Menu

UQモバイルとワイモバイルの違いを比較! それぞれにおすすめな人を徹底解説

格安SIMの中でも、通信速度の安定性や充実したサポートで人気のある、UQモバイルとワイモバイル。

CMなどで名前を耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

UQモバイルはau、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして運営されている格安SIMで、数ある格安SIMの中でも品質がとびぬけて高いため、初めて格安SIMに乗り換える人にもおすすめです。

わからない弟リスのイラスト
じゃあ、UQモバイルとワイモバイル、どっちを選べばいいの?

兄リスのイラスト
どっちもおすすめだけど、料金プランやかけ放題プラン、データ繰り越しなどに差があるから、違いを知ったうえで自分に合った方を選ぶといいよ!

考える兄リスのイラスト
よくわからないまま申し込むと損をしてしまうこともあるから、申し込み前にそれぞれのメリット・デメリットを理解していきたいね!

結論から言うと、UQモバイルとワイモバイルは、それぞれ以下の人におすすめです。

UQモバイルがおすすめな人

  • とにかくスマホ代を安くしたい人
  • 通話をあまり利用しない人
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越したい人

ワイモバイルがおすすめな人

  • よく通話を利用する人
  • かけ放題を利用したい人
  • Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人

この記事ではUQモバイルとワイモバイルの違いや、それぞれに向いている人を詳しく解説します。

この記事を読めば、UQモバイルとワイモバイルの違いを理解し、どちらに申し込めば自分にとってよりおトクなのか判断できるので、ぜひ最後までご覧ください。

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で最高10,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 【soldi×BIGLOBEモバイル】限定キャンペーン実施中!
  • 公式サイトへ

UQモバイルとワイモバイルの違いは?

まず、UQモバイルとワイモバイルの違いを比較してみましょう。

UQモバイルワイモバイル
料金スマホプランS(3GB):1,980円/月
スマホプランM(9GB):2,980円/月
スマホプランL(14GB):3,980円/月

【0~6ヵ月目】
スマホプランS(4GB※):1,980円/月
スマホプランM(12GB※):2,980円/月
スマホプランR(17GB※):3,980円/月
【7ヵ月目以降】
スマホプランS(4GB※):2,680円/月
スマホプランM(12GB※):3,680円/月
スマホプランR(17GB※):4,680円/月
通話20円/30秒10分かけ放題(無料)
かけ放題国内通話かけ放題:1,700円/月
国内通話10分かけ放題:700円/月
最大60分/月の国内通話定額500円/月
国内通話かけ放題1,000円/月
通信速度
データ繰り越し余ったデータは翌月にくりこし可能オプション(+1,000円)で可能
店舗の有無
契約期間なしなし
通信回線au回線ソフトバンク回線

※「データ増量無料キャンペーン2」で1年間データ容量の増量が無料に

上記の表からもわかるように、通信速度はUQモバイル・ワイモバイルともに、大手キャリアと同水準といえるほど安定しています。

また、契約後のデータ容量や月額料金にも大きな違いはありません。

ただし、契約から7カ月目以降の料金プランや通話オプション、データ繰り越しなど、異なるポイントもあります。

UQモバイルとワイモバイルの主な違いをまとめると、以下の通りです。

UQモバイルとワイモバイルの主な違い

  • UQモバイルでは、契約からずっと料金は変わらない。ワイモバイルでは、7ヵ月目以降+700円
  • UQモバイルでは、余ったデータは翌月に繰り越し可能。ワイモバイルでは、オプションとして+1,000円を払えば可能
  • ワイモバイルでは、すべてのプランに「10分かけ放題」がついている。UQモバイルでは「10分かけ放題」と同等のサービスを、オプションとして700円/月額で提供している(通常の通話は20円/30秒)
  • ワイモバイルでは、Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人は、「おうち割」で家族一人につき最大1,000円/月割引になる

【その他】
UQモバイルはau回線、ワイモバイルはソフトバンク回線を使っている

では、それぞれの項目に関して、詳細を見てみましょう。

UQモバイルとワイモバイルの料金を詳細比較!

UQモバイルワイモバイル
プランS【かけ放題なし】
1,980円/月(3GB)
1,980円/月(4GB)
※6ヵ月目以降は2,680円/月
※プランに10分かけ放題が含まれる

【かけ放題あり】
2,680円/月(4GB)

プランM

【かけ放題なし】
2,980円/月(9GB)
2,980円/月(12GB)
※6ヵ月目以降は3,680円/月
※プランに10分かけ放題が含まれる

【かけ放題あり】
2,680円/月(12GB)
プランL・R【かけ放題なし】
3,980円/月(14GB)
3,980円/月(17GB)
※6ヵ月目以降は4,680円/月
※プランに10分かけ放題が含まれる

【かけ放題あり】
4,680円/月(17GB)
データ繰り越し無料オプション(1,000円/月)で可能

参照:ワイモバイル公式│スマホベーシックプランUQモバイル公式│スマホプラン

UQモバイルとワイモバイルではいずれも、データ容量ごとにプランが3つに分かれています。

結論から言うと、料金の面でよりおトクな格安SIMを選びたいなら、UQモバイルとワイモバイルはそれぞれ以下の人におすすめです。

UQモバイルがおすすめな人

  • とにかくスマホ代を安くしたい人
  • 通話をあまり利用しない人
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越したい人

UQ mobile公式ページ

ワイモバイルがおすすめな人

  • よく通話を利用する人
  • かけ放題を利用したい人
  • Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人

Y!mobile公式ページ

これは、どのプランを選んだ場合にも変わりません。

というのも、UQモバイルとワイモバイルのプランには、以下の違いがあるためです。

UQモバイル・ワイモバイルの料金比較ポイント

  1. ワイモバイルはすべてのプランに「10分かけ放題」が含まれる
  2. UQモバイルはオプションとして「10分かけ放題」を700円/月額で提供している
  3. ワイモバイルでは、7ヵ月目以降の料金が+700円になる
  4. UQモバイルでは無料でデータ繰り越しができる(ワイモバイルでは1,000円/月のオプション料金がかかる)
  5. ワイモバイルにはSoftbank光もしくはSoftbank Airを利用している人の「おうち光セット割」がある

では、それぞれ見ていきましょう。

よく通話する人はワイモバイル、とにかくスマホ代を安くしたい人はUQモバイルがおすすめ

頻繁に通話を利用するという人によりおすすめなのは、ワイモバイルです。

というのも、ワイモバイルではすべてのプランに「10分かけ放題」という、10分までの通話であれば何度でも無料で利用できるサービスが含まれているからです。

一方、UQモバイルでは通話は基本的に20円/30秒。オプションとして10分かけ放題と同等のサービスを追加した場合には、月額700円の料金がかかります。

例えば、UQモバイルで「10分かけ放題」のオプションを追加してプランSを契約した場合、下記の料金となります。

1,980円+700円(オプション料金)=2,680円/月(4GB)

一方、ワイモバイルではすべてのプランに「10分かけ放題」が含まれるため、下記の料金となります。

【0~6ヵ月目】1,980円  【7ヵ月目以降】2,680円(4GB)

つまり、よく通話をする人であれば、半年間1,980円で利用することができるワイモバイルの方が、総額としてはおトクに利用できるのです。

逆に、あまり通話をしない人や月々のスマホ代をとにかく安くしたい人の場合、7ヵ月目以降は+700円になるワイモバイルよりも、契約時の料金のまま使い続けられるUQモバイルの方がおトクに利用できます。

Softbank光・Softbank Airを利用している人はワイモバイルがおトク

Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人であれば、ワイモバイルを選ぶのがおすすめ。

なぜなら、Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人がワイモバイルに申し込むと、「おうち割光セット」が適用されるため、おトクになるからです。

割引額は利用するプランによって異なりますが、毎月一人あたり500円~1,000円が割引となり、家族で利用している場合には人数分の割引が受けられます。

割引額の一覧は以下の通りです。

対象プラン割引額(一人あたり)
スマホプランS、データプランL、Pocket WiFiプラン2、スマホベーシックプラン など500円/月
スマホプランM/R700円/月
スマホプランL1,000円/月

例えば、4人家族でプランMを利用している場合、700円×4=2,800円の割引となります。

この割引は大きいため、Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人はワイモバイルを選んだ方がいいでしょう。

Y!mobile公式ページ

翌月にデータ繰り越しをしたい人はUQモバイルがおすすめ

余ったデータを翌月に繰り越して使いたいという人には、無料でデータ繰り越しができるUQモバイルがおすすめです。

ワイモバイルでも、オプションに申し込めばデータ繰り越しが可能ですが、月額1,000円のオプション料金が必要になります。

ワイモバイルでオプションとしてデータ繰り越しのオプションを利用するのであれば、無料でデータを繰り越せるUQモバイルに申し込んだ方がおトクですね。

UQ mobile公式ページ

UQモバイルとワイモバイルの通信速度はどちらも大手キャリア並み!

多くの格安SIMは、通信が集中するお昼休みや夕方の時間帯には、通信が遅くなったり、つながりづらくなったりすることがあります。

見たいページになかなかつながらないと、ストレスを感じますよね。

その点、auとソフトバンクのサブブランドであるUQモバイルとワイモバイルは、いずれも通信速度に定評があります。

それぞれの口コミを見てみましょう。

UQモバイルの速度に関する口コミ

まず、UQモバイルの速度に関する口コミを見てみましょう。

ワイモバイルの速度に関する口コミ

次に、ワイモバイルの速度に関する口コミをご紹介します。



こちらも、速度が安定しているという口コミが目立ちますね。

UQモバイル、ワイモバイルいずれもいい口コミが多く、実際に使っている人の声としても、評判がいいことがわかります。

弟リスのイラスト
どっちを選んでも、通信速度は安心だね!

UQ mobile公式ページ

UQモバイルとワイモバイルにはどちらも家族割がある

大手キャリアでは家族で利用することで月額費用などが安くなる「家族割」を行っていますが、ほとんどの格安SIMではこうした家族割引を行っていません。

しかし、UQモバイルとワイモバイルには2回線目以降の契約で割引になる、家族割のサービスがあります

それぞれの割引内容に関しては以下の通りです。

割引内容申し込み方法
UQモバイル2回線目以降は500円/月の割引オンライン契約後、お客様センターへの電話で申し込み
ワイモバイル2回線目以降は500円/月の割引オンライン契約時に画面上で申し込み

いずれも、2回線目以降の契約の場合、追加された1回線につき月額500円の割引が受けられるというもの。

ひとりで2回線以上を利用する場合にも、2回線目以降が割引となります。

例えば家族3人で利用した場合、追加された2回線が割引の対象となるため、500円×2=1,000円(月額)の割引が受けられます。

なお、同じ住所に住んでいなかったり、名字が違ったりする場合でも割引の対象となるため、離れて暮らす家族と一緒に家族割を利用することもできるのがうれしいですね。

UQモバイル・ワイモバイルともに、原則SIMロック解除が必要

現在使っているスマホを使ってUQモバイル・ワイモバイルに乗り換える場合には、基本的に「SIMロック解除」を行う必要があります

スマホには、原則購入したキャリア以外の回線で利用できないようにする制限(SIMロック)がかかっており、それを解除することでどの格安SIMでも端末を使えるようになるのです。

UQモバイル・ワイモバイルそれぞれのSIMロック解除が必要な端末一覧は以下の通りです。

UQモバイル(au回線)ワイモバイル(ソフトバンク回線)
ドコモで購入した端末SIMロック解除が必要SIMロック解除が必要
Softbankで購入した端末SIMロック解除が必要SIMロック解除が必要
auで購入した端末一部端末でSIMロック解除が必要SIMロック解除が必要
SIMフリーの端末SIMロック解除は不要SIMロック解除は不要

格安SIMの回線などによってはSIMロック解除なしでスマホをそのまま使うことができる場合もありますが、利用している端末などによってもSIMロック解除の要・不要が異なるため、あらかじめ確認をしておくといいでしょう。

なお、SIMロック解除の手続きは、手順さえ理解していれば自分でも簡単に行うことができます。

以下の記事で、SIMロック解除に関して解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

[関連記事]SIMロック解除は自分でできる! キャリア別の条件と解除方法を徹底網羅!のサムネイル
SIMロック解除は自分でできる! キャリア別の条件と解除方法を徹底網羅!
「SIMロック」を解除することで、端末を契約したキャリア以外でも使えるようになります。しかし、各キャリアのSIMロック解除への対応は統一されていません。この記事ではSIMロック解除の方法やSIMの選び方をわかりやすく解説します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

まとめ

ここまで、UQモバイルとワイモバイルのプランや通信速度、サービスの違いと、それぞれに向いている人について解説してきました。

UQモバイル・ワイモバイルそれぞれがおすすめな人は以下の通りです。

UQモバイルがおすすめな人

  • とにかくスマホ代を安くしたい人
  • 通話をあまり利用しない人
  • 余ったデータ容量を翌月に繰り越したい人

UQ mobile公式ページ

ワイモバイルがおすすめな人

  • よく通話を利用する人
  • かけ放題を利用したい人
  • Softbank光もしくはSoftbank Airを利用している人

Y!mobile公式ページ

UQモバイルとワイモバイルはいずれも大手キャリアのサブブランドで、通信速度の安定性やサポートの手厚さから、格安SIMの中でも品質がとびぬけています。

大手キャリアから降り変えて初めて格安SIMを使う人にもおすすめですので、ぜひ自分に合った方を選んで、快適に乗り換えてください。

また、UQモバイルとワイモバイル以外のおすすめ格安SIMについても知りたいという方は、以下の記事で比較・解説を行っていますので、ぜひあわせてご覧ください。

[関連記事]【2020年最新版】スマホ代は安くなる?格安SIMのメリットとデメリット総まとめ!おすすめSIMもご紹介のサムネイル
【2020年最新版】スマホ代は安くなる?格安SIMのメリットとデメリット総まとめ!おすすめSIMもご紹介
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で最高10,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 【soldi×BIGLOBEモバイル】限定キャンペーン実施中!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!