Menu

【実機レビュー】「Huawei P30 lite」は3万円以下なのにスペックはパーフェクト! コスパのいい最高な端末だった

【実機レビュー】「Huawei P30 lite」は3万円以下なのにスペックはパーフェクト! コスパのいい最高な端末だった

2019年8月に発売された「Huawei P30 lite」。

現在Amazon(出品者は日本代理店であるファーウェイジャパン)での販売価格は25,846円。

3万円以下と安価なものの、カメラ性能&操作性が高く全体的に非常にコストパフォーマンスに優れた機種として注目されています。

とはいえ、購入の前には利用者のレビューを参考にして決めたいという人も多いですよね。

そこで今回、「Huawei P30 lite」を購入した筆者が、実際に使ってみた感想やレビューを紹介します。

結論から言うと、以下にあてはまる人には、「Huawei P30 lite」は非常におすすめです!

  • 3万円ぐらいのスマホを探している
  • カメラの性能が良いものを使いたい
  • ストレスなく操作ができるスマホが良い

今回、レビューをする筆者のプロフィールは下記のとおり。

  • ブランドよりコスパ重視!(そんなにお金をかけられない状況)
  • ガジェット・家電好き(スマホ歴はiPhone6→iPhone7→iPhone8→mate10→mate10lite→P10lite)
  • スマホゲームはあまりしない
  • 仕事でレビュー写真の撮影をすることもあり
  • プライベートでは子供の写真や動画、メルカリ出品物の撮影をすることも

Huawei P30liteの基本スペック

Huawei P30liteの基本スペックは下記のとおりです。

Huawei P30liteの主要スペック
サイズ約72.7 (W)×約152.9(H)×約7.4(D)
(mm)
重さ約159 g
カラーピーコックブルー/パールホワイト/ミッドナイトブラック
BluetoothBluetooth 4.2 with BLE
テザリング機能
SIMサイズnano
バッテリー約3340 mAh (一体型)
外聞接続端子USB Type-C
その他マイク付イヤホン / ACアダプタ / USB ケーブル / クイックスタートガイド / クリアケース

開封後すぐに使い出せる豊富な付属品

Huawei P30 lite 付属品

付属品は充電器・ケーブル・SIMを出し入れするピン・イヤホン・スマホカバー。

液晶フィルムはすでに画面に貼られた状態でした。

すぐに使い始められるのは非常に嬉しいところ。ただ、付属の保護フィルムとスマホカバーともに、指紋が目立ちやすいタイプです。気になる人は、新しく買い足すのもアリだと思います。

Huawei P30liteは最先端かつスタイリッシュなデザイン

カラーはピーコックブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラックの3色がありました。メタリックっぽく個性的なカラーに惹かれてピーコックブルーにしました。

実物を見ると主張が強めのカラーで目立ち、ブル~パープルのグラデーションがキレイで色鮮やかです。

Huawei P30 lite 本体画面

画面は極細のベゼル(スマホの枠)に加えて、液晶カメラがついている切り欠き部分がしずく型になっています。そのため、ディスプレイサイズの6.1インチよりも、もっと大画面に感じました。

薄手のコンパクトボディで、デザインで他の機種と大きく異なる点はナシ。トリプルカメラのため背面にレンズが縦に3つ並んでいます。個人的には同じくトリプルレンズのiPhone11のよりスタイリッシュな印象を受けました。

実際にHuawei P30lite手にとってみて

Huawei P30lite 手で握ったところ

重さは約159 gで、手でもってみると端末の大きさの割には軽く感じました。

手のひら下から中指先まで16cm、平均よりも小さく指も短めの筆者でも片手で持つことができました。画面のスワイプやスクロールも問題なく片手で行えます。厚さ約7.4mmと薄手のコンパクトボディで大きさの割には片手で持ちやすかったです。

電源キーや音量調整ボタンは端末の横上部にあり、これまで使用してきたHuaweiスマホと配置がかわらないため特に戸惑うこともありませんでした。

端末上部にはSDスロット、下部にはUSB差し込み口と、ヘッドホン端子があります。

指紋認証センサーは直径1cmほどの大きさで、センサーの上に指をしっかり置けました。

手持ちのさまざまな服のポケットに入れてみたところ、ボトムスの後ろのポケットやブラウスの胸ポケットに入りますが、端末上部が少しはみ出るサイズ感です。

スピーディーな指紋認証・顔認証

筆者は手汗をかきやすいタイプで、以前使用していたmate10 liteだと指紋認証ができないことがありました。

P30 liteは、少し指先が湿っていても指紋認証ができます。ロック解除までの時間も早く指を乗せてから1秒もかかってないのではないか、というぐらいスピーディー。すぐに画面を操作できて快適です。

顔認証も非常に早く突破できます。設定で「モーションコントロール」をONにすれば端末を持ち上げただけで画面を起動することもできました。

Huawei P30liteのカメラは機能性バッチリ

Huawei P30liteのカメラは約2400万画素+約800万画素+200万画像のトリプルレンズ。

カメラの立ち上げには2、3秒かかり、「シャッターチャンス!」と思ってから撮影するとワンテンポ遅れることに。動物や子供のように動くものを撮影する場合は、ブレブレの写真になってしまいます。ただ、シャッターのレスポンスは早いので、あらかじめカメラを立ち上げておけばOK。

室内で撮影した写真は、造花の生地のデコボコがくっきり写るほど鮮明です。

Huawei P30lite 室内で撮影した写真

Huawei P30lite 室内で撮影した写真

特長の一つが、AIを活用し、被写体を認識することで、より美しく調整してくれる点です。

試しにカメラのモードにある“AIモード”にしてみると、被写体が“花”であること感知していました。

ただし、雪だるまのぬいぐるみをAIモードで撮影しようしたところ“パンダ”と表示。細かい部分の精度は、いま一歩なのかもしれません。

AIモードで撮影した造花は以下の通り。

Huawei P30lite 室内で撮影した写真(AI撮影)

インカメラは2400万画素です。

このAIモードでは、セルフィ―などでの人物写真もより美しく撮影してくれるようです。

実際に自撮りをしてみると、被写体の質感がふわっとソフトに&画像が明るめになりました。人物だと黒目が強調され、肌がすりガラスのように加工がされるようです。

ただし、いろいろアラを消してくれるのになぜか、ほうれい線だけは消してくれませんでした。インカメラの画像加工には賛否が別れるかと思いますが、絶妙なリアリティも出してくれているようです。

Huawei P30lite アーパチャ撮影

「アパーチャモード」では、まるで一眼レフで撮影したかのように背景をぼかすことができます。ぼかし具合は調節可能。最高でレベル16まであり、下の画像はレベル最大の16で撮影しました。

被写体が遠ければ遠いほど、ぼやけ具合が強くなるためプロっぽい仕上がりに。

Huawei P30lite アーパチャ撮影(夜景)

夜景モードで撮影すると5秒から3秒のカウントが表示されました。シャッターを切るまで数秒待つ必要があります。

スマホ画面上でみると、夜景でも非常にくっきりと明るく写っています。PCのモニタのように大画面でみると、ノイズがあり解像度にも粗さを感じました。

難しい設定をしなくても、さまざまなモードでの撮影が可能でバラエティーに富んでおり、実用性も兼ね備えたカメラ性能です。撮り比べするぐらいカメラが好き!という人でなければ充分すぎる性能だと感じました。

Huawei P30liteバッテリー持ちも◎

Huawei P30lite 電池残量

バッテリーは3,340mh。

ネットサーフィン3時間、ゲーム1時間、撮影30分。LINEやチャットツールを時々ほどの使用量で残りまだ66%も電池残量がありました。

一度フル充電すれば上記のような使用の場合、2、3日ほど充電がもちます。

Huawei P30liteは操作性もバツグン

RAMメモリは4 GB。購入前に同価格帯のミドルスペックはほぼ同じ4GBで、デモ機で実際に触ってみて一番操作性が良く感じました。

ヌルヌルで操作性はバッチリ。磁石にくっつく砂鉄のように指の動きに操作がしっかり追いつきます。文字入力もスムーズです。

ドラゴンクエスト、ブラウザ、Facebook、カメラなど全部で10個のアプリを立ち上げてみたところ、反応が遅くなったりエラーがでたりすることもありませんでした。

「ドラゴンクエスト」「PUBG」などの3Dゲームで遊ぶとどうなるのか……?!と思いダウンロード。

Huawei P30lite ゲーム画面

結果1時間ほど遊んでみても、カクカクしたりもたついたりすることなく、スムーズにプレイできました。ただゲームを開始してから5分ほどで指紋認証ボタン付近がじんわり熱くなっていました。

操作性はハイスペックにも遜色ないレベルですが、長時間ゲームをプレイする人は発熱が気になるかもしれません。

Huawei P30liteの総評・メリットとデメリット

厳しめに評価しても、「悪いところがない」というのが個人的な評価です。

Huawei P30liteのメリット

  • 3万前後で購入可能
  • 操作性・レスポンスが良くストレスなく使える
  • カメラはさまざまなモードがありバラエティーに富んでいる&画質もキレイ
  • バッテリー持ちも良い

Huawei P30liteのデメリット

  • 3Dを使ったゲームをすると端末が熱くなる
  • 夜景モードでは明るさはあるがややノイズや粗さも

Huawei端末を一度使ってしまうと他のスマホに戻れない。とにかく絶賛していますが、本当にコストパフォーマンスが良いのです……。

生産国やiPhoneにこだわらない・3万円前後の価格を探している・スマホゲームのヘビーユーザーではないというのであれば、P30liteがかなりオススメ。

ただP30liteは防水、Felicaに対応していないので、これらの機能が欲しい人は「OPPO Reno A」もチェックしてみてくださいね。

OPPO Reno Aレビューは以下の記事で紹介しています。

[関連記事]【実機レビュー】3万円台で購入できる「OPPO Reno A」はハイスペックでコスパ最高の端末だった!のサムネイル
【実機レビュー】3万円台で購入できる「OPPO Reno A」はハイスペックでコスパ最高の端末だった!
ソルディのファビコンwww.soldi.jp

この記事の著者

編集

Soldi編集部

Soldi編集部は「おうちのお金をスマートに」をコンセプトにコンテンツの配信を行っています。

新羽 トリ子

ライター

新羽 トリ子

専門・得意分野
不動産 / 格安SIM / 節約 / レビュー
保有資格
幼稚園教諭二種 / 保育士
ただいまFP3級の勉強中。
知らないと損をする!でも理解するのは難しくて面倒な情報を、わかりやすく伝えることを意識してライティングをしています。プライベートでは楽天モバイルとイオンモバイルを使用中。
経歴:
幼稚園教諭→OL→ライター。
3歳の子供がいます。
※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。
機器、サービスの価格、スペック等の詳細情報は、必ず各公式サイトでご確認ください。

【完全版】自分に合った格安SIMが見つかる!

【28社比較】おすすめのWiMAXプロバイダはこれ!