Menu

要確認!ワイモバイルの公式料金シミュレーションを完全に使いこなす方法【料金事例あり】

ワイモバイルのお得な使い方を紹介した様子

大手キャリアのひとつ Y!mobile は、サービス内容が充実しているので、乗り換えを検討している人も多いと思います。

しかし、乗り換え時に悩むのが、いくつかある料金プランのどれを選べば良いかということではないでしょうか。

Y!mobileの公式ページには、スマホの使い方に応じて最適な料金プランを教えてくれる「料金シミュレーショ

ン」の機能が提供されています。

それを使えば、申し込み時の料金プランをどれにしようか迷ったときでも最適なプランを示してくれるので、乗り換え判断材料のひとつとして役立つことでしょう。

そこで今回の記事では、この料金シミュレーションの使い方をくわしく解説します。

具体的なモデルを例にシミュレーションを見ていくことで、

    • Y!mobileに乗り換えたときにどのくらいの料金になるのか
    • 自分に合う料金プランはどれか

がわかるようになります。

Y!mobileの快適なスマホライフの実現に向けて、ぜひ最後まで読んでくださいね!

Y!mobile公式ページ

事例でわかる!Y!mobileの料金シミュレーション

スマホを触りながらお金を積む男性

ここからは、具体的に3つのモデルを挙げて、料金シミュレーションをした結果をご紹介します。

自分のスマホの使い方であればどの程度のデータ容量となるのか、あなたの生活スタイルにより近いモデルを参考にしてみてください。

また、各モデルが自分にあまり合っていないという場合でも、後に紹介する「実践!Y!mobileの公式ページで料金シミュレーション」にて、自分にぴったりの料金プランが選べる料金シミュレーションの実践方法をお伝えします。

では、以下の3つのモデルについて見ていきましょう。

料金事例(1)家族との連絡とメールニュース程度でOK!な会社員

スマホを触るサラリーマン

会社員は、通勤途中でのメールニュースやウェブニュースのチェック、家族とのLINE連絡程度しかスマホを使わないということも少なくありません。

たまに同僚のSNSをチェックしたり、新規の客先に訪問する際の地図アプリなどを利用したりすることはあっても、それほどデータは消費しないでしょう。

会社員:Aさんの生活スタイル

  • データ消費は主に通勤途中や昼休みのみ
  • 通信量の多い動画やゲームなどはほとんど使わない
  • LINEやニュースアプリが使用のメイン
    また1日あたり、以下のスマホ利用をしているものとします。
  • ウェブページの閲覧:5ページ
  • Eメール:20通
  • メッセージアプリ:20回
  • 地図アプリ:1回
  • SNS:5分

ぐらいと想定されるので、料金シミュレーションをしてみると、1か月のデータ利用量は約1.77GB程度となります。

この方にはSプランがぴったり!

つまり、2GBまで高速データ通信ができるSプランがぴったりと言えます。

月間の利用料金(初年度)
基本料金プラン名 スマホプランS1,980円
オプション料金家族割引-500円
キャッシュバック家族のスマホまとめてキャンペーン-5,000円
合計合計金額1,480円/月(キャッシュバック-5000円

またAさんの場合、「スーパーだれとでも定額」などの通話オプションは必要なさそうです。

このスマホをメイン機として使っているものの、通話用途は病院や店舗予約などがメイン。長時間通話することは滅多にないからです。

よって、10分超過分のみ20円/30秒支払うプラン内の設定で十分です。

Aさんの父親は、すでにY!mobileユーザーで「スマホプランL」を使用しているため、Aさんには家族割引-500円/月が適用されます。

※参照:家族割引サービス
※家族割引には、主回線の契約プランなどに条件があります。

さらに、父親がY!mobileを契約したのはつい先日。家族割引サービス主回線(この場合、父のスマホ)の契約月と同月であったため、「家族のスマホまとめてキャンペーン」として5,000円還元が受けられました。

家族割引、家族のスマホまとめてキャンペーンについては、「家族で導入した場合の料金事例」の章でくわしく紹介していますので、ぜひご覧ください。

シミュレーションの結果、Aさんのスマホ使用料金は月1,480円となりました。

このケースでのプラン選びのポイント!

このスマホプランSは月々の料金が2,980円ですが、加入月から25か月間は「スマホプラン割引」が適用され、基本使用料から月々1,000円が割り引かれます。

また、26か月以上継続して利用している場合は、26か月目以降も基本使用料から月額1,000円がずっと割り引かれますので、実質1,980円で利用できることになります(2018年3月現在)。

料金事例(2)自宅での動画・ウェブ閲覧、ゲームがご褒美の主婦

うつ伏せでスマホを触る女性

次は、夫や子供が出かけた後に一通り家事をして、見逃したドラマの配信やYouTubeなどの動画投稿サイトを見てゆっくりと休憩するのが楽しみな主婦の場合を見てみましょう。

午後になると、夕食の献立を考えるために、クックパッドなどのレシピサイトをあれこれ検索します。

また、子供達が寝た後は、最近はまっているオンラインゲームでストレス解消するのが日課です。

そしてほぼ1日を通し、家族やママ友とのLINE連絡、SNS映えする写真を撮ってアップ、友達のブログをチェックする、といったことをこまめに行います。

主婦:Bさんの生活スタイル

  • オンラインゲーム・動画視聴など通信量を多く使う場合でも、基本的にはWi-Fi環境が整った自宅で楽しむ
  • 子供と一緒に行動するため、外でスマホを使うのは連絡時のみ

そんな主婦の1日のスマホの使い方は

  • ウェブページの閲覧:20ページ
  • 動画:60分
  • メッセージアプリ:40回
  • ゲーム:60分
  • SNS:60分

ぐらいと想定されます。

このうち、ゲーム・動画、ウェブページの閲覧、SNSの半分以上は自宅で利用すると考えられるため、自宅ではWi-Fi接続することを前提とすれば、スマホでのデータ消費量は約半分程度と見込めます。

各項目の使用量をその用途・環境と合わせて考えてみると、

  • ウェブページの閲覧: 10ページ
  • 動画: 0分(基本は自宅のWi-Fiを使って楽しむため)
  • メッセージアプリ: 20回
  • ゲーム: 0分(基本は自宅のWi-Fiを使って楽しむため)
  • SNS: 20分

ぐらいでしょう。

この方にはMプランがぴったり!

このシミュレーションの結果、1か月5.97GB程度の利用量となるので、6GBまで高速データ通信ができるMプランで十分と言えます。

月間の利用料金(初年度)
基本料金スマホプランM2,980円
割引料金おうち割 光セット-700円(税込)
おうち割でんきセット-100円(税込)
合計金額2,180円

なお、自宅でWi-Fi接続ができない場合、1か月20.51GB程度の利用量となるため、14GBまで高速データ通信ができるLプランを選ぶと良いです。

また、Bさんのご家庭は家計の見直しとして電気とインターネット回線を変更したため、月々のスマホ利用料金から割引が適用されます。

「おうち割 光セット」では、インターネット回線ソフトバンク air、ソフトバンク 光とのセット利用で、スマホプランSなら500円、Mなら700円、Lなら1,000円が割引かれます。

「おうち割 でんきセット」では、ソフトバンクのおうちでんきとセットで利用することで、月々100円の割引が受けられます。

※参照:おうち割

シミュレーションの結果、Bさんのスマホ使用料金は月2,180円となりました。

このケースでのプラン選びのポイント!

このスマホプランMは月々の料金が3,980円ですが、加入月から25か月間は「スマホプラン割引」が適用され、基本使用料から月々1,000円が割り引かれます。

また、26か月以上継続して利用している場合は、26か月目以降も基本使用料から月額1,000円がずっと割り引かれますので、実質2,980円で利用できることになります(2018年3月現在)。

料金事例(3)オンラインゲームや動画視聴が欠かせない学生

アプリゲームをする人

最後に、ネットゲームやYouTubeなどの動画投稿サイトの閲覧にどっぷりとはまっている大学生の例を考えてみましょう。

通学途中やお昼休みにはオンラインゲームか動画の視聴、帰ってからは夕食以外ずっとスマホを手放さずゲームや動画にひたっており、ほぼ1日を通して、友達や家族とのLINE連絡、SNSチェック、動画のアップなどをやっています。

大学生:Cさんの生活スタイル

  • とにかく一日中、スマホを触っている
  • ネットゲームやYouTubeなど通信量の多いコンテンツを楽しんでいるが、Wi-Fi環境はない場合が多い
  • 一人暮らし中、自宅にもインターネット回線は引かれていない

そんな大学生が1日にスマホを使うのは、

  • ウェブページの閲覧:50ページ
  • 動画:180分
  • メッセージアプリ:50回
  • 地図アプリ:1回
  • ゲーム:360分
  • SNS:30分

と想定されます。

月間の利用料金(初年度)
基本料金スマホプランL3,980円
割引料金スーパーだれとでも定額1,000円
家族割引-500円
合計金額4,480円

この方にはLプランがぴったり!

これをシミュレーションしてみると、1か月35.3GB程度の利用量となるので、14GBまで高速データ通信ができるLプランを選択することになります。

一人暮らしの大学生であればインターネット回線を引かないことも多いですが、最近ではマンションやアパートにあらかじめインターネット回線が引かれている場合も少なくありません。

その場合、自宅でWi-Fi接続をすると考えると、

  • ウェブページの閲覧:50ページ→20ページ
  • 動画:180分→60分
  • メッセージアプリ:50回→30回
  • 地図アプリ:1回
  • ゲーム:360分→60分
  • SNS:30分→15分

程度と想定されますが、この場合でも1か月13.31GB程度の利用量となるため、やはりLランを選ぶのが適切と言えます。

また、Cさんはプチ遠距離恋愛中の彼女との連絡のため、「スーパーだれとでも定額」をオプションで付けました。

このオプションは、他社も含めたすべてのスマートフォンやケータイ、固定電話への国内通話が、無料で利用できるものです。スマホプランはいずれも1,000円で利用できます。

※参照:スーパーだれとでも定額

シミュレーションの結果、Cさんのスマホ使用料金は月4,480円となりました。

このケースでのプラン選びのポイント!

このスマホプランLは月々の料金が5,980円ですが、加入月から25か月間は「スマホプラン割引」が適用され、基本使用料から月々1,000円が割り引かれます。

また、26か月以上継続して利用している場合は、26か月目以降も基本使用料から月額1,000円がずっと割り引かれますので、実質4,980円で利用できることになります(2018年3月現在)。

ここまで、一人で Y!mobile を利用する場合を想定して、料金シミュレーションをしてみました。

次からは、家族でY!mobileを利用した場合に、料金はどのようになるのかを見ていきましょう。

家族で導入した場合の料金事例

スマホやタブレットを触る家族

家族でY!mobileを導入した場合、一人で利用する場合に比べてどのくらいお得になるのか気になるところですよね。

Y!mobileでは、家族で契約した場合にお得となるサービス・キャンペーンを2つ実施しています(2018年3月現在)。

ひとつは2台目以降1台につき毎月500円ずつ割引される家族割引サービス、もうひとつは契約時に2台目以降1台につき5,000円ずつ割り引かれる家族のスマホまとめてキャンペーンです。

そして、この「家族割引サービス」と「家族のスマホまとめてキャンペーン」は、同時に適用されるのが嬉しいポイントです。

では、それぞれについてくわしく説明していきます。

家族割引サービス

「家族割引サービス」とは、家族で複数台を契約すると、2回線目以降、最大9回線までについて、1回線あたり基本使用料が毎月500円割り引かれるサービスです。

ただし、これは1回線目(主回線)と2~10回線目(副回線)が、それぞれ以下の料金プランのいずれかを契約した場合にのみ適用されます。

主回線スマホプランS/M/L
データプランL
Pocket WiFiの各料金プラン
ケータイプラン(ケータイプランSSを除く)
副回線スマホプランS/M/L
データプランL
Pocket WiFiプラン2・プラン2ライト
ケータイプラン(ケータイプランSSを除く)



※画像引用:ワイモバイル「家族割」

また、家族割引サービスが適用される「家族」については、「ご家族(血縁・婚姻)、または同姓、もしくは同住所(生計を同じくしている)であることが確認できること」が条件として指定されています。その場合とくに何親等以内といった条件はありません。

なお、家族割引サービスの申し込みは、全国のY!mobileショップ で行うことができます。契約者本人または家族が必要な書類を持参してください。

必要な書類は、Y!mobileのホームページから確認できます。

家族全員がスマホを持つという家庭も少なくないため、ぜひ利用したいサービスと言えますね。

家族のスマホまとめてキャンペーン


画像引用:家族のスマホまとめてキャンペーン

「家族のスマホまとめてキャンペーン」とは、スマホを2台以上契約すると、2台目以降につき1台あたり5,000円が基本料金や手数料などから割引されるキャンペーンです。新規契約や他社からの乗り換えでスマホプランS・M・Lを契約すると適用されます。

また、すでにY!mobileを利用している場合でも、以下の料金プランからスマホプランS・M・Lに契約変更する際に適用されます。

  • PHSの全料金プラン
  • スマホプランS/M/L(タイプ2)
  • スマホベーシックプランS/M/L(タイプ2)
  • LTE電話プラン
  • スマートプラン
  • スマートプランライト
  • ケータイプラン
  • ケータイ定額プラン
  • データプラン
  • ギガデータプラン


※画像引用:家族のスマホまとめてキャンペーン

ただし、このキャンペーンは

  • 家族割引サービスに加入すること
  • 同月内に主回線を含む複数回線を契約すること
  • 新規契約の場合、1台目の回線が利用可能になった後で2台目以降を申し込むこと

の3点を満たしている必要があります。

そのため、1台目は月初めに契約するなど、計画を立てて申し込むことが重要です。

なお、「家族のスマホまとめてキャンペーン」は、全国のY!mobileショップ またはオンラインストア で申し込むことができます。

以上のサービス・キャンペーンは、2人以上の家族であれば適用されるものでした。

もし、家族の中に5歳以上18歳以下の子供がいる場合はさらにもうひとつの割引が受けられます。

5歳以上18歳以下の子供がいない人は、次の説明を飛ばして「実践!Y!mobileの公式ページで料金シミュレーション」に進んでください。

タダ学割

「タダ学割」は、5歳以上18歳以下の子供にスマホを使わせる場合にお得となる割引サービスです。

子供に新しくスマホを持たせたい場合や、他者からの乗り換え、ソフトバンクからの番号移行時に適用されます。

この「タダ学割」は、スマホプランS/M/Lを契約することが条件となります。

サービス内容は、基本料金が最大3か月無料となるうえ、各料金プランの高速データ容量が2倍になる「データ容量2倍オプション」の月額料(通常500円)が、機種変更するまでずっと無料となります。

ゲームや動画視聴でデータ通信量を多く使ってしまいがちな子供を持つ人にとっては、とても嬉しいサービスですね。

申し込みは同じように、全国のY!mobileショップ またはオンラインストアできます。

ここまででY!mobileを利用した場合の料金イメージが掴めましたね。

では、実際に乗り換える際の料金シミュレーションを使ってみましょう。

実践!Y!mobileの公式ページで料金シミュレーション

持っているスマホにお金が入る様子

ここでは、実際に Y!mobile のホームページで実施できる料金シミュレーションのやり方について、順を追って見ていきましょう。

その前に自分が1日にどのようにスマホを使うのかを振り返っておくことをおすすめします。

あるいは、1日のスマホの使い方を1週間程度メモしておきましょう。

そして、その平均値を出したうえで、料金シミュレーションに挑戦してみてください。

なお、メモすべき項目を以下に挙げています。

  • ウェブ閲覧:○ページ
  • Eメール:○通
  • 動画視聴時間:○分
  • メッセージアプリ(LINEなど):○回
  • 地図アプリ:○回
  • オンラインゲーム:○分
  • SMS:○分

では、料金シミュレーションの手順です。

手順(1)「スマホプランS/M/L診断」

アクセスのタイミングによって異なる場合もありますが、以下のようなバナーを探してクリックします。

あるいは、直接「スマホプランS/M/L診断」にアクセスしてみましょう。

ワイモバイルシュミレーション
画像引用:Y!mobile

手順(2)料金プランを決める

先ほどのバナーをクリックする、または直接「スマホプランS/M/L診断」ページにアクセスすると、以下のようなページが表示されます。

ワイモバイルシュミレーション2

画像引用:スマホプラン診断

このページ中央にあるスマホプランのカテゴリから、まずS/M/Lのどれにするかを決めます。

それぞれ、月々の高速データ通信容量と、どのような使い方をする場合にぴったりなのかが簡単に書かれているので、だいたい自分に合っていると思ったプランをクリックしましょう。

すると、「1日あたりどれくらい使うかチェック!」のところにある各インジケーターが動きます。

これらの回数や時間が自分の使い方に合っていれば次に進みましょう。

もし、自分の使い方に即していなければ各インジケーターを調節してみてください。その結果、どの料金プランがぴったりかを自動的に教えてくれます。

手順(3)スマホも新しくしたい場合は、機種を検討する

同じページの下に進むと、自分に合ったプラン(S/M/Lのいずれか)に合うおすすめのスマホが表示されます。

スマホも新しくするのであれば、おすすめ機種の詳細を確認したり、その下の「スマートフォン一覧」のボタンをクリックしたりして検討しましょう。

画像引用:スマートフォン一覧

料金プランとスマホ(あるいはSIM)が決まれば、オンラインストア にて購入手続きができます。

これで、スムーズに申し込むことができますね。

Y!mobile公式ページ

まとめ

スマホとお金

ここまで、Y!mobileを利用する際に、どの料金プランを選べばいいのかを判断するための「料金シミュレーション」のやり方について見てきました。

料金プランを考える際も、料金シミュレーションをする際も、自分のスマホの使い方を把握しておくことが一番のポイントです。そのために再度

  • ウェブ閲覧:○ページ
  • Eメール:○通
  • 動画視聴時間:○分
  • メッセージアプリ(LINEなど):○回
  • 地図アプリ:○回
  • オンラインゲーム:○分
  • SMS:○分

上記の項目について把握しておくべきことをこの記事のポイントとしてあげておきます。

各項目について、一定時間利用した場合にだいたいどのくらいのデータ通信となるのかは、料金シミュレーションのインジケーターを操作すれば確認できるので、目安として知っておくと次に乗り換えるときなどにも重宝します。

便利に使って、Y!mobileによるスマホライフを賢く楽しみましょう!

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!