Menu

ガラケーを使いたいならワイモバイル(Y!mobile)で決まり!?料金プランとおすすめの機種、注意点まで徹底解剖!

ワイモバイルでガラケー利用可能な特別プラン&おすすめ機種

わからない弟リスのイラスト
兄ちゃん、ワイモバイルでガラケーが使えるって本当?

兄リスのイラスト
うん、本当だよ!昔からあるガラケーとは仕様が違って、LINEアプリが使えるんだ!

弟リスのイラスト
えぇ~!そうなんだ!

兄リスのイラスト
それに料金が安いガラケーだけの特別なプランが使えるから、通話だけできれば良いっていう人たちから今でも根強い人気があるんだ!

近年ではiPhoneやAndroidなどスマートフォンが普及していますが、今でも根強い人気の「ガラケー」を契約できるのが「ワイモバイル(Y!mobile)」です。

ワイモバイルでガラケーに申し込むと、ひと月たったの934円しかかからないガラケー専用の特別な料金プランに申し込むことができます(端末代金は別)。

そのため、通話がメインの人や壊れやすいスマホを使いたくないという人たちから非常に高い人気を博しています。

中でも、以下の要望をお持ちの人には特にガラケーがおすすめです。

ガラケーがおすすめな人

  • ほとんど通話でしか携帯電話を使わない人
  • スマホの操作がよくわからないし必要性を感じない人
  • 月額料金をとにかく安く抑えたい人
  • 昔から使い慣れた操作性で携帯電話を使いたい人
  • プライベート用と仕事用とで連絡先を分けたい人(特に法人)

上記に当てはまる人は、もしかしたらスマホを契約するよりもワイモバイルのガラケーに申し込んだ方が操作性や月額料金の両面においてお得かもしれません。

そこでこの記事では、ガラケーが気になっている人に向けてこんな疑問にお答えします。

この記事では、こんな疑問にお答えします!

  • 2019年現在におけるワイモバイルで購入できるガラケーの種類とおすすめ機種ってどれ?
  • ワイモバイルでガラケーを使う時の利用料金は?料金プランは選べるの?
  • ワイモバイルでガラケーを使う際の注意点ってある?

現在、ワイモバイルのガラケーが気になっている人は、この記事を読むことでおすすめの機種と料金プランがわかるようになります。

また、注意点やデメリットについてもまとめているので、最後までご覧になられたうえでご自身にガラケーが合っているかをご検討頂ければ幸いです。

なお、ワイモバイルの評判やスマホも含めたプランなどについて知りたいという方は、以下の記事で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

[関連記事]ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!のサムネイル
ワイモバイルの料金・口コミ総まとめ!ソフトバンクや他社格安SIMと徹底比較!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

Y!mobile公式ページ

おすすめ格安SIM5選!

  • Y!mobile
  • キャリアなのに安い・かつ速いと言うイイトコ取りサービス
  • 公式サイトへ
  • UQモバイル
  • auのサブキャリア! Web限定で5,000円の高額キャッシュバックも実施中!
  • 公式サイトへ
  • mineo
  • サービス満足度1位! 安定性が自慢かつ、キャンペーン適用で最安値クラスに!
  • 公式サイトへ
  • BIGLOBEモバイル
  • 動画も音楽も好きなだけ! エンタメフリーオプションが魅力!
  • 公式サイトへ

ワイモバイルで購入できるガラケー6種類

2019年8月現在で、ワイモバイルで購入できるガラケーは全部で6機種あります。

なお、他社で購入したガラケーでも使えないことはありませんが、ワイモバイルで動作確認が取れていないため自己責任で使うことになります。

そのため、基本的にはワイモバイルで販売されているガラケーを購入するのが良いでしょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ワイモバイルで購入できるガラケー6種類
機種名 一括価格 分割価格(24回払い) 機種代金割引

AQUOSケータイ3

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,000円×24回
(総額24,000円割引)

DIGNOケータイ2

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,000円×24回
(総額24,000円割引)

AQUOSケータイ2

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,200円×24回
(総額28,800円割引)

Simply

22,100円 頭金:500円
1~24回:900円
‐900円×24回
(総額21,600円割引)

AQUOSケータイ

オンラインでの販売終了
(店頭在庫のみ)

DIGNOケータイ

オンラインでの販売終了
(店頭在庫のみ)

参照:機能・仕様一覧(ケータイ)|ワイモバイル

この項目では、それぞれの機種の特徴やスペックについて解説していきます。

ワイモバイルの申し込みは「Y!mobileショップ」か「Y!mobileオンラインストア」の2通りがありますが、オンラインストアでの申し込みの場合は選べる機種が4機種に限られます。

選べる機種が少なくなってしまうのは残念に思われるかもしれませんが、あまりに昔に販売された機種はスペック面で操作性が芳しくないことが多いです。

そのため、基本的には最新機種の「AQUOSケータイ3」か「DIGNOケータイ2」を選ぶのが良いという点を覚えておきつつ、各機種の特徴をご覧ください。

AQUOSケータイ3

AQUOSケータイ3|ワイモバイル
画像引用:AQUOSケータイ3|ワイモバイル

AQUOSケータイ3の特徴まとめ

  • 大型レシーバー搭載で通話相手の声がより鮮明に聞き取りやすくなった
  • 輝度や彩度、コントラストを調整することで文字や色調がくっきりと映る「はっきりビュー」に対応
  • これまでのAQUOSシリーズと一線を画す「ドーム」搭載の操作キーで快適な打ちやすさを実現

2019年4月に発売されたばかりの最新ガラケー「AQUOSケータイ3」。

AQUOSケータイシリーズはいずれも大型レシーバーを搭載しており、中でもAQUOSケータイ3は、前モデルから15%も大きくなったレシーバーを搭載しているので、さらに快適に音声通話をすることができるようになりました。

輝度や彩度、コントラストを調整することでよりくっきりとした画面表示が可能で、シニアの人でも問題なく使うことができるでしょう。

さらに、操作キーの内部には「ドーム」と呼ばれる小さな突起が実装され、キーを押した時の文字の打ちやすさが段違いに進化しました。

機種代金は、頭金500円を支払った後は毎月400円しかかからないので、ワイモバイルのガラケー専用の特別なプランを選べば毎月1,500円程度で携帯電話を使うことができます。

2019年現在のガラケーにおいて、最もオススメの機種だと言えるので、ワイモバイルのガラケーでどの機種を選ぶか迷った時は「AQUOSケータイ3」をご検討ください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

AQUOSケータイ3 スペック表
機種名 AQUOSケータイ3
メーカー シャープ
発売日 2019年4月12日
本体カラー グリーン、ブラック
本体サイズ 高さ115×幅51×厚さ17mm(折りたたみ時)
画面サイズ 約3.4インチ 960×540ドット クオーターHD
重量 約123g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度 下り 112.5Mbps
上り 37.5Mbps
バッテリー容量 1,680mAh
連続通話時間 FDD-LTE 約750分
3G 約870分
GSM 約480分
連続待受時間 FDD-LTE 約630時間
3G 約750時間
GSM 約640時間
充電時間 約130分
カメラ 約800万画素 3,264×2,448ドット
Bluetooth Bluetooth4.2
赤外線通信
テレビ
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:〇(IPX5・IPX8)
防塵:〇(IP5X)
国際ローミング
付属品 卓上ホルダー

参照:AQUOSケータイ3|ワイモバイル

DIGNOケータイ2

DIGNOケータイ2|ワイモバイル
画像引用:DIGNOケータイ2|ワイモバイル

DIGNOケータイ2の特徴まとめ

  • 高性能な防水・防塵機能に加え、衝撃に強い構造であらゆる場面での使用に対応
  • 1,700mAhの大容量バッテリーとバッテリーケアモードで過充電を押さえつつ長期間の使用が可能
  • 動作を感知したオートアシスト機能やサブディスプレイでの日時確認など、快適な使い心地を実現

2017年12月7日に発売された「DIGNOケータイ2」。

元々販売されていた「DIGNOケータイ」の後継機で、防水・防塵・耐衝撃の三拍子を揃えた安心感のある機種です。

1,700mAhの大容量バッテリーを搭載したことに加え、バッテリーケアモードと呼ばれる機能で過充電によるバッテリー劣化を防いでくれるので、長期間の使用が可能となっています。

LINEアプリが使える他、WiFi&テザリング接続が可能であったりスマホサイト対応であるなど、ガラケーでありながらスマホのように使える利便性もポイントの一つです。

機種代金は、頭金として500円を払った後は毎月400円しかかからないので、毎月の携帯電話代を大幅に節約することができます。

AQUOSケータイ3とはまた違った使いやすさがある機種なので、実際に店頭で実機を触ってみてどちらに申し込むべきかを検討されるのがよろしいかと思います。

※スマホの方は表をスワイプできます。

DIGNOケータイ2 スペック表
機種名 DIGNOケータイ2
メーカー 京セラ
発売日 2017年12月7日
本体カラー ブルー、ピンク
本体サイズ 高さ113×幅51×厚さ17.1mm
画面サイズ 3.4インチ 854×480ドット フルワイドVGA
重量 約137g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度 下り 4G 112.5Mbps
3G 21Mbps
上り 4G 37.5Mbps
3G 5.7Mbps
バッテリー容量 1,700mAh
連続通話時間 FDD-LTE 約640分
3G 約910分
GSM 約410分
連続待受時間 FDD-LTE 約600時間
3G 約740時間
GSM 約650時間
充電時間 約140分
カメラ 約800万画素 3,264×2,448ドット
Bluetooth Bluetooth4.1
赤外線通信
テレビ
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:〇(IPX5・IPX7)
防塵:〇(IP5X)
国際ローミング
付属品 卓上ホルダー

参照:DIGNOケータイ2|ワイモバイル

AQUOSケータイ2

AQUOSケータイ2|ワイモバイル
画像引用:AQUOSケータイ2|ワイモバイル

AQUOSケータイ2の特徴まとめ

  • ワンプッシュでオープンできて片手が塞がっていても簡単に通話に応対することができる
  • ワイモバイルで購入できるガラケーの中で最もバッテリー容量が多く長時間の使用が可能
  • 防水・防塵・耐衝撃はもちろん、LINEアプリやYahoo!地図など便利な機能が充実

2016年に発売されたシャープの「AQUOSケータイ2」。

昔からガラケーを使ってきた人には馴染み深いワンプッシュでガラケーがオープンする機構を搭載しており、片手が荷物で塞がっている時でも簡単に着信に応対することができます。

ちなみに最新機種の「AQUOSケータイ3」にはワンプッシュオープンの機構が搭載されてあおらず性能面でもそこまで大きな違いはないので、この機能目当てでAQUOSケータイ2を選ぶのも良い選択肢だと言えます。

バッテリー容量はワイモバイルで購入できるガラケーの中でも随一の1,800mAhで、それに加えて防水・防塵・耐衝撃性能があるため、仕事などの用途でフル活用しても快適に利用することができます。

機種代金は、頭金500円を払った後は毎月たったの200円で使えるので、なるべく携帯電話料金を安くしたい人は「AQUOSケータイ2」を選ぶのがおすすめです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

AQUOSケータイ2 スペック表
機種名 AQUOSケータイ2
メーカー シャープ
発売日 2016年10月28日
本体カラー ホワイト、ブラック、ピンク
本体サイズ 高さ113×幅51×厚さ16.7mm
画面サイズ 約3.4インチ 960×540ドット クオーターHD
重量 約132g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度 下り 4G 112.5Mbps
3G 21Mbps
上り 4G 37.5Mbps
3G 5.7Mbps
バッテリー容量 1,800mAh
連続通話時間 FDD-LTE 約800分
3G 約910分
連続待受時間 FDD-LTE 約595時間
3G 約840時間
充電時間 約140分
カメラ 約800万画素 3,264×2,448ドット
Bluetooth Bluetooth4.1
赤外線通信
テレビ
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:〇(IPX5・IPX8)
防塵:〇(IP5X)
国際ローミング
付属品 なし

参照:AQUOSケータイ2|ワイモバイル

Simply

画像引用:Simply|ワイモバイル
画像引用:Simply|ワイモバイル

Simplyの特徴まとめ

  • 小型で持ちやすいシンプルなデザインに加え、分かりやすいメニュー画面を実装し使いやすさを追求した機種
  • VoLTE、HD Voice(3G)の2つに対応、クリアで聞き取りやすい音質の通話が可能。シニアの人でも使いやすい
  • 赤外線通信が可能でデータ移行が簡単にでき、大容量バッテリー搭載で充電をし忘れた場合も安心

2017年8月に発売された「Simply」。

最大の特徴は携帯電話の機能としてよく使われる「メール」と「電話」といった基本的な機能だけを搭載し、小型で持ちやすいシンプルなデザインで設計されている点です。

小型な筐体ではあるものの、バッテリー容量は1,770mAhと大容量で、クリアで聞き取りやすい音質の通話が可能なので、仕事でバリバリ使いたい!という人にも安心なスペックを誇っています。

ただし、カメラ機能は200万画素しかなく、お世辞にも良いとは言えない性能です。

「一応カメラ機能も付いてる」程度のレベルなので、普段から写真を撮影する人は別機種のガラケーを選ぶのが良いでしょう。

機種代金は、頭金500円を払った後は実質0円で携帯電話が使えるので、ワイモバイルの中で最も安価に契約できるガラケーとなっています。

メールや通話など、必要最低限の機能が使えればそれで良いという人にとっては良い選択肢だと言える機種です。

※スマホの方は表をスワイプできます。

Simply スペック表
機種名 Simply
メーカー セイコーソリューションズ
発売日 2017年8月10日
本体カラー レッド、ダークブルー
本体サイズ 高さ132×幅50×厚さ13.8mm
画面サイズ 約2.4インチ 320×240ドット
重量 約115g
CPU 非公開
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度 下り 4G 112.5Mbps
上り 3G 37.5Mbps
下り 4G 14Mbps
上り 3G 5.7Mbps
バッテリー容量 1,770mAh
連続通話時間 FDD-LTE 約600分
3G 約800分
連続待受時間 FDD-LTE 約500時間
3G 約800時間
充電時間 約180分
カメラ 約200万画素 1,200×1,600ドット
Bluetooth ×
赤外線通信
テレビ ×
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:×
防塵:×
国際ローミング ×
付属品 なし

参照:Simply|ワイモバイル

AQUOSケータイ(オンラインでの販売終了)

AQUOSケータイ|シャープ画像引用:AQUOSケータイ|シャープ

AQUOSケータイの特徴まとめ

  • 高精細な大画面を搭載、文字サイズの変更も可能で通話もメールも使いやすい
  • スマホと同じようにLINEアプリやPCサイト表示が可能

2015年に発売されたシャープの「AQUOSケータイ」。

2019年現在ではオンラインストアでの販売は終了となっており、ワイモバイルショップの店頭在庫があった場合のみ契約することができます。

現在では最新シリーズの「AQUOSケータイ3」が発売されており、AQUOSケータイ3と比べるとほぼすべてのスペックが劣っています。

また、4G通信ができず最大通信速度もかなり遅いので、わざわざこの機種を選ぶメリットはないと言えるでしょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

AQUOSケータイ スペック表
機種名 AQUOSケータイ
メーカー シャープ
発売日 2015年12月4日
本体カラー レッド、ホワイト、ブラック
本体サイズ 高さ113×幅51×厚さ17.6mm
画面サイズ 約3.4インチ 960×540ドット クオーターHD
重量 約124g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度
※3G通信のみ
下り 21Mbps
上り 5.7Mbps
バッテリー容量 1,410mAh
連続通話時間 3G 約660分
連続待受時間 3G 約630時間
充電時間 約110分
カメラ 約800万画素 3,264×2,448ドット
Bluetooth Bluetooth4.1
赤外線通信
テレビ
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:〇(IPX5・IPX7)
防塵:〇(IP5X)
国際ローミング
付属品 なし

参照:AQUOSケータイ|ワイモバイル

DIGNOケータイ(オンラインでの販売終了)

DIGNOケータイ|京セラ
画像引用:DIGNOケータイ|京セラ

DIGNOケータイの特徴まとめ

  • 防水・防塵・耐衝撃において高い性能を発揮、いつでもどこでも快適な操作が可能
  • LINEアプリが使える上、音声通話の聞こえ方を調整でき、様々な場面で便利に使える

2016年に発売された「DIGNOケータイ」。

2019年現在ではオンラインストアでの販売は終了となっており、ワイモバイルショップの店頭在庫があった場合のみ契約することができます。

ワイモバイルのガラケーと言えばこの機種と言えるほど、販売当初は人気のあるガラケーでしたが、今では後継機の「DIGNOケータイ2」が発売されています。

店頭在庫がある場合に限り実質0円で販売されている可能性もありますが、数年前に発売されている機種であることも踏まえて別の機種を選んだ方が良いと言えるでしょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

DIGNOケータイ スペック表
機種名 DIGNOケータイ
メーカー 京セラ
発売日 2016年2月18日
本体カラー ブルー、ブラック、ホワイト、ピンク、カッパー
本体サイズ 高さ114×幅51×厚さ17.9mm
画面サイズ 3.4インチ 854×480ドット フルワイドVGA
重量 約130g
CPU MSM8909(クアッドコア)1.1GHz
RAM(メモリ) 1GB
ROM(ストレージ) 8GB
最大通信速度 下り 4G 112.5Mbps
3G 21Mbps
上り 4G 37.5Mbps
3G 5.7Mbps
バッテリー容量 1,500mAh
連続通話時間 FDD-LTE 約530分
3G 約780分
連続待受時間 FDD-LTE 約530時間
3G 約680時間
充電時間 約120分
カメラ 約800万画素 3,264×2,448ドット
Bluetooth Bluetooth4.1
赤外線通信
テレビ
おサイフケータイ ×
GPS
防水/防塵 防水:〇(IPX5・IPX8)
防塵:〇(IP5X)
国際ローミング
付属品 なし

参照:DIGNOケータイ|ワイモバイル

兄リスのイラスト
ワイモバイルで取り扱いのある6種類のガラケーを紹介してきたよ!

弟リスのイラスト
今から選ぶなら「AQUOSケータイ3」か「DIGNOケータイ2」のどちらかがおすすめなんだね!

兄リスのイラスト
その通り!次の項目ではワイモバイルのガラケー専用の特別な料金プランについて紹介していくよ!

ワイモバイルのガラケーの料金プラン

ここまで、2019年8月現在におけるワイモバイルのガラケー6種類についての解説をしてきました。

この項目では、ワイモバイルのガラケー専用の特別な料金プラン「ケータイプランSS」について解説をしていきます。

まずは、以下の料金表をご覧ください。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ケータイプランSS 概要
料金プラン ケータイプランSS
月額料金 934円
通話料 通話先がワイモバイル、ソフトバンク 1時~21時:0円
21時~1時:20円/30秒
それ以外 24時間:20円/30秒
ベーシックパック
※データ通信利用時必須
※音声通話のみなら不要
300円
パケット定額サービス
※データ通信利用時必須
※音声通話のみなら不要
0~4,500円
※従量課金型。110MB(0.1GB)~2.5GBまで使用可能
※2.5GB超過後は最大通信速度128Kbpsに低下
スーパーだれとでも定額
※24時間かけ放題
※加入は任意
1,000円

参照:ケータイプランSS|ワイモバイル

「ケータイプランSS」はメールやインターネットへの接続ができない代わりに、音声通話機能だけを使うことができ、毎月の携帯電話代はたったの934円しかかかりません。

ショートメール(SMS)は問題なく使えるので、仕事などの通話メインで使う場合はギリギリまで料金を節約した上で運用することが可能です。

一般的なメール機能やインターネットに接続するためには「ベーシックパック(300円)」と「パケット定額サービス(0から4,500円)」に加入する必要があります。

これらは任意加入なので必ずしも契約する必要はありません。

無料通話サービス

ケータイプランSS|ワイモバイル
画像引用:ケータイプランSS|ワイモバイル

「ケータイプランSS」は、通話先がワイモバイルやソフトバンクの場合、1時~21時までの間は通話料が無料となります。

※スマホの方は表をスワイプできます。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ケータイプランSS 通話料
通話先がワイモバイル、ソフトバンク 1時~21時:0円
21時~1時:20円/30秒
それ以外 24時間:20円/30秒

家族全員がワイモバイル、もしくはソフトバンクを使っていれば21時までならどれだけ通話をしても一切通話料はかからないので安心です。

なお、21時を過ぎてしまった場合は、たとえ通話先がワイモバイルやソフトバンクだとしても通常通りの通話料が発生するのでご注意ください。

パケット定額サービス

ケータイプランSS|ワイモバイル
画像引用:ケータイプランSS|ワイモバイル

「ケータイプランSS」でメールやインターネット接続をしたい場合に加入する必要があるのが「パケット定額サービス」です。

パケット定額サービスは従量課金型で、110MB(0.1GB)使うまでは1パケットにつき0.005円の料金が発生します。

110MB(0.1GB)を超えてから最大2.5GBまでは4,500円と定額になるので、どれだけメールやインターネットを使ったとしても、ケータイプランSS(934円)+ベーシックパック(300円)+パケット定額サービス(4,500円)の合計5,734円しかかかりません。

とはいえ、機種代金もあわせて約6,000円というのはガラケーとしてかなり高額なので、「通話がメインでほとんどメールもインターネットも使わないが一切使えないのは不便」という人が保険として入っておくプランだと言えます。

ガラケーでメールやインターネットもガッツリと使う予定があるという人は、後述する「スマホの料金プランS、Mもガラケーで利用可能」を参照の上、スマホ用の料金プランにお申し込みください。

スーパーだれとでも定額

「ケータイプランSS」は、通話先がワイモバイルやソフトバンクでないと通話料が無料になりません。

ですが、「スーパーだれとでも定額」という通話オプションに加入することで、24時間どこにかけても通話料を無料にすることができます。

月額料金は1,000円のみなので、単純に計算するとワイモバイルやソフトバンク以外を相手に、ひと月あたり25分以上の通話をする人は「スーパーだれとでも定額」に加入した方が良いでしょう。

計算

  • 通話料:20円/30秒=40円/1分
  • スーパーだれとでも定額(1,000円)÷1分あたりの通話料(40円)=25分

仕事などで音声通話機能を使い倒す予定がある人は、本オプションへの申し込みを忘れないようにご注意ください。

おすすめのオプションサービス

ワイモバイルの「ケータイプランSS」を使う上で、おすすめのオプションサービスは以下の通りです。

申し込みは任意なので、必要に応じてオプションに申し込むようにしましょう。

※スマホの方は表をスワイプできます。

おすすめのオプションサービス
オプション 内容 月額料金
ケータイ基本パック 以下の8つのオプションがセットになったおとくなオプション。
・詐欺ウォール
・留守番電話サービス
・紛失ケータイ創作サービス
・位置ナビ
・安心遠隔ロック
・一定額ストップサービス
・割込通話
・グループ通話
500円
迷惑電話ブロック 管理サーバーに登録された迷惑電話番号リストをもとに、振り込め詐欺や迷惑電話をブロック。 300円
故障安心パック-S 水漏れや破損などのトラブルに備えられる保証サービス。 500円

参照:ケータイプランSS|ワイモバイル

ワイモバイルのガラケー料金プランの注意点

ワイモバイルのガラケー専用の特別な料金プラン「ケータイプランSS」を使う際の注意点は以下の通りです。

ケータイプランSSを使う際の注意点

  • 契約期間は2年間。更新月は24か月目・25か月目・26か月目の3か月間
  • 契約期間内の解約は9,500円の契約解除料が発生する
  • 110MBは意外とすぐに達するのでパケット定額サービスは割高になる
  • パケット定額サービスは月途中に解約する場合、満額請求となる

これらの注意点はしっかりと覚えておくようにしてください。

特にメールやインターネットを使う場合の「パケット定額サービス」ですが、110MBまで達した瞬間に利用料金が4,500円も発生するのでかなり割高です。

もし、メールやインターネットを使うのであれば、次の項目で解説する「スマホプランS/M」を申し込んだ方が良いでしょう。

スマホの料金プランS、Mもガラケーで利用可能

ここまで、ワイモバイルのガラケー専用の特別な料金プラン「ケータイプランSS」について解説をしてきました。

ですが、実はスマホ用の料金プラン「スマホプランS/M」の2つならガラケーでも申し込むことができます。

こちらは、ガラケーでもガッツリとメールやインターネットを使いたいという人向けの料金プランで、月額料金は以下の通りです。

※スマホの方は表をスワイプできます。

スマホプランS/M 料金表
料金プラン スマホプランS(最大3GB) スマホプランM(最大9GB)
月額料金 1年目
※ワンキュッパ割適用
1,980円 2,980円
2年目以降 2,980円 3,980円

参照:スマホプラン|ワイモバイル

スマホプランSなら毎月3GBまで、スマホプランMなら毎月9GBまで使うことができるので、ケータイプランSSでパケット定額サービスを使うよりも大幅に携帯料金を節約することができます。

機種代金込みでも2,500円~4,500円程度なので、ガラケーでも大容量のメールのやり取りやインターネットを使う機会が多い人は、スマホプランをお選びください。

納得する弟リスのイラスト
なるほどー。ワイモバイルのガラケーは通話だけなら934円で使えるんだね!

兄リスのイラスト
そうだね!ガラケーでも「スマホプランS/M」なら申し込めるから、メールやインターネットを使うならこっちの方がおすすめだよ!

ワイモバイルでガラケーを利用する際の注意点

ここまで、ワイモバイルのガラケー専用の特別な料金プランについて解説をしてきました。

最後に、ワイモバイルでガラケーを利用する際の注意点について解説して終わりたいと思います。

ガラケーを利用する際の注意点は全部で3つあります。

ガラケーを利用する際の注意点

  • 家族割やおうち割 光セットなどの割引サービスは対象外(ケータイプランSSの時のみ)
  • キャリアメールはワイモバイルのメールアドレスしか使えない
  • データ移行は赤外線通信やmicroSDカードを使って自分自身で行う必要がある

上記の注意点の中でも、多くの人が気になるポイントは、ケータイプランSSの時のみ、家族割やおうち割 光セットなどの割引サービスが使えない点でしょう。

ワイモバイルの家族割は2回線目以降の月額料金が500円割引、おうち割 光セットは料金プランに応じて最大1,000円の割引が受けられるサービスです。

ただし、ガラケーは元々の利用料金が安いので、これらの割引サービスを活用したとしてもケータイプランSSだけの方が安くなる場合が多いです。

そのため、家族割やセット割が使えないからといってガラケーへの乗り換えを躊躇する必要はありません。

この点はしっかりと理解した上でお申し込みください。

兄リスのイラスト
基本的にガラケーは、スマホよりも料金が安いから家族割とかセット割の割引金額込みでも安くなることが多いよ!

弟リスのイラスト
そうなんだ~!これで心置きなくボクもガラケーに申し込めるよ!

まとめ

以上、「ガラケーを使いたいならワイモバイル(Y!mobile)で決まり!?料金プランとおすすめの機種、注意点まで徹底解剖!」をお送りしました。

今でも根強い人気を誇るガラケーですが、中でも携帯台を安く使いたい人におすすめなのが「ワイモバイル」です。

2019年9月現在、ワイモバイルで購入できるガラケーは全部で6機種あります。

※スマホの方は表をスワイプできます。

ワイモバイルで購入できるガラケー6種類
機種名 一括価格 分割価格(24回払い) 機種代金割引

AQUOSケータイ3

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,000円×24回
(総額24,000円割引)

DIGNOケータイ2

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,000円×24回
(総額24,000円割引)

AQUOSケータイ2

34,100円 頭金:500円
1~24回:1,400円
‐1,200円×24回
(総額28,800円割引)

Simply

22,100円 頭金:500円
1~24回:900円
‐900円×24回
(総額21,600円割引)

AQUOSケータイ

オンラインでの販売終了
(店頭在庫のみ)

DIGNOケータイ

オンラインでの販売終了
(店頭在庫のみ)

参照:機能・仕様一覧(ケータイ)|ワイモバイル

上記の中でも特におすすめなのが「AQUOSケータイ3」と「DIGNOケータイ2」の2機種です。

ガラケー選びで迷ったら、上記の2機種のどちらかを選ぶようにしましょう。

なお、ワイモバイルのガラケーを利用する際には以下の注意点があることを覚えておきましょう。

ガラケーを利用する際の注意点

  • 家族割やおうち割 光セットなどの割引サービスは対象外(ケータイプランSSの時のみ)
  • キャリアメールはワイモバイルのメールアドレスしか使えない
  • データ移行は赤外線通信やmicroSDカードを使って自分自身で行う必要がある

これらの注意点をしっかりと理解した上で、とにかく携帯台を安くしたい人、スマホの操作が良く分からないという人は、ワイモバイルのガラケーをお申し込みください。

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

かおるや

ライター

かおるや

職業
インターネット回線販売 / パソコンサポート
https://kaoruya.org/blog/
専門・得意分野
パソコン / スマホ / インターネット回線
日々の業務で培ったスキルを活かして専門性の高い正確な情報を提供できるよう細部に拘って執筆しています。
経歴:
2011年 インターネット販売代理店へ転職
2016年 独立
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!