Menu

対象機種と価格が一発で分かる!ワイモバイルの下取りプログラムの活用のすべて

ショップでスマホを見せる女性

ワイモバイル(Y!mobile)に乗り換えるときに、今まで使っていたスマホを下取りしてくれる「下取りプログラム」。

Y!mobileを契約・購入する際に、今まで使っていた機種を下取りし、下取り価格を毎月の利用料金から割り引いてくれます。

下取りでいくらか手に入れば、お得に乗り換えができますよね。

でも、

    • このスマホ、引き取ってもらえるのかな?
    • いくらくらいになるんだろう?
    • 手続きってどうすればいいの?

    と、あれこれ悩んでしまう人も少なくありません。

    そこで、今回の記事では、このような悩みにきっちりと答えていきます。

    この記事を最後まで読めば

    • 今使っているスマホが下取りできるかどうか
    • 下取り価格がいくらか、どのように割り引かれるのか
    • 下取りプログラムを利用する際に準備しておくべきこと

    がすっきりと理解でき、下取りプログラムをスムーズに申し込むことができるようになります。

    ぜひ、今すぐこの記事をチェックし、下取りプログラムを利用してお得に乗り換えてください。

    [関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
    ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    Y!mobile公式ページ

    また、Y!mobile(ワイモバイル)ってどうなの?と言う方にむけてワイモバイルの料金や口コミなどを下記の記事にてまとめていますのでご参考ください。

    Y!mobileの下取りプログラムとは

    冒頭でもお話ししましたが、「下取りプログラム」とはY!mobileを契約(新規・契約変更・機種変更)する際に、今まで使っていた機種を下取りし、下取り価格を毎月の利用料金から割り引いてくれるものです。

    ワイモバイル 下取り

     下取りプログラムは、全国のワイモバイルショップまたはワイモバイルオンラインストアで申し込むことができます。

    また、ワイモバイルショップ(以降、店頭)で申し込む場合は、申し込みと同時に機種を下取りに出すことも、後で郵送することもできます。

    ※店舗によっては、郵送のみでの受付となっているところもあるので、前もってY!mobileのショップ検索から確認しておくことをおすすめします。

    また、オンラインストアで申し込む場合は、機種を郵送します。

    郵送で下取りに出す際は、申し込みから1週間前後で「送付キット」が送られてくるので、それに下取り対象機種を梱包してポストに入れればOKです。

    なお、この下取りプログラムには、いくつかの適用条件があり、それを満たしていないと下取りをしてもらうことができません。

    次から下取りプログラムを利用するための条件を解説していくので、しっかりとチェックしてください。

    契約の適用条件

    下取りプログラムを利用するためには、以下の条件を満たしている必要があります。

    • スマホプランS/M/Lのいずれかで申し込むこと(機種、SIM単体いずれでの申し込みも可)
    • 新規加入(MNP、番号移行を含む)、契約変更、指定機種の購入を伴う機種変更のいずれかであること
    • 契約(新規加入・契約変更・機種変更)の翌月末までに下取りを申し込むこと

    なお、下取り可能な機種は、1回の契約につき1台までです。

    しかし、契約条件をクリアしただけでは下取りしてもらえるとは限りません。

    実は、Y!mobileが規定している下取りプログラム対象機種でないと下取りしてもらえないのです。

    そこで、どの機種が下取りできるのか、下取り価格はいくらなのかを、次に見ていきましょう。

    Y!mobile公式ページ

    対象機種と価格表

    下取りプログラムでは、下取りできる機種が限られています。

    つまり、いくら今までにご紹介した条件をクリアしていても、今使っている機種が下取り対象機種でなければ、下取りプログラムが利用できないのです。

    そこで、まずは下取り対象機種であるかどうかを、Y!mobile公式ホームページ記載の対象機種割引額一覧で確認しましょう。

    なお、下取り価格は時間の経過と共に下がっていくため、価格表も適宜更新されています。

    下取りを申し込む際には、最新の価格表をチェックするようにしましょう。

    また、当然のことながら、下取りを検討しているのであれば、できるだけ早めに決断した方がお得です。

    ※下取り対象機種であれば、本体の状態(傷の有無や品質)によって価格が下がるということはありません。

    ただし、電源ボタンが正常に動作するなど一定の条件はあります。

    後ほど、「機種の適用条件」で説明するので、このまま読み進めてください。

    では、2018年4月現在の下取り対象機種と価格表を見てみましょう。

    新規や乗り換えなどで他事業者の機種を下取りする場合と、機種変更でY!mobileの機種を下取りする場合それぞれについて示されているので、該当する表を確認してください。

    他事業者の機種:新規・MNP・番号移行の場合

    新規や他社からの乗り換え(MNP、番号移行)でY!mobileに申し込む場合は、Y!mobile以外の携帯事業者で契約していた機種やSIMフリー機種を下取りすることになります。

    これらのうち、下取り対象となる機種とその価格について、ご紹介します。

    なお、各下取り価格に併記されている括弧の中は、毎月の基本料金から何分割で割り引かれるのかを示します。

    端末によって割引回数が異なる点についても注意しながらチェックしてください。

    iPhone

    iPhoneは2019年7月現在、iPhone5s~iPhone Xまでが下取りの対象となっています。

    ※スマホの方は表をスワイプできます。

    機種

    下取り価格
    正常品 破損あり
    iPhone  X 50,400円(2,100円×24回) 15,120円(630円×24回)
    iPhone 8 Plus 30,000円(1,260円×24回) 9,000円(375円×24回)
    iPhone 8 23,760円(990円×24回) 7,200円(300円×24回)
    iPhone 7 Plus 18,960円(760円×24回) 5,688円(237円×24回)
    iPhone 7 13,200円(550円×24回) 3,960円(166円×24回)
    iPhone 6s Plus 11,280円(470円×24回) 3,384円(141円×24回)
    iPhone 6s 8,400円(350円×24期) 2,250円(2,250円×1回)
    iPhone 6 Plus 7,200円(300円×24回) 2,160円(2,160円×1回)
    iPhone 6 6,000円(250円×24回) 1,800円(1,800円×1回)
    iPhone SE 4,800円(200円×24回) 1,440円(1,140円×1回)
    iPhone 5s 3,240円(3,240円×1回) 972円(972円×1回)

    ※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
    ※参照:下取りプログラム(対象機種割引額一覧)|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    Android

    Android機種は2019年7月現在、Galaxyシリーズのみが下取り対象となっています。

    いずれも、価格はiPhoneより低めです。

    ※スマホの方は表をスワイプできます。

    機種 下取り価格
    正常品 破損あり
    Galaxy S8+ 12,000円(500円×24回) 3,600円(150円×24回)
    Galaxy S8 12,000円(500円×24回) 3,600円(150円×24回)
    Galaxy S7 edge 9,600円(400円×24回) 2,880円(2,880円×1回)

    ※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
    ※参照:下取りプログラム(対象機種割引額一覧)|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    機種変更の場合

    次に、今までY!mobileを利用していて新しい機種に変更したい場合の下取り対象機種とその価格を見てみましょう。

    なお、今使っているY!mobileのスマホは、バリュースタイル(W-VALUE SELECTを含む)、または通常契約のいずれかで購入していることが必須条件です。

    iPhone

    iPhoneは2019年7月現在、以下の3機種のみが下取り対象となっています。

    ※スマホの方は表をスワイプできます。

    機種 下取り価格
    正常品 破損あり
    iPhone 7 13,200円(550円×24回) 3,960円(165円×24回)
    iPhone 6s 8,400円(350円24回) 2,250円(2,250円×1回)
    iPhone SE 4,800円(200円×24回) 1,440円(1,440円×1回)
    iPhone 5s 3,240円(3,240円×1回) 972円(972円×1回)

    ※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
    ※参照:下取りプログラム(対象機種割引額一覧)|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    Android

    Androidも2019年7月現在、以下の機種が下取り対象です。

    機種 下取り価格
    正常品 破損あり
    Nexus 6P 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Nexus 6 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Nexus 5X 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Nexus 5 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    AQUOS Xx-Y 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    AQUOS CRYSTAL Y2 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    AQUOS CRYSTAL Y 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    DIGNO E 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    DIGNO C 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    DIGNO T 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Android One 507SH 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Android One S1 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Android One S2 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Android One X1 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    LUMIERE 3,240円(3,240円×1回) 972円(372円×1回)
    Spray 3,240円(3,240円×1回) 972円(972円×1回)
    ARROWS S 3,240円(3,240円×1回) 972円(972円×1回)

    ※表示価格は、特に記載がある場合を除いて全て税抜となります。
    ※参照:下取りプログラム(対象機種割引額一覧)|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    いかがでしたか?

    今使っている機種がご紹介した対象機種に含まれていなかった場合は、残念ながら下取りプログラムが利用できないので、他の中古スマホショップなどを当たってみましょう。

    一方、無事Y!mobileの下取り対象であった場合は、次に、その機種が引き取りの適用条件をクリアしているかを確認する必要があります。

    機種の適用条件

    下取り対象機種であった場合でも、下取りプログラムを利用するには以下の条件を満たしている必要があります。

    今使っている機種が以下の条件のいずれかひとつにでも当てはまらない場合は、下取りしてもらえません

    下取りプログラム対象要件

    • 下取り対象機種が正規に購入されたものであること
    • 申し込みをする本人が下取り対象機種の所有権を持っていること
    • 製造番号(IMEIなど)が確認でき、かつ、改造を施すなどしてメーカーの保証外になっていないこと
    • 初期化されていること

      後述の「つまずきがち!初期化の手順事例」で手順を解説しています。

    • 各種ロックが解除されていること
    • 電源、スリープボタンが正常に機能すること

    以上までで、ひとつも問題がなかった場合は、次に読み進めてください。

    下取りプログラムについてさらにくわしく解説していきます。

    Y!mobile公式ページ

    下取りプログラムの割引条件

    電気店でタブレットを買ってガッツポーズする男性

    無事、下取りプログラムが適用されることが確認できましたね。

    ここからは、下取りプログラムを申し込んだ後の割引について見ていきます。

    割引条件は?

    下取り価格は、月々の利用料金から割引されます。

    機種によって、下取り価格が1回でまとめて割引されるものと、24回(24か月)に分けて割引されるものとがあります。

    くわしくは、先ほどご紹介した「対象機種と価格表」を参照してください。

    なお、その月の利用料金から割引しきれない場合は、翌月以降に繰り越しされます。

    下取りプログラム適用タイミングは?

    下取りプログラムが適用されるタイミングは、下取り方法によって異なります。

    • 店頭での下取りの場合:申し込みの翌月分から適用
    • 郵送での下取りの場合:査定が完了した月分から適用

    下取り価格は申し込むタイミングによって異なる

    下取り価格は適宜見直されるため、下取りプログラムの申込方法や、申し込んだタイミングによっては、下取り価格が異なる場合があります。

    どのタイミングでの下取り価格が適用されるのかを以下の表にまとめました。

    申込方法下取りプログラム申し込みタイミング
    契約日から30日以内契約日から31日以降
    店頭契約時点での下取り価格下取りプログラム申し込み時点での下取り価格
    郵送送付キット受取日から14日以内にY!mobileが受領確認した場合
    送付キット受取日から15日以降にY!mobileが受領確認した場合Y!mobileが受領確認をした時点での下取り価格

    ※参照:下取りプログラム|キャンペーン・おすすめ情報|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで

    このことからも、申し込みや送付キットでの返送はできるだけ早めにしたほうが良いことがわかりますね。

    ここまでの内容で、下取りプログラムを申し込む際の条件やすべきことが把握できました。

    しかし、下取りプログラムにはほかにもいくつか注意点がありますので、申し込む前にきちんと確認しておきましょう。

    Y!mobile公式ページ

    下取りプログラムの注意点

    電気店でタブレットを持ちながらにらみ合うする男女

    ここからは、今までに解説してきた以外にも気を付けるべき点についてご紹介します。

    いずれも、うっかり陥ってしまいがちなことなので、しっかりと確認してください。

    対象プラン外への変更・解約時は割引終了!24回割引機種は注意

    料金プランを対象プラン以外に変更した場合やY!mobileを解約した場合は、下取りプログラムの割引も終了します。

    特に、24回に分けて割引される機種の場合、下取り価格分がすべて割引されず残っていても、対象プラン以外にしたり解約したりすればその時点で割引も終了となってしまうので、注意してください。

    下取りプログラム申し込み後はキャンセルできない

    下取りプログラムを申し込んだ後は、キャンセルや対象機種の返還ができません。

    「やっぱり手元に置いておきたい!」と思い直しても後の祭りなので、下取りに出す前によく考えましょう。

    申し込みから14日以内に送付キットを受け取る必要あり

    郵送での下取りの場合、申し込みから1週間前後で送付キットが送られてきます。

    その送付キットを申し込みから14日以内に受け取れなかった場合は、下取りプログラムの申し込みが取り消されます

    その場合、再度下取りプログラムの申し込みをしなければならず、「契約の翌月末までに下取りを申し込む」という条件をクリアできなくなる恐れもあります。

    そのため、長期不在の予定がある場合などは、Y!mobileの契約と下取りプログラムの申し込みのタイミングを考慮するか、店頭で契約と申し込み(機種の下取り)までを同時にすませてしまいましょう。

    下取り対象機種以外を送付すると処分対象

    送付キットに下取り対象機種以外の物を入れてしまうと、Y!mobile側ですべて処分されてしまいます。

    送付キットで下取り機種を送る場合は、間違ってほかの機種を入れてしまわないよう、十分に確認しましょう。

    ここまで理解できれば、あとは機種を初期状態にして申し込むだけです。

    でも、初期状態にする=初期化って、そう何度もすることではないため、つまずくことも多いですよね。

    そこで、最後に初期化の手順も見ておきましょう。

    Y!mobile公式ページ

    つまずきがち!初期化の手順事例

    組み立てたジェンガを崩してしまった男性

    ここでは、iPhoneとAndroidの初期化手順について、簡単にご紹介します。

    なお、初期化する前には、データのバックアップと同時に、各アプリのアカウント情報も控えておきましょう

    アプリのアカウント情報の確認

    今現在インストールしているアプリの中から、乗り換え後も利用したいアプリをピックアップし、それぞれのアカウント名とパスワード、メールアドレスなど、登録情報をメモしておきます。

    パスワードを忘れた場合は、パスワードの初期化処理(登録メールアドレスに送られてくる場合が多い)を行い、パスワードの再設定をしておきましょう。

    その後、アドレス帳や写真・動画・音楽データなど必要なもののバックアップ、初期化と進めていきます。

    iPhoneの場合

    まず、iPhoneのデータバックアップと初期化手順を解説します。

    データのバックアップ

    iCloudやiTunesなど、普段、iPhoneのデータをバックアップしている方法でバックアップしましょう。

    ただし、iCloudはiTunesに比べてバックアップできる項目が少ないため、必要なデータがきちんとバックアップされるかどうかを確認しましょう。

    パソコンを所有している場合は、iTunesをインストールしてiTunesでバックアップをとるのがおすすめです。

    初期化

    iPhoneの初期化は、以下の手順に従って行います。

    1. 「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」とタップしていくと、ダイアログボックスが表示されるので、その中の「今すぐ消去」をタップする
    2. ロック解除のパスコードを求められた場合は、入力する
    3. 機能制限パスコードを求められた場合は、入力する
    4. 「iPhoneを消去」をタップする
    5. 再度、「iPhoneを消去」をタップする
    6. AppleIDパスワードを求められた場合は入力し、「消去」をタップする
    7. Appleロゴとステータスバーが表示され、しばらくすると初期化が完了する

    参照:Apple「iPhone、iPad、iPod を工場出荷時の状態に戻す (初期化する)」

    Androidの場合

    次に、Androidのデータバックアップと初期化手順を見ていきます。

    データのバックアップ

    Androidの場合も、Googleアカウントや各種クラウドサービスなど、普段データをバックアップしている方法でバックアップしておきましょう。

    Googleアカウントを設定している場合は、「設定」→「アカウント」→「Google」とタップし、同期する項目を「ON」にすれば、バックアップが可能になります。

    写真や動画のデータはGoogleフォトでバックアップできるので、同期をONにしておきましょう。

    また、忘れてはならないのが、SDカードを本体から抜いておくことです。

    SDカードを抜かずに機種を下取りに出してしまった場合、SDカードが戻ってくる保証はありません。

    初期化

    では、初期化の手順です。

    なお、初期化には1時間程度かかる場合もあるので、電源を供給した状態で初期化を始めましょう。

    ※Androidのバージョンや搭載機種によってメニューの表記が異なる場合もあります。

    1. 「設定」→「バックアップとリセット(またはリセット)」→「データの初期化」とタップしていき、最下部の「デバイスをリセット」ボタンをタップする
    2. ロック解除のパスワードを求められた場合は、入力する
    3. 「リセットしますか?」の画面の最下部の「リセット」をタップする。

    参照:Y!mobile「よくあるご質問(FAQ)」

    ここまでできれば、あとは下取りプログラムを申し込むだけですね。

    Y!mobile公式ページ

    まとめ

    では、今までのポイントをおさらいしましょう。

    今まで使っていた機種が下取りできるかどうかを確認しよう

    以下のすべてを満たす機種であれば、下取りプログラムが利用できます。

    • 下取り対象機種であること
    • 下取り対象機種が正規に購入されたものであること
    • 申し込みをする本人が下取り対象機種の所有権を持っていること
    • 製造番号(IMEIなど)が確認でき、かつ、改造を施すなどしてメーカーの保証外になっていないこと
    • 初期化されていること
    • 各種ロックが解除されていること
    • 電源、スリープボタンが正常に機能すること

    下取りプログラムを利用するための条件を確認しよう

    Y!mobileの料金プランと下取りプログラムの申し込みについて、以下を満たしている必要があります。

    • スマホプランS/M/Lのいずれかで契約すること(機種、SIM単体いずれでの申し込みも可)
    • 新規加入(MNP、番号移行を含む)、契約変更、指定機種の購入を伴う機種変更のいずれかであること
    • Y!mobile契約の翌月末までに下取りプログラムを申し込むこと

    下取り価格は刻々と下がっていきます。

    迷っている人も、今すぐ買い取りプログラムを利用して、お得にY!mobileに乗り換えましょう。

    また以下の記事で、ワイモバイルの口コミやソフトバンクとの比較などをご紹介していますのでご参考ください。


    [関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
    ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
    ソルディのファビコンwww.soldi.jp

    Y!mobile公式ページ

    おすすめ格安SIM5選!

    • Y!mobile
    • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
    • 公式サイトへ
    • UQモバイル
    • auのサブキャリア! Web限定で13,000円の高額キャッシュバックも実施中!
    • 公式サイトへ
    • mineo
    • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
    • 公式サイトへ
    • BIGLOBEモバイル
    • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
    • 公式サイトへ

    この記事の著者

    編集

    Soldi編集部

    Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

    ※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
    機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

    【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

    【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!