Menu

100日検証して分かった!DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイド

100日検証して分かった、DMMモバイルのメリット・デメリットと使い方ガイド

格安SIMの魅力とは、やはり何と言ってもキャリアと比べたその安さです。

しかし「安かろう・悪かろう」では格安SIMに乗り換える意味がありません。

ウェブサイト閲覧にもストレスを感じるような状態では、いくら安くてもキャリアから乗り換えた人にはストレスが大きいでしょう。

だからこそ、格安SIMを検討する際は

  • 通信速度
  • 料金プラン
  • オプションサービス
  • その他のメリット・デメリット

を考慮して、総合的に判断するべきだと思っています。

ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリア事例を見ると分かるように「速度や使い勝手が向上すると、その一方で料金も高くなる」は往々にして起こり得ることです。

あわてる弟リスのイラスト
スマホの料金をもっと安くしたい!

あわてる弟リスのイラスト
でも標準的な通信速度・スペックは維持したい!

と思っているあなたにとって「DMMモバイル」は賢い選択肢のひとつだといえます。

DMMモバイルは、一言でいえば「格安SIMの中で標準的な速度と安さを兼ね備えたサービス」なのです。

今本記事を見てくれているあなたは、以下のポイントを知りたいのではないでしょうか。

  • DMMモバイルは他サービスと比べてどんな特徴があるのか?
  • DMMモバイルのメリット・デメリットは何なのか?

格安SIMを検討する時、世の中には非常に多くの情報があふれており、調べ始めたらキリがありません。

その結果、格安SIMに乗り換えるのを断念してしまう方もいます。

だからこそ「この記事を最後まで読めばDMMモバイルが全部分かる!」というものを作っておきたいと考えました。

そこで今回は、初心者の方から熟練の方まで納得がいくように

  • DMMモバイルのメリット・デメリット
  • DMMモバイルプランの選び方と活用方法

を徹底的にまとめています。

格安SIM上級者を自称する方にも、読み応えのある記事になっているはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

1分でわかるこの記事のポイント!

この記事は全体でも3~4分で読み終えられる記事になっていますが、すぐに結論を知りたい!という方もいると思います。

この記事の重要なポイントである「DMMモバイルのメリット・デメリット」をまとめてみました。

1分でわかるこの記事のポイント!

これを見ていただくだけでも、自分にDMMモバイルが適した選択か、ざっくり判断できると思います。

※以降、格安SIMではなくMVNOと表記します。

DMMモバイル公式ページ

DMMモバイルを一言でいうと「低価格でも、満足できる標準速度を安定して維持している」MVNO

冒頭でもお話しした通り、DMMモバイルは「低価格でも安定した標準速度を維持できる」MVNOです。

速度の評価について、以下くわしくご説明しましょう。

DMMモバイルの速度評価:標準的な速度を安定して維持

MVNO業界の調査・研究を行っているMMD Laboが、2017年2月に主要MVNOの速度調査をした結果がこちらです。

DMMモバイルの速度評価

右から4つめ、囲った部分がDMMモバイルの速度結果です。

全体の速度TOPはUQ mobile、次いでY!mobile、mineo(au回線)と続きます。

あとは、どれもそう変わらない通信速度ですが、DMMモバイルは

  • 最大速度はUQ mobile、mineo(au)に次いで3位
  • もっとも箱が短い=もっとも速度が安定している

という事が分かります。

ここには載っていないMVNOには他に

  • exciteモバイル
  • nuro mobile(0SIM)
  • OCN mobile ONE

などがありますが、筆者が使用した感覚では、通信速度・安定性は一歩劣る手ごたえです。

特にOCN mobile ONEは、昼の混雑した時間帯でなくてもウェブサイトの画像が表示されるのに数秒かかるという状態でした。

DMMモバイルは

  • イオンモバイル
  • BIGLOBE MOBILE
  • mineo(docomo)
  • IIJmio

などの大手MVNOとそう変わらない標準速度を維持しつつ、この中で最安値クラスの価格を実現しているMVNOです。

標準的な速さを持つDMMモバイルのライバル

この記事内でDMMモバイルとスペック・料金等を比較していくのは主に上記のMVNOになります。

正直なところ、通信速度が速い!と取り立てて実感することは少ないですが、普通に使うには不自由しない範囲だと個人的に思っています。

※ちなみに筆者は、DMMモバイルとあわせて新たに楽天モバイルとIIJmioを契約しましたが、おおむね同じような通信速度です。

お昼時には画像が多いウェブサイトや高画質動画の読み込みには数秒時間がかかりますが、それ以外は気になりません。

改めて「低価格でも満足できる標準クラスの速さ」を安定して維持しているのがDMMモバイルの強みです。

注意点:オンラインゲームを頻繁にプレイする方には不向き

オンラインゲームを頻繁にプレイする方には不向き

注意すべきなのは、スマホでのオンラインゲームなど、大容量通信が頻繁に発生する使い方をする人には標準的な速さの格安SIMは不向きです。

これはDMMモバイルに限らずです。

格安SIMに変えたものの、オンラインゲームでは「読み込み遅延があってストレスが溜まる」という感想をゲーマーの知人からはよく聞きました。

こういった方は

  • 3大キャリアのまま利用する
  • UQ mobileやY!mobileなど、他より高めだが高速通信のサブキャリアを使う

といった選択肢になるでしょう。

DMMモバイルの料金プラン:標準的なMVNOの中でトップクラスの安さが売り

DMMの料金プランは「標準的な速さを持つMVNOの中でトップクラスの安さ」が売りです。

試しに

  • データ通信プラン
  • 音声通話つきプラン

の両方で、同条件での利用料金を比較してみましょう。

比較対象は、標準的な速さを持つMVNOでのライバル、

  • BIGLOBE MOBILE
  • mineo
  • IIJmio

に加えて、サブキャリアのUQ mobileを設定しました。

キャンペーンは除外して、ベース料金で比較しています。

データ通信・3GBプラン
DMMモバイル 480円
BIGLOBE MOBILE 900円
mineo 900円(タイプD)
IIJmio 900円~
UQ mobile 980円
音声通話つき・3GBプラン
DMMモバイル 1500円
BIGLOBE MOBILE 1600円
mineo 1600円~
IIJmio 900円~(タイプD)
UQ mobile 1680円

※2017年12月時点の各MVNOの料金プランを公式HPで調査

ここでは全てのデータ通信プランと比較できていませんが、DMMがもっとも安いですね。

特にデータ通信プランでは飛びぬけて安いことが確認できます。

しつこいようですがDMMモバイルは、MVNOの中で突出して優秀という訳ではなく、通信速度も標準レベルです。

それでも

  • 標準レベルの速さがあればいい
  • 料金を安く抑えたい

という方には「検討する価値大」といえます。

追記:mineoのキャンペーン期間中は「音声通話はmineoが最安」

音声通話つきで6か月間という期間限定ならば、mineoがこの中で最安になります。

mineoは現在「続・大盤振る舞いキャンペーン」というキャンペーンを実施しており、音声通話プランなら利用料金から900円引きとなるためです。

※参照:http://mineo.jp/campaign/cp_20171201/

たとえばmineoの3GB音声通話プラン(タイプD)に続・大盤振る舞いキャンペーン適用をした場合、6か月間は月額700円となり、DMMモバイルとはかなりの差がつきます。

この割引は6か月の期間限定なので、2年間で比較してみるとDMMモバイルとは3,000円ほどの差になります。

年間で比較してみるとDMMモバイルとは3,000円ほどの差

それでも、mineoの方が安くなるのは事実です。

mineoがいつまでキャンペーンを続けるかどうかは不明ですが、現在においては

  • 音声通話プランを安く使いたい
  • 標準的な速さのMVNOが良い

という方は、mineoを選択する方が良いでしょう。

mineo公式ページ

データ通信では変わらずDMMモバイルが最安ですので一押しです。

追記:DMMモバイルも月額料金割引キャンペーンを実施中!

DMM節約応援キャンペーン

※引用:https://mvno.dmm.com/campaign/index.html

上記のように書きましたが、DMMモバイルは「節約応援キャンペーン」と銘打って2017年12月4日から月額料金割引キャンペーンを開始しています。

このキャンペーンでは、新規の申し込みで

  • 音声通話つきSIM:月額料金から800円引き
  • データ通信SIM:月額料金から最大500円引き

を3か月行うという、かなり思いきったキャンペーンです。

期間はmineoの方が6か月と長いのですが、さきほどの表に直すと

節約応援キャンペーン適用後のDMMとmineoの比較

のようになり、その差は2年間で600円というレベルまで縮まりました。

 

それでもまだmineoの方が安いというのは、mineoの大盤振る舞いキャンペーンへの力の入れようが伺えます。

次にプラン全体を見てみましょう。

DMMモバイルには

  • シングルコースプラン
  • シェアコースプラン

の2種類があります。

DMMモバイルの料金プランは大きく2種類


シングルコースプラン(SIMカード1枚で個人が使うプラン)

シングルコース

※引用: https://mvno.dmm.com/fee/index.html

シングルコースは、SIMは1枚だけ使うプランです。

SIM1枚=1人で使うシングルコースは、通信量別のプランに加えて、高速通信容量がない一方、200kbpsの速度で無制限・月額440円のライトプランがあります。

200kbpsといえばどのような体感速度かといえば、おおむね以下のイメージです。

  • 画像が多いウェブサイトは表示されるまで5秒以上かかる
  • Youtubeの高画質動画は5分再生する間に4~5回以上停止する
  • instragramは画像がメインのため、数秒タイムラグがある

なお、DMMモバイルでは2015年から何度か通話SIM・データSIM両プランの値下げを行っています。

プラン 以前 2015年9月 2016年4月 2017年2月
データSIM 1GB ¥630 ¥590 ¥480 変更なし
データSIM 3GB ¥1,550 ¥1,500 変更なし 変更なし
データSIM 5GB ¥1,270 ¥1,210 変更なし 変更なし
データSIM 8GB ¥2,140 変更なし ¥1,980 変更なし
データSIM 10GB ¥2,250 ¥2,190 変更なし 変更なし
データSIM 15GB ¥4,570 変更なし ¥3,600 ¥3,280
データSIM 20GB ¥6,090 変更なし ¥4,980 ¥3,980
音声通話2GB ¥1,470 変更なし ¥1,480 変更なし
音声通話5GB ¥1,970 変更なし ¥1,910 変更なし
音声通話8GB ¥2,840 変更なし ¥2,680 変更なし
音声通話10GB ¥2,950 変更なし ¥2,890 変更なし
音声通話15GB ¥5,270 変更なし ¥4,300 ¥3,980
音声通話20GB ¥6,790 変更なし ¥5,980 ¥4,680

※DMMモバイルの公式HPで記載されていたデータの蓄積による

価格の安さを重視して、価格改善を行ってきたことが分かりますね。

シェアコース:3名~が共同で利用できるプラン

シェアコース

※引用: https://mvno.dmm.com/fee/index.html

DMMモバイルでは、家族で利用できる「シェアコース」も存在します。※2017年4月にサービススタート

データ通信のみ3枚から、音声通話つき3枚といったバリエーションのある利用が可能です。

シェアコースにする場合のSIMカード追加料金

上記のシェアコースをカンタンに説明すると、シングルコースからSIMを1枚追加するごとに追加料金がかかるというプランです。

しかしシェアコースでは、8GB以上のプランでデータ通信SIM(SMSなし)ならSIMカードを追加しても月額料金は追加されません。

データ通信SIM(SMSあり)と音声通話つきの場合でも、以下のような追加料金で利用できます。

プラン種類 月額追加料金
データ通信(SMSあり) 150円/枚
音声通話つき 700円/枚

シェアコースプランへの乗り換えイメージ

たとえば月々150円でSMSデータ通信を容量問わずシェアできると考えるとお得感がありますね。

要注意!データ通信1~7GBのシェアはかえって割高になる

そんなシェアコースですが、データ通信1~7GBプランでもシェアコース移行が可能になっています。

しかし、この1GB~7GBでのシェアコース利用は正直オススメしません。

理由は2つです。

  • SIMを1枚追加するごとに手数料が月額300円がかかる
  • プランによってはSIMカードを追加すると1ランク上のプランより高くなる

たとえば、データ通信SIMの7GBプランに2枚データ通信SIMを追加したとします。

要注意なシェアコースの落とし穴

そうすると月額2,460円となり、7GBプランなのに

  • 8GBシェアコースの1,980円より500円以上
  • 10GBシェアコースの2,190円より300円近く

高くなってしまいます。

あわてる弟リスのイラスト
うわっ!どっちも同じSIM3枚なのに、通信量少ないほうが高くなるんだね…

考える兄リスのイラスト
そうなんだ、明朗会計が売りのDMMモバイルだけに、この点は正直マイナスだね。

さらに下記はDMMモバイル公式の1~7GBシェアコース料金表ですが、SIMカード追加手数料がプラスされていません。

それで勘違いする方がいるので、注意していただきたいと思います。

DMMモバイル公式の1~7GBシェアコース料金表

※引用:https://mvno.dmm.com/fee/index.html

しかし8GB以上のシェアコースは他のMVNOと比べてもかなり安くなります。

家族での利用かつ、通信費を節約したい方にとってDMMモバイルはかなり頼もしい存在になるでしょう。

筆者のおすすめプランは「音声プラン3GBまたは5GB」と「10分かけ放題」の組み合わせ!

筆者のおすすめプラン

このプランの中で、筆者がもっともオススメするのは「音声通話つき3GBプラン、または5GBプラン」と「10分かけ放題」オプションとの組み合わせです。

  • 今使っているキャリアから乗り換えたい場合
  • また2台持ちでもメインとして使いたい場合

は、音声通話は外せないでしょう。

データ通信量で人気のある3GBプランでシミュレーションしてみると

音声通話つき3GBプラン:1500円

10分かけ放題通話定額オプション:850円

合計:2350円

となります。これは実際に筆者が利用しているプランなのですが、docomoキャリアを使っていた時と比べて約3分の1の料金で利用できています。

さらに正確に比較してみましょう。

これまでデータ量は5GB以上は使っていた…という場合でもDMMモバイルは5GB音声通話つきが1910円なので、合計2760円です。

DMMモバイルとdocomoの料金比較

docomoのカケホーダイ+5GB通信プランと比較すると、約3分の1の料金で済むことが分かりますね。

また当然、通話定額プランが不要な方は音声通話つきプランのみ契約することもできます。

DMMモバイルはデータ通信量の選択肢が多い!

DMMモバイルの料金プランでもう一つの強みが「データ通信量の選択肢が多い」ことです。

下記の図を見てください。

DMMモバイルと他MVNOの料金比較

これはDMMモバイルの通信量プランを、

  • BIGLOBE MOBILE
  • mineo

と比較したものです。

DMMモバイルは、データ通信量の段階設定がもっとも多いことが分かります。

今のあなたの通信量実績や使い方に合わせた料金プランが選べるように設定されています。

  • 余分な通信料を払いたくない
  • 自分に最適な通信量を選びたい

という人には嬉しいポイントです。

プラン変更の期日は「各月24日」

もし実際に使ってみて「もっと通信量少なくてもいいな」「ギリギリで使うならあと1GB欲しい」といった理由で、プラン変更したい方も出てくるでしょう。

DMMモバイルのプラン変更の期日は、各月24日です。

たとえば3月23日にプラン変更の申し込みをした場合、翌月から新しいプランになります。

しかし3月28日にプラン変更をすると、翌々月からの適用になるため要注意です。

DMMモバイルのメリット・デメリットまとめ

ここまで、DMMモバイルの料金プランと速度について解説してきました。

次に筆者がしっかりお伝えしたい部分、

  • 料金の安さを含むDMMのメリット
  • DMMのデメリット・注意点

を解説していきましょう。

DMMモバイルのメリット・デメリットをまとめた図がこちらです。

DMMモバイルのメリット・デメリット

重複する部分もありますが、自分にはDMMモバイルが合っているのか判断するにはとても大切なポイントです。

ぜひ読み進めてください。

メリット(1)全プラン業界最安値水準&対応プラン数が多い

上記でお話しした通り、DMMモバイルは

  • 業界最安値の価格水準
  • プランのデータ通信量が細かく分かれており業界最多

が特徴です。

データ通信専用プランなら月額440円(低速通信)/高速通信なら480円から利用できます。

またデータ通信量が細かく分かれていることについては「プラン選びが複雑になるのでは?」と思う方がいるかもしれません。

確かに、細かく分かれた通信量に「使った分だけ追加」などの要素が加わるとかなり複雑になります。

IIJmioの従量課金プランなどが分かりやすい例ですね。

しかしDMMモバイルは、データ通信量が増える=月額も上がるというシンプルな図式なので、初心者でも安心な明朗会計になります。

メリット(2)パケット追加購入が1GB:480円とかなり安い

キャリア回線を使っている方でも「動画を観すぎて、まだ月半ばなのに通信制限に引っかかってしまった…」という経験がある方は少なくないはず。

そんな時に「パケット追加容量購入」がありますが、DMMモバイルはこの料金設定が良心的です。

DMMのパケット追加容量購入

ちなみに以下はIIJmioの追加クーポン(持ち越せる追加容量)ですが、100MBで200円という金額になっています。

IIJmioの追加クーポン(持ち越せる追加容量)

毎月最大30枚まで購入できるのですが、1GBまで利用するとなると2,000円になります。

BIGLOBE MOBILEでも300円/100MBという容量なので、1GB分換算で3,000円になります。

BIGLOBE MOBILEの容量チャージプラン

それだけデータ容量の追加は費用がかさむので「初めから通信量に余裕を持ったプランにしておくのがベスト」という考え方があります。

しかしその分、毎月のプラン金額は上昇します。

その点でDMMモバイルの場合は1GBオーバーしても480円で済むため「割とギリギリのプランにしておいて普段の月額利用料を抑える」という使い方ができます。

メリット(3)月額250円でSNSカウントフリー対応

月額250円でSNSカウントフリー対応

※引用:https://mvno.dmm.com/campaign/index.html

Twitter、Instagram、Facebookなど、SNSは私達の生活の一部になったと言っても良いでしょう。

それだけに、タイムラインに流れる動画・画像の閲覧、投稿に消費するデータ量は馬鹿になりません。

DMMモバイルでは「SNSカウントフリー」に対応したオプションがあるため、これらのSNSによるデータ通信量を消費せずに済みます。

※データ容量3GB/月以上の申込になるためその点は要注意。

データ容量オプション

具体的には以下のSNSです。

主要機能がカウントフリーになるSNS

  • Facebook
  • Facebook Messenger
  • Instagram
  • Twitter
  • LINE

タイムラインの表示、投稿、画像・動画の送受信などが使い放題になります。

筆者はこの中だとLINE、Facebookの利用回数が多いのですが、このオプションに入っているのでLINEで大きな画像を送る、ダウンロードする時も安心して使えます。

注意点:SNSカウントフリーにならない場合がある

しかし、このSNSカウントフリーには注意点があり、無料にならない場合も発生するという事です。

これは筆者自身、身をもって体験しました。以下のような場合です。

  • SNS公式アプリでない
  • 最初からWi-Fiで通信している
  • SNSに投稿された別アプリの動画・画像を見る

2つめを補足しておくと、SNSカウントフリーはモバイル回線での通信をした場合に適用されます。

しかし最初からWi-Fi通信をONにした状態でSNSの閲覧をし、途中でモバイル通信に戻すとカウントフリーが適用されない事例が報告されています。

利用の際に注意すれば大丈夫ですが、例えば

  • Wi-FiをONにしている
  • SNSフリーオプションがあるから

と安心して各コンテンツを見ていると、いつの間にかモバイル通信に切り替わっていて通信量を使ってしまう…という事が無いとは言い切れません。

メリット(4)10分かけ放題オプションにもDMMならではのお得感がある

また「DMMモバイルのおすすめプラン」でもお伝えした、10分かけ放題オプションもメリットのひとつです。

10分かけ放題自体は他MVNOでも同様のオプションがあるため、あまり差別化にはなっていません。

ですがDMMモバイルの場合、10分を超えても通話料が通常の半額、10円/30秒になるという特徴があります。

通話機会が多い方がスマホをお得に使うには外せないオプションです。

納得する弟リスのイラスト
やっぱり、色々な部分の料金が良心的なのがDMMのメリットなんだね。

兄リスのイラスト
そうだね。その反面、オプションサービスの充実にはまだ課題があるんだ。

兄リスのイラスト
次はDMMモバイルにすることのデメリット・注意点を見ていこう。

DMMモバイルのデメリットと注意点

頷く兄リスのイラスト
もしこれが気にならない場合、DMMモバイルはオススメのMVNOといえるよ。

デメリット(1)留守番電話・キャッチホンがない

DMMモバイルには、留守番電話・キャッチホン機能がついていません。

正確には「スマート留守電」というオプションが月額290円で利用できますが、アプリかメールを利用してメッセージを確認する形になり、少し手間がかかります。

おそらく電話を利用する方で、留守番電話をまったく利用しない・不要という方は少ないと思うので、このオプション代が追加になると考えた方が良いかもしれません。

デメリット(2)店頭契約には非対応&申し込みから到着まで数日かかる

楽天モバイルやイオンモバイルのように、実店舗があるMVNOでは

  • サービスやプラン内容について店頭で確認できる
  • 即日申し込みでそのままSIMや端末を受け取れる

というメリットがあります。

しかし、DMMモバイルでは店舗契約に対応しておらず、公式サイトからの申し込みのみになります。

そのため上記のような恩恵を受けることが出来ません。

この事情もあって本記事ではDMMモバイルのプランを手厚く説明してきましたが、予期しない不具合があった場合に直接の相談ができない事を不満に思う方もいるかもしれません。

また店舗契約では即日契約でSIM・格安スマホをその場で受け取ることができますが、DMMモバイルでは申込から到着までに2~3日待たされてしまう事になります。

兄リスのイラスト
ただ店舗サポートのところをフォローしておくと「店舗カウンターに直接相談に行く」という人は正直少ないこともあるんだ。

兄リスのイラスト
僕がdocomoを契約していた時も、故障やプランの変更はぜんぶサポートセンターへの電話で済んだんだよね。

弟リスのイラスト
じゃあDMMモバイルもサポートセンターへの電話はできるんだね。

DMMモバイルのサポートセンター

兄リスのイラスト
うん。僕の周りにもそういった人が多かったから、必要以上に不安がることではないかもしれないよ。

考える兄リスのイラスト
ただ製品が手元に届くまで数日かかるのは事実だから、明日にでもすぐほしい!という人にはやめておいた方が いいだろうね。

まとめ:DMMモバイルの利用に向いている方

DMMモバイルの利用に向いている方

ここまでの話を踏まえて、DMMモバイルの申し込みに向いている人をまとめてみました。

  • 費用をとにかく抑えたい方
  • 通話しても10分以内の方
  • 家族みんなで格安SIMに乗り換えたい方
  • 安くても速度は安定してほしい方

上記があまりピンと来ない方には、以下のような選択肢があります。

Youtubeの視聴がメインならBIGLOBE MOBILEのエンタメフリーがオススメ

Youtubeの視聴がメインならBIGLOBE MOBILEのエンタメフリーがオススメ

※引用:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/option/entamefree.html

通信量を消費するのはYoutubeがメインという方に限っては、BIGLOBE MOBILEが一押しです。

BIGLOBE MOBILEではYoutubeやU-NEXTの通信量が無料になるエンタメフリーオプションというサービスを開始したからです。

音声通話つきプランの場合、月額480円で利用できます。※データSIMの場合月額980円です

例えば以下のように、通信量を3GBに抑えて月額2,080円でYoutube見放題という事が可能です。

Youtubeの通信量を加味すると、DMMモバイルより安く利用できるでしょう。

BIGLOBE MOBILE公式ページ

DMMモバイルで使えるおすすめスマホ

今使っているスマホでDMMモバイルを使いたい方以外に、新しく端末を買いたい!という方もいると思います。

下記は公式HPの取り扱い端末画面ですが、多くの格安スマホがラインナップされています。

公式HPの取り扱い端末画面

このページに掲載されているスマホ機種は「DMMでセット申し込みができる機種」で、別メニューの「動作確認端末」には適合している機種がもっと多く紹介されています。

そこで、動作確認完了済または取り扱い端末の中から、筆者オススメの格安スマホをいくつかご紹介します。

Zenfone 4 Selfie Pro(ASUS)

Zenfone 4 Selfie Pro(ASUS)

薄いボディと軽さで「持ち運びやすいスタイリッシュスマホ」として人気なのがZenfone 4 Selfie Proです。

Selfieの名前が示すように自撮りに強みを持っていて、サブカメラでも1200万画素+500万画素のデュアルレンズです。

LEDライトもついているので、4K動画での高画質な自撮りが可能です。

また薄型ボディである一方、メモリやCPUはハイレベルでサクサク動きます。

これらの高スペックが揃った状態で、ASUSの主力機「Zenfone 4」より1万円ほど安いというコスパの良さが魅力です。

販売価格:45,600円

商品の詳細

HUAWEI P10(HUAWEI)

HUAWEI P10(HUAWEI)

iPhoneユーザーでも満足できる可能性が高いのがHUAWEI P10です。

  • 高性能カメラ
  • 指紋認証対応
  • 高級感あるデザイン

で、6万円~と格安スマホとしては正直値段は張りますが、その価値がある1台です。

※安さ重視のDMMモバイルとセットのため、2番目の紹介にしました。

特筆なのはLAIKA監修による内蔵の高性能カメラ。

  • モノクロセンサーを2000万画素にアップグレード
  • 背景ボケ機能つき

というスペックにより、一眼レフ並みの写真が撮影できます。

iPhone 6/6s/Xのカメラで撮影した写真と見比べてみましたが、決して遜色ない出来です。

販売価格:64,660円

商品の詳細

arrows M04(FUJITSU)

arrows M04(FUJITSU)

FUJITSUのarrow M04は、防水スマホとして人気になったarrow M03の後継機です。

同様に防水防塵・落下テストをクリアする堅牢性が自慢で、衝撃を気にせずタフに使える1台です。

またワンセグやおサイフケータイに対応してくれる日本製のスマホとしては貴重な存在になっています。

ただ、防水だからといって自分から水に沈めるとかいった事は避けましょう。

販売価格:34,410円

商品の詳細

DMMモバイルの申し込み手順

では、いよいよDMMモバイルを申し込もう!という方に、公式ホームページからの簡単ステップを紹介しておきます。

操作くらい分かる!という方は早速公式HPへ進んでください。

DMMモバイル公式ページ

DMMモバイル申し込み手順1

今回、PCでの操作を例にしてお見せします。

公式HP右上の「お申し込み」をクリックします。

dmmモバイル申し込み手順2

申し込み方法を選択する画面になります。

  • Webでの申し込み
  • Amazonなどで購入したパッケージからの申し込み

がありますが、SIMカードが手元にない限りはWebでの申し込みを選びましょう。

dmmモバイル申し込み手順3

  • シングルコース(1人での使用)
  • シェアコース(複数枚のSIMカードをシェア)

どちらかを選びます。

dmmモバイル申し込み手順4

通話対応SIM(音声通話つき)かデータ通信SIMを選びましょう。

SMSつきのデータ通信SIMを希望する場合は、まずデータ通信SIMを選択した後、下部に表示される「SMS利用有無」を選択します。

見落としがちなところなので気をつけてください。

dmmモバイル申し込み手順5

※音声通話つきを選んだ場合はこの表示はありません。

dmmモバイル申し込み手順6

SIMカードのサイズや各オプションを選びます。

dmmモバイル申し込み手順7

最下部に合計金額(初期費用と月々の支払い金額)が出ているので、問題なければ次へ進むをクリックします。

dmmモバイル申し込み手順8

個人情報を入力します。

もしあなたがDMMの会員で、同じ名義で申し込むのであれば「DMM会員ログイン」を選ぶことで手順を省略できます。

dmmモバイル申し込み手順9

最後に、確認事項とともに契約書の交付方法を選びましょう。

書面交付だと現物が残る一方、受け取れるまでに時間がかかります。

特に問題なければ電子交付(メールでURL送付)が良いでしょう。

確認事項が問題なければ「同意する」をチェックし、次へ進めば最終確認で終了です。

DMMモバイルの申し込みはこちら

まとめ

最後に、ここまでお話ししたDMMモバイルのメリット・デメリットと向いている方をまとめておきましょう。

1分でわかるこの記事のポイント!

DMMモバイルの利用に向いている方

総評をまとめると、DMMモバイルは料金が安く使い勝手の良い通信回線です。

通信速度も決して最高速クラスではありませんが基本的に安定しており、ドコモのネットワークを利用できるためエリアカバー率も高いです。

筆者が先般、沖縄の離島に行った際も快適に利用できました。

実店舗がないため「実店舗でのサポートが受けられないのは困る!」という方は楽天モバイルやmineoなど別の選択をオススメしますが、

  • 公式サイトのチャットサービス
  • サポートセンターへの電話

でリアルタイムに質問できます。

下記、右下がチャットウインドウですね。

公式サイトのチャットサービス

個人的には、これで大抵の疑問は解決します。

1~2年使い想定で安さを重視するなら、DMMモバイル一択だと思うので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読まれている格安SIMの記事

[関連記事]格安SIMオタクが本音でレビュー!BIGLOBEモバイル(SIM)の使い勝手とプラン選びの全力まとめのサムネイル
格安SIMオタクが本音でレビュー!BIGLOBEモバイル(SIM)の使い勝手とプラン選びの全力まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべてのサムネイル
生粋の格安SIMオタクが教える「IIJmio」メリット・デメリットのすべて
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]業界最速ってホント?ワイモバイルを使い倒した筆者が教える使い勝手とプランのまとめのサムネイル
業界最速ってホント?ワイモバイルを使い倒した筆者が教える使い勝手とプランのまとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]サブキャリアの実力を検証!格安SIMオタクが教えるUQ mobileの使い勝手まとめのサムネイル
サブキャリアの実力を検証!格安SIMオタクが教えるUQ mobileの使い勝手まとめ
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

[関連記事]デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018のサムネイル
デメリットも全て解説!mineo(マイネオ)乗り換え完全マニュアル2018
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

300種類以上のプランから自分にピッタリな格安SIM・スマホが見つかる!