Menu

おすすめのWiMAXプロバイダ7選比較【2019年11月】お得に契約するポイントまとめ

【徹底比較】おすすめWiMAXプロバイダ25社早見表!

WiMAXは、どこで契約しても選べる機種や通信速度にそれほど差はありません。

しかし、契約するプロバイダによって料金やサポート、キャッシュバックなどが大きく変わってきます。

ですので、損をしないためのプロバイダ選びは重要です。

この記事では、WiMAXを契約する際のおすすめプロバイダ厳選6社をご紹介していきます。

【結論】1番おすすめのWiMAXはGMOとくとくBB

もし、あなたがこれから新たにWiMAXの契約を検討しているのであれば、筆者はGMOとくとくBB WiMAXをおすすめします。

  • 高額キャッシュバック or 月額料金割引が選べて実質月額料金が安い
  • 最新機種のW06を業界最安値で契約できる
  • 契約して20日以内であれば、違約金0円で解約できるなどサポートも充実

といった点が非常に魅力的で、そのサービス内容は他プロバイダと一線を画しています。

GMOとくとくBBの唯一の難点は、キャッシュバックが受け取りにくいことですが、受け取り忘れを防ぐ具体的な方法も以下の記事にまとめていますのでぜひ合わせて参考の上、ご検討下さい。

[関連記事]GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るまでの手順総まとめ、忘れないための対処法のサムネイル
GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るまでの手順総まとめ、忘れないための対処法
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

GMOとくとくBBをキャッシュバックありで申し込む

GMOとくとくBBを月額料金割引キャンペーンで申し込む

WiMAXプロバイダの選び方

WiMAXプロバイダを選ぶ際のもっとも大切なポイントは、

契約したい機種の月額料金(キャッシュバック額を含めた実質月額費用)が安いかどうか

です。繰り返しになりますが、WiMAXはどのプロバイダで契約しても選べる機種や通信速度にそれほど差がないため、プロバイダを選ぶ基準は必然的に料金面になります。

ここで一番重要なのが、キャッシュバックを含め、契約期間である3年間利用した場合のトータルの費用(実質月額費用)がどれだけ安くなるかです。

以下に主要なWiMAXプロバイダの実質月額費用がひと目で分かる表を作成したので、自分に合ったプロバイダ選びの参考にして下さい。

主要WiMAXプロバイダの実質月額料金の比較表
プロバイダ実質月額費用
GMOとくとくBB3,343円
JP WiMAX3,447円
DTI3,602円
Broad WiMAX3,656円
@nifty3,707円
カシモWiMAX3,807
家電量販店3,969円
so-net4,129円
UQ WiMAX4,193円
BIGLOBE WiMAX4,319円
au4,380円

※実質月額費用は 登録料、初月料金、端末代、その他費用などの諸費用に月額料金×12ヶ月分からキャッシュバック、その他割引を引いた値を12ヶ月で割ったものとなります。
※2019年10月時点の情報です、最新の内容は各プロバイダの公式サイトを参照下さい。

比較表のとおりですが、最新機種の「W06」で契約した場合でも、実質月額費用が最も安くおすすめなのはGMOとくとくBBです。

とはいえ、他のプロバイダもそれぞれメリットがありますので、おすすめのWiMAXプロバイダを紹介していきます。

おすすめのWiMAXプロバイダ7選

【徹底比較】おすすめWiMAXプロバイダ25社早見表!

あなたがWiMAXを新たに契約する際、検討するべきおすすめのWiMAXプロバイダは以下の7つです。

  • GMOとくとくBB WiMAX … キャッシュバックが高額かつ実質月額費用も安く総合的におすすめ
  • DTI WiMAX…口座振替で支払いをしたい方におすすめ
  • Broad WiMAX … 他のプロバイダから乗り換えの場合、違約金を負担
  • JP WiMAX…Amazonギフト券10,000円分が契約後すぐもらえる
  • UQ WiMAX … 各WiMAXの運営元。キャッシュバック受け取りが簡単でサポートも充実
  • カシモWiMAX … キャッシュバックはないものの、使い始めの月額料金が安い
  • BIGLOBE WIMAX … 1年プランで解約料を抑えたい人

GMOとくとくBB : キャッシュバックが高額かつ実質月額費用も安く総合的におすすめ

GMOとくとくBB WiMAX2+:高額キャッシュバックが魅力!

キャッシュバック34,800円~
実質月額費用3,343円
月額料金3,609円~
初期費用3,000円
端末代無料
解約金12ヶ月以内 … 19,000円
24ヶ月以内 … 14,000円
支払い方法クレジットカード

GMOとくとくBBはインターネット事業を展開するGMOインターネット株式会社の運営するプロバイダです。

最新ルーターのW06をもっとも安く契約でき、高額キャッシュバックがあるため実質月額費用ももっとも安く非常におすすめです。

プランは通信容量無制限の「ギガ放題プラン」と「通常プラン(7GB)」の2つから選べますが、最大3か月間は通常料金で「ギガ放題プラン」が契約でき、プラン変更の手数料もかからないため、迷った場合は「ギガ放題プラン」を選びましょう。

契約20日以内のキャンセルは違約金無料など、他サービスも充実しています。

GMOとくとくBBの唯一の難点は、キャッシュバックが受け取りにくいことですが、受け取り忘れを防ぐ具体的な方法も以下の記事にまとめていますのでぜひ合わせて参考の上、ご検討下さい。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックを受け取るまでの全手順、忘れないためのたった1つの対処法

GMOとくとくBB WiMAXの主なメリット

  1. 申し込みから20日以内なら解約金無料で申し込みをキャンセル可能
  2. 平日15時30分/土日祝14時までに申し込むと最短当日発送
  3. 最新機種のW06を業界最安値で契約できる

GMOとくとくBB WiMAXの主なデメリット

  1. キャッシュバックの受け取り手続きが必要
  2. 口座振替での支払いには対応していない

GMOとくとくBB WiMAXはこんな人がおすすめ

  • 一番安くWiMAXを契約したい人

GMOとくとくBBをキャッシュバックありで申し込む

GMOとくとくBBを月額料金割引キャンペーンで申し込む

DTI WiMAX|口座振替で支払いがしたい人におすすめ

DTI WiMAX|口座振替で支払いがしたい人におすすめ

キャッシュバック最大2ヵ月月額利用料が無料
実質月額費用3,602円
月額料金2,590円~
初期費用3,000円/5,000円
端末代無料
解約金12ヶ月以内 … 19,000円
24ヶ月以内 … 14,000円
支払い方法クレジットカード/口座振替

DTI WiMAXは支払い方法に口座振替を選択できるプロバイダのなかで、実質月額費用が最安のプロバイダです。

また同時に利用できる特典が複数あることも魅力です。

  1. 「DTI WiMAX2+ 3年プラン」の契約で通常月額1,005円のLTEオプションが無料
  2. 「DTI WiMAX2+」に申込みDTI会員になると全国の宿泊施設やレストランでの飲食などが特別優待価格で利用できる「DTI Club Off」のサービスを受けられる
  3. NTTグループカードに新規入会し、利用料金を支払うと1年間毎月500円(最大6,000円)キャッシュバック

DTI WiMAXのメリット

  • 口座振替が選択できるプロバイダでは最安
  • オリジナルの特典が豊富

DTI WiMAXのデメリット

  • auスマートバリューが適用されない

DTI WiMAXの申込みはこちら

BIGLOBE WiMAX|1年プランで解約料を抑えたい人におすすめ

BIGLOBE WiMAX2+:2年契約が選べて月額料金が安い!

キャッシュバック10,000円キャッシュバック
実質月額費用4,319円
月額料金3,980円~
初期費用3,000円
端末代800円/月(24回)
解約金12ヵ月以内…1,000円
13ヵ月以降…0円
支払い方法クレジットカード/口座振替

BIGLOBE WiMAXは2019年10月1日から最低利用期間が1年のプランを開始しました。

多くのプロバイダが3年間の最低利用期間を設け、解約金を高く設定している場合が多いのですが、BIGLOBE WiMAXは1年以内の解約金を1,000円、2年目以降は解約金が不要です。

そのため、単身赴任や一人暮らしなど一定期間だけ利用したい場合や、万一利用場所で繋がりにくいなどの不具合が発生した場合にも気軽に他のプロバイダに乗り換えることができるので、最初に契約するプロバイダとしてはおすすめです。

月額料金はやや高く感じますが、サービス開始翌月に10,000円のキャッシュバックもあるので、1年間の実質利用額で比較すると最安のプロバイダです。

また、端末代金を一括で支払う必要がありますが、口座振替にも対応しており、キャッシュバックの特典や月額料金もクレジットカード払いと変わらない条件で受けられます。

ただし、クレジットカード払いで2年以内に解約する場合には端末代の残債がかかってくるので注意が必要です。

BIGLOBE WiMAX の主なメリット

  1. 1年以内の解約料金1,000円、2年目以降解約料金不要と最安
  2. 1年間の実質利用額が最安
  3. キャッシュバックの受け取り時期が早い

BIGLOBE WiMAX の主なデメリット

  1. 長期で利用する場合には利用料金が高額

BIGLOBE WiMAXはこんな人がおすすめ

  • 支払いにクレジットカードを使いたくない人
  • クレジットカードを持っていない人
  • 短期で利用したい人

BIGLOBE WiMAXの申込みはこちら

Broad WiMAX : 他のプロバイダから乗り換えの場合、違約金を負担

Broad WiMAX:3年契約なら月額料金のトータルが最も安い

キャッシュバック月額割引
実質月額費用3,694円
月額料金1、2ヶ月目 … 2,726円
3〜24ヶ月目 … 3,411円
25ヶ月目以降 …4,011円
初期費用3,000円+18,857円
※有料オプション加入、クレジットカード払いで18,857円を0円に
端末代無料
解約金12ヶ月以内 … 19,000円
24ヶ月以内 … 14,000円
キャンペーン違約金 … 24ヵ月以内 9,500円
支払い方法クレジットカード/口座振替

UQモバイルの正規販売代理店でもある株式会社リンクライフが運営するBroad WiMAXは、他社WiMAXからの乗り換えで違約金を負担してくれるサービスが魅力で、WiMAX間の乗り換えを検討中の方に特におすすめです。

実質月額費用もGMOとくとくBB、BIGLOBE WiMAX に次ぐ安さです。

しかし、18,857円の初期費用は実質端末代ではあるものの、0円にするためには有料オプションに加入せねばならないのがやや難点です。

オプションの解約は商品到着後であれば、Broadサポートサイトからいつでも申請できます。

支払い方法は口座振替にも対応しているものの、初期費用が高くおすすめではありません。

Broad WiMAX の主なメリット

  1. 他社WiMAXからの乗り換えで違約金を負担
  2. WiMAX間で乗り換えやすい

Broad WiMAX の主なデメリット

  1. 初期費用0円は有料オプション加入が条件
  2. 2年以内の解約金が高い
  3. サポートセンターは有料通話で営業時間が他に比べて短め

Broad WiMAXはこんな人がおすすめ

  • 他社のWiMAXから乗り換えたい人

BroadWiMAXの申込みはこちら

JP WiMAX:Amazonギフト券10,000円分が契約後すぐもらえる!

JP WiMAX

キャッシュバックAmazonギフト券10,000円・月額割引
実質月額費用3,447円
月額料金2,800円~
初期費用3,000円
端末代無料レンタル(24ヵ月利用時典で返却不要)
解約金12ヶ月以内 … 30,000円
36ヶ月以内 … 25,000円
38ヵ月目以降…9,500円
支払い方法クレジットカード

フォン・ジャパン株式会社が提供する「JP WiMAX」は、キャッシュバックのAmazonギフト券10,000円分が契約後すぐにもらえることが魅力です。

WiMAXプロバイダではキャッシュバックを貰えるまでの期間が長いことが多く、契約後すぐにキャッシュバックがもらえるのはJP WiMAXのみです。

月額料金も割引が適用されるので安価ですが、解約金が非常に高額なため注意が必要です。

解約金なしで解約するためには、契約月を1ヵ月目として37ヵ月目の更新月に解約する必要があります。

JP WiMAXの主なメリット

  1. Amazonギフト券10,000円分が契約後すぐもらえる
  2. 端末到着後8日以内であれば契約解除料なしで解約可能
  3. 1週間WiMAX2+を無料でお試しできる0円お試しレンタルがある(端末はW05)

JP WiMAXの主なデメリット

  1. 3年以内の解約料が非常に高額
  2. 24ヵ月以内に解約した場合、端末の返却が必要

JP WiMAXはこんな人におすすめ

  • 比較的継続的な利用を考えている人
  • すぐにキャッシュバックを貰いたい人

UQ WiMAX : WiMAX運営元。キャッシュバック受け取りが簡単でサポートも充実

UQ WiMAX:日本で唯一のWiMAX回線を提供する事業者でサポート面が安心

キャッシュバック最大13,000円
実質月額費用4,193円
月額料金4,380円
1、2ヶ月目 … 3,696円
端末代最大2,800円
解約金12ヶ月以内 … 19,000円
24ヶ月以内 … 14,000円
支払い方法クレジットカード/口座振替

最後におすすめするのは、WiMAX回線の運営元であるUQ WiMAXです。

運営元のため代理店に比べてサポートの充実さが売りです。

他のプロバイダに比べると月額料金は高めですが、サポート面の費用も含まれていると思えば高すぎる金額ではありません。

また、キャッシュバックは13,000円と金額は安めなものの、手続きが簡単で受け取りまでの期間も短いです。

これからはじめてWiMAXを契約しようと思っている方や、WiMAXに関してそこまで詳しくないという人に特におすすめです。

UQ WiMAX の主なメリット

  1. WiMAX運営元かつ電話サポートが年中無休、サポート面が充実・安心
  2. キャッシュバック受け取りまでの期間が4ヶ月と最短
  3. 口座振替での支払いに対応している

UQ WiMAX の主なデメリット

  1. 端末代がかかる
  2. 実質月額費用が高い

UQ WiMAXはこんな人がおすすめ

  • 料金よりもトラブルがあった際のサポート面を重要視したい人

UQ WiMAXの申込みはこちら

カシモWiMAX : キャッシュバックはないものの、使い始めの月額料金が安い

カシモWiMAX

キャッシュバック最大13,000円
実質月額費用3,807
月額料金4,079円
1ヶ月目 … 1,380円
2~24ヶ月目 … 3,580円
2~24ヶ月目 … 4,079円
端末代0円
解約金12ヶ月以内 … 19,000円
24ヶ月以内 … 14,000円
25ヶ月目以降 … 9,500円
支払い方法クレジットカード

カシモWiMAXの特徴は、端末に新古品を使うことで月額料金を安くしている点です。

デフォルトの月額料金が安く設定されているため、総額では他のプロバイダに及ばないものの契約月は月額1,380円で利用することも可能です。

プランは「新端末プラン」と「最安級プラン」の2つで「最安級プラン」の場合、端末が新古品になります。

カシモWiMAXの主なメリット

  1. 端末代0円なので、途中解約でも端末代の残債がかからない
  2. 使い始めが安いので、初期費用を抑えられる

カシモWiMAXの主なデメリット

  1. 業界最安のWiMAXではない
  2. 支払い方法はクレジットカードのみ
  3. 最安級プランで選べるルーターはWX05のみ

カシモWiMAXの申込みはこちら

WiMAXの選び方でよくある質問

Q&Aよくある質問

Q. おすすめのプランはどれ?

A. 迷ったら「ギガ放題」を選びましょう。

WiMAXの料金プランは大きく分けると以下の2つです。

  • 月間データ通信容量が無制限で使い放題の「ギガ放題」
  • 月間データ通信容量が7GBまで使える「ツープラス(別名ライトプラン)」

WiMAXはデータ通信容量を無制限に使えるモバイルルーターであることが最大のメリットです。

基本的には無制限で使い放題となる「ギガ放題」を選びましょう。

なお、月間のデータ通信容量は無制限であるものの直近3日間で合計データ通信量が10GBを超えると一時的な速度制限がかかります。

無制限ではあるものの使い過ぎると一時的に通信速度が遅くなるという点も覚えておきましょう。

Q. おすすめのWiFiルーターはどれ?

A. 最新かつ高スペックな「Speed Wi-Fi NEXT W06」がおすすめです。

ルーター選びで迷ったら「Speed Wi-Fi NEXT W06」がオススメ

W06は、2019年1月に発売された最新機種で、主な特徴は以下のとおりです。

Speed Wi-Fi NEXT W06の主な特徴

  • 既存端末では通信速度が最速(558Mbps、LTE利用時867Mbps)
  • 「TXビームフォーミング」「高性能ハイモードアンテナ」でつながりやすさが格段に向上

TXビームフォーミングとは、電波送信をする性能を高めることで、通信速度を既存より20%程度改善できる機能です。

高性能ハイモードアンテナは、基地局からの電波を受信する性能を高める機能で、これまでつながりにくかった場所からも通信が安定しやすくなります。

また、LTE利用時の867MbpsはどのポケットWiFiと比較しても最速です。

Q. 自宅用にホームルーターはおすすめ?

A. 自宅でネットが使いたい、かつ工事など固定回線を契約するのが面倒な方にはおすすめです。

ホームルーターとは、回線工事が不要でコンセントにさすだけでインターネットに接続できる端末のことです。

ネット環境は欲しいけど、回線工事はしたくない。または、さまざまな理由から自宅に固定回線を引くことができない場合には、ホームルーターが重宝します。

ホームルーターは最新機種の「HOME L02」がスペックが高くもっともおすすめです、各プロバイダのキャッシュバック対象にもなっていますので、合わせてご検討下さい。

Q. クレードルは必要?

A. 特別な理由がない限りは不要です。

クレードルとはスタンド型の拡張機器のことで、端末を置くことで充電することができます。

クレードルを使えば自宅でWiMAXを利用する際に見た目がよくなりますが、クレードル使用による電波状況の改善はそこまで大きな影響はないので、筆者個人的には理由がない限りセットで購入する必要はないでしょう。

まとめ

ここまでで、自分に合ったおすすめのWiMAXを選ぶためのポイントを分かりやすく解説しました。

最後に振り返りをしていきます、まずはWiMAXプロバイダの選び方です。

主要WiMAXプロバイダの実質月額料金の比較表を参考に、自分に合ったWiMAXプロバイダがどこか検討しましょう。

WiMAXを新たに契約する際、検討するべきおすすめのWiMAXプロバイダは以下の7つです。

  • GMOとくとくBB WiMAX … キャッシュバックが高額かつ実質月額費用も安く総合的におすすめ
  • DTI WiMAX…口座振替で支払いをしたい方におすすめ
  • Broad WiMAX … 他のプロバイダから乗り換えの場合、違約金を負担
  • JP WiMAX…Amazonギフト券10,000円分が契約後すぐもらえる
  • UQ WiMAX … 各WiMAXの運営元。キャッシュバック受け取りが簡単でサポートも充実
  • カシモWiMAX … キャッシュバックはないものの、使い始めの月額料金が安い
  • BIGLOBE WIMAX … 1年プランで解約料を抑えたい人

この記事を作るにあたり、25社以上のWiMAXプロバイダを比較しましたが、この5つが料金・サービス面などで総合的に優れていました。

ぜひあなたのWiMAX選びの参考になれば幸いです。

おすすめモバイルWiFi 4選!

  • GMOとくとくBB
  • 高額キャッシュバックが魅力! 実質月額料金もお得!
  • 公式サイトへ
  • どんなときもWiFi
  • 通信制限がない!海外OK!トリプルキャリア対応で使い放題
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBE WiMAX
  • 高速通信で動画も快適!W06・L02発売開始!
  • 公式サイトへ
  • カシモWiMAX
  • 業界最安級! 端末代金0円で初月料金が安く初期費用が抑えられる!
  • 公式サイトへ

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

T.M

ライター

T.M

職業
Webライター
専門・得意分野
携帯キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)全般 / 格安SIM全般 / 光回線 / WiMAX / レンタルWiFi
などなど、通信ジャンル全般を専門に活動中

初めまして、T.Mと申します。
2017年12月から専業Webライターとして、格安SIMや光回線、WiMAXなどの通信ジャンルを専門としたライティングを行っております。

携帯代理店の法人部門に勤務していた経歴があり、携帯キャリアの料金プランやサービス内容について日々勉強をしておりました。
その経験と知識を活かし、昨今の通信ジャンルにおける複雑な料金プランやサービス比較を分かりやすくご紹介できるよう努めております。

通信ジャンルは料金プランの複雑さも相まって、非常にとっつきにくいイメージを持たれている方が多いかと思います。
ですが、実際に調べてみればその内容は意外と単純で、サービスとしても素晴らしい内容のものもあります。
上手く活用すれば、日々のインターネット活用がより快適なものになり、料金を節約することにもつながります。

そんなお役立ち情報を発信できるよう常に心がけております。
読者の皆さま方に「この記事を読んで良かったな」と感じていただけるよう精進してまいります。

経歴:
2015年5月~2017年12月:某携帯代理店の法人部門に在籍
・ドコモ、au、ソフトバンクの全キャリアを取り扱っていたため料金プランやサービス内容に精通
・某民泊代行法人へビジネスモデルとして「レンタルWiFi」を提案、600台以上の回線契約を獲得
2017年12月~現在:独立。専業Webライターとして活動中
・格安SIM・光回線・WiMAXなどの通信ジャンル全般の専門Webライターとして活動
・月間20万文字以上を執筆、通信ジャンルの記事納品本数は200本以上
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!