Menu

【総まとめ】ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?得する賢い選び方を徹底解説!

弟リスのイラスト
兄ちゃん!ドコモ光が気になってるんだけど、選べるプロバイダが多すぎてどこを選べば良いのかわからないよ…!おすすめを教えて!

兄リスのイラスト
ドコモ光のプロバイダを選ぶなら、キャッシュバックがもらえて、高速通信対応のWiFiルーターが無料でレンタルできる「GMOとくとくBB」がおすすめだよ!

ドコモユーザーなら毎月のスマホ代が最大3,500円も割引される「ドコモ光」。

dカードGOLDを使っていれば利用料金の10%がdポイントとして還元されるなど、ドコモユーザーにとっては良いことづくしなので、これから新たにドコモ光の契約を検討している人も多いかと思います。

ですが、そこで悩みのタネとなるのが「25社もあるプロバイダの中からどこを選ぶとお得なのかが分からない」という点になります。

そこでこの記事では、これからドコモ光を契約しようと考えている人のこんな疑問にお答えしていきます。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • ドコモ光でおすすめのプロバイダってどこ?
  • ドコモ光のプロバイダ25社の特徴や特典を比較したい
  • ドコモ光で損をしないプロバイダの選び方は?
  • ドコモ光のお得なプロバイダでの申し込み方法を知りたい

ドコモ光は選べるプロバイダが25社もある点に加えて、公式ホームページでの料金説明がわかりづらかったり料金プランの複雑だったり、非常に理解しにくい仕様となっています。

ですが、結論から先にお伝えすると「ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBを選ぶと月額5,200円でインターネットが使い放題でメリットが盛りだくさん」なのでお得にドコモ光を使うことができます。

ドコモ光のプロバイダで「GMOとくとくBB」を選ぶメリットは、以下の9つが挙げられます。

ご覧の通り、ドコモ光のプロバイダで「GMOとくとくBB」を選ぶメリットはたくさんあります。

この記事では、ドコモ光でお得なプロバイダを選ぶための4つのポイントや、筆者が「GMOとくとくBB」をおすすめする理由について解説します。

また、ネット回線にくわしくない人でもわかりやすいように「そもそもプロバイダって何?」「プロバイダが違うと何が変わるの?」といった疑問点にもお答えしていきます。

この記事を最後まで読めば、全25社あるプロバイダの中から最もお得なプロバイダ選びができるようになるので、ドコモ光を検討中の人はぜひ最後までご覧ください。

ドコモ光の申込みはこちら

目次

【結論】ドコモ光でおすすめのプロバイダは『GMOとくとくBB』

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBがおすすめの理由って何?

兄リスのイラスト
簡単に言うと「IPv6」に対応していて通信速度が速い点、他のプロバイダよりもキャッシュバックが多い点の2つがあるからおすすめなんだ!

冒頭でもお伝えしましたが、ドコモ光でおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」です。

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選ぶと、月額料金は5,200円でインターネットが使い放題となります。

また、ドコモ光で選べるプロバイダの中で、他のプロバイダよりも「GMOとくとくBB」が優れている点は4つあります。

ドコモ光で選べるプロバイダの中で「GMOとくとくBB」がおすすめである理由

  • IPv6対応で通信速度が速い
  • キャッシュバック15,000円+dポイント10,000ptがもらえる
  • 【独自】dカードGOLDに申し込むと公式特典の他にAmazonギフト券5,000円分が追加でもらえる
  • 高速通信対応のWiFiルーターが無料でレンタル可能

So-netやplala、DTIなど他のプロバイダと比較して、GMOとくとくBBは通信速度が速いと評判の良い「IPv6」に対応している点、キャッシュバックやポイント還元といった特典が盛りだくさんであることが特徴です。

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選んだ場合のメリットについては「ドコモ光のプロバイダで「GMOとくとくBB」を選ぶ9つのメリット」でくわしくご紹介するので、今すぐにメリットを知りたいという人はこちらへ飛んでしまってもOKです。

次の項目では、インターネット回線にくわしくない人に向けて「プロバイダが違うと何が変わるの?」といった疑問点にお答えしていきます。

ドコモ光の申込みはこちら

そもそもプロバイダって何?プロバイダが違うと何が変わるの?

わからない弟リスのイラスト
さっきからプロバイダって言ってるけど、実は意味をよく知らないんだ…兄ちゃん、プロバイダって何なの?

兄リスのイラスト
プロバイダっていうのは簡単に言えば「インターネットに接続するための入り口」のことだよ。プロバイダがないとインターネットに接続できないんだ

わからない弟リスのイラスト
へぇ〜、そうなんだ!じゃあ、そのプロバイダが違うと何が変わるの?

兄リスのイラスト
プロバイダによっては月額料金が違ったりネットに接続がしにくい時間帯があったり、その他にはキャッシュバックがもらえるかどうかが変わってくるよ

プロバイダについての説明はさまざまありますが、ごくごく簡単に説明すると、インターネットに接続するための入り口のことを指します。

入り口を通らないとインターネットに接続することができないので、自宅にインターネット回線を導入する際は「ネット回線(NTTが提供するフレッツ回線)+プロバイダ」の2社と契約する必要があります。

近年ではフレッツ光が各プロバイダに回線を卸売りして、プロバイダ1社と契約するだけで済む「光コラボレーション」という名称のインターネット回線が主流となってきています。

この記事で解説しているドコモ光も「光コラボレーション」の一種で、フレッツ回線を流用している光回線であるため、元をたどっていくとフレッツ回線を利用していることになります。

さて、ドコモ光では25社の中から好きなプロバイダを選ぶことができますが、選んだプロバイダによって異なるポイントがいくつかあります。

この項目では、ドコモ光のプロバイダによって異なるポイントをそれぞれカンタンに解説していきます。

ドコモ光のタイプによって選べるプロバイダが異なり月額料金も違う

ドコモ光では、大きく分けて5つの料金タイプがあります。

それぞれで選べるプロバイダが異なり、月額料金も異なります。

ドコモ光の料金タイプ5つと特徴
料金タイプ月額料金特徴
タイプA戸建て:5,200円
マンション:4,000円
lドコモ光で最も選ばれている料金タイプ
l選べるプロバイダは2019年1月時点で19社
l一部のプロバイダでキャッシュバックがもらえる
タイプB戸建て:5,400円
マンション:4,200円
l全プロバイダでキャッシュバックが行われていない
l選べるプロバイダは2019年1月時点で6社(地域限定プロバイダ含む)
lタイプAとの違いは月額料金のみ
l月額料金が高いからと言って品質が良いという訳ではない
タイプC戸建て:5,200円
マンション:4,000円
lタイプAと同じ月額料金であるがCATV回線を利用
lドコモ光電話、ドコモ光テレビオプションが利用不可
l電話やテレビを利用する場合はCATVが提供しているものを利用
lCATV利用者がドコモ光にする場合は手数料が安く済むが提供エリアが狭いことが難点
単独タイプ戸建て:5,000円
マンション:3,800円
l別途プロバイダとの契約が必要
lドコモ光に未対応のプロバイダを使っている人が同プロバイダを継続して利用したい場合に選ばれる
l基本的には単独タイプが選ばれることは少ない
ミニタイプ戸建てのみ:2,700~5,700円l使った分だけ料金が上がっていく形式
l200MBまでは2,700円、以降10MBあたり30円
lどれだけ使っても最大金額は5,700円

※いずれも2年契約の場合。契約期間なしの場合は上記金額に戸建て+1,500円/マンション+1,000円

ドコモ光の料金タイプは、基本的にタイプAとタイプBのどちらかから選ばれることが多いので、この記事でもこの2つに絞って解説をしていきます。

タイプAとタイプBで選べるプロバイダに関しては以下の表をご参照ください。

タイプAで選べるプロバイダ一覧

ドコモ光のタイプAで選べるプロバイダは、2019年1月時点では19社あります。

プロバイダ名称のリンクを押すと各プロバイダの提供条件書が見ることができます。

タイプAで選べるプロバイダ一覧
プロバイダ名称運営会社
ドコモnet株式会社NTTドコモ
plala株式会社NTTぷらら
GMOとくとくBBGMOインターネット株式会社
So-netソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
DTI株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
@niftyニフティ株式会社
Ic-net株式会社IC-NET
Tygers-net.comアイテック阪急阪神株式会社
andline株式会社アイキューブ・マーケティング
BIGLOBEビッグローブ株式会社
エディオンネット株式会社エディオン
SIS株式会社スピーディア
SYNAPSE株式会社シナプス
BB.exciteエキサイト株式会社
hi-ho株式会社ハイホー
Rakutenブロードバンド楽天コミュニケーションズ株式会社
TikiTiki株式会社エヌディエス
@ネスク株式会社ネスク
01光コアラ株式会社コアラ
U-Pa!※新規受付終了 株式会社U-NEXT

参照:プロバイダ一覧|ドコモ光ご注意事項|ドコモ光

なお、「U-Pa!」というプロバイダは2019年3月31日でサービスの提供を終了するため、2018年5月22日から新規の申し込み受付を終了しています。

タイプBで選べるプロバイダ一覧

ドコモ光のタイプBで選べるプロバイダは、2019年1月時点で6社あります。

プロバイダ名称のリンクを押すと各プロバイダの提供条件書が見ることができます。

タイプBで選べるプロバイダ一覧
プロバイダ名称運営会社
OCNNTTコミュニケーションズ株式会社
@TCOM※静岡県以外で選択可能株式会社TOKAIコミュニケーションズ
TNC※静岡県限定プロバイダ株式会社TOKAIコミュニケーションズ
WAKWAK株式会社エヌ・ティ・ティエムイー
AsahiNet株式会社朝日ネット
@ちゃんぷるネット※沖縄県限定プロバイダ有限会社メディアちゃんぷる沖縄

参照:プロバイダ一覧|ドコモ光ご注意事項|ドコモ光

なお、TNCは静岡県限定、@ちゃんぷるネットは沖縄県限定のプロバイダなのでそれ以外にお住いの場合は選択することができません。

また、タイプAと比べて月額料金が200円高くなってしまうので、いますでに利用しているプロバイダが以下にない場合はタイプAで選べるプロバイダの中から選んだ方が良いでしょう。

プロバイダによって最大通信速度は変わらないが実数値が異なる場合がある

ドコモ光は最大通信速度1Gbpsの光インターネット回線です。

最大通信速度はどのプロバイダを選んでも変わりませんが、同じドコモ光でもプロバイダによっては通信速度の実数値が異なる場合があります。

ここで、ドコモ光のプロバイダをBIGLOBEで使っている人の口コミや評判を例に挙げていきます。

ドコモ光×BIGLOBEを使っている人のリアルな口コミや評判

といった良い口コミもあれば悪い口コミもあります。

実際に使用する環境や時間帯によっても通信速度が異なる場合があるので注意しましょう。

なお、「最新の接続方式「IPv6」に対応しているかどうかが違う」で解説していきますが、「IPv6」という接続方式に対応しているプロバイダを選べば通信速度が遅くて悩まされることがなくなります。

「通信速度は速い方が絶対に良い!」という人は、IPv6に対応しているプロバイダを選ぶようにしてみましょう。

Wi-Fiルーターが無料でレンタルできる場合がある

ドコモ光には、Wi-Fiルーターを無料でレンタルできるプロバイダがあります。

まずは、無料レンタルができるプロバイダと、レンタル可能なWi-Fiルーターの機器と最大通信速度をまとめた一覧表をご覧ください。

WiFiルーターが無料でレンタルできるプロバイダ一覧
プロバイダ名称WiFiルーター名称最大通信速度
plalaWN-PL1167EX01(I・O DATA)最大867Mbps
GMOとくとくBBWXR-1750DHP2(BUFFALO)最大1,300Mbps
Aterm WG1900HP2(NEC)最大1,300Mbps
So-netAterm WG1200HS3(NEC)最大1,000Mbps
DTIWRC-1167GST2(ELECOM)最大867Mbps
Ic-net名称不明
※2018年12月より11ac&v6プラス対応モデルのWiFiルーターを提供[kj1]
最大867Mbps
andlineWRC-1167GST2(ELECOM)最大867Mbps
BIGLOBEAterm WG1200HP3(NEC)最大867Mbps
hi-hoWRC-1167GHBK2-S(ELECOM)最大867Mbps

※OCNでも無料レンタルが可能ですが、月額500円の「v6アルファ」オプションの加入が必須のため除外しました
※記載のWiFiルーターは2019年1月時点のものです

上記の表をご覧いただいた通り、無料でWi-Fiルーターをレンタルできるプロバイダは数多くあるものの、それぞれで通信速度が異なります。

ドコモ光では最大通信速度が1Gbpsの光回線ではありますが、Wi-Fiルーターが1Gbps(≒1,000Mbps)に対応していなければその最大値が出ることはありません。

そのため、無料でレンタルしているWi-Fiルーターの対応速度によって実際に使う場合の通信速度が遅くなってしまうということが起こります。

上記の表を見ると、GMOとくとくBBで無料レンタルできるWi-Fiルーターは1Gbps以上の通信速度に対応しているので安心ですね。

プロバイダによってセキュリティサービスやサポート面の充実度が異なる

ドコモ光で選べるプロバイダによって、提供しているセキュリティサービスやサポート面の充実度が異なります。

これらのサポートに関しては、契約すれば無料で使えるプロバイダもあれば有料となってしまうプロバイダもあります。

ただし、パソコンでWi-Fiルーターに接続するだけであればインターネットにくわしくない人でも簡単に行える他、プロバイダによってはYouTubeで接続の仕方を解説してくれているところもあります。

そのため、これらのサポートサービスがなければだめだ!という人以外はそこまで気にする必要はありません。

各プロバイダで提供されているセキュリティサービスやサポート面については「ドコモ光で選べるプロバイダ25社の料金比較!」で一覧表にしてまとめているので、気になる人はこちらをチェックしてみてください。

最新の接続方式「IPv6」に対応しているかどうかが違う

ドコモ光を使う上での通信速度の実数値にかかわる部分ですが、プロバイダによっては通信速度が速くなる「IPv6」に対応しているところがあります。

インターネットへの接続方式には「IPv4」と「IPv6」の2つがあり、さらにそれぞれ「PPPoE方式」「IPoE方式」という2つの方式があります。

これらの難しい用語を覚える必要は一切ありませんが、「IPv6」で「IPoE方式」に対応していると通信速度が速く安定して使うことができるので覚えておいてください。

IPv6は3種類ある!最速のv6プラス対応プロバイダ一覧

上記で「IPv6」で「IPoE方式」だと通信速度が速く安定してインターネットが使えるとお伝えしました。

ですが、実はIPv6には大きく分けて「PPPoE方式」「IPoE方式」「IPoE方式+IPv4 over IPv6(別名v6プラス)」の3種類があります。

いずれも「IPv6」であることは間違いないのですが、「PPPoE方式」は通信速度が遅くなる傾向があり、反対に通信速度が最も速く快適に使えるのは「IPoE方式+IPv4 over IPv6(v6プラス)」です。

プロバイダの中には「IPv6 PPPoE方式」や「IPv6 IPoE方式」までの対応で「高速のIPv6対応!」と宣伝しているところもあるので、ぜひ覚えておきましょう。

「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラス)」に対応しているプロバイダは、以下の6社です。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラス)に対応しているプロバイダ6社

  • ドコモnet
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • Ic-net
  • @nifty
  • So-net

通信速度が速いプロバイダを選びたい!という人は、基本的に上記の6社から選べば間違いないかと思います。

中でも「GMOとくとくBB」では、高速通信対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるので、自分でWi-Fiルーターを準備する手間も費用も必要ありません。

その他にもさまざまなメリットがあるので、特別な理由がなければ「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。

プロバイダによっては独自のキャッシュバックやキャンペーンを行っている

ドコモ光を契約する際、NTTドコモが行っているキャンペーンが適用されます。

NTTドコモで行われているキャンペーンは以下の通りです。

NTTドコモ公式キャペーン

  • ドコモスマホとのセット割:ドコモのスマホ+ドコモ光のセットで携帯電話料金が100~3,500円の割引
  • dポイントプレゼントキャンペーン:ドコモ光に新規申し込みで最大10,000ptがもらえる
  • 初期工事費無料キャンペーン:ドコモ光の初期工事費18,000円が利用料金から割引

これらのキャンペーンは、基本的にどのプロバイダを選んだとしても適用されるものなので、初期工事費用やスマホセット割が適用されるかどうかを心配する必要はありません。

ですが、ドコモ光で選べるプロバイダによっては、上記のキャンペーンとは別に独自のキャッシュバックやキャンペーンを行っているところがあります。

プロバイダによって通信速度の実数値は異なることが多いですが、基本的にはドコモ光としての品質は変わらないので、せっかくならキャッシュバックがもらえたり嬉しいキャンペーンに参加できたり、特典があった方が嬉しいですよね。

2019年1月時点で、独自のキャッシュバックキャンペーンを行っているドコモ光のプロバイダは以下の4社です。

ドコモ光で独自のキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダ
プロバイダ名称キャッシュバック金額
plala最大15,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大10,000pt
So-net最大15,000円キャッシュバック
DTI最大15,000円キャッシュバック

※2019年1月時点調査

キャッシュバックキャンペーンを行っている4社の中でも群を抜いているのが「GMOとくとくBB」です。

最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているほか、さらにdポイントで最大10,000ptをもらうことができます。

また、dカードGOLDを持っていない人は、ドコモ光をGMOとくとくBBで契約する際にdカードGOLDに同時申し込みをするとAmazonギフト券5,000円分を追加でもらうことができます。

これだけ多くのキャッシュバックがもらえるのは、2019年1月時点でGMOとくとくBBのみなので、もしプロバイダ選びで迷っているのであれば「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。

弟リスのイラスト
選んだプロバイダによって、これだけ大きな違いがあるんだね~

兄リスのイラスト
うん、そうなんだ!ドコモ光としての品質はどのプロバイダを選んでも変わらないから、お得なキャッシュバックやサポート面が充実しているプロバイダを選びたいね

喜ぶ弟リスのイラスト
うんうん、せっかくならお得に契約できるプロバイダを選びたいなぁ!

兄リスのイラスト
そうだよね!次は、ドコモ光でプロバイダを選ぶ時の4つのポイントを教えてあげるよ!

ドコモ光のプロバイダ選びの4つのポイント

ドコモ光では選べるプロバイダが25社もあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

ここでは、たくさんあるドコモ光のプロバイダの中から最適なプロバイダ1社を決めるために抑えておきたい4つのポイントをご紹介していきます。

ドコモ光のプロバイダ選びの4つのポイントは以下の通りです。

これらのポイントを一つひとつ見ていくと25社もあるプロバイダの中から選ぶべきプロバイダが絞られてきます。

最終的にドコモ光で申し込むべきプロバイダの数を1社に絞ることができるようになるので、ぜひ全てのポイントに目を通してみてください。

基本的に月額料金が安い「タイプA」の中から選ぼう

ドコモ光には、大きく分けて5つの料金タイプがあります。

ドコモ光の料金タイプ5つと特徴
料金タイプ月額料金特徴
タイプA戸建て:5,200円
マンション:4,000円
lドコモ光で最も選ばれている料金タイプ
l選べるプロバイダは2019年1月時点で19社
l一部のプロバイダでキャッシュバックがもらえる
タイプB戸建て:5,400円
マンション:4,200円
l全プロバイダでキャッシュバックが行われていない
l選べるプロバイダは2019年1月時点で6社(地域限定プロバイダ含む)
lタイプAとの違いは月額料金のみ
l月額料金が高いからと言って品質が良いという訳ではない
タイプC戸建て:5,200円
マンション:4,000円
lタイプAと同じ月額料金であるがCATV回線を利用
lドコモ光電話、ドコモ光テレビオプションが利用不可
l電話やテレビを利用する場合はCATVが提供しているものを利用
lCATV利用者がドコモ光にする場合は手数料が安く済むが提供エリアが狭いことが難点
単独タイプ戸建て:5,000円
マンション:3,800円
l別途プロバイダとの契約が必要
lドコモ光に未対応のプロバイダを使っている人が同プロバイダを継続して利用したい場合に選ばれる
l基本的には単独タイプが選ばれることは少ない
ミニタイプ戸建てのみ:2,700~5,700円l使った分だけ料金が上がっていく形式
l200MBまでは2,700円、以降10MBあたり30円
lどれだけ使っても最大金額は5,700円

※いずれも2年契約の場合。契約期間なしの場合は上記金額に戸建て+1,500円/マンション+1,000円

さまざまなタイプがありますが、基本的にドコモ光で選ばれているのはタイプAとタイプBのどちらかです。

また、これらを比較するとタイプAの方が月額料金を200円安く使うことができます。

「タイプBの方は月額料金が高いからプロバイダの質が良いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、プロバイダとしての品質は変わりません。

タイプBではキャッシュバックなどのキャンペーンが一切行われておらず、セキュリティ面やサポート面でも差はほとんどないので、今使っているプロバイダを継続して使いたいという理由がない限り、タイプAを選んだ方が良いでしょう。

タイプAで選べるプロバイダは以下の19社です。

ドコモ光のタイプAで選べるプロバイダ19社
プロバイダ名称運営会社
ドコモnet株式会社NTTドコモ
plala株式会社NTTぷらら
GMOとくとくBBGMOインターネット株式会社
So-netソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
DTI株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
@niftyニフティ株式会社
Ic-net株式会社IC-NET
Tygers-net.comアイテック阪急阪神株式会社
andline株式会社アイキューブ・マーケティング
BIGLOBEビッグローブ株式会社
エディオンネット株式会社エディオン
SIS株式会社スピーディア
SYNAPSE株式会社シナプス
BB.exciteエキサイト株式会社
hi-ho株式会社ハイホー
Rakutenブロードバンド楽天コミュニケーションズ株式会社
TikiTiki株式会社エヌディエス
@ネスク株式会社ネスク
01光コアラ株式会社コアラ
U-Pa!※新規受付終了 株式会社U-NEXT

参照:プロバイダ一覧|ドコモ光ご注意事項|ドコモ光

これら19社の中から、次に説明する「IPv6」に対応しているプロバイダを選んでみましょう。

通信速度が気になる人はIPv6対応のプロバイダを選ぼう

ドコモ光は、フレッツ回線を流用している「光コラボレーション」と呼ばれる光回線の一種です。

フレッツ回線を利用しているユーザーは非常に多いので、選んだプロバイダによってはアクセスが集中して混雑が起こり、通信速度が落ちてしまう場合が多々あります。

ですが、これを解決してくれるのが「IPv6」という接続方式です。

詳細は「最新の接続方式「IPv6」に対応しているかどうかが違う」で解説しているので、まだ見ていない人はこちらをご確認ください。

難しい用語が多いですが、ここでは「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」もしくは「v6プラス」に対応しているプロバイダだと通信速度が速いと思ってもらえればOKです。

「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」もしくは「v6プラス」に対応しているプロバイダは以下の6社です。

IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラス)に対応しているプロバイダ6社

  • ドコモnet
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • Ic-net
  • @nifty
  • So-net

タイプAで選べるプロバイダ19社の中から、高速通信が可能な「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6(v6プラス)」に対応しているプロバイダを抜き出すと6社にまで絞ることができます。

この6社の中から、次に説明する「プロバイダごとのキャッシュバックキャンペーン」を比較していきましょう。

プロバイダごとのキャッシュバックキャンペーンを比較しよう

ドコモ光のプロバイダの中には、現金キャッシュバックや独自のキャンペーンを行っているところがあります。

2019年1月時点で調査したところ、現金キャッシュバックを行っているプロバイダは以下の4社です。

ドコモ光でキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダ
プロバイダ名称キャッシュバック金額
plala最大15,000円キャッシュバック
GMOとくとくBB最大15,000円キャッシュバック+dポイント最大10,000pt
So-net最大15,000円キャッシュバック
DTI最大15,000円キャッシュバック

※2019年1月時点調査

上述の「IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6」もしくは「v6プラス」に対応しているプロバイダ」を込みで考えると、ドコモ光でおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」か「So-net」のどちらかということになります。

そして最後に、高速通信に対応しているWi-Fiルーターが無料でレンタルできるかどうかという点を比較していきましょう。

Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるかどうかをチェックしよう

ドコモ光のプロバイダの中には、高速通信対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるところがあります。

ですが、プロバイダによってレンタルできる機器が決まっており、それぞれで対応している通信速度の最大値は異なります。

Wi-Fiルーターをレンタルできるプロバイダは以下の通りです。

Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるプロバイダ一覧

プロバイダ名称WiFiルーター名称最大通信速度
plalaWN-PL1167EX01(I・O DATA)最大867Mbps
GMOとくとくBBWXR-1750DHP2(BUFFALO)最大1,300Mbps
Aterm WG1900HP2(NEC)最大1,300Mbps
So-netAterm WG1200HS3(NEC)最大1,000Mbps
DTIWRC-1167GST2(ELECOM)最大867Mbps
Ic-net名称不明
※2018年12月より11ac&v6プラス対応モデルのWiFiルーターを提供[kj1]
最大867Mbps
andlineWRC-1167GST2(ELECOM)最大867Mbps
BIGLOBEAterm WG1200HP3(NEC)最大867Mbps
hi-hoWRC-1167GHBK2-S(ELECOM)最大867Mbps

※OCNでも無料レンタルが可能ですが、月額500円の「v6アルファ」オプションの加入が必須のため除外しました
※記載のWiFiルーターは2019年1月時点のものです
※太字の2社はキャッシュバックキャンペーンがあり、IPv6 IPoE+IPv4 over IPv6に対応しているプロバイダです

上記の表をご覧いただいた通り、無料でWi-Fiルーターをレンタルできるプロバイダは数多くあるものの、それぞれで通信速度が異なります。

ドコモ光自体は最大通信速度が1Gbpsの光回線ですが、実際に利用するWi-Fiルーターが1Gbpsに対応していなければ意味がありません。

Wi-Fiルーターがレンタルできるプロバイダの中で最もおすすめなのは、最大通信速度1,300Mbpsまで対応しているWi-Fiルーターをレンタルできる「GMOとくとくBB」です。

普通に購入しようとすると10,000円以上のWi-Fiルーターを無料でレンタルすることができるので、初期費用を抑える意味でもおすすめです。

ドコモ光のプロバイダ選び4つのポイントまとめ

それでは、ドコモ光のプロバイダ選びの4つのポイントをまとめていきます。

ここまで解説してきた「ドコモ光でプロバイダを選ぶ際に比較したい4つのポイント」は下記の通りでした。

これら4つのポイントをすべて満たすプロバイダを選ぶと、ドコモ光で最もおすすめのプロバイダ選びができるといっても過言ではありません。

そして、これらすべてのポイントを満たしているプロバイダは「GMOとくとくBB」一社のみです。

いま使っているインターネット回線のプロバイダを変えたくない!という人を除いて、これからドコモ光を契約するのであればプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。

GMOとくとくBBを選ぶと、上記4つのポイント以外にもさまざまなメリットがあります。

メリットが気になるという人は「ドコモ光のプロバイダで「GMOとくとくBB」を選ぶ9つのメリット」でくわしく解説しているので、こちらの項目に飛んでしまってもOKです。

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光で選べるプロバイダ25社の料金比較!

ドコモ光プロバイダ一覧
画像引用:ドコモ光プロバイダ一覧

ドコモ光のプロバイダ選びの4つのポイントを解説してきましたが、結果としては「GMOとくとくBB」が最もおすすめであることがわかりました。

ですが、この記事を読んでいる人の中には、自分で各プロバイダの料金やキャンペーンを比較して選びたい!という人もいるかと思います。

そこで、この項目ではドコモ光のタイプAとタイプBで選べるプロバイダ全25社の月額料金やキャンペーンなどをまとめた比較表をご紹介していきます。

この比較表を見てもらえれば、ドコモ光で選べるプロバイダの特徴がすべてわかるようになるので、ぜひご覧ください。

NTTドコモ公式が提供している以下の3つのキャンペーンについては、どのプロバイダで申し込んでも適用されるので覚えておきましょう。

NTTドコモ公式キャペーン

  • ドコモスマホとのセット割:ドコモのスマホ+ドコモ光のセットで携帯電話料金が100~3,500円の割引
  • dポイントプレゼントキャンペーン:ドコモ光に新規申し込みで最大10,000ptがもらえる
  • 初期工事費無料キャンペーン:ドコモ光の初期工事費18,000円が利用料金から割引
ドコモ光プロバイダ全25社比較一覧表
タイププロバイダ名称月額料金キャッシュバックその他特典
タイプAドコモnet【2年契約】
戸建て5,200円
マンション4,000円

【契約期間なし】
戸建て6,700円
マンション5,000円
××
plala最大15,000円lWi-Fiルーター無料レンタル
l訪問設定サポート初回無料
lセキュリティソフト最大24か月無料
GMOとくとくBB最大15,000円

dポイント最大10,000pt
lWi-Fiルーター無料レンタル
l訪問サポート初回無料
lインターネット安心セキュリティ1年間無料
ldカードGOLD申し込みでAmazonギフト券5,000円プレゼント
So-net最大15,000円lWi-Fiルーター無料レンタル/訪問設定サポートどちらか片方
lウイルスチェックサービス永年無料
lカスペルスキーセキュリティ最大12か月無料
DTI最大15,000円lWi-Fiルーター無料レンタル
lセキュリティソフト最大12か月無料
@nifty×lウイルスバスター永年無料
l常時安全セキュリティ24が12か月無料
l@nifty優待サービス最大2か月無料
l@niftyまかせて365初月無料
lリモートサポート初回無料
ic-net×lWi-Fiルーター無料レンタル
lIC-NET安心セキュリティ最大36か月無料
lIC-NET安心サポート最大36か月無料
lIC-NET訪問サポート最大36か月内初回無料
Tygers-net.com×lカスペルスキー総合セキュリティソフト永年無料
l出張セットアップ初回無料
andline×・Wi-Fiルーター
・iOS/AndroidTVミラーリングレシーバーどちらか
・防水スピーカー
・プリンター
・ポータブルHDD
l上記からいずれか1つ
l先読み防御セキュリティ12か月無料
lウイルス対策セキュリティ12か月無料
lメールウイルスチェック永年無料
l迷惑メールフィルター永年無料
BIGLOBE×lWi-Fiルーター無料レンタル
lBIGLOBEネットあんしんパックforドコモ光最大12か月無料
l訪問サポート初回無料
lリモートサポート何回でも無料
エディオンネット××
SIS×lスピーディア永年無料セキュリティ
lスピーディア訪問サポート60日以内初回無料
lリモートサポート60日以内初回無料
SYNAPSE×lつながる電話サポート
lつたわる対面サポート
lかけつける出張サポート初回無料
excite××
hi-ho×lWi-Fiルーター無料レンタル
lマカフィーマルチアクセス最大12か月無料
lメールウイルスチェック最大6個まで無料
lリモートサポート及び訪問サポートが初回無料
Rakutenブロードバンド×lスーパーセキュリティ月額サービス最大12か月無料
TikiTiki××
@ネスク××
01光コアラ××
タイプBOCN【2年契約】
戸建て5,400円
マンション4,200円

【契約期間なし】
戸建て6,900円
マンション5,200円
×lWi-Fiルーター無料レンタル
lホームネットセキュリティ最大12か月無料
lOCN開通とことんサポート初回訪問サポート無料
l総合セキュリティサービス最大12か月無料
@TCOM××
TNC××
WAKWAK××
AsahiNet×lマカフィーマルチアクセス最大12か月無料
@ちゃんぷるネット×l無料出張サポートサービス最大12か月無料

※月額料金はドコモ光(プロバイダ込み)の価格です
※「その他キャンペーン」ではプロバイダ独自のキャンペーンのみを掲載しています
※2019年1月時点でのキャンペーン情報です

この比較表をわかる通り、ドコモ光のプロバイダでキャッシュバックが受け取れるのは「plala・GMOとくとくBB・So-net・DTI」の4社のみです。

特に「GMOとくとくBB」はIPv6 IPoE+IPv4 over IPv6という高速通信が可能な接続方式を採用していて、さらに高速通信対応のWi-Fiルーターが無料でレンタル可能です。

いま使っているプロバイダを変えたくないという理由がある人以外は、ドコモ光のプロバイダとして「GMOとくとくBB」を選べば不自由なく高速通信のインターネットが使えて、且つキャッシュバックなどの特典をもらえて非常にお得となります。

上記以外にもGMOとくとくBBを選ぶメリットは盛りだくさんなので、次の項目でGMOとくとくBBを選ぶ9つのメリットをご紹介していきます。

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光のプロバイダで「GMOとくとくBB」を選ぶ9つのメリット

画像引用:GMOとくとくBB×ドコモ光 公式サイト
画像引用:GMOとくとくBB×ドコモ光 公式サイト

「ドコモ光のプロバイダ選びの4つのポイント」で解説した通り、ドコモ光で選べる全25社のプロバイダの中で最もおすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

通信速度が速くキャッシュバックがある他にもたくさんのメリットがあるので、この項目でGMOとくとくBBを選ぶメリットを一つひとつ解説していきます。

ドコモ光のプロバイダとして「GMOとくとくBB」を選ぶメリットは全部で9つあります。

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

業界最高のキャッシュバック金額

画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧
画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧

GMOとくとくBBの公式サイトからドコモ光を申し込むと、最大で15,000円のキャッシュバックがもらえます。

また、GMOとくとくBBでドコモ光に申し込む際、合わせて「dカードGOLD」を申し込むことでAmazonギフト券を5,000円分追加で受け取ることができます。

GMOとくとくBB以外のプロバイダで申し込んでもAmazonギフト券5,000円分はもらえないので、他で申し込むよりもキャッシュバックによる還元が多いのが嬉しいポイントです。

キャッシュバックの受け取りは、2019年4月30日までにドコモ光の開通工事を完了することなので、今から申し込んでも余裕で間に合います。

申し込む内容によってもらえるキャッシュバックの金額が変わってくるので注意しましょう。

GMOとくとくBBキャッシュバック内容

  • ドコモ光タイプA(2年定期契約):5,500円キャッシュバック
  • ドコモ光タイプA(2年定期契約)+ドコモ光電話バリュー:15,000円キャッシュバック

キャッシュバックはドコモ光が開通した月を含めて4か月目に案内メールが届きます。

キャッシュバック案内メールは、GMOとくとくBBに登録する際に作られたGMOドメインのメールアドレスなので気を付けましょう。

キャッシュバックを受け取る際の注意点

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込み、キャッシュバックを受け取るためにはいくつかの注意点があります。

キャッシュバック受け取りの際の注意点

  • ドコモ光電話バリューに申し込む必要がある
  • GMOとくとくBBのWebサイト経由でないとキャッシュバックは受け取れない
  • 基本メールアドレスはGMOとくとくBBの会員登録完了後に送られてくる登録証に記載
  • 案内メール送信日から翌月の末日までに口座情報の連絡をしなかった場合はキャッシュバックが受け取れない
  • 振込時期までに解約、接続サービスの変更、料金未納があるとキャッシュバックは受け取れない

特に、GMOとくとくBBのWebサイトからドコモ光へ申し込まないとキャッシュバックを受け取ることができません。

ドコモ光自体はドコモショップや大手家電量販店でも申し込むことができますが、キャッシュバックの適用対象外となってしまうので注意しましょう。

とにかく月額料金が安い

画像引用:プロバイダ乗り換え限定キャンペーン|GMOとくとくBB
画像引用:プロバイダ乗り換え限定キャンペーン|GMOとくとくBB

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込むと「戸建て5,200円/マンション4,000円」で使うことができます。

この金額はプロバイダ料金込みでのドコモ光タイプAの価格であり、光電話や光テレビ、その他のオプションに申し込まない限りはこれ以外に料金が発生することはありません。

プロバイダ単体での契約の場合でも、GMOとくとくBBは月額料金が非常に安く利用できます。

他社からプロバイダのみをGMOとくとくBBに乗り換えると24か月間は490円で利用できるので、とてもお得です。

ドコモユーザーならセット割が超お得

画像引用:料金プラン|NTTドコモ
画像引用:料金プラン|NTTドコモ

ドコモ光のキャンペーンとして、ドコモのスマホとセットで利用することで「ドコモ光セット割」が適用されます。

これは、ドコモのスマホで契約しているパケットパックの容量に応じて、毎月100~3,500円の割引が受けられるようになるお得なキャンペーンです。

パケットパックに応じた割引金額一覧は以下の表をご参照ください。

ドコモ光セット割パケットパック別割引額一覧
パケットパック名称ドコモ光セット割 割引金額
一人で使うならベーシックパック~1GB-100円
~3GB-200円
~5GB-800円
~20GB-800円
ケータイパック-500円
ウルトラデータLパック-1,400円
ウルトラデータLLパック-1,600円
家族で分け合うならベーシックシェアパック~5GB-800円
~10GB-1,200円
~15GB-1,800円
~30GB-1,800円
ウルトラシェアパック30-2,500円
ウルトラシェアパック50-2,900円
ウルトラシェアパック100-3,500円

参照:料金プラン|NTTドコモ

各携帯キャリアで同じようなセット割はありますが、ドコモのスマホでセット割が適用となるのはドコモ光だけです。

逆に、他のスマホを使っている人であればドコモ光ではなく他の光回線を選んだ方がお得に使えるようになります。

ドコモのスマホとドコモ光を合わせた毎月の利用料金を計算したい人は、ドコモのホームページ内にある「料金シミュレーション」を使うと便利です。

IPv6採用で通信速度に自信あり!

画像引用:驚きの早さ!GMOとくとくBBは速度に自信あり!|GMOとくとくBB
画像引用:驚きの早さ!GMOとくとくBBは速度に自信あり!|GMOとくとくBB

GMOとくとくBBでは、ドコモ光×GMOとくとくBBを利用しているユーザーに協力してもらって通信速度の実数値を計測しています。

上記の画像は全国での平均速度ですが、GMOとくとくBBの速さの理由のページでは、各地域での通信速度を調べることも可能です。

2019年1月時点では、どの地域でも100Mbps以上の通信速度が出ているので、動画再生もスムーズでゲームアプリや音楽などのダウンロードも非常に速いです。

GMOとくとくBBの通信速度の秘密は、次世代技術の「v6プラス」を採用していることです。

v6プラスを採用することにより、動画視聴やデータのダウンロードなどの重めの通信時でも快適なデータ通信を実現しているのです。

万が一、ドコモ光×GMOとくとくBB(v6プラス開通時)を利用していて通信速度が100Mbpsを下回った場合は「100円相当のGMOとくとくポイント」がお詫びとしてプレゼントされます。

せっかくインターネット回線を契約するなら通信速度は速いに越したことはないと思うので、通信速度を求めている人にもGMOとくとくBBはオススメです。

高性能のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

画像引用:高品質Wi-Fiルーターレンタルサービス|GMOとくとくBB
画像引用:高品質Wi-Fiルーターレンタルサービス|GMOとくとくBB

GMOとくとくBBではv6プラス対応の高品質無線WiFiルーターを無料でレンタルすることができます。

次世代技術の「v6プラス」ですが、無線Wi-Fiルーターがその規格に対応していなければ意味がありません。

また、自分で購入したWiFiルーターの場合はv6プラスが開通されないケースがあるようです。

つまり、GMOとくとくBBでv6プラスを使った高速通信を利用したい場合はWiFiルーターのレンタルが必須ということになりますが、レンタル料金はGMOとくとくBBを利用している限り無料なので安心です。

GMOとくとくBBでレンタルできる無線Wi-Fiルーターのスペックは以下の通りです。

GMOとくとくBBでレンタルできるWi-Fiルーター

機種名WXR-1750DHP2Aterm WG1900HP2
本体(画像)WXR-1750DHP2Aterm WG1900HP2
メーカーBUFFALONEC
実数値
(Mbps)
有線下り375.3517.6
上り417.2577.2
無線下り150.7237.7
上り252.1362
最大通信速度最大1,300Mbps最大1,300Mbps
通信周波数2.4GHz/5GHz2.4GHz/5GHz
無線LAN規格IEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
最大接続台数18台18台
v6プラス対応
設定不要不要
使い方説明(YouTube)https://www.youtube.com/watch?v=-ycpKDigpuAhttps://www.youtube.com/watch?v=_bxAmRh0Fsk

参照:驚きの早さ!GMOとくとくBBは速度に自信あり!|GMOとくとくBB

これらの無線Wi-Fiルーターはどちらも難しい設定は不要ですぐに使えるので、インターネット回線に詳しくない人でも簡単に使い始められるのは嬉しいポイントですね。

フレッツユーザーなら工事費が無料!

画像引用:ドコモ光への転用について|NTTドコモ
画像引用:ドコモ光への転用について|NTTドコモ

今使っている自宅のインターネット回線がフレッツ光なら、解約金不要・工事費無料でドコモ光へ乗り換えが可能です。

基本的にフレッツ光からドコモ光に乗り換えると毎月の利用料金が安くなるので、解約金や工事費がかからない内にGMOとくとくBB経由でドコモ光に乗り換えることをおすすめします。

フレッツ光とドコモ光の月額料金を比較すると以下のようになります。

フレッツ光とドコモ光 料金比較
フレッツ光ドコモ光
月額料金戸建て:5,600円
マンション:3,850円
※どちらも「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の場合
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
スマホセット割なしドコモ:最大3,500円割引

上記の表から、ドコモ光の方が戸建てタイプで400円安く、マンションタイプは150円高いことがわかりますね。

ですが、フレッツ光ではスマホセット割がないので、ドコモのスマホを使っているならドコモ光に乗り換えた方が毎月の通信費(ネット回線+スマホ代)を安くすることができます。

また、フレッツ光で使っているプロバイダを継続して利用することもできるので、面倒な手続きは一切必要ありません。

正直にお伝えすると乗り換えない理由が思い当たらないので、フレッツ光を使っていてドコモ光を検討中ならぜひこの機会に乗り換えることを強くおすすめします。

Web申し込み限定、出張サポートが1回無料!

画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧
画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込むと、GMOとくとくBBの「ドコモ光専用無料訪問サポート」が受けられます。

ドコモ光専用の無料訪問サポートでは、以下に記載したサポートを受けることができます。

ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー

  • インターネット接続設定:各1台
  • Wi-Fi設定:Wi-Fi親機1台+子機1台
  • メール設定:1アカウント
  • ひかりTV for docomo接続設定:各1台
  • dtvインストール・接続設定:各1台
  • dtvチャンネルインストール・接続設定:各1台

無料訪問サポートを利用すれば、インターネットにくわしくない人でも安心してドコモ光を使い始めることが可能です。

ただし、ドコモ光が開通した月から数えて12か月の間で初回限定の無料サービスなので、その点は覚えておきましょう。

インターネット安心セキュリティが1年間は無料で使える

画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧
画像引用:GMOとくとくBBキャンペーン一覧

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込むと、パソコンとスマホで使えるセキュリティソフトを1年間無料で使うことができます。

月額料金は500円なので、6,000円分お得に使うことが可能です。

なお、GMOとくとくBBのプロバイダ料金はドコモ光の月額料金に含まれていますが、このセキュリティサービスはGMOとくとくBBから個別に請求されます。

ドコモ光の月額料金と合算して一括支払いすることはできないので注意しましょう。

GMOとくとくBB限定!dカードGOLDに合わせて申し込めば、さらに特典あり!

画像引用:GMOとくとくBB会員限定プレゼント
画像引用:GMOとくとくBB会員限定プレゼント

GMOとくとくBBでドコモ光を契約する際、「dカードGOLD」に同時も仕込みをすると最大13,000円相当のiD(電子マネー)がキャッシュバックされます。

さらにGMOとくとくBB限定特典として、13,000円のiDキャッシュバックにプラスしてAmazonギフト券5,000円分がもらえます。

Amazonギフト券5,000円分プレゼントキャンペーンは、他のプロバイダでは行われていないキャンペーンなので非常にお得です。

もし、まだdカードGOLDを持っていない人でドコモ光の契約を検討中の人は、ぜひこの機会にGMOとくとくBBから申し込んでみてください。

dカードGOLDの概要

画像引用:GMOとくとくBB会員限定プレゼント
画像引用:GMOとくとくBB会員限定プレゼント

dカードGOLDは、毎月のドコモ携帯およびドコモ光の利用料金から最大10%のポイントが自動的に貯まっていくお得なクレジットカードです。

dポイントはドコモスマホの支払いやdポイント加盟店で使えて、他にも嬉しい商品との交換ができるなど、様々な使い道があります。

ドコモユーザーであればポイントがどんどん貯まっていく非常にお得なので、ぜひ持っておきたいクレジットカードです。

dポイントが貯まる以外にも魅力的な特典が満載なので、ドコモ光を検討中の人は合わせて「dカードGOLD」の申し込みも検討してみてください。

弟リスのイラスト
うわ~!GMOとくとくBBでドコモ光を契約するのってメリットが満載で嬉しいことばかりなんだね!

兄リスのイラスト
うん、そうなんだ!でも、メリットに目がいきがちだけど、GMOとくとくBBには気を付けておきたい注意点もあるんだ。次の項目では注意点を確認していこう!

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光をGMOとくとくBBで契約する際の注意点

GMOとくとくBB経由でドコモ光を契約すると9つのメリットがあるので非常にお得だとご説明してきました。

メリットばかりに目がいきがちですが、GMOとくとくBBでドコモ光を契約する前に知っておくべき注意点もあります。

この項目では、ドコモ光をGMOとくとくBBで契約する際の注意点を確認していきましょう。

注意点は全部で4つあります。

これらの注意点についてもしっかり理解した上で「自分に合っている!」と思ったら、実際にGMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込んでみましょう。

今すぐに具体的な申し込み手続きを知りたい!という人は「ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むための具体的な手順」をご覧ください。

申し込み時にドコモのスマホ番号が必要=ドコモユーザー以外は契約ができない

画像引用:お申込みからご利用開始までの流れ|GMOとくとくBB
画像引用:お申込みからご利用開始までの流れ|GMOとくとくBB

GMOとくとくBB経由でドコモ光を申し込む際、ドコモの携帯番号が必須となります。

つまり、ドコモユーザー以外はGMOとくとくBBのWebサイトから申し込むことができません。

ドコモユーザー以外であればドコモ光を選ぶメリットはありませんが、仮に他の携帯キャリアを使っていてドコモ光に申し込む場合は最寄りのドコモショップに行けば申し込むことが可能です。

ただし、その場合はGMOとくとくBBの最大15,000円キャッシュバックを受け取ることはできないので注意しましょう。

キャッシュバックが対象となるのはWebからの申し込みだけ

GMOとくとくBBで最大15,000円のキャッシュバックが受け取れるのは、Webサイトからの申し込みだけです。

最寄りのドコモショップでもGMOとくとくBBをプロバイダに選んでドコモ光を契約することはできますが、その場合は最大15,000円のキャッシュバックはもらえません。

大手家電量販店だと高額キャッシュバックを打ち出していることも多いですが、不要なオプションやサービスへの申し込みが必須であることが多いのでおすすめしません。

ドコモ光に申し込んで最大15,000円のキャッシュバックを受け取りたいなら、必ずドコモ光×GMOとくとくBBのWebサイトから申し込むようにしましょう。

キャッシュバックの受け取り時期が他プロバイダと比べて若干長め

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込んだ場合のキャッシュバック受け取り時期は、他社と比較して若干長めです。

ドコモ光でキャッシュバックが受け取れるプロバイダと、受け取り時期をまとめた表をご覧ください。

プロバイダ名称キャッシュバックキャッシュバック受け取り時期
plala最大15,000円開通月を含む5か月目にキャッシュバック案内メール
GMOとくとくBB最大15,000円開通月を含む4か月目にキャッシュバック案内メール
口座情報登録の翌月末日に振込
So-net最大15,000円開通月を含む3か月目の15日にキャッシュバック案内メール
DTI最大15,000円開通月を含む3か月目にキャッシュバック案内メール

GMOとくとくBBは、他のプロバイダよりもキャッシュバックを受け取れる時期が遅めです。

すぐにキャッシュバックが欲しい!という人は、So-netやDTIをプロバイダとして選んでみてください。

リモートサポートがなく出張サポートは有料

ドコモ光で選べるプロバイダの多くはリモートサポートに対応していますが、GMOとくとくBBではリモートサポートがありません。

また、専任スタッフが自宅に訪問して設定の手伝いをしてくれる「出張サポート」は、開通してから12か月後の月末までに利用した初回のみ無料となります。

それ以降は「インターネット接続設定パック」として7,400円の利用料金が発生するので覚えておきましょう。

兄リスのイラスト
ここで紹介した注意点の中で特に覚えておきたいのは「キャッシュバックが有効になるのはGMOとくとくBBのWebサイトからの申し込み限定」という部分だね。それ以外の注意点はそこまで大きな影響はないから安心し大丈夫だよ

弟リスのイラスト
よーし、ボクもGMOとくとくBBでドコモ光に申し込むぞ!

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判って良いの?悪いの?リアルな口コミまとめ

ここまでドコモ光のプロバイダを選ぶなら「GMOとくとくBB」がおすすめである理由や、申し込む際の注意点についてまとめてきました。

非常にメリットが盛りだくさんの「GMOとくとくBB」ですが、実際にドコモ光×GMOとくとくBBを使っている人の使用感や口コミは気になりますよね。

ここで、ドコモ光×GMOとくとくBBに関するリアルな口コミや評判を見てみましょう。

ただし、インターネットの速度や使いやすさは実際に使う地域や環境によって大きく変わるため、あまりアテにならないことも多々あります。

ここでまとめている口コミや評判は、あくまで参考程度に留めておくようにしてください。

ドコモ光×GMOとくとくBBの良い評判

ドコモ光×GMOとくとくBBの良い評判まとめ

  • 通信速度が安定した
  • 通信速度がとにかく速くなった

ドコモ光×GMOとくとくBBのリアルな口コミや評判を見ると、とにかく通信速度に関するものが多くありました。

GMOとくとくBBは通信速度に自信を持っていることもあり、ドコモ光のプロバイダをBIGLOBEやSo-netからGMOとくとくBBに変えただけで通信速度が速くなったという声が非常に多い印象を受けます。

すでにドコモ光を使っている人がGMOとくとくBBにプロバイダを変更したい場合は、ドコモインフォメーションセンターへの電話や最寄りのドコモショップへ来店するだけで手続きが可能です。

これからドコモ光の契約を検討していて、通信速度を求めている人は「GMOとくとくBB」を選ぶことをおすすめします。

ドコモ光×GMOとくとくBB悪い評判

ドコモ光×GMOとくとくBBの悪い評判まとめ

  • 通信速度が出ない
  • 突然切れた

ドコモ光×GMOとくとくBBの悪い評判についてまとめました。

一般的に、インターネット回線の通信速度が遅いという場合は、

  • WiFiルーターが古い
  • LANケーブルが古い
  • ネット回線、もしくはプロバイダで障害が起きている

というケースがよくあります。

特に、昔から持っているWiFiルーターをそのまま使い続けている人も多く、最新の通信規格に対応していないため通信速度が出ないというケースも多々あります。

GMOとくとくBBでは高速通信対応のWiFiルーターを無料でレンタルすることができるので、通信速度を改善するためにはまずWiFiルーターの見直しをしてみることをおすすめします。

また、住んでいる地域によってプロバイダへのアクセスが集中してしまう時間帯がある場合もあります。

この場合はユーザー自身でどうにかできる問題ではないので、他のプロバイダへ変更することも視野に入れておきましょう。

弟リスのイラスト
ドコモ光×GMOとくとくBBについての評判は、とにかく通信速度が速くなったって言う声が多かったね!

兄リスのイラスト
さすが通信速度に強い自信を持っているプロバイダなだけあるね。それじゃあ、最後はドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むための具体的な手順を見ていこう!

ドコモ光の申込みはこちら

ドコモ光をGMOとくとくBBで申し込むための具体的な手順

画像引用:お申込みからご利用開始までの流れ|GMOとくとくBB
画像引用:お申込みからご利用開始までの流れ|GMOとくとくBB

ここまで、ドコモ光で選べるプロバイダ全25社の料金比較やおすすめのプロバイダの選び方、そして、ドコモ光で最もおすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」であるとお伝えしてきました。

GMOとくとくBBのメリットや、契約前に知っておきたい注意点、それぞれをご確認いただいた上で「自分に合ってそう!」と思ったら、この機会にドコモ光に申し込んでみてください。

GMOとくとくBB経由でドコモ光に申し込むための具体的な手順は以下の通りです。

それぞれの手順について見ていきましょう。

フレッツ光からの転用の場合は「転用承諾番号」を取得しておく必要がある

この項目は、今使っているインターネット回線が「フレッツ光」の人が対象です。

それ以外の回線からの乗り換えや新規申し込みの場合は「専用フォームからドコモ光に申し込む」へ飛んでしまってOKです。

今使っているインターネット回線がフレッツ光の場合、ドコモ光への乗り換えのことを「転用」といいます。

インターネット回線の転用をするためには「転用承諾番号」を取得する必要があるので、以下の表を参考にして転用承諾番号を取得しましょう。

転用承諾番号の取得先

NTTフレッツ光東日本NTTフレッツ光西日本
WebサイトURLで確認https://flets.com/app4/input/index/
受付時間:8時30分~22時
http://flets-w.com/collabo/
受付時間:8時30分~22時
電話で確認0120-140-202
受付時間:9時~17時
0120-553-104
受付時間:9時~17時
手続きに必要なもの1.契約ID※、ひかり電話番号のいずれか
2.契約者名
3.利用場所住所
4.支払い方法

※契約IDは「CAFで始まる13桁の番号」か「COPで始まる11桁の番号」です
※開通時にNTT東西から送付される書類「開通のご案内」に記載されています

転用承諾番号はWebサイト/電話のどちらでも簡単に取得できますが、受付時間が長いWebサイトから取得するのが良いかと思います。

専用フォームからドコモ光に申し込む

画像引用:GMOとくとくBB×ドコモ光
画像引用:GMOとくとくBB×ドコモ光

それでは、GMOとくとくBBのWebサイトにあるドコモ光申し込み専用フォームから申し込み手続きをしましょう。

上記画像の上部にある黄色い枠で囲んである「お申込み」から、ドコモ光への申し込み手続きを進めてください。

申し込み手続き自体は5~10分程度で終わるので、時間のない人でも簡単に申し込むことが可能です。

GMOとくとくBBから折り返しの電話で料金プランを決定

GMOとくとくBBのWebサイトからドコモ光への申し込み手続きが終わったら、数日後にGMOとくとくBBから料金プランの案内などの電話がきます。

料金プランの説明を一通り受けて電話が終了した後、再度、当日中に確認担当から電話での連絡があります。

その電話確認を持って申し込みが完了となるので「GMOとくとくBBから2回の電話がある」ということを覚えておいてください。

NTTドコモにて申込内容の登録

2回の電話連絡で申し込みが完了すると、GMOとくとくBBで登録したお客様情報をNTTドコモに連携して伝えてくれます。

GMOとくとくBBからNTTドコモへの連携には約1日程度の時間が必要です。

連携終了後にはドコモ光サービスセンターから工事実施日の日程調整の電話連絡がくるので、その連絡が来るのを待ちましょう。

回線工事日の調整/工事実施

ドコモ光サービスセンターからの電話連絡で、工事実施日を決めたらあとは工事業者が来るのを待つだけです。

仮に、ドコモ光サービスセンターからの電話に出られなかった場合は、ドコモ光サービスセンターにこちらから電話をかける必要があるので覚えておいてください。

工事の連絡について
ドコモ光サービスセンター
電話番号0120-766-156
受付時間9時~21時 365日受付

なお、土曜/日曜/祝日に工事日を指定すると出張料として3,000円の手数料が発生するので気を付けましょう。

開通完了/PCで初期設定

工事日を指定して、無事に開通工事が完了すれば、これでドコモ光の申し込み自体は終了です。

開通工事が終了した日からインターネットが使えるようになるので、接続したいPCやスマートフォンから無線Wi-Fiルーターに接続すればOKです。

次世代技術の「v6プラス」に対応している高性能Wi-Fiルーターをレンタルしたい場合は「WiFiルーターレンタルサービス」をご確認の上、手続きを進めてください。

これで、GMOとくとくBB経由でドコモ光を契約する具体的な手順は終了です。ここまでお疲れ様でした。

GMOとくとくBB×ドコモ光で快適なインターネット接続をお楽しみください!

ドコモ光の申込みはこちら

まとめ:ドコモ光のプロバイダ全25社の中で最もおすすめなのは「GMOとくとくBB」

以上、「【総まとめ】ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?得する賢い選び方を徹底解説!」をお送りしました。

ドコモ光のプロバイダは全25社あり、どれを選べばよいか迷ってしまいますが、以下の4つのポイントを重視して選んでいくとドコモ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」一択という結論になります。

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBBを選ぶと、通信速度が非常に速いことや最大15,000円のキャッシュバックが受けられるほかにもたくさんのメリットがあります。

これだけ多くのメリットがありますが、4つの注意点もあるので覚えておいてください。

メリットや注意点をよく吟味したうえで、GMOとくとくBB経由でドコモ光にお申し込みください。

他社よりもキャッシュバックが多い上、通信速度に対して良い評判の多いGMOとくとくBBは本当におすすめのプロバイダなので、これからドコモ光に申し込もうと思っている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光の申込みはこちら

おすすめネット回線!

  • NURO光
  • 圧倒的な回線速度でコスパは最強。対象エリア内なら最優先で検討を
  • 公式サイトへ
  • ドコモ光(GMOとくとくBB)
  • ドコモユーザーにおすすめ、高額キャッシュバックが魅力的!
  • 公式サイトへ
  • ソフトバンク光
  • 家族みんなでソフトバンクスマホを使ってるなら、光回線はソフトバンク光1択!
  • 公式サイトへ
  • WiMAX2+(GMOとくとくBB)
  • ネット環境は欲しいけど工事や面倒な手続きはしたくない…という人はWiMAXがおすすめです
  • 公式サイトへ
  • eo光
  • 関西で快適なインターネット環境を手に入れるなら、「顧客満足度NO.1」のeo光!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

かおるや

ライター

かおるや

職業
インターネット回線販売 / パソコンサポート
https://kaoruya.org/blog/
専門・得意分野
パソコン / スマホ / インターネット回線
日々の業務で培ったスキルを活かして専門性の高い正確な情報を提供できるよう細部に拘って執筆しています。
経歴:
2011年 インターネット販売代理店へ転職
2016年 独立
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!