Menu

光コラボレーションとは?仕組みと乗り換え前の注意点がカンタンまる分かり!

一緒にパソコンを見る女性2人

光コラボレーションとは何か、その仕組みやサービス内容について、あなたはどれくらい知っていますか?

わからない弟リスのイラスト
光コラボレーションって聞いたことはあるけど、光回線の何が違うの?

わからない弟リスのイラスト
光コラボレーションのほうがお得って聞くけど、ボクもお得になるのかなぁ

フレッツ光と光コラボレーションで何が違うのか、疑問に思っている人も多いかもしれませんね。

実際、光コラボレーションで使う回線は、実はNTT東日本・西日本が提供するフレッツ光と同じ光回線です。

ですが、自分にあった光コラボレーションをちゃんと選ぶことで、フレッツ光のときよりも月額料金を今よりももっと安くすることも可能かもしれません。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • 光コラボレーションとはどんなサービス?
  • 光コラボレーションにはどんな特徴があるの?
  • 光コラボレーションに乗り換える方法が知りたい!
  • 光コラボレーションに乗り換える時の注意点はある?

この記事を最後まで読むことで、光コラボレーションとはどんなサービスなのかが分かり、自分に合った光コラボレーションに乗り換えることができるようになります!

複雑だと言われる光コラボレーションについて、図解も使ってくわしく解説していきますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

目次

おすすめネット回線!

  • NURO光
  • 圧倒的な回線速度でコスパは最強。対象エリア内なら最優先で検討を
  • 公式サイトへ
  • ドコモ光(GMOとくとくBB)
  • ドコモユーザーにおすすめ、高額キャッシュバックが魅力的!
  • 公式サイトへ
  • ソフトバンク光
  • 家族みんなでソフトバンクスマホを使ってるなら、光回線はソフトバンク光1択!
  • 公式サイトへ
  • WiMAX2+(GMOとくとくBB)
  • ネット環境は欲しいけど工事や面倒な手続きはしたくない…という人はWiMAXがおすすめです
  • 公式サイトへ

光コラボレーションとは?図解で仕組みをかんたん解説!

3人の女性と丸い模様

光コラボレーションとは、正式には「光コラボレーションモデル」と呼ばれ、NTT東日本・西日本が提供するフレッツ光回線を、別の事業者が自社のブランドとして提供する光回線サービスのことを指します。

光コラボレーションはフレッツ光回線を借り受けた事業者による独自サービス!

光コラボレーションの仕組みについては、NTT東日本の公式サイトに以下のような図が掲載されています。

光コラボレーションとは

少し分かりにくいので、簡略化した図を作成しました。

光コラボレーションとは

NTT東日本・西日本が提供している従来のフレッツ光は、NTT東日本・西日本と直接契約し、光インターネット接続サービス・ひかり電話などのサービスを受けるという形でした。

一方の光コラボレーションでは、NTT東日本・西日本からフレッツ光回線の提供を受けた事業者と契約し、フレッツ光の光回線を利用したインターネット接続サービスの他に、事業者独自のサービスを受けることができます。

サービス内容は各事業者によってさまざまですが、動画配信サービスやスマホとのセット割引など、私たち利用者にとってメリットが多いのが特徴です。

光コラボレーションには事業者側にもメリットがある!

光コラボレーションで利用する回線はフレッツ光回線なので、光コラボレーションに乗り換える際に工事の必要がなく、回線の速度や品質が落ちることもありません。

また光コラボレーション事業者がプロバイダを兼ねていることも多く、光回線の利用料はNTT東日本・西日本に、プロバイダ利用料はプロバイダに、と別々になっていた請求を一本化することができます。

光コラボレーション事業者にとっては、光回線設備を自社で用意せずに光回線サービスの提供ができるため、独自サービスを充実させることで利用者が獲得できるのがメリットです。

またNTT東日本・西日本は、光コラボレーション事業者に光回線を卸売りすることで、自社で営業や販促をしなくても光回線を利用してもらえるというメリットがあります。

このように、私たち光回線サービスを利用する側だけでなく、光回線サービスを提供する側にとってもメリットが多いのが光コラボレーションモデルなのです。

光コラボレーション契約数は700万件を突破&事業者は約600社!

NTT東日本が2018年8月27日に発表した商品・サービスについてのお知らせによると、光コラボレーションモデルのサービス契約件数は2018年8月24日に700万件を突破しています。

NTT東日本「「光コラボレーションモデル」における光アクセスサービスの700万契約突破について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本」
画像引用:NTT東日本「「光コラボレーションモデル」における光アクセスサービスの700万契約突破について | お知らせ・報道発表 | 企業情報 | NTT東日本」

この図には事業者数の推移も掲載されていますが、2015年3月には約60社だったのが2018年8月には約600社まで増加しています。

光コラボ 勧誘

光コラボレーション事業者は、大きく分けて以下の3種類の業態があります。

  • ドコモ、ソフトバンクなどの大手スマホキャリア
  • BIGLOBE、So-net、@nifty、ぷららなどプロバイダ業務を主とする事業者
  • TSUTAYAなど通信業界以外の業種から参入した事業者

各光コラボレーション事業者は、既存の自社サービスと光回線サービスを組み合わせた独自のサービスを展開しています。

現在フレッツ光を利用している人は、条件さえ合えば光コラボレーションに乗り換える(=転用する)ことでさらにインターネット通信サービスを便利に利用できる可能性があるのです。

光コラボレーションに乗り換える(=転用する)とは?

光コラボレーションは新規に契約することもできますが、現在フレッツ光を利用しているなら「転用」と呼ばれる方法で光コラボレーションに乗り換えることができます。

光コラボレーションとは
NTT東日本とNTT西日本で手順は多少異なりますが、

  1. NTTから転用承諾番号を受け取る
  2. 光コラボレーション事業者で申し込み手続きをする

という2ステップで手続きが完了します。

フレッツ光から光コラボレーションへの「転用」では、フレッツ光回線をそのまま使うので宅内工事などが発生せず、簡単に乗り換えることができるようになっているのです。

転用のくわしい手順についてはNTT東日本・西日本の公式サイトに掲載されているので、あわせて参考にしてみてください。

ひと目で分かる!光コラボレーションのメリット&デメリット

天秤を両手で持つ男性

光コラボレーションは、フレッツ光の回線品質はそのままに光コラボレーション事業者独自のサービスを受けることができるサービスです。

光コラボレーションを利用するメリットは、ずばり以下の4点です。

ただし、光コラボレーションにはデメリットもあるので注意してください。

各メリット・デメリットについてくわしく解説していきます。

光コラボに乗り換えてお得!知っておきたい4つのメリット

まずは光コラボレーションに乗り換えるメリットからご紹介していきます。

メリットよりもデメリットのほうが気になる!という方は以下の章を先に読んでみてください。

光コラボの注意点!乗り換え前にチェックすべき4つのポイント

光コラボレーションに乗り換えるメリットは主に以下の4点にまとめることができます。

それぞれくわしく見ていくことにしましょう。

フレッツ光からの転用では解約料がかからない

光コラボレーションはフレッツ光回線をそのまま利用するため、転用の手続きをするだけで利用し始めることができるので、フレッツ光の解約料がかかりません。

たとえばNTT東日本のフレッツ光の場合、2年単位(自動更新)の「にねん割」を更新月以外に解約しようとすると、戸建て向けの場合は9,500円、集合住宅向けの場合は1,500円の解約金が必要です。

しかし転用でフレッツ光から光コラボレーションに乗り換える場合には、解約金が不要になります。

その他のフレッツ光に関する割引サービス(単身&かぞく応援割など)も同様に解約金がかかりません。

ただしフレッツ光の契約内容によっては解約金が発生する場合があるので、事前に契約内容を確認しておくと安心です。

フレッツ光に比べて月額料金が安い

光コラボレーションはフレッツ光に比べて月額料金が比較的安めに抑えられています。

例として、2018年3月末現在で契約数シェアでトップを獲得している「ドコモ光」の月額料金と、NTT東日本のフレッツ光の月額料金を、いずれも2年間の定期契約ありにした場合で比較してみました。

事業者名建物種別月額基本料プロバイダ利用料実質月額料金(割引等適用後)
フレッツ光戸建て ※15,700円~500円~5,100円~ ※2
集合住宅 ※34,350円~500円~4,450円~ ※4
ドコモ光戸建て ※55,200円~0円 ※64,700円~ ※7
集合住宅 ※54,000円~0円 ※63,500円~ ※7

※2019年1月現在の情報です。
※キャンペーンなど、時期により記載の金額から変更になることがあります。最新の情報は「NTT東日本:NTT東日本 | 料金(集合住宅向け) | フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ | フレッツ光」および「ドコモ光:ドコモ光への転用について | ドコモ光 | NTTドコモ」でご確認ください。
※1 料金プランは「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」(2年契約)です。
※2 割引の内訳は、「ギガ推し!割引」(30ヶ月割引)で月額300円、「にねん割」(2年単位契約/中途解約金あり)で月額700円、「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント」を支払いに利用した場合で月額100円です。
※3 料金プランは「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」(4契約以上見込める場合の「ミニ」)です。
※4 割引の内訳は、「ギガ推し!割引」(30ヶ月割引)で月額200円、「にねん割」(2年単位契約/中途解約金あり)で月額100円、「フレッツ光メンバーズクラブ マンスリーポイント」を支払いに利用した場合で月額100円です。
※5 料金プランは「タイプA」(2年契約)、プロバイダは19種類から選べます。なお「タイプB」で選べるプロバイダは6種類です。
※6 プロバイダ料金は月額基本料に含まれます。
※7 「ドコモ光期間限定割引」(利用開始月から11ヶ月間割引)で月額500円が割引になります。

この表から分かる通り、戸建て・集合住宅のいずれの場合も、500~1,000円ほど光コラボレーション(ドコモ光)のほうが月額料金は安くなっています。

さらに光コラボレーションの場合には事業者独自のサービスも受けられるため、サービス内容によってはさらにお得になることも少なくありません。

光コラボレーション事業者の独自サービスが受けられる

光コラボレーションでは、事業者独自のサービスが受けられるというメリットがあります。

たとえば前章で紹介したドコモ光の場合、以下のようなサービスを実施しています。

  • ドコモ光セット割:スマホがドコモの場合に月額100~3,500円割引
  • ずっとドコモ割プラス:dポイントクラブのステージによってdポイント付与またはスマホ料金割引
  • dカードGOLDに加入で毎月dポイント還元
  • ドコモ光更新ありがとうポイント:「ドコモ光」定期契約更新ごとにdポイントをプレゼント

なおドコモ光については以下の記事でくわしく解説しているので、ドコモ光への転用を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

[関連記事]【納得】ドコモ光はGMOとくとくBBで契約したい! 8つのメリットを徹底解説!のサムネイル
【納得】ドコモ光はGMOとくとくBBで契約したい! 8つのメリットを徹底解説!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

光コラボレーション事業者によって提供しているサービス内容は異なるので、各事業者の公式サイトなどでよくサービス内容を確認して、あなたに合った光コラボレーション事業者を選ぶことが大切です。

特にスマホとのセット割はさまざまな光コラボレーション事業者で力を入れているサービスで、この記事の後半にある以下の章でくわしく解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

スマホ別!おすすめの光コラボレーション事業者を紹介!

スマホとのセット割を検討している人には、ぜひ読んでいただきたい章となっています。

問い合わせ先や月額料金の請求元が一本化できる

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えることにより、契約先は光コラボレーション事業者になります。

フレッツ光の場合は、光回線はNTT東日本・西日本、プロバイダはプロバイダサービス提供事業者と契約先が異なるため、問い合わせ先や月額料金の支払いが分かれてしまうというデメリットがあります。

しかし、光コラボレーション事業者の多くはプロバイダと光回線をセットで提供しているので問い合わせ先や月額料金の支払いを一本化することができるのです。

光コラボの注意点!乗り換え前にチェックすべき4つのポイント

光コラボレーションに乗り換えるメリットが分かったところで、ここからは光コラボレーションに乗り換える前にチェックしておきたい注意点について見ていきます。

乗り換えてから後悔することのないよう、デメリットをしっかりと把握しておいてください。

光コラボレーションに乗り換える際の最大のデメリットは、一旦フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えてしまうとフレッツ光に戻すことができない点です。

その他にも現在のフレッツ光の契約内容などによってさまざまなデメリットがあるので、くわしく見ていきましょう。

転用後にフレッツ光に戻すことができない

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えた後でフレッツ光に戻したい場合、単純に元に戻すことはできないので十分に注意してください。

光コラボレーションからフレッツ光に乗り換えるには、光コラボレーション事業者との契約を解除し、フレッツ光を新たに契約し直す必要があるのです。

光コラボレーション事業者と契約期間の定めがある料金プランで契約していた場合には、契約更新月以外に解約すると解約金を請求される可能性があります。

また光コラボレーション事業者と契約する際に工事費が発生して分割払いにしていた場合は、工事費の残債を一括で請求されることになるので注意しましょう。

メリットの多い光コラボレーションですが、フレッツ光へ戻そうとすると多額の費用が発生する可能性があることを覚えておいてください。

問い合わせ先がNTT東日本・西日本ではなくなる

フレッツ光から光コラボレーションに乗り換えると、回線自体はフレッツ光回線のままですが、契約先が光コラボレーション事業者に変わります。

そのため、光コラボレーションを利用中の問い合わせ先はNTT東日本・西日本ではなく光コラボレーション事業者になることに注意してください。

ただしこれは、フレッツ光を使っていた時に光回線とプロバイダを別々に契約していた人にとっては、逆にメリットになる点でもあります。

光回線を使っていて困ったことが起きた時、契約内容を確認したい時など、NTT東日本・西日本に問い合わせればいいのか、プロバイダに問い合わせればいいのか、迷うことがなくなるからです。

プロバイダの選択肢が限られる

光コラボレーションに乗り換える時、フレッツ光で使っていたプロバイダをそのまま引き継いで使える場合と、プロバイダを変えなければいけない場合があるのもデメリットのひとつです。

たとえばドコモ光では、選べるプロバイダによってAプランとBプランという2種類の料金プランがあり、AプランとBプランの合計で26種類のプロバイダから選ぶことができます。

一方でBIGLOBE光などプロバイダ業務を主とする事業者が提供している光コラボレーションでは、プロバイダはその事業者一択である場合がほとんどです。

プロバイダが変わると、プロバイダのメールアドレスが使えなくなるなど、プロバイダが独自に提供していたサービスも受けられなくなることに注意しましょう。

プロバイダにこだわりのある人は、今使っているプロバイダが乗り換え先の光コラボレーションでも使い続けられるかどうかを事前に確認しておく必要があると筆者は考えます。

まれに悪質な業者もいるので注意が必要!

光コラボレーション契約数は700万件を突破&事業者は約600社!の章でご紹介した通り、2018年8月現在で光コラボレーションは約600社からサービスが提供されています。

この中にはまれに、不適切な電話勧誘で強引な契約を迫るなど悪質な業者が紛れ込んでいるので十分に注意が必要です。

フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは、「転用」によって簡単に手続きが進められますが、その点を逆手に取って悪質な勧誘をする業者が後を絶ちません。

具体的な勧誘の手口については、総務省の公式サイトにくわしい資料があるので、ぜひ一度目を通しておいてください。
総務省:「光コラボレーションモデル 不適切な電話勧誘にご注意ください!」

被害に遭わないためには、

  • 電話勧誘や訪問販売があってもその場で契約しない
  • 事業者名を控えておき公式サイトなどで信頼できる事業者か確認する
  • 名前を聞いたことのない事業者とは契約しない

など、その場ですぐに契約せずにまずは事業者について調べてみるのがよいと筆者は考えます。

スマホキャリア別!おすすめの光コラボレーション事業者を紹介!

パソコンを前にスマホで話す女性

ここからは、筆者が厳選したおすすめの光コラボレーション事業者をスマホキャリア別にご紹介していきます。

光コラボレーションはスマホとのセット割が充実しているので、あなたが利用しているスマホのキャリアによっておすすめの光コラボレーション事業者が決まってくるからです。

使っているスマホのキャリアおすすめの光コラボレーション事業者
ドコモドコモ光
ソフトバンクソフトバンク光
auBIGLOBE光

基本的に、スマホのキャリアと光コラボレーション事業者の提供元を揃えることで、スマホとのセット割が利用できます。

auのスマホに関しては他のキャリアスマホを使っている場合とは選び方のポイントが異なるので、スマホがauならBIGLOBE光がおすすめ!の章でくわしく解説しています。

なお格安スマホを使っている場合の光コラボレーション事業者の選び方についても解説しているので、格安スマホを使っている人はぜひ参考にしてください。

スマホがドコモならドコモ光がおすすめ!

使っているスマホがドコモならドコモ光がおすすめです。

ドコモ光はNTTドコモが提供している光コラボレーションサービスで、スマホの料金プランによって最大で月額3,500円の割引を受けることができます。

フレッツ光からドコモ光に乗り換えるなら、月額料金が安く、高額キャッシュバックキャンペーンも実施している「GMOとくとくBB」から申し込むのがおすすめです。

くわしくは以下の記事で解説していますので、ドコモのスマホを使っている人はぜひあわせて読んでみてください。

[関連記事]【納得】ドコモ光はGMOとくとくBBで契約したい! 8つのメリットを徹底解説!のサムネイル
【納得】ドコモ光はGMOとくとくBBで契約したい! 8つのメリットを徹底解説!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

スマホがソフトバンクならソフトバンク光がおすすめ!

使っているスマホがソフトバンクならソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光はソフトバンクが提供している光コラボレーションサービスで、スマホの料金プランによって最大で月額1,000円の割引を受けることができます。

この割引は離れて暮らしている家族も含めて10回線まで適用されるので、ソフトバンクのスマホを使っている家族が多ければ多いほどお得です。

くわしくは以下の記事で解説していますので、ソフトバンクのスマホを使っている人はぜひあわせて読んでみてください。

[関連記事]ソフトバンク光がおすすめな人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめのサムネイル
ソフトバンク光がおすすめな人とは?セット割メリットとリアルな評判まとめ
ソフトバンク光は2015年から始まった新しいインターネット回線ながら、業界4位のシェアを誇ります。デメリットももちろんありますが、しっかり対策すれば大きなメリットを得ることが出来ます。この記事では、年間で約5万円も節約できる方法も説明します。
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

スマホがauならBIGLOBE光がおすすめ!

使っているスマホがauならBIGLOBE光がおすすめです。

auでは、固定インターネット接続サービスとスマホをセットで利用することでスマホの月額利用料が安くなる料金割引サービス「auスマートバリュー」を提供しています。

このauスマートバリューに対応している光コラボレーション事業者の中でも、特にBIGLOBE光は割引サービスが充実しているのです。

フレッツ光からBIGLOBE光へ転用した場合に適用される主な割引サービスとしては、

  • auスマートバリュー適用で、1台あたり最大で月額1,000円、家族10人まで月額料金を割引
  • 月額料金値引き適用で、戸建ての場合は月額820円、集合住宅の場合は月額980円が24ヶ月間割引
  • IPv6対応無線LANルータが1年間レンタル無料

などがあります。

BIGLOBE光のサービス内容などは、公式サイトをチェックしてみてください。

BIGLOBE光「転用はこちら:【公式】高速・高品質インターネットのビッグローブ光|BIGLOBEの光回線」

光コラボにこだわらないならauひかり・電力会社系光回線がおすすめ!

auスマホを使っている人で光コラボレーションにこだわらないなら、同じKDDIグループのサービスであるauひかり、またはauスマートバリューの適用が受けられる電力会社系の光インターネットサービスがおすすめです。

以下の表に、auスマートバリューの適用が受けられる電力会社系の光インターネットサービスをまとめました。

auひかり以外のauスマートバリュー対象光回線

auひかりや電力会社系の光インターネットサービスはフレッツ光回線ではなく独自回線を利用している光インターネットサービスなので、光コラボレーションよりも回線が混みにくいという特徴があります。

事業者ごとにサービス提供地域が異なっているので、あなたの住んでいるエリアで使える事業者があればぜひチェックしてみてください。

格安スマホを使っているならまずはグループ会社をチェック!

大手キャリアのスマホではなく格安スマホを使っている場合には、格安スマホの提供会社が光回線サービスの提供をしていないかをチェックしてみましょう。

たとえばBIGLOBEモバイルを使っているなら、BIGLOBE光とセットで使うことで「光☆SIMセット割」の対象となり、BIGLOBEモバイルの月額利用料が毎月300円割引になります。

またOCNモバイルONEを使っていれば、OCN光サービスとセットで使うことで「OCN光モバイル割」の対象となり、

OCNモバイルONEの月額利用料が毎月200円割引されます。

大手キャリアのスマホではグループ会社の光コラボレーションを選ぶことでスマホとのセット割が利用できますが、格安スマホの場合も同様に、グループ会社の光コラボレーションとセットで使うのがお得なのです。

まとめ

ここまで、光コラボレーションとはどんなサービスなのか、特徴やフレッツ光からの乗り換え方法、乗り換えるにあたっての注意点などを解説してきました。

今回の記事のポイントを以下にまとめます。

まずは光コラボレーションとは何か、光コラボレーションの特徴についてです。

  • 光コラボレーションとはフレッツ光回線を借り受けた事業者による独自の光インターネットサービス
  • フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換えは「転用」によって簡単にできる
  • 回線はフレッツ光のまま光コラボレーション事業者独自のサービスも受けられる

フレッツ光回線の速度や品質を維持したまま、光コラボレーション事業者独自のサービスを受けることができ、月額料金も安く抑えられる場合が多いのが特徴と言えます。

次に光コラボレーションのデメリット、フレッツ光から光コラボレーションに乗り換える際に注意すべき点についてです。

  • 光コラボレーションへの転用後はフレッツ光に戻すことができない
  • フレッツ光で使っていたプロバイダが使えなくなる場合がある
  • まれに悪質な業者もいるので電話勧誘や訪問販売ではその場で契約しない

これらのデメリットは、いずれも光コラボレーションへの乗り換え前によく確認をすることでトラブルを回避することができます。

今回の記事を参考に、フレッツ光から光コラボレーションへの乗り換え(転用)をぜひ検討してみてくださいね。

おすすめネット回線!

  • NURO光
  • 圧倒的な回線速度でコスパは最強。対象エリア内なら最優先で検討を
  • 公式サイトへ
  • ドコモ光(GMOとくとくBB)
  • ドコモユーザーにおすすめ、高額キャッシュバックが魅力的!
  • 公式サイトへ
  • ソフトバンク光
  • 家族みんなでソフトバンクスマホを使ってるなら、光回線はソフトバンク光1択!
  • 公式サイトへ
  • WiMAX2+(GMOとくとくBB)
  • ネット環境は欲しいけど工事や面倒な手続きはしたくない…という人はWiMAXがおすすめです
  • 公式サイトへ

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!