Menu

後悔したくない!お得にWiMAXの契約ができる6つのポイント

「公開したくない!お得にWiMAXを契約ができる6つのポイント」のアイキャッチ画像

「お家でのんびりネットゲーム」、「カフェで優雅にインテリアの記事を読む」、または「出張で仕事を効率よくするツールにアクセス」など様々な場面でインターネットを使えるWiMAXは非常に便利ですよね。

とても便利なWiMAXですが、いざ契約を検討してみると次のようなことでお悩みではないでしょうか。

  • 自分にあっている契約がよくわからない
  • お得な契約方法なのか不安で、ふんぎりがつかない
  • 比較するものが多すぎて、調べるのに疲れた

この記事では、 WiMAXの契約で知っておいてほしいポイントを6つに分けて、わかりやすくご紹介します。

WiMAXの契約で知っておいてほしい6つのポイント

  1. WiMAXのプランと基本料金
  2. 契約先ごとのメリット・デメリット
  3. キャッシュバック
  4. 通信速度とエリア
  5. おすすめのルーター
  6. 支払い方法

ポイント1,2,3は、一番気になるであろうお金にまつわる話をまとめました。 最終的には、あなたにあった契約を把握し、後悔しないWiMAXの契約ができる状態を目指します。

ちなみに、最終的に筆者がおすすめするWiMAXの契約は、こちらです。

筆者が一番おすすめするWiMAXの契約

  • プラン:ギガ放題
  • ルーター:WX03
  • 契約先:BIGLOBE(プロバイダー)
  • 支払い方法:クレジットカード

BIGLOBE公式キャンペーンページは こちら

なぜこのようにおすすめするのか、順番に説明していきましょう。

ポイントだけサクッと抑えたい方は、 まとめの章の簡単にまとめましたので、そちらをご覧ください。

※この記事は2017年4月時点の情報を元に編集しています。

ポイント1:自分にあった契約プランを理解しよう

ポイント1,2,3は、一番気になるであろうお金にまつわる話をまとめました。
WiMAXの契約方法によっては、 3万円ほどお得に契約することができます。
まずは、支払いの大半を占める、プランから見ていきましょう。

UQWiMAXの公式からは、2年契約を前提に、現在2つのプランが提供されています。
特徴をかんたんに表にまとめてみました。

項目 ギガ放題 通常プラン
毎月の基本使用料 4,380円 3,696円
月間データ量 上限なし 7GB

短期間だけ使いたいという人は、解約料などかかってしまうので、契約するよりもレンタルすることをおすすめします。

ちなみに、この2つのプランは、 月単位で何度でも変更することができるようになっています。

もし、どちらのプランがいいのか迷ったら、筆者は ギガ放題をおすすめします。

ギガ放題を契約してみて「思ったより使わないな」と感じたら、簡単に通常プランに変更できるので安心してください。
もちろん手数料はかかりません。

逆に通常プランを契約して、上限の7GBを超えると128kbpsの低速に制限されてしまいます。

筆者が体感した128kbpsの速度ですが、かなりストレスを感じる状況です。
LINEやメールなら問題ない場合が多いです。
サイトの閲覧に関しては、yahoo!のトップページでも読み込むのに苦労します。
動画サイトにいたっては、読み込みが終了しないなんてこともありました。

「遅いのは嫌だから、ギガ放題に変更しよう」と思っても、適応されるのは翌月からです。
もし月の前半に7GBを超えてしまったら、その月のインターネット環境は非常に不便なものになってしまいます。

差額684円を支払って、快適なインターネット環境を得られるなら、ギガ放題を契約しておいたほうがお得ではないでしょうか。

7GBのデータ量ってどのくらい?

ギガ放題をおすすめさせていただきましたが、できるだけ安くしたいという方は、通常プランは捨てきれませんよね。

2つのプランの決め手は、ずばり「月間のデータ量が7GBで収まるかどうか」です。
では、7GBってどのくらいなのか計算してみましょう。

UQWiMAXの速度制限に関するページに、YouTube動画を見た場合の10GBの目安がありました。
これを参考に7GBのデータ量を算出してみたのが次の表になります。

UQWiMAX公式
サービス内容 画質 10GB 7GB 7GBで見れる1日あたりの動画(1月30日換算)
YouTube(5分間) 超高画質 約88回(約7時間) 約61回(約5時間) 約2回(約10分)
高画質(HD) 約166回(約13時間) 約116回(約10時間) 約4回(約19分)
標準画質(SD) 約570回(約47時間) 約400回(約33時間) 約13回(約1時間)
低画質 約1,000回(約83時間) 約700回(約58時間) 約23回(約2時間)

引用: http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/gigahodai_speedlimit_10/

※データ量はUQコミュニケーションズの調査による参考値です。実際のデータ量と一致するわけではありませんので、ご注意ください。

動画以外のデータ量については、スマートフォンの例になりますが、auとソフトバンクの公式に7GBの目安がありました。
実際のデータ量とは異なる可能性が高いですが、参考までにご紹介します。

au公式
サービス内容 7GBで利用できる目安 1日あたり (1月30日換算)
ニュースサイトなどの閲覧 約46,200ページ 約1,540ページ
メールの送受信 約14,000通 約467曲
動画の閲覧 約28時間 約56分
音楽のダウンロード 約1,400曲 約46曲

引用: https://www.au.com/support/faq/view.k1211120001/

ソフトバンク公式
サービス内容 7GBで利用できる目安 1日あたり (1月30日換算)
ニュースサイトなどの閲覧 約24,430ページ 約814ページ
メールの送受信 約14,630通 約488曲
動画の閲覧 約31時間30分 約1時間3分
音楽のダウンロード 約1,750曲 約58曲

引用: http://faq.mb.softbank.jp/detail.aspx?cid=73127&id=73127

これらの目安は、全部足して7GBというわけではなく、それぞれのサービス内容につき7GBに達するデータ量を表しています。
つまり、 毎日1時間以上動画を見て、5曲ぐらいダウンロードしていたら、すぐに7GBに達してしまいます

しつこいようですが、迷ったらギガ放題を契約されることをおすすめします。

auユーザーは更にお得「auスマートバリューmine」

auユーザーなら、現在お使いのスマートフォンの利用料金の割引を受けることが出来ます。 これは、先にあげた「ギガ放題」「通常プラン」どちらのプランでも適用できます。

ただし注意点が1つあります。
「auスマートバリューmine」を適用するには、ご自分でauに申請しなくてはいけません。 WiMAXを契約しただけでは、適応されないのでご注意ください。

手続きはKDDIお客様センター、またはお近くのauショップで受け付けています。 詳しくは下記のau公式サイトをご確認ください。

https://www.au.com/mobile/charge/charge-discount/smartvalue-mine/lp/

ポイント2:お得な契約方法をチェックしよう

WiMAXの契約方法は5パターン

前章で紹介したように、WiMAXのプランは現在2つです。
プランに対する毎月の基本使用料は、どこから契約してもほぼ一緒です。

しかし、 契約先によっては「キャッシュバックキャンペーン」や「月額割引」によって、ぐっと料金をお得にすることができるのです。

契約先を大きく分けて5つのパターンに分けてみました。
それぞれの特徴と、料金がお得にできるキャンペーンがあるかを表にしてみました。

申込先分類 契約先 特徴 キャッシュバックや割引
実店舗から契約を申し込む 家電量販店やケーブルテレビのショップ ・即日の受取&利用開始できる
・キャッシュバックキャンペーンがあるが、実は「落とし穴」がある
ある
auショップ ・即日の受取&利用開始できる
・定価販売
・「auスマートバリューmine」の手続きがその場でできる
ない
ネットから契約を申し込む UQWiMAXの公式サイト ・公式の安心感
・即日発送
・定価販売
ない
価格.comなどの紹介サイト ・キャッシュバックキャンペーンがあるが、実は「落とし穴」がある ある
プロバイダーの公式サイト ・キャッシュバックキャンペーンがあってお得 ある

この中でも、一番おすすめするのは 「プロバイダーの公式サイト」からの契約です。
理由は、キャンペーンの内容が一番充実していて、結果的にキャッシュバックの金額が高く、一番お得になるからです。

それぞれの契約先のメリット・デメリットと一緒に、プロバイダーが一番お得になるのかご説明しましょう。

1.家電量販店やケーブルテレビのショップ

メリット デメリット
・店員さんに直接聞ける
・即日受取できる
・即日利用開始できる
・ショップのキャッシュバックキャンペーンは、実は月額利用量に上乗せする場合が多い
・申込みを受け付けていない店舗もある
・店員さんの理解度によって説明にばらつきがある

家電量販店やケーブルテレビのショップの一番のメリットは、店員さんに直接わからないところをその場で聞けることです。

その店員さんを雇うための人件費や、お店を構えるための固定費をWiMAXの契約から得ようとすると、ショップ側は儲ける仕組みが必要になりますよね。

「5万円キャッシュバック!」といった大きなキャッシュバックキャンペーンを行っている店舗もありますが、 実はその分をWiMAXの基本使用料に上乗せしていることが多いのです。

「5万円お得になる」と思っても、実は契約内容を読み込むと、「実は1万円ぐらいしかお得じゃなかった」なんてこともありますので、契約内容はしっかりチェックしてください。

店舗での契約のメリット・デメリットをもっと詳しく知りたいという方は「 WiMAX契約は店舗VSネット申込、どっちがいい?店舗の探し方も解説 」の記事でWiMAXを店舗で契約する際のメリット・デメリットを詳しく紹介いたしましたので、あわせてご覧ください。

おすすめするタイプ

  • 店員さんと直接話して、納得して契約したい
  • すぐに利用できるようにしたい
  • キャッシュバック料が少しでもいい

2.auショップ

メリット デメリット
・店員さんに直接聞ける
・即日受取できる
・即日利用開始できる
・「auスマートバリューmine」の手続きがその場でできる
・定価販売なのでお得にはならない
・申込みを受け付けていない店舗もある
・auの商品ではないので詳しい店員さんが少ない

筆者からは、あまりおすすめできる契約先ではありません。

デメリットに上げたように、 定価販売のためWiMAXはお得にならないからです。
そもそもauの商品を販売する場所なので、WiMAXについてはカタログに書いてある程度のことしかわからないという店員さんも多いようです。

メリットは。WiMAXの契約と「auスマートバリューmine」の手続きを一括で、できるということぐらいです。
しかしそのメリットも、ケータイも取り扱っている大きな家電量販店になら同じように対応してくれるので、あまり魅力には感じないのではないでしょうか。

おすすめするタイプ

  • WiMAXの契約から「auスマートバリューmine」の手続きをその場ですませたい

3.UQWiMAXの公式サイト

メリット デメリット
・サポートが一番しっかりしている
・即日開通
・定価販売なのでお得にはならない
・直営店舗はないので、電話問い合わせになる

公式なだけあってサポートが非常にしっかりしていて安心です。

9時から21時まで年中無休で、フリーダイヤルでサポートセンターにつながります。

■UQWiMAXのお問い合わせ(UQ お客様サポートセンター)
http://www.uqwimax.jp/support/wimax/contact/

UQWiMAXの公式は定価販売が基本ですので、お得に使うことはできません
同じようにWebから契約するなら、後述する「価格.comなどの紹介サイト」か「プロバイダー公式サイト」のほうが、キャンペーンが充実しているます。

せっかくなら、もっとお得に使える契約先が良いのではないでしょうか。

おすすめするタイプ

  • ネットからの申込みに抵抗がない
  • 公式の安心感を得たい

4.価格.comなどの紹介サイト

メリット デメリット
・WiMAX提携業者を比較できる ・解約料金が高くなることが多い
・紹介していない業者もある
・公式サイトのほうがお得にしているプロバイダーがある

紹介サイトの中でも最大手の価格.comは、一度に基本使用料やキャンペーンを比較できて便利です。

ここで少し視点を変えて考えてみてほしいのですが、WiMAX提携業者から見ると、価格.comは代理店という立場になります。

プロバイダーなどのWiMAX提供業者からすれば、自分の公式サイトで契約してもらったほうがコストが安くすませることができるので、うれしいですよね。

プロバイダーの公式サイトと価格.comのキャンペーンを比べてみると、実はプロバイダーの公式サイトのほうがお得だったという場合もあります

紹介サイトは参考にするにはとても良いサービスです。

しかし、できるだけお得にしたいとお考えなら、次にご紹介するプロバイダーの公式サイトから契約することをおすすめします。

おすすめするタイプ

  • ネットからの申込みに抵抗がない
  • 一度に多数のWiMAX提供業者を比較したい
  • 気に入った紹介サイトがある

5.プロバイダーの公式サイト

メリット デメリット
・キャッシュバックキャンペーンが一番充実している
・利用料が安い
・メールアドレスが発行される
・プロバイダによっては、キャッシュバックをもらうために手続きが必要な場合があり、もらいそこねることがある

プロバイダーとは、かんたんに言うと「販売代理店」です。
WiMAXのプロバイダーは、「WiMAXの販売代理店」になります。

プロバイダーは、家電量販店やケーブルテレビのショップに比べると、実店舗の固定費がかからないためコストを抑えることができます。

その分キャッシュバックの料金に反映することができます。

また、プロバイダーによっては、キャッシュバックか月額料金の割引か選べるところもあります。
キャンペーンの選択肢は、先に上げた4つの契約先の中で一番多いです

次の章では、お得感の強い「キャッシュバックキャンペーン」を行っているプロバイダーの中でも、おすすめできるプロバイダーをご紹介していきます。

おすすめするタイプ

  • ネットからの申込みに抵抗がない
  • キャッシュバック料を多く貰いたい

ポイント3:プロバイダー契約なら、キャッシュバックが決めて

さて、プロバイダー公式から契約するメリットは、先程お話させていただいたとおりです。

  • 自分にあったキャンペーンを選べる
  • キャッシュバック料金が高くてお得

WiMAXを提供しているプロバイダーは現在16社あります。
この中でも 特におすすめな2社をご紹介しましょう。

一番おすすめBIGLOBE

契約した時のキャッシュバック料金が20,000円とプロバイダーの中でも高いです。
また、キャッシュバックを受け取るための手続きがとても簡単です。

次におすすめする「GMOとくとくBB」は、キャッシュバックキャンペーンの価格が30,550円と高いのですが、キャッシュバックの受取手続きが複雑です。
きちんと対応出来ないとキャッシュバックを貰い損ねてしまうなんてことがあります。

それに比べてBIGLOBEは、 振替払出証明書が自宅に送付されますので、それを郵便局に持っていけば、かんたんにキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

ユーザーが気づきやすい方法で、キャッシュバックを受け取る方法を通知してくれるので、 キャッシュバックを貰い損ねてしまうという心配がほとんどありません

キャッシュバックの受取手続きに自信があるという方は、次におすすめする「GMOとくとくBB」にしたほうが、キャッシュバックの価格が高くてお得に使うことができます。

BIGLOBEのキャッシュバックキャンペーンについて

2017年4月現在では、公式キャンペーンページからの申込みの場合、キャッシュバックがあります。

通常の申込みページからはキャッシュバックキャンペーンが選べないのでご注意ください

BIGLOBE公式キャンペーンページはこちら

BIGLOBEの利用開始までの流れ

  1. STEP1.BIGLOBEへの申込み
    1. キャンペーンページから申し込む
      http://join.biglobe.ne.jp/mobile/wimax/campaign/rm/?ls=1&xadid=1001043&gclid=CPfo4rXrjtMCFYgKKgodd1IBkw
    2. 支払い方法の指定 ※BIGLOBEにすでに登録済みの人は飛ばせます
  2. STEP2.WiMAXのルーターの受取
  3. STEP3.接続の設定
  4. 利用開始

キャッシュバック額が一番大きいGMOとくとくBB

GMOとくとくBBの キャッシュバック価格は、2017年4月現在で30,330円と国内で一番大きな金額です。

ただし、BIGLOBEのおすすめをした時に少し触れましたが、キャッシュバックの受取手続きが複雑なため、貰い損ねてしまうなんてこともあります。

キャッシュバックを受け取るまでに何があるのか、簡単に説明すると下記の3点です。

  1. 契約して11か月目に口座情報登録メールが届く
  2. メールのあて先は、取得した「gmobb.jp」宛
  3. 口座情報を1ヶ月以内に入れないとキャッシュバックが無効になる

詳しくは下記の記事で詳しく紹介していますので、GMOとくとくBBが気になった方はこちらの記事をご覧ください。

キャッシュバックはもちろん、解約や口コミなどをまとめています。

「WiMAXのとくとくBBに申し込んで大丈夫?リアルな評判・口コミから徹底解剖」
https://www.soldi.jp/articles/wimax-gmo/

GMOとくとくBBの利用開始までの流れ

  1. STEP1.GMOとくとくBBへの申し込み
    1. フォームから申し込む
      http://gmobb.jp/lp/wimax2plus/select-o/?pid=adw101
    2. 支払い方法の指定 ※BIGLOBEにすでに登録済みの人は飛ばせます
  2. STEP2.WiMAXのルーターの受取
  3. STEP3.接続の設定
  4. 利用開始

ポイント4:きちんと繋がる?通信速度とエリアをチェックしておこう

ポイント2で紹介した5つの契約先の いずれと契約しても、公式のUQWiMAXが提供しているものと同じ通信速度で利用できます

ここで抑えておきたいポイントは、 ご自宅やWiMAXを持ち歩いて使いたい場所が、通信のエリアに含まれているかという点です。

UQWiMAXの公式に「 WiMAX および UQ mobileのサービスエリア」をチェックできるページがありますので、契約する前にチェックしておきましょう。

WiMAX および UQ mobileのサービスエリアページの使い方

簡単に使い方を説明させていただきます。

公式ページには、したのURLからアクセスしてください。

■WiMAX および UQ mobileのサービスエリア
http://www.uqwimax.jp/area/

アクセスすると「サービスエリア」と「ピンポイントエリア測定」があります。

サービスエリアとピンポイントエリア測定のキャプチャー

WiMAXを使う場所が固定されるならば、「ピンポイントエリア測定」で確認してください。

次に「WiMAX」「WiMAX2+」「LTE」とありますが、新規に契約される場合「WiMAX2+」が多いので、今回は「WiMAX2+」で測定したいと思います。

試しに下記の条件で実際に見てみましょう。

  1. サービスエリアマップ
  2. WiMAX2+
  3. 日本地図から「東京」を選択

日本地図から「東京」を選択するイメージ

条件を入力すると、下記のようなgoogleマップがピンク色のになった地図が表示されます。

東京のWiMAX2+の対応エリアの図

このピンク色が、WiMAX2+の対応エリアです。
東京ならほぼ全域対応していることがおわかりいただけたと思います。

WiMAX2+エリアの凡例

もう少し範囲を広げて、山梨県や千葉県が教示するぐらいに縮小すると、ピンク色になっていないところもあるのがわかります。

東京広域のWiMAX2+の対応エリアの図

実機で本当につながるか確認したい

UQWiMAXでは「Tty WiMAX」といって、 15日間WiMAXを無料でレンタルできるサービスがあります。

どうしても実機で確認したいという人は、利用してみてください。

筆者も2年前に引っ越しをした際、WiMAXの通信エリア内であるのはわかっていましたが、低層階の部屋だったのでつながるか不安に感じ、「Tty WiMAX」を申し込みました。
実際に自宅でも職場でもつながることを確認してから、プロバイダー経由で申し込みをした経験があります。

Try WiMAXを使ってもデメリットはありません。

筆者の場合、プロバイダーから申込んだため、公式のUQWiMAXに契約したことが伝わっていなかったのか、Try WiMAXを申込みのときに登録したメールアドレス宛に、しばらくの間はUQWiMAXの公式サイトからダイレクトメールが届きました。
しかし、押し売りなどはまったくありませんので、無視しても大丈夫です。

ポイント5:おすすめのルーター

WiMAXを利用して、インターネットに接続するには モバイルWi-Fiルーターが必要です。

2017年3月現在で、筆者がおすすめできるWiMAXで選択できるモバイルWi-Fiルーターは、下記の3機種です。

項目 W04 WX03 W03
イメージ W04の商品イメージ WX03の商品イメージ W03の商品イメージ
速度 440Mbps 440Mbps 220Mbps
バッテリー 6時間30分 7時間20分 9時間30分
重さ 140g 110g 127g
サイズ w53×H130×D14.2mm w99×H62×D13.2mm W120×H62×D11.4mm
発売日 2017年2月 2016年12月 2016年6月

画像の引用先: UQWiMAX公式「WiMAX(ルーター):製品」ページ

この中でも、筆者としては「 WX03」をおすすめします。
理由をご説明しましょう。

おすすめのルーターはWX03

おすすめするポイント

  • 速度が440Mbps対応
  • 一番軽い
  • 220Mbpsのノーマルモードで使えば、バッテリーは約10時間持つ

上記3機種のうち、唯一au 4G LTEに対応していない点がデメリットになります。

au 4G LTE(ハイスピードプラスエリアモード)とは

WiMAXのエリア外で、auのLTE回線を利用して、通信ができるオプションです。
使用した月は、1,005円別途料金がかかります。

また、au 4G LTEを利用した月は、ギガ放題を契約していても、上限が7GBに制限されます。

au 4G LTEを利用すると、追加料金が月に1,005円発生してしまう機能なので、実際に使うユーザーはそれほど多くないと思います。

もし、WiMAX対応エリア外に住んでいたり出張することが多い場合は、W04も候補にいれてもいいかもしれません。

クレードルは必要か

クレードルとは、ルーターを置く台のことです。
充電や無線LANが付いていない昔のパソコンよ有線で接続する際に使えます。

クレードルのイメージ

正直な所、クレードルがそもそも分からず、 使うかどうかも分からなければ、契約時点では購入しなくてもいいでしょう。

もし、後から必要となった時には、購入することができます。

その際に購入を検討すれば十分でしょう。

クレードルについて下記の記事にまとめましたので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

モバイルWi-Fiのクレードルって何?購入すべきかいなかの判断基準

ポイント6:支払い方法でもお得になっちゃおう

最後のポイントは支払い方法です。

主な支払い方法は3つに分類されます

  • クレジットカード払い
  • 口座振替
  • 振込

筆者が一番おすすめするのは「 クレジットカード払い」です。

ギガ放題プランだと、年間52,560円(4,380円×12ヶ月)支払うことになります。
クレジットカードで支払えば、ポイントもたまってお得に使うことができます。

そもそもクレジットカード払い以外の方法だと、申し込みができるプロバイダーが限られてしまいます。
調べたところ、下記の口座振替に対応しているプロバイダーは下記の4社のみでした。

口座振替に対応しているプロバイダー

  • BIGLOBE
  • J:COM
  • @nifty(@niftyに新規入会される方は除く)
  • Broad WiMAX(割引キャンペーン対象外・一部プランを除く)

口座振替が可能なモバイルWi-Fiルーター一覧とおすすめのサービスを紹介 」の「口座振替が可能なWiMAX 2+事業者」の章より抜粋

また、サイトから申し込む際に、 クレジットカード以外の方法を選択すると、振込確認ができるまでモバイルWi-Fiルーターが発送されないパターンが多いです。

クレジットカードのポイント、選択できるプロバイダーの数、実際に届く時期の速さから考えて、「クレジットカード払い」がもっともおすすめの支払い方法です。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。
簡単にポイント1から6までを、おさらいしてみましょう。

ポイント1から6までのおさらい

ポイント1

  • WiMAXのプランは2種類
  • 迷ったらギガ放題プランがおすすめ

ポイント2

  • 契約方法は5つある。
  • 一番のおすすめはプロバイダー公式サイト

ポイント3

  • どこから契約しても通信速度は同じ
  • WiMAX対応エリアか、契約前に確認しよう

ポイント4

  • おすすめのルーターはWX03

ポイント5

  • 一番おすすめのプロバイダーはBIGLOBE
  • キャッシュバック額が大きいところがいいなら、GMOとくとくBB

ポイント6

  • 支払い方法は、クレジットカード払いが一番便利でお得

一番最初にご紹介したとおり、筆者が一番おすすめするWiMAXの契約は下記のとおりです。

筆者が一番おすすめするWiMAXの契約

  • プラン:ギガ放題
  • ルーター:WX03
  • 契約先:BIGLOBE(プロバイダー)
  • 支払い方法:クレジットカード

BIGLOBE公式キャンペーンページは こちら

この記事を最後まで読んでくださったあなたなら、ご自分にあった契約を把握し、後悔しないWiMAXの契約ができる状態になれたのではないでしょうか。

WiMAXの契約について迷った際は、この記事を活用いただければ幸いです。

お得に、快適なインターネットを楽しんでください。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。