公式サイトから確認ができます。

東海道新幹線で快適にインターネットをするならUQ Wi-Fiがおすすめ!

WiMAX・WiMAX2+を契約していて東海道新幹線内でインターネットをするなら、 オプションサービスのUQ Wi-Fiを利用しない手はありません。

WiMAXの場合…「 UQ Wi-Fi」 

WiMAX2+の場合…「  UQ Wi-Fiプレミアム

どちらもWiMAXの契約者であれば無料で使える無線LANオプションサービスです。

利用可能な場所は、

  • 東海道新幹線:東京~新大阪の車内(ただしN700A・N700系のみ)
  • 東京~新大阪間:全17駅のコンコース待合室等

となっているので、 東海道新幹線内のほぼすべての区間・場所で安定した通信が可能です。

※駅ごとの具体的な利用可能場所はUQコミュニケーションズの公式サイト( UQ Wi-Fiをご利用いただける場所)から確認できます。

UQ Wi-Fiは利用料金は無料ですが、申し込みは必要です。

すでにWiMAXとの契約がある人はMy UQから手続きを行う必要があります。

WiMAXの契約をしていない人の場合でも、WiMAX対応端末があれば1日単位でWiMAXが利用できる UQ 1 Dayに申し込めばサービスを利用することができます。

値段は572円/24時間(税別)です。

普段は必要ないけれど出張中の数日間だけ使いたいといった場合には、UQ 1 Dayを検討するのもひとつの手です。


ここまで紹介してきた東海道新幹線は車内の通信サービスが提供されていました。

しかし、 他の新幹線については車内通信サービスが存在しません。

ですので、手持ちのWiMAX2+端末でインターネットを使う必要があります。

そこでここからは、それぞれの地域がWiMAX2+の対応エリアかどうか?という観点で各新幹線の路線を見ていきます。

上越新幹線

東京駅から新潟駅を結ぶ上越新幹線。

WiMAX2+の対応エリアは、東京駅~高崎駅、長岡駅~新潟駅はほぼカバーされているようですが、高崎駅~長岡駅間は山間部のためカバーされている部分はまばらになっています。

特に 上毛高原~越後湯沢の区間はほぼエリア外となっています。

山陽新幹線

新大阪~博多間を結ぶ山陽新幹線。

エリア範囲内に入っている区間が多いものの、 新神戸駅の前後、兵庫県から岡山県にかけて、新尾道駅~広島駅間などの山間部の区間にエリア圏外が点在しています。

山陽新幹線エリア

※引用元:UQコミュニケーションズ  サービスエリアマップ:WiMAX 2+

九州エリアは最近まで大半の区間でWiMAX2+がエリア圏外でしたが、2017年2月以降一気にエリアが広がり、小倉~博多間の一部以外はエリア圏内に入りました。

今後ますます整備されていくと思われます。

東北新幹線

東京駅~新青森駅を結ぶ東北新幹線。

福島駅より北は山も多く、宮城・岩手とところどころでエリア圏外の地域が点在する形になります。

青森県に入ると七戸十和田~新青森の間の区間でほぼ圏外となります。

北陸新幹線

現在は高崎~金沢まで開通している北陸新幹線。(2023年に敦賀まで開通予定)

こちらは東京駅~高崎駅区間はエリア問題ないものの、安中榛名~軽井沢、飯山~黒部宇奈月温泉など、 新潟~富山県にかけての区間でエリア圏外の地域が多くなっています。

富山駅を過ぎると金沢駅まではおおむねカバーされています。

九州新幹線

博多~鹿児島中央を結ぶ九州新幹線。

山陽新幹線の項目でも説明しましたが九州は今一気にWiMAX2+が整備されている地域で、 九州新幹線が走る地域も2017年以降に一気にエリアが拡大しました。

ただし 現状では新八代より先の区間ではまだ対応していない場所が多く、特に出水~川内はほぼ圏外となっています。

北海道新幹線

現在は新青森駅 ~新函館北斗駅まで開通している北海道新幹線。(2031年に札幌まで開通予定)

現在エリア圏内となっているのは終点の函館新北斗駅周辺くらいで、残りはおおむね圏外だと考えて良いでしょう。

北海道新幹線内で快適なWiMAX2+通信をするのは難しそうです。

WiMAXに対応している新幹線駅をご紹介!

ここまで各新幹線の路線について、対応エリアの説明をしてきました。

WiMAX2+は山間部ではまだまだエリア外であることが多いため、 確実に安定した通信が求められる作業がある場合、乗車前後に行うことをおすすめします。

新幹線のコンコースやホームで快適にWiMAXが利用できるように対策済みの駅は以下の通りです。

路線 駅名 利用可能な場所
東北新幹線 東京駅~新青森駅間の23駅 各駅コンコース・ホーム
上越新幹線 東京駅~新潟駅間の12駅 各駅コンコース・ホーム
北陸新幹線 東京駅~長野間の11駅 各駅コンコース・ホーム

乗車前や発車前にパソコンやタブレットを使いたい場合には、これらの駅であれば問題なく接続可能です。

新幹線でWiMAXを利用する時の注意点は?

WiMAXは基本的にエリア内なら通信可能なサービスではあるものの、新幹線内ならではの注意点が存在します。

いざという時に困らないためにも、事前に押さえておくべきポイントを具体的に見ていきます。

エリア内でも接続が不安定・不可能な区間が多い

新幹線内でWiMAXを利用する時にまず困ることと言えば、 エリア内にも関わらず接続ができないケースでしょう。

理由としては

  • 時速200~300㎞以上のスピードで走っているため通信が安定しづらい
  • 山間部はトンネルの区間が多く、通信ができない

この2点が挙げられます。

例えば東海道新幹線の場合だと、小田原~熱海~三島間はかなり トンネルが多い区間です。

いくらエリア圏内でもトンネルに入ってしまえば通信は不安定もしくは切れてしまい、快適なインターネットは難しくなります。

それでも東海道新幹線の場合は路線全体から見てトンネルの割合は13%ほどですし、そもそも東海道新幹線であれば オプションのUQ Wi-Fiを利用すれば問題ありません。

しかし他の新幹線の場合は、下記のように一番多いと区間全体の65%がトンネルという路線もあります。

路線 トンネルの割合
北海道新幹線(新青森~新函館北斗) 約66%
東北新幹線(東京~新青森) 約53%
北陸新幹線(高崎~金沢) 約51%
上越新幹線(大宮~新潟) 約39%
山陽新幹線(新大阪~博多) 約50%
九州新幹線(博多~鹿児島中央) 約49%

2017年6月現在、WiMAXはトンネルに弱い特性があります。そのため いくらエリア圏内だとしても、実質的には利用が難しい区間があることは覚えておくべきです。

ハイスピードエリアプラスモードで接続の安定が期待できる

WiMAXのモバイルWi-Fiを利用している場合には、オプションサービスの「ハイスピードエリアプラスモード」での接続を試してみるのもひとつの手です。

ハイスピードエリアプラスモードはau4GLTEの回線を使って接続ができるモードなので、 通信可能エリアはauの携帯電話やスマートフォンとほぼ同等と考えてください。

そのため新幹線乗車時はWiMAXよりも通信状況が良くなることが多いです。

2017年2月現在、

  • 東北新幹線 いわて沼宮内~東京
  • 東海道新幹線 全線
  • 山陽新幹線 全線
  • 九州新幹線 博多~新鳥栖

ならトンネルを含むすべての区間でau4GLTE が利用可能なので、 WiMAXのハイスピードエリアプラスモードに切り替えれば問題なく通信できることになります。

ハイスピードエリアプラスモード利用時の注意点!

まず、ハイスピードエリアプラスモードが使えるのはau4GLTEに対応したWiMAXルーターのみで、対応機種はW02、W03、W04です。

加えて、

  • 一度ハイスピードエリアプラスモードを利用するとその月は 1,005円/月のオプション料金がかかる
  • ギガ放題の契約でもハイスピードエリアモードの通信を行った月は 7GB/月の上限が発生し、超えると通信制限がかかってしまう

この2点はかなり注意が必要です。

料金については日割り計算がないので、 1度でも使えばその月は1,005円がプラスされます。

ただしauユーザーの場合は、  au スマートバリュー mineに加入するとオプション料金はかかりません。

月7GB制限については上限到達後の速度が128Kbpsとなり、これはYahoo!トップページを普通に開くのも苦労するほどの超低速です。

なので、実質まともにインターネットを使えない状態になってしまいます。

そもそもWiMAXをギガ放題プランで申し込んでいる人の場合、ハイスピードエリアプラスモードを使うと 「追加料金を払ってデータ利用量上限までついてしまう」ので、デメリットがかなり大きくなります。

本当にこれらの制限を受けてまで新幹線の中でインターネットをどうしても使いたいのか?と考え直すことをおすすめします。

どうしても使いたい場合、メールのチェック程度であれば手持ちのLTE対応スマホでテザリングで済ます方がお得です。

まとめ

今回はWiMAXが新幹線内で利用可能かどうか、現状や注意点について解説してきました。

  • 東海道新幹線内のN700系・NA700系とすべての駅ではUQ Wi-Fiを利用したインターネット接続が可能
  • その他の新幹線ではエリア圏内と圏外が混在している
  • 東北新幹線、上越新幹線、北陸新幹線はすべての駅・コンコースでWiMAXに対応

以上がポイントとして挙げられます。

さらにエリア圏内でも走行スピードやトンネルの関係で安定した通信ができないことがあるので、 au 4G LTEを使用したオプション「ハイスピードエリアプラスモード」で接続してみるのも有効な手段になります。

ただし、ギガ放題プランを契約している人はこのモードを使うと 7GB制限がついてしまうため、本当にハイスピードエリアプラスモードを使ってまでインターネットをしなければならないのか?はよく検討してください。

ぜひ新幹線内の時間を有効に活用するための参考にしてみてください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。