Menu

WiMAXを2台持ちするなら!契約方法とおすすめの使い方

WiMAXを2台持ちするなら!契約方法とおすすめの使い方

  • 1台目のWiMAXが使いやすいのでもう1台使いたい
  • 家用と外用で2台のWiMAXを使いたい

などの理由で、WiMAXを2台契約することはできるのでしょうか。

この記事ではこんな疑問に答えます!

  • WiMAXはそもそも1人2台契約できるの?
  • 2台目を契約することで何かお得になることはない?
  • 2台持ちのよくある使い方やおすすめの使い方を知りたい

そこで今回の記事では、WiMAXを2台持つことに焦点を絞ってお伝えします。

1つ目の回答としては1人で2台持ちは可能です。

2台持ちによるお得な事、また便利な使い方について紹介します。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

WiMAXで1人2台の契約は可能か?

WiMAXで1人2台の契約は可能か?について、WiMAX発売元のUQWiMAXお客様サポートに直接お電話して確認しました。

結論から言うと、1人2台契約はできるのですが、現在ご契約の契約内容によってオプションサービスで追加できる場合と、新たに新規加入が必要な場合があります。

  • 現在の契約がWiMAX契約の方→ファミ得パック・機器追加オプションでWiMAX1回線を1人で2台分契約することが可能
  • 現在の契約がWiMAX2+の契約の方→ルーターを2台持つためには、新たに新規回線の申込が必要

ここで、「えっ?WiMAXの契約ってWiMAXとWiMAX2+があるの?何が違うの?」と思われた方のために、WiMAXとWiMAX2+についてご説明いたします。

WiMAXとWiMAX2+の違いは?

ひとくちに「WiMAX」といっても、

  • UQWiMAXの会社名を指す場合
  • UQWiMAX が提供する回線の名前を指す場合
  • UQWiMAXが自社あるいはプロバイダを通じて行っている回線契約を指す場合

があります。

もともと、WiMAXにはWiMAX回線しかなかったのですが、2013年により高速通信を実現するWiMAX2+が登場してから、WiMAXという言葉がWiMAXとWiMAX2+両方を指すように使われてきたので、ややこしくなりました。

WiMAX回線とは

UQWiMAXが最初に発売した回線。通信速度は下り最大40Mbpsです。

2009年からサービス開始をしていますが、次世代高速通信のWiMAX2+の発売を受け、現在は新規申込みを停止しています。

さらにWiMAX2+の普及に伴い、2018年にはWiMAXの電波は停止にする予定ということが発表されています。

1回線契約している人が追加契約する場合に、ルーターの2台持ちをオプションとして申し込みできるサービス(ファミ得パック・機器追加オプション)があったのはこのWiMAX回線のみ(※)です。

※契約プロバイダによりオプションを申し込みできる場合とできない場合があります。

WiMAX2+回線とは

2013年から始まったサービスです。WiMAXよりも通信速度が早いのが特徴。

通信速度は2017年4月現在下り最大440Mbps(ルーターや地域により370 Mbps、220 Mbps、110 Mbpsの場合があります)を実現しています。

現在、UQWiMAXをはじめとした各プロバイダの新規契約は、WiMAX2+契約のみで受付しています。

WiMAX2+が発売された当初は、電波状況によってWiMAX2+が弱い場所ではWiMAXを使うことができるといったようなデュアル対応のルーターもあったのですが、現在はWiMAX2+のみ対応のルーターがメインになっています。

また、WiMAXを提供しているUQWiMAXをはじめ各プロバイダでは、WiMAX2+発売当初からWiMAXからの乗り換えや新規契約キャンペーンなども随時実施しています。

たとえばUQWiMAXでは、WiMAXからWiMAX2へ機種変更する場合は契約解除料や端末代金が0円だったり、通常では4380円/月の通信料が最大2年間WiMAX契約時の3,696円で使えたりするなどの各種優遇額を実施しています。(2017年4月現在)

以前からWiMAXユーザーだった人は、2年縛りの契約解除料が不要な乗り換えキャンペーンなどで既にWiMAX2+に乗り換えている方も多いです。

WiMAX2+では2台持ちしたい場合のオプションがない

1回線契約している人が追加契約する場合に、ルーターの2台持ちをオプションとして申し込みできるサービス(ファミ得パック・機器追加オプション)は、WiMAXのみで、WiMAX2+には用意されていません。

もしあなたがWiMAX2+回線のユーザーである場合は、2台持ちしたい場合は、新たに新規回線の申込が必要になります。

WiMAXとWiMAX2+それぞれの2台持ちの方法

それではここで、WiMAXとWiMAX2+それぞれの2台持ちの方法をまとめてみましょう。

1台目 2台目 プラン
(1) WiMAX WiMAX ①ファミ得パック ②機器追加オプション/現在の回線がWiMAXでも、①②がないプロバイダで契約している場合、2台目は新規契約((2)と同じ)
(2) WiMAX WiMAX2+ 2台目は新規契約
(3) WiMAX2+ WiMAX 申込不可(WiMAXの新規契約は受付終了)
(4) WiMAX2+ WiMAX2+ 2台目は新規契約

WiMAX契約の人が2台持ちにしたい場合のオプションプラン

2台を同時に利用:ファミ得パック

ファミ得パックは、複数回線の契約がお得になったプランです。本来であれば、2回線分必要な料金が割り引かれ、2,363円/月で追加できます。

つまり、3,696円×2=7,392円かかるところが、3,696円+2,363円=6,059円と、2回線契約するよりも1,333円もお得です。

2回線分の料金をお得に割引しているサービスなので、自宅にいる人も、外出している人も同時にインターネット利用が可能。

家でも外出先でもインターネット回線を頻繁に使うご家族などにおススメのプランです。

ただし、こちらはWiMAX回線の契約のみになるため、すでにWiMAX2+に乗り換えている方は申し込みができないことと、追加回線もWiMAX回線となることに注意が必要です。

ファミ得パックの申込方法

(1)現在の契約内容の確認

まずUQWiMAXの現在の契約状況を確認しましょう。

現在お持ちの回線契約がWiMAXではなく、WiMAX2+になっている場合は申し込みができません。

会社名がWiMAX、回線名もWiMAXとWiMAX2+で、さらにすでにWiMAX契約が少ないことから、一般的にはWiMAX2+を「WiMAX」と呼ぶことがほとんどのため、大変紛らわしいのですが、WiMAXとWiMAX2+は別回線のため違う契約形態となっています。

ホームページからの契約内容確認方法がわからない場合は、UQお客様サポートセンターに連絡し、現在の契約状況を確認しましょう。

UQお客様サポートセンター

  • 0120-929-818(フリーダイヤル/携帯電話・PHS可)
  • 9:00~21:00(年中無休)

※一部IP電話からは接続できません。その場合は、042-310-3719(有料)

音声ガイダンスはUQWiMAXの問い合わせ①→契約内容の確認・変更②です。

(2)ルーターの準備

もし、現在の回線契約がWiMAXであった場合、ファミ得パックの申込にあたって次に必要なのはWiMAX対応のルーター、もしくはPCです。

※UQWiMAXでは現在ルーターのみの販売はしていません。以前契約していて解約済みルーターをまだ持っているか、あるいはネット等で中古品を取り寄せる必要があります。

(3)WiMAX統合ポータルより申込

PCあるいはスマートフォンから、新しく追加したいルーターに接続します。すると「 WiMAX統合ポータル」というサイトに接続されます。

※ここでWiMAX統合ポータルに接続できない場合、お持ちのルーターはファミ得パックの申込ができない機種です。

なお、カスタマーセンターに確認したところ、書面などの申込方法はなく、必ず「WiMAX統合ポータル」から申込をする必要があるとの回答でした。

操作がわからない場合はやはり、上記の「UQお客様サポートセンター」に確認することをおすすめします。

2台を使い分けて利用:機器追加オプション

機器追加オプションは、1回線を複数のルーター(機器)で分け合って接続するプランです。

例えば、自宅ではWiMAXが搭載されているPCがあるのでルーターは不要だけど外ではスマートフォンやタブレット使用時にWiMAXルーターを使いたいといった場合や、ルーターを自宅と事務所にそれぞれおいておきたい場合などに適しています。

魅力は費用。

機器追加量は1台につき191円/月です。

しかし、機器追加オプションでは、同時に2つのルーターからの接続はできません。

複数人での使用を目的とするのであればファミ得パックの契約が良いでしょう。

こちらもWiMAX回線の契約のみになるため、すでにWiMAX2+に乗り換えている方は申し込みができないことと、追加回線もWiMAX回線となることに注意が必要です。

機器追加オプションの申込方法

機器追加オプションの申込は「ファミ得パックの申込」と同じ手続きになります。

(1)現在の契約内容の確認

まずUQWiMAXの現在の契約状況を確認しましょう。 「ファミ得パック」と同様に、現在お持ちの回線契約がWiMAXではなく、WiMAX2+になっている場合は申込ができません。

さきにご紹介しているホームページから、もしくはUQお客様サポートセンターへ電話してご自身の契約状況を確認してみましょう。

(2)ルーターの準備

もし、現在の回線契約がWiMAXであった場合、機器追加オプションの申込にあたって次に必要なのはWiMAX対応のルーター、もしくはPCです。

※UQWiMAXでは現在ルーターのみの販売はしていません。以前契約していて解約済みルーターをまだ持っているか、あるいはネット等で中古品を取り寄せる必要があります。

(3)WiMAX統合ポータルより申込

PCあるいはスマートフォンから、新しく追加したいルーターに接続します。 すると「WiMAX統合ポータル」というサイトに接続されます。

トップページの下に「ご利用中のお客様はこちら」というボタンがありますので、そちらをクリックして手続きを進めます。

※ここでWiMAX統合ポータルに接続できない場合、お持ちのルーターは機器追加オプションの申込ができない機種です。 なお、カスタマーセンターに確認したところ、書面などの申込方法はなく、必ず「WiMAX統合ポータル」から申込をする必要があるとの回答でした。

操作がわからない場合はやはりカスタマーセンターに確認することをおすすめします。

ファミ得パックと機器追加オプションの違い

ファミ得パックと機器追加オプションで異なるのは、以下の通りです。

  • ファミ得パックは新規追加契約と同じ内容
  • 機器追加オプションは1回線を複数機で分けあう

契約分回線が増えるのと、回線はそのままで対応できる機器を増やすというのは大きな違いですね。

WiMAX契約の人が2台目をWiMAX2+にしたい場合は新規契約

次に、現在使っている回線はWiMAXでも、2台目はWiMAX2+にしたい場合の契約方法です。

この場合は、(1)のファミ得パックは機器を追加するオプションがないため、新たにWiMAX2+回線を契約することになります。

WiMAX2+は様々なプロバイダで展開されているサービスですので、その時のキャンペーンやキャッシュバックなどの金額で選択するのもひとつの方法です。

WiMAX2+を新規契約できる主なプロバイダとキャンペーン・キャッシュバックの一覧 (2017年4月現在)

プロバイダ 月額料金 キャンペーン 最低利用期間と解除料
UQ WiMAX 4,380円 JCBギフト券 10,000円分プレゼント(5/1まで) プランによる:12ヵ月の場合5,000円/24ヵ月の場合9,500円(ともに税抜)
BIGLOBE ~2ヵ月目 3,695円/3ヵ月~ 4,380円 20,000円キャッシュバック さらに2ヵ月間月額料金3,695円 24ヵ月 15,000円(不課税)+データ端末の残債
Broad WiMAX ~2ヵ月目 2,726円/~24ヵ月目 3,411円/25ヵ月目~ 4,011円 初期費用WEB割 WEB購入&クレカ払いで18,857円割引(実質0円)/全端末0円/2台目の初期費用が10,000円割引 24ヵ月 9,500円(税抜)
So-net ~2ヵ月目 980円/~12ヵ月目 2,480円/25ヵ月目~ 3,480円 利用開始月の月額料金無料/端末料金0円/カスペルスキーなどのセキュリティが12ヵ月無料 ~12ヵ月目 19,000円/13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円/25ヵ月目以降、契約更新月以外 9,500円(すべて税抜)
GMO とくとく BB ~2ヵ月目 2,699円/~12ヵ月目 3,353円/25ヵ月目~ 4,263円 ~12ヵ月目 19,000円/13ヵ月目~24ヵ月目 14,000円/25ヵ月目以降、契約更新月以外 9,500円(すべて税抜)

WiMAX2+契約の人がWiMAXで2台持ちにはできない

WiMAXは現在新規契約を取り扱っていないため、WiMAX2+回線をすでに契約している人がWiMAXを契約することはできません。

WiMAX2+契約の人が2台持ちにしたい場合は新規契約で追加

WiMAX契約の人が2台目をWiMAX2+にしたい場合は新規契約」で説明した内容の同様になりますので、ここでは割愛します。

WiMAX2台持ちの便利な使い方

WiMAXを2台持っていると、自宅用のほかに、持ち運び用や会社用などで使うことができて大変に便利になります。

家族や同居人がいる場合は、2回線分契約(ファミ得パックや新規回線の追加)をすることで、それぞれ、家にいる人/外出している人で別々に使いこなすことが可能に。

例えば、自宅のPCやスマホ、タブレット、ゲーム機用に1台置いておいて、外にゲームのためにスマホを持ち歩く…なんて使用法が考えられます。

まだWi-Fiスポットが完備されているとはいいがたい日本の環境で、外出先でネットにつながることができるのはありがたいですね。

また、機器追加オプションを選択した場合、回線は1回線ですが、ルーターが複数になるので自宅の端末は普段の位置に置いたままにし、持ち運び用は別に鞄の中に充電器とセットで入れておくことで、外出時に持っていくのを忘れることがありません。

ギガ放題で大量通信OK!モバイルWi-Fiなら「WiMAX」が一番オススメ

モバイルWi-Fiルーターで一番魅力度の高い回線が「WiMAX」です。

■WiMAXのオススメポイント
・データ使い放題プラン(ギガ放題)がある
・下り最大440Gbpsの高速通信

また、気になる通信制限もWiMAXは「3日間で10GB」。これはWi-Fiルーターの競合他社よりかなりゆるい制限で、普通の使い方ではそうそう制限にひっかからないことも大きな魅力です。

WiMAXの契約窓口はいくつもありますが、その中でも業界最大級の現金キャッシュバック(なんと最大32,200円!)&即日発送のGMOとくとくBBがオススメです!

もし満足いかなかったとしても、20日以内ならキャンセル料無料で解約できるのも安心です。

WiMAXをGMOから申し込む

まとめ

現在WiMAXを使われている方は、その便利さに「もう1台あれば」と思うことが多いかもしれませんね。

お得な「ファミ得パック」や「機器追加オプション」はWiMAX回線のみのサービスなので、現在WiMAX2+に契約している人やWiMAX契約の人がWiMAX2+で追加したいと思ったとしても、お得なオプションプランが使えません。

WiMAXに比べて高速の通信速度を誇るWiMAX2+はまだ光回線には及ばないものの、

  • 月額料金は光回線に比べて安いことが多い(光回線は4,000~5,500円前後)
  • 速度がどんどん進化している(110 Mbps→220 Mbps→370Mbps→ 440Mbps)
  • 回線工事が不要ですぐに使える

といった魅力があります。

実は筆者は2014年にWiMAXからWiMAX2+に替えたことがあるのですが、当時は回線もまだそんなに敷設されていなかったので、WiMAXとWiMAX2+のデュアル方式のルーターを使っていました。

当時からWiMAXとWiMAX2+の切り替えでははっきりとその速度の違いが実感できるほど、WiMAX2+は通信速度が早かったですね。

動画試聴などにも問題ありませんでした。

新たにWiMAX2+の新規契約追加になるとためらってしまうかもしれませんが、WiMAX2+の取扱はUQWiMAXだけでなく、各種プロバイダがお得なキャンペーンを実施していることが多いです。

なので、もう1回線ネット回線が欲しいという方は、これを機にWiMAX2+の新規契約も検討されてはいかがでしょうか?

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。