Menu

フレッツ光はおすすめなのか知りたい!口コミから特徴と注意点を解説

フレッツ光は何がオススメか口コミと評判

ご自宅のインターネット回線を選ぶとき、どんな情報を参考に選んでいますか?

フレッツ光の公式サイトを見てみても、実際の速度や使い心地、サポートセンターの対応などは公式サイトの情報だけではわかりません。

ネットの口コミを参考にしたくても、インターネット上からフレッツ光の口コミだけを探すのはとても大変です。

この記事では、

「回線が安定していて大手企業で安心できるところがいい」
「サポートが充実しているところがいい」

というあなたに向けて、フレッツ光の評判を実際の口コミを交えながら解説します。

結論から言いますと、フレッツ光はサポートセンターの対応が丁寧だけど、夜間混み合ってくると回線速度が遅くなることが多いようです。

また、フレッツ光の契約を検討している人が知りたい下記のような疑問にもお答えしていきますね。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 「フレッツ光」はどんなサービス?
  • NTT東日本と西日本の違いは?
  • 「フレッツ光」はこんな人におすすめ!
  • 「フレッツ光」以外の回線を選ぶポイント

また、あなたに本当にピッタリなのはフレッツ光とは限りません。

フレッツ光はネット初心者や日中にインターネットを使う人にはおすすめですが、あてはまらない人は記事後半の「フレッツ光以外でおすすめの光回線4つ」もぜひ読んでみてくださいね。

フレッツ光はどんなサービス?

まずは「フレッツ光」についてくわしくみていきましょう。

「フレッツ光」とは、NTTグループが提供する、光回線を用いたブロードバンドサービス(アクセス回線)です。

高速インターネット接続で、大容量の動画や音楽やゲームなどのダウンロードなども快適にインターネットを楽しめます。

フレッツ光は東西で料金プランも異なる

NTTグループの地域通信事業部は、「NTT東日本」と「NTT西日本」の2つに分かれています。

同じNTTグループですが、エリアによって分かれている別の会社。

「フレッツ光」のサービスもこの2つの会社からそれぞれ提供されていて、プラン名や料金、キャンペーンも異なります。

プラン名は名称が違うだけで、サービス自体の内容は変わりません。

料金に関しては差があるので、マンションで使う場合の平均料金で比較してみましょう。

NTT東日本NTT西日本
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ(1Gbps)
3,350円
※「にねん割」「フレッツ光マンスリークラブ マンスリーポイント割」「ギガ推し割」適用
フレッツ 光ネクスト
マンション・スーパーハイスピードタイプ 隼(プラン1)
3,250円
※「光はじめ割」適用
プロバイダ(So-net)料金900円プロバイダ料金(So-net)900円
合計4,250円合計4,150円

2018年5月現在の料金設定です。キャンペーンによって料金が変動します
※プロバイダはSo-netとして計算しています。契約するプロバイダによって値段は変わります

東日本と西日本の差は100円。

ただし、期間限定のキャンペーンや割引プランなどによって費用が変動するので、こまめに料金シミュレーションをして確認してください。

東日本と西日本ではキャンペーン内容も違い、初期費用にも差があります。

お住まいの地域もあらかじめ確認しておきましょう。

NTT東日本「フレッツ光 料金シミュレーション」
NTT西日本「フレッツ光 料金シミュレーション」

フレッツ光の評判:おすすめはネット初心者や速度にこだわらない人

実際の口コミを見ると、評判が良いのはサポート、一方速度に関することは評判が悪いようです。

特徴:「サポートの質が高い」

大手通信会社NTTグループが運営しているだけあって、「フレッツ光」のお客様サポートは群を抜いているようです。

問い合わせ先で迷うことがないのが「フレッツ光」

インターネットを使い始めて困ったことがあると、できるだけ早く解決したいもの。

いざ問合わせ先を調べてみると、トラブルによって細かく問い合わせ先が分かれていたり、どこに連絡したらいいのか困ったりしたことはありませんか。

フレッツ光の問い合わせ窓口は、電話かメール。

問い合わせ先の電話番号は、1本(東日本からNTT西日本へ問い合わせをする場合は別途番号あり)に絞られています。

設定方法や使用中のトラブル、機械の故障、サービスに関することなども含めて、1本なので迷わず連絡することができます。

口コミを見ると「しっかり丁寧に教えてくれる」「オペレーターが優しくて感じがいい」という意見もあり、質の高いサポートが受けられるようです。

特徴:「通信速度が遅い」

通信速度に関しては、「混雑する時間帯は遅い」「ダウンロードに時間がかかる」という意見もちらほら。

多くの人が使う夜間などは、回線速度が遅くなってしまうことがあるようです。

このように、フレッツ光の速度の評判はあまり良くありません。

ただし、この回線速度を改善する対策として「IPv6」がTwitterでも話題になっています。

「IPv6」に変更することで、速度についてはかなりの改善が見られるようです。

【対策】IPv6に変更することで速度改善が期待できる

速度改善におすすめなのが「IPv6」。

「IPv6」とは次世代IPアドレスで、フレッツ光のオプションとして利用できるサービスです。

オプションではありますが、月額利用料は無料。

ただし、「IPv6」対応のモデムやルーターの準備、対応しているプロバイダサービスを利用しているのが条件です。

プロバイダは@niftyやBIGLOBE、Yahoo!BBなどが対応していますが、地域や契約コースによっては非対応の場合もあります。

お住まいの地域で契約ができるかは、下記のページでご確認ください。

フレッツ光(NTT東日本)「「IPv6アドレスを用いたインターネット接続」について」

速度にこだわりたいならフレッツ光よりNURO光やauひかりがおすすめ

光回線サービスの口コミで回線速度が速いと評判なのは、「NURO光」や「auひかり」。

ただし、対応エリアが限られているので、お住まいの地域がエリア内かチェックしておきましょう。

とにかく速度にこだわりたい!という人は、この2つがおすすめです。

「NURO光」や「auひかり」について気になった人は「「速度」で選ぶなら「NURO光」「auひかり」がおすすめ」の章で説明しているので、先に見てみてくださいね。

注意点:「料金は他社と変わらない」という声も

フレッツ光を検討するときに料金設定の確認もお忘れなく。

NTTグループという大手なので、通信が安定しているというメリットがある一方、他社に比べて料金が少し高いという声もありますが…。

月額料金が安い会社やスマホとセットで契約しても、Wi-Fiルーターなどのオプションを追加すると、料金がほとんど変わらないケースもあるようです。

安く使いたいならスマホとのセット割を検討するのがおすすめ

できるだけコストを抑えたいなら、スマホとのセット割も視野に入れてみましょう。

スマホのデータ通信料金とセットで申し込むことで、スマホの料金を減額するサービスです。

携帯電話のキャリアがdocomoならドコモ光を契約することで「ドコモ光セット割」が適用されます。

auスマホはauひかりとセットで「auスマートバリュー」、ソフトバンクのスマホならSoftBank光と「おうち割」という割引サービスです。

ただし、スマホとセットで2年契約をすると、2年未満の解約は違約金が発生します。

一度契約してしまうとキャリアを安易に変えられないデメリットがあります。

フレッツ光なら、携帯電話のキャリアに縛られず違約金の心配もありません。

その点も踏まえて検討していきましょう。

地域限定の光回線なら基本料金が安い

また、全国規模ではなく地域限定の光回線を扱う会社もあります。

会社によっては基本料金がぐんと安くなるケースも。

たとえば、関西には「eo光 」、東海は「コミュファ光 」、四国なら「ピカラ光 」。

中国は「メガ・エッグ 光ネット 」、九州には「BBIQ光」などがあります。

できるだけ基本料金を抑えたい人は、お住まいの地域限定の光回線がおすすめです。

フレッツ光の申し込み方法

フレッツ光の申し込み方法は、各公式サイト「NTT東日本」 「NTT西日本」もしくは、電話でも申し込みが可能です。

NTT東日本「お問い合わせ一覧」
NTT西日本「お問い合わせ一覧」

事前に準備しておきたいことは、プロバイダサービスの決定と、オプションサービス。

問い合わせする前に決めておくと、申し込みするときにスムーズです。

フレッツ光以外でおすすめの光回線4つ

「フレッツ光」は違うかも…と思った人は、ご自分のニーズを再確認しておきましょう。

サービス内容よりも速度や料金が優先ならこんな光回線サービスもあります。

「速度」で選ぶなら「NURO光」「auひかり」がおすすめ

インターネットとにかくスピード重視、ゲームや音楽のダウンロードも早く済ませたいという人は、「NURO光 」や「auひかり 」がおすすめ。

ただし、これらはエリアが限られているので、お住まいの地域が対応エリア内である必要があります。

「NURO光」は、関東1都6県と東海4県、関西2府3県で提供可能。

一方「auひかり」は戸建てタイプの場合、関西2府3県、中部4県で提供できないエリアがありますのでご注意ください。

料金的にも比較的安価で利用できる

「NURO光」は回線利用料金とプロバイダ、無線LANやセキュリティーサービス(最大5台まで)がセットになって月額4,734円から。

「auひかり」は回線利用料金とプロバイダがセットで月額3,800円からのプランがあり、比較的安価で利用できます。

NURO光・auひかりともに提供エリアが限られている点に注意

先ほどお伝えしたように、2社ともに提供エリアが限られているので、お住まいの地域が供給エリアなのかを先に確認しておきましょう。

NURO光 対応エリア

この中でも提供できない一部地域もあるので、エリア検索でも確認してみましょう。

NURO光「エリア検索」

「auひかり」は、戸建てタイプのみ提供できないエリアがあります。

  • 滋賀・京都・大阪・奈良・和歌山・福井の関西2府3県
  • 岐阜・愛知・静岡・三重の中部4県

が提供外なので注意が必要です。
※このエリア内では「コミュファ光」や「eo光」がauとの提携で割引が効きおすすめです

マンションタイプは通常通りエリア提供されています。

どちらも公式サイトで提供エリアの確認ができるので、まずは確認してみましょう。

auひかり「提供エリアの確認」

「NURO光」「auひかり」についてもっと知りたい人は以下の記事も見てみてくださいね!

auひかりは速くて割引がすごいって本当?通信費を1社にまとめて手間なく節約!
日本最速クラス「下り2Gbps」を誇るNURO光のメリット・デメリット徹底解剖

「安さ」で選ぶなら地域の光回線がおすすめ

サービスや速さよりも、とにかく料金を抑えてインターネットを利用したい人は、地域限定の光回線をチェックしてみましょう。

四国なら「ピカラ光 」、中国は「メガ・エッグ 光ネット 」、九州には「BBIQ光」などがあり、どれも割安で光回線を使うことができます。

関西なら「eo光」がおすすめ

関西地方に住んでいる人におすすめなのが「eo光 」。

プロバイダ料金込みで月額2,953円から利用可能です。

光テレビとセットで申し込むと、さらにセット割で900円お安くなります。

東海なら「コミュファ光」がおすすめ

東海地方なら「コミュファ光 」がおすすめです。

コミファ光のプロバイダで光電話とセットで申し込むと、月額3,940円から利用できます。

セットで申し込むことが条件なので、光電話とセットで申し込む予定の人にはぴったりのプランです。

まとめ

最後にここまでの内容をおさらいします。

強調したいポイント

  • 「フレッツ光」のオペレーターは丁寧に教えてくれる
    ⇒インターネット初心者や不得意な人も設定できる。
  • 夜間利用者が増えると回線速度が落ちることがある
    ⇒日中に使うことが多い人や、速度にこだわりがない人にはおすすめ。
  • 「フレッツ光」はNTT東日本と西日本のエリアで分かれている
    ⇒料金やキャンペーン内容が異なる点に注意が必要
  • 速度にこだわるなら「NURO光 」「auひかり 」がおすすめ!
  • 月額料金を抑えたいなら、地域限定の光回線が割安でおすすめ!

これから光回線の契約を考えている人は、「フレッツ光」で快適なインターネットを楽しんでください。

もっとくわしく「フレッツ光」を知りたい人は、直接問い合わせしてみましょう。

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!