Menu

ワイモバイルの新料金プランは2019年上半期後半に登場か?分離プラン発表は楽天モバイル次第

ワイモバイルの新料金プランは2019年上半期後半に登場か?分離プラン発表は楽天モバイル次第

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、大手携帯キャリアでは新料金プランが登場してるけど、ワイモバイルでも出てくるのかなぁ?
 

兄リスのイラスト
いわゆる「分離プラン」のことだね。ソフトバンクの決算発表会で2019年上半期に発表するって言ってたから、もうすぐ発表されるんじゃないかな!

弟リスのイラスト
そうそう、「分離プラン」ってなんなの?それが発表されたらスマホの月額料金は安くなるの?

考える兄リスのイラスト
う〜ん、現時点ではなんとも言えない微妙なところかな……ただ、端末代金まで含めて考えると、むしろ高くなるように見えるかな……

政府の発言によって動向がめまぐるしいスマホ業界。中でも「分離プラン」の義務化に伴い、大手携帯キャリアでは様々な新料金プランが登場しています。

 そんな中、大手キャリアと格安SIMのちょうど中間のような立ち位置の「ワイモバイル」において、新料金プランの発表時期が気になっている人は多いでしょう。

 また、分離プランの登場によって今後のスマホ料金は本当に安くなるのか?といった疑問も残ります。

 そこでこの記事では、ワイモバイルの新料金プラン(分離プラン)の情報についてまとめてご紹介しつつ、筆者の個人的見解を述べていきたいと思います。

なお、乗り換えを迷っている人は、実際にワイモバイルを使っている人たちのリアルな口コミや評判を集めた以下の記事も参考にしてみてください。

[関連記事]ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

Y!mobile公式ページ

  • おすすめ格安SIM6選

  • 格安SIM料金表

      • UQモバイル
        • 3GBが月額1,628円(税込)で使えてとってもお得
        • 格安スマホの速度ランキング1位
        • 最大10,000円のキャッシュバック実施中
      • 公式サイトへ
      • 楽天モバイル
        • 3ヵ月間月額料金無料キャンペーン!
        • データ無制限の使い放題
        • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
      • 公式サイトへ
      • Y!mobile
        • UQモバイルと同じく通信速度が速い
        • ネット割併用で3GBが月額990円(税込)〜
        • ソフトバンク直営で安心
      • 公式サイトへ
      • BIGLOBEモバイル
        • ポイント還元で最新スマホが実質0円
        • iPhoneSEが最安値で買える
        • エンタメフリーでYouTube等が見放題
      • 公式サイトへ
      • mineo
        • サービス満足度1位!
        • 最大20GBの大容量プランあり
        • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
      • 公式サイトへ
      • OCNモバイルONE
        • 新料金プラン移行で1GB:770円/月
        • iPhone 12など端末のラインナップが充実
        • 新品スマホが1円~!端末セールが6/15まで開催中
      • 公式サイトへ
  • 3GB 6GB 10GB 12GB
    UQ
    モバイル
    1,628円 2,728円
    (15GB)
    楽天
    モバイル
    1,078円 2,178円
    (20GB)
    2,178円
    (20GB)
    Y!mobile 2,178円 3,278円
    (15GB)
    BIGLOBE
    モバイル
    1,320円 1,870円 3,740円
    mineo 1,518円
    (5GB)
    1,958円 2,178円
    (20GB)
    OCN
    モバイルONE
    990円 1,320円 1,760円 -

※料金はすべて税込価格です。

 政府の発言により値下げした「分離プラン」を発表している大手携帯キャリア

2019年8月現在、政府の「携帯電話料金は4割程度下げる余地はある」という発言により、各大手携帯キャリアから「分離プラン」と呼ばれる価格帯が安い新料金プランが登場しています。 

※スマホの方は表をスワイプできます。

大手携帯キャリアの新料金プラン
ドコモ ギガホ/ギガライト
au auピタットプラン、auフラットプラン7プラス、auデータMAXプラン
ソフトバンク ウルトラギガモンスター+、ミニモンスター 

これらの料金プランは、従来のものと比べて1GBあたりの単価が安くなっており、4割とは行かないまでも、ある意味で政府の求める携帯電話料金を下げる要望を満たしたプランとなっています。

 そもそも「分離プラン」とは?

ここまでに何度も登場している「分離プラン」とは、通信料金と端末代金を切り離して考える料金プランのことです。

 いままでの携帯キャリアの料金プランは「2年間の契約期間を条件に端末代金を割引する」が基本で、プラン内容が非常に複雑化してわかりづらくなっていました。

 その結果として、下記のような問題が頻出しています。

  • 携帯電話を契約してから2年間は使い続けなければならない
  • 解約する際、「更新月」でなければ無駄な契約解除料を取られてしまう
  • 端末代金割引/キャッシュバックを条件にした高額なプランやオプションへの勧誘が横行

    これによって、最終的にトータルで支払う携帯電話料金が高額化していました。

    これらの問題はすべて、携帯電話の通信料金と端末代金をセットにした割引施策があるためともいうことができます。

     つまり、端末代金割引(端末購入補助)に充てていた資金を、携帯電話の月額料金の値引きに使うことができれば、政府の求める通信料金の削減ができるということになります。

     そのため、これらの問題を解消すべく、携帯電話の利用料金と端末代金を切り離して考える「分離プラン」を義務化する動きが出てきたのです。

     なお、分離プランの義務化は「電気通信事業法改正」が施行される2019年10月1日からとなります。

    Y!mobile公式ページ

     ワイモバイルの分離プランは楽天次第?2019年上半期後半に登場予定

    大手携帯キャリアではすでに「分離プラン」の提供を開始していますが、元通信キャリアの「ワイモバイル」ではまだ分離プランを提供していません。

     そこで気になるのが「いつ発表されるの?」という時期についての疑問ですが、201985日に行われた「ソフトバンク20203月期 第1四半期 決算説明会」にて、ソフトバンクグループの宮内氏が以下の発言をしています。 

    • 楽天モバイルの料金プラン発表が行われてからワイモバイルにて発表
    • 時期としては楽天モバイルの発表が8月なら8月末、9月発表なら9月中旬を目処に
    • 今のMVNOレベルの金額で楽天モバイルが出してくるので、ワイモバイルに関しても同価格帯での対応

        参照:20203月期 第1四半期 決算説明会(動画)|ソフトバンク

        上記の内容から、第4の携帯キャリアとして参入予定の「楽天モバイル」を強く意識していることが伺えます。

        もともと楽天モバイルは格安SIMとして低価格なサービスを提供し続けており、同価格帯で勝負しているワイモバイルとしては強く意識せざるを得ないのでしょう。

         楽天モバイルの料金プラン発表が行われてからワイモバイルでも発表が行われることになりますが、どちらが先に発表するにしても「電気通信事業法改正」が施行される2019101日には分離プランが義務化されます。

        ショップスタッフの研修や広告宣伝の準備なども含めると、ワイモバイルの新料金プラン発表はどんなに遅くとも2019年9月中旬が濃厚だと予想できます。

        Y!mobile公式ページ

         2019年10月1日以降のワイモバイルの利用料金は安くなる?

        ワイモバイルの新料金プラン(分離プラン)は、どんなに遅くとも20199月中旬までには発表されるものと推測できます。

        それでは、2019101日に施行される「電気通信事業法改正」によって、毎月の携帯電話料金は果たして本当に安くなるのでしょうか?

        これに関しては筆者の個人的な推測となりますが、「今までと同じ価格帯か少し高めになる」と考えています。

         ワイモバイルでは、スマホのセット購入をする際に「スマホプランSML」を選ぶことで、端末ごとで決まっている金額が割引される仕組みになっていますが、2019101日以降はこの端末代金割引がなくなります。

        さらに、ワイモバイルの月額料金は元から低価格に設定されているため、新しい料金プランが発表されたとしてもそこまで大きな差はないのではないかと予測できます。

         「端末代金がなくなる」、「価格差の少ない料金プラン」の両者を踏まえると、端末代金割引がなくなった分だけ、毎月の携帯電話料金は高くなってしまうと言えるのではないでしょうか。

         ただし、すでに持っている携帯端末を使う場合においては、これまでと同様の価格帯か若干安い金額でスマホを使うことができるでしょう。

         つまり、新たに携帯端末を購入する場合においては「これまでと同等か高めの金額」、すでに持っている携帯端末を使う場合は「これまでと同等か若干低めの金額」でスマホを使うことができるものと思われます。 

        Y!mobile公式ページ

        現時点でできるスマホ料金を安くするための方法について

        ここまで、2019101日以降における携帯電話料金に対する筆者の個人的な見解を述べてきました。

         通信料金と端末代金を切り離して考える必要がある「分離プラン」ですが、近年のスマホ端末は10万円近い金額となりつつあるので、キャリアとしても何かしらのキャンペーンで端末代金を割引するものと思われます。

         しかし、端末代金割引が本当に行われるのかどうかはその時になってみないとわからないので、現時点でできる通信料金/端末代金を安くする方法を確認しておきましょう。

         筆者が考えられる「通信料金/端末代金を安くする方法」は以下の通りです。  

        ※スマホの方は表をスワイプできます。

        通信料金/端末代金を安くする方法
        通信料金を安くするためには 端末代金を安くするためには
        ● 格安SIMへ乗り換える
        ● 自宅の固定回線とのセット割を活用する
        ● 家族割/学割を活用する
        ● ポイントサービスを活用する(PayPayLINEポイント、dポイントなど)
        ● 携帯キャリアが行なっているキャンペーンを活用する
        携帯ショップが独自に行っているキャッシュバックを利用する(今後は無くなる可能性あり)
        中古スマホ取扱店で端末を購入する
        端末の下取りサービスを利用する

        ※端末の下取りサービスは、厳密にいうと通信料金から下取り機種の金額を割引するサービスですが便宜上「端末代金」の項目に記載しています

         ワイモバイルに関しては、ソフトバンク光やソフトバンクエアーなどの固定回線とのセット割、家族割や学割といった割引サービスが豊富に提供されています。

         また、端末の下取りプログラムもあるため、これらのキャンペーンを有効活用することで法改正が行われた後でも毎月の携帯電話料金を節約することができます。

         仮にワイモバイル以外の大手携帯キャリアを使う場合においても、同様の方法で毎月のスマホ代を節約できるので覚えておくようにしましょう。

        Y!mobile公式ページ

         まとめ

        以上、「ワイモバイルの新料金プランは2019年上半期後半に登場か?分離プラン発表は楽天モバイル次第」と題して、ワイモバイルの分離プランについての見解をお送りしました。

         ワイモバイルの新料金プラン(分離プラン)は、どんなに遅くとも2019年9月中旬までには発表されるだろうと予測できます。

         ただし、電気通信事業法改正が施行される2019101日以降のワイモバイルの月額料金は、今までの料金と比べて「同価格帯か若干高くなる」ものと思われます。

         新料金プランに関しては、実際に発表されてからでないとわかりませんが、「現時点でできるスマホ料金を安くするための方法について」の項目でご紹介した毎月のスマホ代を節約する方法に変わりはないので、事前にしっかりと確認しておくようにしてください。

        実際にワイモバイルを使っている人たちのリアルな口コミや評判は、以下の記事でご紹介しています。

        [関連記事]ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!のサムネイル
        ワイモバイルの料金プラン・口コミから乗り換え手順解説!ソフトバンクやUQモバイルと徹底比較!
        ソルディのファビコンwww.soldi.jp

        Y!mobile公式ページ

        • おすすめ格安SIM6選

        • 格安SIM料金表

            • UQモバイル
              • 3GBが月額1,628円(税込)で使えてとってもお得
              • 格安スマホの速度ランキング1位
              • 最大10,000円のキャッシュバック実施中
            • 公式サイトへ
            • 楽天モバイル
              • 3ヵ月間月額料金無料キャンペーン!
              • データ無制限の使い放題
              • Rakuten Linkアプリで通話もし放題
            • 公式サイトへ
            • Y!mobile
              • UQモバイルと同じく通信速度が速い
              • ネット割併用で3GBが月額990円(税込)〜
              • ソフトバンク直営で安心
            • 公式サイトへ
            • BIGLOBEモバイル
              • ポイント還元で最新スマホが実質0円
              • iPhoneSEが最安値で買える
              • エンタメフリーでYouTube等が見放題
            • 公式サイトへ
            • mineo
              • サービス満足度1位!
              • 最大20GBの大容量プランあり
              • ドコモ・au・ソフトバンクの3回線に対応
            • 公式サイトへ
            • OCNモバイルONE
              • 新料金プラン移行で1GB:770円/月
              • iPhone 12など端末のラインナップが充実
              • 新品スマホが1円~!端末セールが6/15まで開催中
            • 公式サイトへ
        • 3GB 6GB 10GB 12GB
          UQ
          モバイル
          1,628円 2,728円
          (15GB)
          楽天
          モバイル
          1,078円 2,178円
          (20GB)
          2,178円
          (20GB)
          Y!mobile 2,178円 3,278円
          (15GB)
          BIGLOBE
          モバイル
          1,320円 1,870円 3,740円
          mineo 1,518円
          (5GB)
          1,958円 2,178円
          (20GB)
          OCN
          モバイルONE
          990円 1,320円 1,760円 -

        ※料金はすべて税込価格です。

        この記事の著者

        編集

        Soldi編集部

        Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

        かおるや

        ライター

        かおるや

        職業
        インターネット回線販売 / パソコンサポート
        https://kaoruya.org/blog/
        専門・得意分野
        パソコン / スマホ / インターネット回線
        日々の業務で培ったスキルを活かして専門性の高い正確な情報を提供できるよう細部に拘って執筆しています。
        経歴:
        2011年 インターネット販売代理店へ転職
        2016年 独立
        ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
        機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

        【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

        【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

        【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!

        【28社比較】WiMAXを契約するなら! おすすめプロバイダ厳選5社!



        ナビナビ保険