Menu

【2018年版】ワイモバイルスマホの新機種は2種類!性能・価格を徹底調査

スマホ 楽しそうな男性

「現在利用しているキャリアや格安SIMサービスからワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えたい」

「Y!mobileで新機種を使ってみたい」

と思った時、かかる費用などの違いがよく分からないと言う人も多いのではないでしょうか。

格安SIMの使い勝手の良さはすでにご存知の人も多いかと思いますが、実際に発売された新機種が今使っているものより優れているのか、

購入時にお得なプランはあるのか、色々と気になりますよね!

この記事を読めば、Y!mobileスマホの新機種をセット購入する際、どれがあなたに最適な機種なのかがわかります!

また、後半では、セット購入以外でも、Y!mobileで使用できるおすすめの新機種をご紹介します。

中々機種変更に踏み切れなかった人もぜひ参考にしてください。

それでは参りましょう。

目次

2018年Y!mobileの新機種は2つ!

2つ

2018年に発売されたスマホの新機種は2つあります!

それぞれ違った特色があるので、以下で説明していきます。

【新機種1】2018年6月発売!HUAWEI P20 lite

Y!mobile・製品・スマートフォン「HUAWEI P20 lite」
画像引用:Y!mobile「製品・スマートフォン」

こちらHUAWEI P20 liteはP10liteの後継機で、機能面は以下でも説明しますが、このように沢山の魅力的な機能を備えたSIMフリースマホです。

  • 特徴1: カメラ機能が充実
  • 特徴2: ベゼルが狭い&約5.8インチディスプレイ
  • 特徴3: VoLTE対応で音質向上
  • 特徴4: 大容量バッテリーと急速充電に対応

今使っているキャリア、格安SIMの「画質が荒い」「音質が悪い」「バッテリーの容量に不満」という人にオススメです。

それでは以下でくわしく説明していきます。

特徴1: カメラ機能が充実

まずカメラ機能についてですが、メインカメラは、有効画素数約1,600万画素と約200万画素のカメラを組み合わせたダブルレンズカメラです。

ダブルレンズカメラなら、難しい設定など必要なしに、被写体の背景をぼかしたり、明るく鮮明な写真を撮影したりすることができます。

サブカメラには、有効画素数約1,600万画素のカメラを搭載しており、「自撮り」も高画質で楽しめます。

特徴2: ベゼルが狭い&約5.8インチディスプレイ

次に機体のデザインについてです。

美しく高級感のあるデザインに加え、アスペクト比19:9の約5.8インチのディスプレーを搭載するほか、狭額縁設計によって大画面でありながら片手で持ちやすいボディーです。

特徴3:VoLTE対応で音質向上

続いて、格安SIMといえば気になるのは音質ですよね。

HUAWEI P20 lite は、VoLTEという、超高速通信サービス(FDD-LTE)による音声通話サービスに対応しています。

よって、従来の音声ではカットされていた高音域の音声成分も含んで耳に入ってくるので、、音がこもらずクリアで聞き取りやすい通話が可能です。

特徴4:大容量バッテリーと急速充電に対応

最後に、どんなスマホを使用していても気になるのがバッテリーです。

最近販売中のスマホとしては一般的な3,000mAhの大容量バッテリーを搭載していて、電池切れを心配することなく利用できます。

また、急速充電に対応しており、10分間の充電で約24時間の連続待ち受けが可能です。

そのほか、4GBのRAMを搭載しており、ストレスなく快適に動画などを楽しめます。

HUAWEI P20 proとの違いは急速充電!

HUAWEI P20 lite には、実は同シリーズにはHUAWEI P20 proというモデルがあります。

HUAWEI P20 proはHUAWEI P20 liteと同様に、大容量のバッテリーや高機能なカメラ性能など、カメラが好きな人にはオススメの機体ですが、HUAWEI P20 liteには更に10分間の充電で約24時間の連続待ち受けが可能という急速充電という強みがあります。

以下ではHUAWEI P20 liteの強みを説明していきます。

「HUAWEI P20 lite」のスペック

基本スペック
サイズ約W71×H149×D7.4mm
連続通話時間〔3G〕約1,020分 〔LTE〕 約960分 〔GSM〕約1,020分
充電時間約100分(梱ACアダプタ) 約142分(USB Type-Cアダプタ)
ROM/RAM容量32GB/4GB

バッテリー容量の多さと充電時間の短さは、電話を利用することの多い人にもおすすめです。

HUAWEI P20 liteをセット購入した場合の月々の料金目安

こちらでは料金の目安について、基本的なプラン3つをまとめています。

Y!mobile機種代金/月(24回払い)月額料金総額(24回払い)
スマホプランS1,890円3,218円(利用開始翌月から12ヵ月以降:4,298円)96,672円
スマホプランM1,890円3,758円(利用開始翌月から12ヵ月以降:4,838円)103,152円
スマホプランL1,890円5,918円(利用開始翌月から12ヵ月以降:6,998円)154,992円

HUAWEI P20 liteを購入した人の口コミは?「カメラがよくなった!」が多数あり

これまでHUAWEI P20 liteの色々な機能について説明してきましたが、口コミの中でも特に多かったのはカメラについてです。

以下ではいくつか実際の口コミを引用しています!

「綺麗。設定項目が多く、自分の好みを細かく決められる。ファイグリッドやフィボナッチグリッドが選べる。プロ向けな感じがする。」
「カメラはイン、アウトともに1600万画素。アウトはさらに200万画素のカメラもあり、ボケ味のある撮影が簡単にできます。SNSやYoutube投稿も十分な性能です。」
「メルカリとの相性も良くなりました♪」

引用:価格.com「レビュー・評価」

【新機種2】2018年8月発売!かんたんスマホ

Y!mobile 「かんたんスマホ」
画像引用:Y!mobile「かんたんスマホ」

Y!mobileブランドとして初めて、初心者向けスマートフォン「かんたんスマホ」(京セラ製)が8月9日に発売されました。

「かんたんスマホ」は、文字を大きくしたり機能・アプリを厳選したりして、使いやすさに配慮したホーム画面を実現しているので、まだスマホを利用したことが無い人や、難しい操作が苦手な人にもオススメです。

以下では3つの特徴を説明していきます。

  • 特徴1: 大文字表示&かんたん操作
  • 特徴2: 操作に困ってもすぐに無料で相談できる
  • 特徴3: 契約時「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」が使える!(2018年9月現在)

それでは参りましょう!

特徴1:大文字表示&かんたん操作

はじめに、前述の通り「かんたんスマホ」は、文字を大きくする機能があります。

その他にもよく使う連絡先を4件までホーム画面の下に配置できるほか、電話、メール、ホームは専用ボタンを用意してすぐに使えるようになっています。

不在着信などがある場合は、対応するボタンが光るようになっているのもありがたいですね。

特徴2:操作に困ってもすぐに無料で相談できる

次にネットにつながらない、音が鳴らないなど、操作に困ったときには、アイコンを押すだけで内容を検知して解決する「押すだけサポート」機能がホーム画面中央に配置されています。

解決できなくても、専用のカスタマーセンターに無料の通話で直接相談できます。

特徴3:契約時「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」が使える!(2018年9月現在)

発売開始にあわせ、60歳以上のユーザーが同端末を購入した場合、固定電話宛を含むすべての国内通話が何分でも無料になるキャンペーン「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」が実施されています!

一人暮らしのおじいちゃんやおばあちゃんに持ってもらうスマホとしてもぴったりですね。

注意点:バッテリーは長持ちと言いつつ、特筆して大容量ではない

かんたんスマホは2,600mAhバッテリーで大容量という評価ではありますが、これはあくまで「インターネットを多く使用しなければ」という前提です。

利用者の中にはインターネットを多用しない人も多くいるため、必然的にバッテリーは長持ちになります。

結局は利用者によって左右されてしまいますので、自身の普段の利用方法を省みて検討した方がいいかもしれません。

「かんたんスマホ」のスペック

かんたんスマホのスペックを、以下に表にまとめます。

基本スペック
サイズ約W71×H147×D9.2mm
連続通話時間〔3G〕1360分 〔LTE〕1010分 〔GSM]780分
充電時間約140分
ROM/RAM容量32GB/3GB

かんたんスマホをセット購入した場合の月々の料金目安

Y!mobile機種代金/月(24回払い)月額料金総額(24回払い)
スマホプランS ※60歳以上2,484円2,780円(利用開始翌月から12ヵ月以降:3,780円)78,720円
スマホプランM ※60歳以上2,484円3,780円(利用開始翌月から12ヵ月以降:4,780円)102,720円
スマホプランL※60歳以上2,484円5,780円(利用開始翌月から12ヵ月以降:6,780円)136,848円

かんたんスマホを購入した人の口コミは?「バッテリーが長持ち」が多数あり

以下では実際に使用した人の口コミには

「がっつり使用して2日もちました。」

など、大容量のバッテリーについてのお声が多いです。

引用:価格.com「かんたんスマホ 705KC ワイモバイル [ライトピンク]」

次の新機種発売はいつ?!予測情報を整理

クエスチョン?

これまで春夏、秋冬と新機種を発売してきたY!mobileですが、次回がいつ、どの機種なのか楽しみですね。

以下では次の新機種発売はいつなのか、筆者の予測を書いていきます!

大本命はiPhone7!

以前、iPhone6sを2017年の10月に発売しているY!mobileなので、これまでの1年スパンで新作発表という Appleの方針を考えると、iPhone7が昨年に続き2018年10月に発売される可能性が高いのではないでしょうか。

Android OneからX5・S5が発売か?

これまでにもAndroid Oneは沢山発売されており、発売時期にも偏りがあるように思えます。

Android One S12017年2月(SHARP)
Android One S22017年3月(京セラ)
Android One X12017年6月(SHARP)
Android One X22017年12月(HTC)
Android One S32018年1月(SHARP)
Android One X32018年1月(京セラ)
Android One S42018年2月(京セラ)
Android One X42018年6月(SHARP)

過去の傾向を見ても、この秋冬で発売されるとしたら、やはりX5とS5でしょうか。

京セラとSHARPのどちらから発売されるかも楽しみですね。

セット購入以外の新着モデル!Y!mobileが使えるおすすめ機種紹介

NEW PRODUCT

では、Y!mobiledですでに動作確認されている機種の中から、おすすめの機種をご紹介します!

ZenFone 5Z(ASUS):2018年6月発売

ZenFone 5Zは、2018年6月15日に発売されたゲーム性能の強い格安スマホです。

超高性能のSnapdragon 845(SDM845)、RAM6GB、ROM128GB、DSDV対応、6.2インチのノッチ付きの縦長画面を搭載しており、価格相応、もしくは価格以上の性能を出してくれるフラグシップ機です。

ざっくり区別すると、ゲーム性能を最重視する場合は、このZenFone 5Zがおすすめです。

Moto G6 :2018年6月発売

Moto G6は、2018年6月8日より発売されたSIMフリーのスマートフォンです。

Moto G6は、シンプルで美しいデザイン、ピュアAndroidに近い仕様や、私たちの身体の動きを感知して必要な機能を素早く提示するMotoアクションなど、どちらかと言えば玄人好みの端末に仕上がっている製品です。

ピュアAndroidというのは、カスタマイズがされていないAndroidOSのことを言います。

キャリアから発売されているandroid端末はメーカー(キャリア)独自のプリインストールアプリなどでカスタマイズされているAndroidOSが使われているんですね。安価にスマートフォンを運用したいユーザーにもおすすめです。

Y!mobileのセット購入、申し込み手順を解説!

ステップ1 ステップ2 ステップ3

オンラインストアでのセット購入についての手順を説明しますので、ぜひ参考にしてください。

STEP1:オンラインストアから契約する端末を選ぶ

はじめに、契約する端末をオンラインストアのラインアップから選びましょう。

STEP2:契約情報を入力する

料金プランなどの申込み内容を入力していきます。

STEP3:支払い方法を指定・情報入力をする

購入時と月々の支払額が常に画面に表示されるので、料金を確認しながら入力を進めてください。

STEP4:本人確認をする

書類種別の「選択してください」から本人確認に用いる書類を選択し、スマホまたはPCからアップロードしてください。

STEP5:契約者情報を入力する

本人確認書類と同一の住所を入力してください。

※MNPの場合は予約番号の入力もしましょう。

STEP6:完了

「お申込内容確認」、「重要説明事項」を確認して内容に問題が無ければ、「お申込み」を選択してください。

セット購入のポイント1:契約者名義を同一にする

大前提ですが、現在利用しているスマートフォン・ケータイ・Pocket WiFiの名義が同一か確認してください。

セット購入のポイント2:対応機種の購入

セット購入の際には検討している端末を以下の条件で購入してください。

対応機種購入方法料金プラン申し込み種別
Pocket WiFi 601ZT MediaPad M3 Lite s MediaPad T2 Pro Lenovo TAB4 Lenovo TAB3 Lenovo TAB2 Battery Wi-Fiバリュースタイル加入で分割購入データプランS新規 契約変更
MediaPad M1 Car Wi-Fiバリュースタイル加入で一括購入

以上でセット購入の適用条件は満たせるので、ぜひ活用してくださいね。

まとめ

これまでY!mobileの新機種について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

それぞれの項目は以下にまとめます。

  • HUAWEI P20 liteはカメラ機能が充実していて、大容量バッテリーと急速充電に対応!
  • かんたんスマホは大文字表示&かんたん操作に加えて、操作に困ってもすぐに無料で相談できる!
  • 次の新機種発売はいつ?!予測情報を整理
  • Y!mobileのセット購入、申し込みは6つの手順と2つのポイント!

格安SIMを検討しているのに、続々と新機種が出てきてどれがいいのか分からない、という人も多いかと思います。

筆者自身、機種変更をする時はいつも悩んでいました。

色々な特徴のある機種が増えてきたからこそ、この記事を通じて自身の好みに適したスマホを使って快適な格安SIMライフを送ってくださることを願っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!