Menu

スマホプランなら無料で使える!ワイモバイルでテザリングを利用するための全知識

外でスマホを見ながらパソコンをする男性

ノートパソコンやタブレットを持ち歩き、外出先でインターネットにつなぎたいと思ったときに便利なテザリング。

速度が安定しているうえに安価で利用できるワイモバイル(Y!mobile)で、テザリングを利用したいと思っている人も多いのではないでしょうか?

Y!mobileでは、スマホプランをはじめとしたテザリング対応の料金プランを契約していれば、無料でテザリングが利用できます。

もし、あなたが

  • Y!mobileでテザリングを使いたい
  • Y!mobileで簡単にテザリングが使えるのか知りたい
  • テザリングを使うときに注意することがあれば知りたい

と思っているなら、ぜひこの記事を読み進めてください。

この記事では

  • テザリングの仕組み
  • Y!mobileのテザリング対応料金プラン
  • Y!mobileのテザリング対応機種
  • テザリングの設定方法

についてくわしく解説します。

テザリングの設定自体は手順を追えば決して難しいことはありません。

最後まで読めば、Y!mobileのテザリングが自分にぴったりかどうかがわかり、スムーズにテザリングの設定もできるようになります。

また、Y!mobileのおすすめキャンペーンもあわせてご紹介し、Y!mobileへのお得な乗り換えをサポートします。

2~3分で読める記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

Y!mobile公式ページ

目次

テザリングの仕組み

オフィスで座ってメディア機器を使用する女性達

テザリングとは、スマホなどを経由して、ノートパソコンやタブレットなどデータ通信の契約をしていない機器をインターネットに接続することを言います。

下の図でもわかるように、スマホをルーターとして使うイメージですね。

ワイモバイル テザリング

外出先でもノートパソコンでネット検索やメールの送受信ができるので、ビジネスシーンにも重宝します。

もちろん、テザリング機能を利用している最中でも、スマホでの通話やメール送受信、ウェブ閲覧などは通常通り可能です。

テザリングの3つの接続方法

一般的に、テザリングには、ノートパソコン・タブレット・ゲーム機などの接続機器とスマホとの接続方法によって、以下の3種類があります。

  • Wi-Fiテザリング
  • USBテザリング
  • Bluetoothテザリング

それぞれの特徴をまとめたので、ご覧ください。

スマホ・接続機器間
の接続方法
メリットデメリット
Wi-FiテザリングWi-Fi・複数台を同時に接続できる
・ケーブル不要で手軽に利用できる
・Wi-Fi搭載機器が多いため、利用しやすい
・スマホのバッテリーの消耗が激しい
・パスワードを設定する必要がある
USBテザリングUSBケーブル・テザリングしながら、同時にノートパソコンからの給電が可能・USBケーブルの携帯が必要
・1台しか接続できない(※1)
BluetoothテザリングBluetooth・複数台を同時に接続できる
・ケーブル不要で手軽に利用できる
・Wi-Fiテザリングよりスマホのバッテリーの持ちが良い
・パスワードの設定が不要
・少し古い機種・機器だとBluetoothに対応していない

では、3つのテザリング方法について、メリットやデメリットをひとつずつ見ていきます。

その時の状況や利用スタイルに合わせて、3つのテザリング方法から最適なものを選びましょう。

Wi-Fiテザリング

NTT docomo テザリングとは
画像引用:NTT docomo「テザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ」

接続機器とスマホをWi-Fiで接続するテザリング方法です。

現在ではほとんどの機器がWi-Fiに対応しており、接続のためのケーブルなども不要で手軽につなげられるうえ、複数台を同時に接続できるのもポイントです。

ただし、スマホのバッテリーの減りが速いため、長時間のテザリングには向きません。

また、セキュリティ対策のためにパスワードを設定する必要があります。

USBテザリング

NTT docomo テザリングとは
画像引用:NTT docomo「テザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ」

スマホと接続機器をUSBケーブルで接続するテザリング方法です。

ノートパソコンをつなげば、スマホに給電しながらテザリングできるため、バッテリーの消耗を気にする必要がなく、長時間テザリングに最適です。

ただし、スマホ1台に対して1台の接続機器しか接続できないというデメリットがあります。

もちろん、ハブとLANケーブルを使用すればノートパソコン経由で複数台つなげることも可能ですが、外出先での利用を想定した場合、あまり現実的とは言えません。

Bluetoothテザリング

https://www.nttdocomo.co.jp/service/tethering/about/index.html
画像引用:NTT docomo「テザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ」

スマホと接続機器をBluetoothで接続するテザリング方法です。

Wi-Fiと同様に、接続ケーブル不要、かつ複数台同時接続が可能なため、手軽に利用できるのが特徴です。

そのうえ、Wi-Fiに比べてスマホのバッテリーの消耗が小さいので、バッテリー残量に不安のあるときは、Bluetoothテザリングがおすすめです。

とはいえ、Wi-Fiよりも新しい規格のため、スマホの機種や接続機器によってはBluetooth機能が搭載されていない場合もあります。

テザリングのよくある質問(1)速度は落ちる?

テザリングは、スマホやタブレットを経由すること、電波を共有することなどにより、スマホでインターネットを利用するときに比べて速度低下が見られます。

とはいえ、Y!mobileはSoftBank回線を使用しているため、4G/3Gの高速通信が可能です。

そのため、各料金プランのデータ容量を超過して低速化してしまわない限り、「とても使えない」というようなことにはなりません。

なお、テザリングの方法によって速度低下の度合いが異なりますが、一般的に、

USBテザリング<Wi-Fiテザリング<Bluetoothテザリング

となり、Bluetoothでテザリングを利用したときが、一番速度低下が大きく(一番遅く)なります。

テザリングのよくある質問(2)ポケットWi-Fiとどちらがいいの?

Pocket Wi-Fiも、テザリングと同様に外出先で手軽にインターネットが利用できる方法のひとつです。

Y!mobileでは、国内通信向けに以下の2つのPocket Wi-Fiプランを提供しています。

Pocket Wi-Fiプラン2Pocket Wi-Fiプラン2ライト
データ容量7GB5GB
月額料金3,696円2,480円
対応機種603HW、504HW、502HW601ZT、506HW

参照:Y!mobile「Pocket WiFiプラン2|Pocket WiFi|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

では、テザリングとPocket Wi-Fi、どちらを選べば良いのかを考えてみましょう。

テザリングがおすすめのケース

結論、次のような場合はテザリングがおすすめです。

  • 外出先でノートパソコンやタブレットなどをインターネットにつなぐ必要がそれほどない
  • スマホ単体とテザリングを合わせたデータ通信が、スマホの料金プランのデータ容量でまかなえる
  • 荷物を増やしたくない
  • コストを抑えたい

Pocket Wi-Fiがおすすめのケース

一方、Pocket Wi-Fiがおすすめなのは、以下のようなケースです。

  • 外出先で動画やオンラインゲームなど大容量データ通信を行いたい
  • スマホの利用だけで毎月データ容量を使い切っている

テザリングは、外出先でちょっとノートパソコンやタブレットでインターネットを見たい、というときにぴったりなんですね。

Y!mobileのテザリングは無料で使える!

スマホを見ながらパソコンをする女性

先ほどご紹介したように、テザリングは「使えると便利」な機能のひとつです。

でも、そのために余計な料金が必要となるのでは困りますよね。

事業者によっては、テザリングを利用するために有料オプションを申し込む必要がありますが、Y!mobileでは申し込みも料金も不要でテザリングを利用できます。

ただし、対応している料金プランが決まっていて、どのプランでもOKというわけではありません。

Y!mobileのテザリング対応プラン

テザリングに対応している料金プランとその料金は、以下の表をご覧ください。

よく利用されているスマホプランはもちろん、データプランやケータイプランでもテザリングできます。

テザリング対応プランデータ容量(※1)通話月額料金
スマホプランS1GB・1回10分以内の国内通話:無料
・10分超過分:20円/30秒
1,980円/2,980円(※2)
スマホプランM3GB2,980円/3,980円(※2)
スマホプランL7GB4,980円/5,980円(※2)
データプランS1GB通話不可1,980円(※3)
データプランL7GB3,696円(※3)
シェアプランスマホプラン/データプランの容量をシェア通話不可・親回線がスマホプランS/データプランSの場合:980円
・親回線がスマホプランMの場合:490円(※4)
・親回線がスマホプランL/データプランLの場合:0円(※4)
ケータイプランSS
(※5)
パケット定額
(上限2.5GB)
・1時~21時までY!mobile・SoftBank携帯への通話:無料
・上記以外の時間帯・相手先への通話:20円/30秒
1,234円+パケット定額(0.005円/1パケット、上限額4,500円)
(※6)

※1.いずれもデータ容量2倍オプションなどを利用しない場合。容量を超えて使った場合は、低速化(送受信時最大128kbps)される。
※2.1年目の月額料金(ワンキュッパ割適用)/2年目以降の月額料金を示す。いずれも、2年単位の契約自動更新となる。
※3.3年単位の契約自動更新となる。
※4.シェアプランセット割適用時。
※5.ただし、Simply、AQUOSケータイ、DIGNOケータイは対象外。
※6.テザリングを利用するためにはデータ通信が必要となるため、基本使用料934円(2年単位の契約自動更新)にベーシックパック300円とパケット定額(0円~4,500円)がプラスされる。
参照:Y!mobile「スマートフォンの料金プラン|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」
参照:Y!mobile「スマートフォンの料金プラン 詳細|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」
参照:Y!mobile「データプランS/L|タブレット|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」
参照:Y!mobile「シェアプラン|スマートフォン・タブレット|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」
参照:Y!mobile「ケータイプランSS|ケータイ|料金|Y!mobile(ワイモバイル)」
参照:Y!mobile「ベーシックパック/パケット定額|ケータイ|料金|Y!mobile(ワイモバイル)」

Y!mobileのメリット(1)対応端末が豊富

Y!mobileで購入できる端末のほとんどがテザリング対応となっているため、豊富な中から選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

以下がテザリング対応端末です。

なお、一部、Y!mobileオンラインストアでは取り扱いのないものもありますので、その場合はY!mobileショップにて購入してください。

種類シリーズ機種
スマホiPhone6S/SE
Android OneX3/X2/X1/S4/S3/S2/S1/507SH
HUAWEIP20 lite/nova lite for Y!mobile/LUMIERE
Nexus6P/5X
DIGNOE
AQUOS CRYSTALY2/Xx-Y
タブレットLenovoTAB4/TAB3/TAB2
MediaPadM3 Lite s/T2 Pro/M1 8.0
Surface3
ケータイAQUOSケータイ2(602SH)
DIGNOケータイ2(702KC)

参照:Y!mobile「製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

Y!mobileのメリット(2)月額無料・申込みが不要

他社では有料オプションであるケースも見られるテザリングですが、先ほども述べたように、Y!mobileでは、申し込みや料金は不要でテザリングを利用することができます。

他社でテザリングを利用する場合、例えば、大手キャリアだと以下の月額料金と申し込みが必要です。

  • au:0~500円(料金プランにより異なる)
  • SoftBank:0~500円(料金プランにより異なる)
  • docomo:1,000円(2018年5月現在、キャンペーンにより無料かつ申し込み不要)

Y!mobileのメリット(3)古い端末を再利用できる

Y!mobileでは、SIMカード単体の購入もできるため、SIMロックが解除されていれば手持ちの古い端末でも使える場合があります。

Y!mobileのSIMカードとの接続実績のある端末が公式ページで公開されているので、古い端末がある場合は確認してみましょう。

ここまでを読んで、「無料でテザリングができるのは魅力的だけど、設定方法がややこしいのはちょっと…」と思った人も、安心してください。

次の章では、Wi-Fiテザリングを利用する方法を、ステップごとにくわしく解説します。

Y!mobileでテザリングを利用するステップ

ここからは、3つのテザリングの中でも一番設定手順の多いWi-Fiテザリングの設定方法を、iPhone(iOS)とAndroidそれぞれについて、くわしく見ていきます。

OSのバージョンなどによって表記が多少異なりますが、流れはほぼ同じです。

Wi-Fiテザリング設定手順:iPhoneの場合

まず、iPhoneでテザリングする場合の設定手順をご紹介します。

ステップ1:「設定」→「インターネット共有」画面

ホーム画面の「設定」アイコンをタップし、表示された設定画面の「インターネット共有」をタップします。

「インターネット共有」が表示されていない場合は、「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」の順にタップします。

Y!mobile  iPhone
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ステップ2:Wi-Fiのパスワードを設定する

「インターネット共有」画面の「“Wi-Fi”のパスワード」をタップしてパスワード(半角英数字8文字以上)を入力し、「完了」をタップします。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ステップ3:インターネット共有をオンにする

「インターネット共有」の右側にあるスイッチをタップします。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

スイッチをオンにしたときに、下のようなポップアップ画面が表示された場合は、それぞれをオンにします。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

最終的に、「インターネット共有」のスイッチがオンになっていればインターネット共有の設定が完了です。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ステップ4:子機を接続する

「インターネット共有」の設定が完了した先ほどの画面に、ネットワーク名とパスワード(下の画面の赤い破線枠部分)が表示されているはずです。

この画面を表示させたまま、テザリングで接続する機器にこのネットワーク名とパスワードを設定すれば、テザリングが利用できます。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ iPhone ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

Wi-Fiテザリング設定手順:Androidの場合

では、次にAndroid 5.0でのテザリング設定手順を説明します。

ステップ1:設定→テザリングとポータブルアクセスポイント

ホーム画面で「設定」アイコンをタップし、「無線とネットワーク」カテゴリの「もっと見る」をタップします。

その中の「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップします。

※Android 8.0の場合は、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「アクセスポイントとテザリング」の順にタップします。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ワイモバイル  テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ステップ2:アクセスポイントの設定(1)

「Wi-Fiアクセスポイントをセットアップ」をタップします。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ステップ3:アクセスポイントの設定(2)

ネットワーク名・セキュリティ・パスワードの表示画面が出るので、順番に確認と設定を行います。

まず、ネットワーク名を変更する場合は「ネットワーク名」をタップして任意の文字列を入力します。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

次に、「セキュリティ」をタップし、接続する子機のWi-Fiセキュリティ方式を選択します。

通常は「WPA2 PSK」となりますが、対応していない場合は「なし」を設定してください。

ワイモバイル テザリング

画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

最後に「パスワードを表示する」をタップしてパスワードを確認し、変更する場合は任意のパスワード(半角英数字8桁~63桁)を入力します。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ネットワーク名・セキュリティ・パスワードの設定が終われば、「保存」をタップします。

ステップ4:Wi-Fiアクセスポイントをオンにする

「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップし、ステータスバーに以下のアイコンが表示されていれば、設定完了です。

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

ワイモバイル テザリング
画像引用:Y!mobile「[ Android 5.0 ] Wi-Fiテザリング接続方法を教えてください。(親機として利用する場合) | よくあるご質問 | ワイモバイル」

どうですか?

テザリングって難しそうだけど、意外と簡単に設定できるんです。

Y!mobileのオススメキャンペーン6選!

「テザリングも簡単にできそうだし、じゃあ、Y!mobileにしようかな」と思ったあなたに、よりお得にY!mobileを申し込めるよう、次の6つのおすすめキャンペーンを簡単にご紹介しましょう。

※いずれも、2018年5月現在の情報です。

  • データ容量2倍オプション無料キャンペーン
  • 家族割引サービス
  • 家族のスマホまとめてキャンペーン
  • 下取りプログラム
  • おうち割り
  • Surface 3 得割

データ容量2倍オプション無料キャンペーン

Y!mobile「データ容量2倍オプション無料キャンペーン
画像引用:Y!mobile「データ容量2倍オプション無料キャンペーン|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

スマホプランS/M/Lのデータ容量はそれぞれ1GB/3GB/7GBで、少し物足りないという人も少なくないでしょう。

そんなときは、データ容量2倍オプション(500円/月)を申し込むと、2倍の2GB/6GB/14GBまで使うことができ、データ追加購入(500円/500MB)するより断然お得です。

このデータ容量2倍オプションが2年間無料で利用できるというのが、この「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」です。

キャンペーンが適用されるのは、以下のいずれかの形態でスマホプランS/M/Lを契約した場合です。

  • 新規契約
  • 他社からの乗り換え
  • SoftBankからの番号移行
  • 契約変更

テザリングを利用することを考えれば、とくに利用したいキャンペーンですね。

家族割引サービス

Y!mobile 家族割引サービス
画像引用:Y!mobile「家族割引サービス|割引サービス|料金|Y!mobile(ワイモバイル)」

家族もY!mobileに乗り換えようと考えている場合は、この家族割引サービスでよりお得になります。

指定の料金プランで契約すれば、家族で利用する2回線目以降、最大9回線までの基本使用料から、1台につき毎月500円が割り引かれます。

たとえば、家族4人でY!mobileの指定料金プランを利用した場合、500円×3=1,500円も安くなります。

指定料金プランについては、以下をご覧下さい。

なお、1人で複数回線を契約する場合にも、2回線目以降に家族割引サービスが適用されます。

Y!mobile 家族割引サービス
画像引用:Y!mobile「家族割引サービス|割引サービス|料金|Y!mobile(ワイモバイル)」

また、家族がすでにY!mobileを利用している場合でも、指定料金プランに該当していれば、追加申し込みで家族割引サービスが適用されるので、忘れずに申し込みましょう。

家族のスマホまとめてキャンペーン

Y!mobile 家族のスマホまとめてキャンペーン
画像引用:Y!mobile「家族のスマホまとめてキャンペーン|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

家族で同時期にY!mobileを申し込む場合は、この「家族のスマホまとめてキャンペーン」もぜひ利用したいです。

適用条件を満たすと、家族で申し込む2回線目以降の1回線につき5,000円が還元されます。

これは、家族割引サービスと同様に最大10回線目までに適用されるので、家族が多い場合に大変お得となります。

適用条件は、以下となります。

  • 新規契約、他社からの乗り換え、対象料金プラン(※)からの変更
  • スマホプランS/M/Lのいずれかを契約すること(契約期間2年のみ)
  • 家族割引サービスに加入すること
  • 家族割引サービスの主回線を含む複数回線を同月内に申し込むこと
  • 1回線目が利用可能となった後に2回線目以降を申し込むこと

※変更元の対象料金プラン

  • PHSの全料金プラン
  • スマホプランS/M/L(タイプ2)
  • スマホベーシックプランS/M/L(タイプ2)
  • LTE電話プラン
  • スマートプラン
  • スマートプランライト
  • ケータイプラン
  • ケータイ定額プラン
  • データプラン
  • ギガデータプラン

上記のように、このキャンペーンは同月内に申し込んだ主回線を含む複数回線が対象となります。

一方で、1回線目が利用可能になっていない状態で2回線目以降を申し込んだ場合は無効となるため、申し込むタイミングが重要となります。

ワイモバイルショップであれば、複数回線を同時に申し込んだとしても、キャンペーンが適用されるように調整してもらえる可能性が高いです。

しかし、オンラインストアで申し込む場合は、1回線目が利用可能となってから2回線目以降を申し込んでも同月内に収まるように、月初めに1回線目を申し込むなど、タイミングを十分に考慮しましょう。

下取りプログラム

下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
画像引用:Y!mobile「下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

今使っている端末はまだ使えるけど、Y!mobileに申し込むときに端末も新しいものにしたいという場合に利用したいのが「下取りプログラム」です。

以下の形態で申し込んだときに、端末の下取り価格を毎月の料金から割り引いてもらえます。

  • 新規加入
  • 他者からの乗り換え
  • 機種変更
  • 契約変更

ただし、下取り対象機種が限られており、下取り金額も随時更新されるので、申し込む前に公式ページで確認してください。

おうち割り

おうち割
画像引用:Y!mobile「おうち割|割引サービス|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

自宅のインターネット回線が、SoftBank光またはSoftBankAirであれば、Y!mobileの利用料金から毎月500円~1,000円割り引かれる「おうち割 光セット」を忘れずに申し込みましょう。

また、Y!mobileに乗り換えると同時に、自宅のインターネット回線をSoftBank光に変更してみるのもお得な選択肢のひとつですね。

なお、自宅でおうちでんきを利用している場合は、「おうち割 でんきセット」が適用され、Y!mobileの利用料金から毎月100円(25か月目以降は毎月50円)が割り引かれます。

ただし、「おうち割 光セット」は家族割引サービスと「家族のスマホまとめてキャンペーン」との併用ができません。

家族全員がスマホプランSを利用している場合は、「おうち割 光セット」と家族割引サービスの割引額が同じになるため、「家族のスマホまとめてキャンペーン」を利用するかどうかで、どちらのキャンペーンを選ぶかを決めましょう。

Y!mobile おうち割
画像引用:Y!mobile「おうち割|割引サービス|料金|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

Surface 3 得割


画像引用:Y!mobile「Surface 3 得割|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

テザリング用にタブレットの購入を考えている場合は、この「Surface 3 得割」を利用してみてはいかがでしょうか?

Surface 3の購入と同時にデータプランLを新規契約すると、月額料金が最初の3年間3,696円→2,480円になります。

1年間で14,592円、3年間では43,776円も安くなるのは、かなりお得と言えますね。

なお、2018年5月現在、Surface 3はオンラインストアでは取り扱いがないため、ワイモバイルショップでの購入となります。

Y!mobile公式ページ

まとめ

いかがでしたか?

最後に、ここまでの内容をおさらいします。

  • スマホプランS/M/L、データプランS/L、シェアプラン、ケータイプランSSであれば、無料でテザリングが利用できる
  • 下表の機種がテザリングに対応している
種類シリーズ機種
スマホiPhone6S/SE
Android OneX3/X2/X1/S4/S3/S2/S1/507SH
HUAWEIP20 lite/nova lite for Y!mobile/LUMIERE
Nexus6P/5X
DIGNOE
AQUOS CRYSTALY2/Xx-Y
タブレットLenovoTAB4/TAB3/TAB2
MediaPadM3 Lite s/T2 Pro/M1 8.0
Surface3
ケータイAQUOSケータイ2(602SH)
DIGNOケータイ2(702KC)

参照:Y!mobile「製品|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで」

  • SIMカード単体で契約すれば、手持ちの端末でもテザリングが可能な場合もある
     → 対応可能機種は公式ページで確認できる
  • テザリング時は速度低下が避けられない
     → USBテザリング<Wi-Fiテザリング<Bluetoothテザリング の順に速度低下が大きくなるが、データ容量の上限を超えていなければ、極端に遅くなることは少ない
  • テザリングとPocket Wi-Fiどちらを選ぶか?
    → スマホの料金プランのデータ容量でまかなえるなら、テザリングがおすすめ
    スマホ単体でデータ容量を使い切ってしまっているなら、Pocket Wi-Fiがおすすめ
  • 2018年5月現在、Y!mobileを申し込む際に利用したいおすすめキャンペーン
    • データ容量2倍オプション無料キャンペーン
    • 家族割引サービス
    • 家族のスマホまとめてキャンペーン
    • 下取りプログラム
    • おうち割り
    • Surface 3 得割

外出時に重宝するテザリング、Y!mobileでお得に利用しましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!